スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アユタヤがシーコンにやって来た

実は、最近は体調を崩したり、色々忙しくて街歩きがあまり出来ていませんでした。日帰りで少し遠くへ行こう、それも「旅」の雰囲気を感じながら・・・そんな想いが募ってしまい、今週の火曜日に何も考えずに本を二冊持って駅に向かいました。

ファランポーン駅ですが、バンコク中央駅の呼び方が旅情感があって好きです。

20170512 Train 1

行先さえ決まっていれば、何もファランポーンまで行かなくて、バンスーやドンムアンにフアマークなどから列車に乗るのですが、何しろ「本を持って列車に乗りたい」としか考えていませんでした。

日が昇る前にアパートを出て、駅に着くまでバスの中でずっとどこへ行こうかと考えたのですが・・・時刻表は頭に入ってないので、駅に着いてから行先を決める事にしました。こうした時に今の人達はスマホでチャチャっと調べるのでしょうねぇ~ そうした事って、つまらないとも思うのは私ぐらいでしょうが・・・

20170512 Train 2

朝8時前には駅に着き、発車案内の電光表示を見ると・・・8時半発の北本線チェンマイ行き特急がちょうど良い時間です。すぐに浮かんだ行先がナコンサワンでチャオプラヤー川の始まりの町です。昔に行った事はありますが、最近また行こうと思っている町です、ただ、日帰りなので少しキツク感じます。

どうしようか数分迷った結果、「ロッブリー Rop Buri」に行く事に決めたと同時に切符を買っていました(笑)チェンマイに夜行列車で行ったのは過去2回ほど、この昼の列車で行った事はありません。いつかこの列車でチェンマイまで行きたいものです。

20170512 Train 3

ロッブリーも行った事はありますが、何となく決めた理由は列車の時間が片道2時間とほど良かったのと(苦笑)、ちょうど「ナーラーイ王国立博物館 National Museum King Narai」で調べたいと言うか見たいものがあったのです。

すでに告知済みですが、アユタヤに関してのエントリーが今後続く予定でいます。すでにスタートした「チャオプラヤー元流を歩く」でもナーラーイ王が出て来るので、もう一度博物館を訪れたいと思っていました。

20170512 Train 4

コーヒーを飲みながら本を読み、時々顔を上げて車窓の流れが変化して行くのを観るのは至福の時間です。こうして衝動的に旅に出られるのも、リタイアの自由の身だからこそ出来るのですが・・・

実は、旅に出たかったのか、本を読みたかったのか、どちらが本当の目的か分かりません。

この時の旅はまた別途書きますが、結果は大失敗でした。すでに訪れた事があって町の地図は頭に入っているので、ロッブリー駅からまっすぐ博物館へ行ったら・・・休館日でした。月曜が休館日は普通なのですが、ここって毎週月火が休みなのですねぇ~

20180512 Museum Lopburi

しっかり閉められた博物館の入口を後にし、有名な遺跡はサルが怖いので避けて、旧市街の街歩きをしながら周囲に残っている城壁を探して歩きました。路地裏や家の裏で昔の城壁を見つけるのも・・・まぁ、それも楽しいのですが(笑)

20180512 Wall Lopburi

さて、長々の前置き話ですが、そんなロッブリーとは無関係とは言えないアユタヤと偶然にもナーラーイ王(画像下)がアパートの近所に来ました(笑)

20180514 Narai

えっと・・・このブログの定番ネタの一つに近所のショッピング・モール「シーコン・スクエアSeacon Square」の催しがあります。その話です(汗)

これが毎回かなり楽しみなのでが、今回は5月20日まで「ナーラーイ王とアユタヤ時代」(かなり適当な訳です)が行われています。

20180512 Seacon 1

実は在タイの方々ならご存知でしょうが、今はテレビの影響でタイは空前の(大袈裟)アユタヤ・ブームなのです。「ソンクランと最近のアユタヤ」でも書きましたが、「Channel 3」の『ブペッーサンニワートบุพเพสันนิวาส』です。

20180418 Ayutthaya 1

Channel 3のサイトから放映済みも観られるので、かなり我慢して観ましたがアユタヤ時代の興味はあるもののストーリーはオジサンにはちょっと辛い、現在の女性の精神がアユタヤ時代にタイムスリップしての恋愛もののようです。

アユタヤでこのテレビ・ドラマの聖地となっているのが「ワット・チャイワッタナーラーム Wat Chai Watthanaram」のようで、民族衣装?伝統衣装?古式衣装なのか・・・美しく着飾っている方々が写真撮りまくり状態です。

20180418 Ayutthaya 6

この遺跡の前なんか大勢の人目当てに露天商が出て、貸衣装店も並んでいます。以前は静かな遺跡だったのですが、渋滞までしています。

20180418 Ayutthaya 7

そんなブームに乗るのはさすがにシーコンで、平日の昼でも人がいっぱいです。流行っている事を本当に上手に催して集客するのは感心するばかりです。過去のシーコンの催しに関するエントリーは以下の通りです。

ついにKYOTOがシーコンにやって来た
ワット・ポーがやって来たシーコン・スクエア
イタリア・ブラーノ島が現れたシーコンスクエア
孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
少数民族がやって来たシーコン
江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン
遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)
シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア

さて、今回の催しですが・・・中央にクメール様式とでも言うのでしょうかトウモロコシ型の仏塔を置き、周囲を出店で囲むようにしています。

20180512 Seacon 2

お店側も伝統衣装を着ている方も多くて雰囲気を盛り上げています。売っているのはアユタヤに関係あるのか? まぁ、毎回同じ様なものですが(笑)

20180512 Seacon 3

20180512 Seacon 4

20180512 Seacon 5

20180512 Seacon 6

お菓子が多いのですが、正直よく分かりませんし甘すぎるのが怖いです。毎回、ビールのつまみを買うのですが、今回も画像下の豚の骨付き肉を買いましたが、1個で260バーツだったか・・・思ったより高く一瞬後悔しました(笑)

20180512 Seacon 7

ある一角が水上マーケットっぽく作ってありましたし、舞台もあったので何かやっているのでしょう。残念なのですが毎回時間が分からず観た事はありません。

20180512 Seacon 8

20180512 Seacon 9

お近くの方が多いとは思えませんが、この週末に行かれると結構楽しめるかと思います。

さて・・シーコンへの行き方は何度も書いていますが、「シーコン・スクエア 活用術」で詳しく説明しています。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

スポンサーサイト

2018.05.12 | コメント(0) | ショッピング

拡張なったメガバンナー 最新アクセス術付

毎日自炊の日々なので、週に何日かは買い物に出なければなりません。

市場がすぐ近くにあるわけではないのですが、歩いて20分以内にスーパー「ヴィラマーケットVilla Market」が2店、「トップスマーケットTops Market」が1店、20分ちょっと歩くと大きなチェーン・スーパーの「ビッグシーBigC」と「テスコロータスTESC Lotus」にトップスがもう1店舗あります。

20180131 Tops

どこへ行っても値下げ品で値札が黄色になっている物しか買わない主義ですし、3年以上毎週スーパー巡りをしているので普段買う物は全て価格が頭に入っています。ここが値下がりしていなければ、違う店に行こう・・・こんな感じです。

お金は無いけど時間はたっぷりあるので、1バーツでも安い物を買うのに時間をかけます。お金に心配ない方からすれば馬鹿みたいでしょう(苦笑) そして近所に全くコンビニがないので、高いコンビニで安易に買う事もありません。

20180121 Lotus

日々の買い物に行くのに20~30分歩くのはちょうど良い運動だと思っています。荷物がある帰りはバスを使えば良いし、重たい荷物は腕の筋力維持にも役立っているでしょう(笑)

その歩いて行けるセントラル・バンナー(隣のBigCと地下の食品売り場)とシーコンスクエア(中のTESCO Lotus)、そしてバスでドアtoドアの「メガ・バンナーMEGA Bangna」は私的に『買い物3本柱』と呼んでローテンションを組んでいます。

20180131 Map

メガバンナーは歩いては行けないのですが、複数の路線バスでメガバンナー施設内から乗ってアパート前で降りられるので、雨が降りそうな時はメガに行く事にしています。激しいスコールでもほとんど濡れないですむのは傘を一本も持ってない身には助かるのです。

20180131 MEGA 2

20180131 MEGA 1

メガバンナーと言っても実際に買い物するのはスーパーのBigCとTopsにパン屋さんのYamazakiぐらいですが、都心部を離れた近郊の超大型ショッピング内は雨が降りそうな時は散歩代わりに良いのです。

20180131 BigC 1

20180131 BigC 2

特にメガバンナーには家具の「イケアIKEA」があるので、雨の日には絶好の暇つぶし運動場気晴らしになります。「雨の日はIKEAでしょう!」で詳細を書いています。

MEGA 182

このように雨季にはよく行くのですが、乾季にはなかなか行く機会がなくて・・・久しぶりに先週行ったのですが、拡張部の工事が終わって大きく変わっていました。

2017年5月。基礎工事段階です
20180131 MEGA 3

2017年9月。ビルの骨格が見えて来ました。
20180131 MEGA 4

画像上のように昨年2017年はずっと工事でどうなるかと楽しみだったのですが、昨年末にオープンしていたようです。それを知らずに先週末まで行けなかったのです。

20180131 MEGA 5

新しく拡張された部分は「フード・ウオークFoodWalk」と言う事で、多くの飲食店が中心になっています。以前からあった部分にも(バンコクでは誰でも知るだろう)フードチェーン店のほとんどがあったのですが、フード・ウオークには新しく人気?の店が多いようです。

20180131 MEGA 6

20180131 MEGA 7

大型モールには(先まで見えない、歩く楽しみを感じる)曲線が使われるのが最近の傾向ですが、ここはそれもあるのですが・・・坂を取り入れています。フロアー全体が緩い傾斜を造っているように私には思えます。

20180131 MEGA 8

20180131 MEGA 9

他には解放感ある造りでありながら、影をうまく作り出しています。まだそれほどでもありませんが、緑や水の流れも意識しているようです。

20180131 MEGA 10

20180131 MEGA 11

「どこどこで何々食べた」のブログを書かない主義なのは、食レポ的な内容はネガティブな事が多く目につき自分の不満をネットにぶつけるように書いてしまう可能性があるので、最初から書かない!としているのですが、今回は例外で書きましょう。

博多ラーメンの「一風堂 IPPUDO」に入りました。昨年末に上記のセントラル・バンナーにも出店していたので気になっていましたが、高いので見るだけを何週間も過ごしていました。

20180131 MEGA 12

今回このフード・ウオークで新しい店を見続けて、自分がちょっと舞い上がったのか高いけど入ってしまいました。店員さんは多いのですが入った瞬間から覇気がない感じでがして嫌な予感がしたのですが・・・

白丸スペシャル280バーツを注文してしばらく・・・12時15分前に他の店員さんと色が違うユニフォーム(青ではなく黒っぽいTシャツ)を着た方が入って来て、厨房で何やら自分の準備をしながらチェックしています。日本人なのかタイの人なのか分かりませんが、偉そうに今頃出勤かよと見ていました。まぁ、きっと理由があるのでしょうが・・・

20180131 MEGA 13

その後に卵を抱えた業者の方がお客さんと同じように入って来て納入。そしてレジで何かの処理をしています。まぁ、これも日本じゃないし、普通にある事ですが、卵の仕入れは正午なのですねぇ~ きっと足りない事に気付いたのでしょうが。

20180131 MEGA 14

そして出て来たラーメンのスープがぬるくて、タイではありがちな市井のクイッティアオよりかなりぬるいです。自分的には許せないレベルでもう嫌気がしてなりませんでした。

日本で一風堂に入った事が何度かあるのですが、こんなにぬるかったかなぁ?と思いながらも目の前にある生ニンニクを絞ろうと思ったら、あの「ニンニク絞り器」が無いのです。出し忘れたのか、店員に頼みましたが、それがなかなか伝わらないし・・・タイの一風堂ではニンニク丸ごと塊りでラーメンに入れさせるの?

20180131 MEGA 15

最後にとどめを刺されました。料金280バーツを払おうとしたら、サービス料10%、VAT7%が加えられて合計330バーツです。ホテル内レストランや高級レストランでもないのにダブルの外税!いやぁ~普段食べている所ではそんなのないのですが油断していました(笑)

何もスペシャルを感じないラーメンで330バーツ日本円なら1,140円でしょうか。何も日本円で考えなくても私の普通のランチ50バーツ前後でほぼ一週間分。ラーメンに300バーツ以上使ってしまい、そんな自分にショックで三日間ぐらい思い出しては泣いていました。

え??お味ですか・・・普通(キッパリ)スープがぬるいので評価に値せずでしょうか。味の好みは人それぞれですが、エラワンに新しく出来た「麺屋一燈」の濃厚魚介ラーメン239バーツとどうしても比べてしまいます。

20180113 ITTO 1

20180113 ITTO 2

「麺屋一燈」は私からすれば滅多に行かない都心部なのですが、思い出すと食べたくなるので食べるだけでまた行くでしょう。近所の買物3本柱の2カ所にある一風堂は・・・もう行きません。

まぁ、食べものの好みは人それぞれですから、一風堂をお好きな方はいるのでしょうが、これでタイでやっていけるのでしょうか・?少なくてもセントラル・バンナー店は週に1~2回は必ず昼前後に見ますが、いつもあまり客が・・・

さて、禁断の食べログ的ブログになってしまいました。普段書かないのにネガティブもポジティブも両方。ごめんなさい。話を戻しましょう。いずれにしても一度は入りたい店がたくさん出ています。

そして、このフード・ウオークにスーパーTopsが移って来ていました。以前は地下で目立たない所で売り場も狭かったのですが、ここでは売り場面積もたっぷりで伸び伸びしています。ただ・・・メガバンナーにショッピングに来て、お食事をして、このスーパーで買い物して帰る人達が多いのか? ちょっとイメージ出来ないのですが・・・

20180131 Tops 2

さて、最後にアクセスですが・・・高いBTSでウドムスック駅までやって来て無料シャトルバスを待っている多くの人を見かけますが、都心部からメガバンナーに行かれる方々なのか・・・高いBTSと無料シャトルバスが少しちぐはぐに私には見えます。まぁ、行き方をそれしか知らないだけでしょうが・・・

私自身はもちろんドアtoドアの路線バスなのですが、以前書いた「メガバンナー最新アクセス術」から最近では少し変わっています。

Sep25 MEGA Map

1、直接メガ内へアクセス出来る。帰路は直接メガ内で乗れる。地図上赤の線

20180131 MEGA Bus23

2番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。20~30分に一本ぐらいの間隔で一律6.5バーツ。途中セントラル・バンナー前を通ります。要は無料シャトルバスと全く同じルートです。

23番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) テウェス~プラトゥナーム~ペッブリー通り~エカマイ通り~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。 30分に一本ぐらいの間隔で一律6.5バーツ。途中セントラル・バンナー前を通ります。これも要は無料シャトルバスと全く同じ区間を含みます。

145番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) 北バスターミナル~ラップラオ通り~バーンカピ~シーナカリン通り~バンナートラート通り~メガバンナー。20~30分に一本ぐらいの間隔で一律6.5バーツ。途中シーコンスクエアを通ります。

2、メガバンナー前のバンナートラート通り上のバス停。地図上濃茶の線

20180131 MEGA Bus133

132番委託ノンエアコンバス オンヌット~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。9バーツですが、メガより東は別料金なので切符を買う時に行き先を聞かれる場合あり。

133番委託ノンエアコンバス エカマイ~プラカノン通り~ペッブリー通り~シーナカリン通り~バンナートラート通り~メガバンナー。9バーツですが、メガより東は別料金なので切符を買う時に行き先を聞かれる場合あり。

558番委託エアコンバス ラマ2世通り~(高速経由)~バンナー交差点~バンナートラート通り~メガバンナー。 20分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。「行き先をメガ~」と告げます。復路だとスワンナプーム空港バスターミナルから乗って行けます。

R26E番 2018年1月にスタートした新民営化路線エアコン高速経由バス。戦勝記念塔~高速経由~シーナカリン通り~バンナートラート通り~メガバンナー~バンプリー。40~50分に一本のイメージです。途中シーコンスクエア前を通ります。

地方バス365番エノンエアコンバス パークナム~スクムビット通り~サムロン~バンナー駅~バンナートラート通り~メガバンナー~バンパコン。本数5分~10分と多いです。途中セントラル・バンナー前を通ります。行き先を言う必要があります。

3、TescoLotusで乗り換えるか、歩く(バス停一個分徒歩15分) 地図上紫の線

20180131 MEGA Bus207

ラムカムヘン大学2が行先なので、バンナートラート通りでメガバンナー手前で左折します。左折した直後がTescoLotusの横で、そこから反対側に向かう207番ラムカムヘン大学1行(地図上緑の線)に乗ると、次のバス停がメガバンナー内です。歩く場合はTescoLotus内を通ると近道です。207番はラムカムヘン2発で1行きのみ(都心部行)がメガ内に入ります(画像上)。

38番委託ノンエアコン・エアコンバス 戦勝記念塔~プラトゥナーム~ペッブリー通り~アソーク通り~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります

46番委託ノンエアコン・エアコンバス ラマ4世通り~プラカノン~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

48番委託ノンエアコン・エアコンバス ワット・ポー~サイアム~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

139番委託エアコンアバス。 戦勝記念塔~プラトゥナーム~(高速経由)~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。20分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

207番直営赤バス・委託ノンエアコンバス (207番でもハッピーランド~ワット・シィーヤムの黄色エアコンとミニバスは行きません) ラムカムヘン大学1~シーナカリン通り~シーコン・スクエア~バンナートラート通り~ラムカムヘン大学2 10~15分に一本の間隔。 往路から復路へと変則乗換になります(切符は新しく買います)。

180番ノンエアコン・赤バス(全車高速経由の為に行き先表示板黄板) セントラル・ラマ3~ラマ3世通り~クロントゥーイ~(高速経由)~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。以前は直接メガバンナーに入りましたが、今はカンチャナピセーク通りからラムカムヘン大学2を経由して(遠回りして)メガバンナーへ入ります。15~20分に一本ぐらいの間隔で6.5バーツか高速区間を使うと8.5バーツ。途中セントラル・バンナー前を通ります。

さて・・・ご旅行の方々がわざわざ行くような所ではないと思うのですが、在住者なら買い物でも気晴らしでも行ってみる価値はあるのではないでしょうか。お車があっても、BTSと無料シャトルばすでも、そして路線バス利用でも。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.01.31 | コメント(7) | ショッピング

ついにKYOTOがシーコンにやって来た

最近、どうも新鮮味が無くなったと思う本ブログですが・・・このブログの定番ネタの一つに近所のショッピング・モール「シーコン・スクエアSeacon Square」の催しがあります。

20171208 Seacon 4

これが毎回かなり楽しみなのでが、今回は今日(12月8日)からなんと京都がテーマです。

さて・・・常夏のバンコクにもクリスマスツリーが飾られる12月ですが、在タイ日本人の方々でもこの年末年始に一時帰国する準備をされる方がおられるのではないでしょうか。

私は今年も戻れそうもありません。日本へ戻ってないのはそろそろ2年近くになりますが、27年を超える海外暮らしの中でこれほど日本に戻らない期間が長かった事はありません。

働いていた時は仕事での一時帰国もありましたし、年末年始は毎年日本で過ごしていましたからねぇ~ この休暇の為に一人海外で毎日頑張っていたようなものです。

20171208 Japan 1

年末年始は横浜の家に戻り、実家があったお江戸・深川に行くのが常でした。両親が亡くなってからも初詣は深川でした。画像上は成田山新勝寺東京別院深川不動堂ですが、このお寺の隣が富岡八幡宮で私も氏子だったですし、子供の頃からの遊び場でもあったのですが・・・昨夜から大変な騒ぎになってしまっています。

話を変えましょう。関東以外では京都へ行くのが一番多かったです。目的は観光ではなく祇園や上七軒のお茶屋さん、置き屋さん、料亭で和を味わう事でした。

20171208 Japan 2

なぜか若い時から海外から京都へ通っていました。若い時だけでなく・・・家族を連れてや・・・家内と二人でも行ってました。画像下は珍しく置き屋さんでの写真ですねぇ~ 少々酔って危なっかしいのですが(笑)すぐ横にちゃんと家内も一緒です。(念のために書きますが、右隣ではなく舞妓さんの左にいます)

20171208 Japan 3

祇園の寿司割烹『なか一』さんの大将との写真ですが、ここでは伝説の食べっぷりで名が通っていたのですが、今の二代目になってから行った事はありません・・・

20171208 Japan 4

今の京都は・・・なにかわさわさして落ち着きがないので行く気がしません。もっともお金がないのが本当の理由ですが(苦笑)

さて、年寄りの昔話と自慢話はこの辺で止めて・・・

そんな私を誘いたいからでしょうか・・・シーコンスクエアに『京都の遺産』(何かちょっと変)がやって来ています。画像下はSeacon Squareのサイトから拝借です。

20171208 Seacon 1

笑っちゃうぐらいコテコテの日本イメージで固めています。焼き芋がなぜ京都なのか? 阿波踊りにいたっては『違うだろうー!!』と今年の流行言葉すら思い出してしまいます(笑)

いずれにしても、シーコンスクエア(シーナカリン)は本当に頑張っています。週に2日は歩いて買い物に必ず行きますし、映画もほとんどここで観ています。

そんなシーコンでの催しは過去以下の様にエントリーしています。都心部にお住まいの方はちょっと遠いかも知れませんが、遊びに来ると私に遭遇するかも知れません(笑)

ワット・ポーがやって来たシーコン・スクエア
イタリア・ブラーノ島が現れたシーコンスクエア
孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
少数民族がやって来たシーコン
江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン
遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)
シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア

実は日本に関する催しが多いのですよねぇ~ 去年はゴジラもやって来ています。

20171208 Seacon 3

さて、シーコンスクエアの『京都の遺産』は本日12月8日から17日までの開催です。

タイの方々が想う京都はどんな感じでしょうか・・・中央に「東寺の五重塔」です。日本人なら誰もがフォルムが違う事に違和感を感じるでしょうが、まぁ海外のショッピングモールの催しなので、ありがちな形でも仕方ないですね。

20171208 Seacon 2

催しスペースの左右に「伏見稲荷」と「清水寺の音羽の滝」が置かれています。伏見稲荷に関しては言葉が見つかりませんが(笑)赤鳥居は日本を象徴する一つなのでしょう。もちろん滝の水を飲む人はいないです(大笑)

20171208 Seacon 5

20171208 Seacon 6

ここまでは、頑張っているなぁ~ 良く出来ているなぁ~ と思っていたのですが、「傘地蔵」に至っては・・・私自身何だか分からず考えてしまいました(汗)童謡で京都に特に関係があったのかなぁ~って。

20171208 Seacon 7

まぁ、傘地蔵は雰囲気的にOKかな・・・とも思うのですが、会場全体に流れているのが阿波踊りのお囃子で、太鼓、鉦(かね)、三味線のリズミカルな音が流れています(笑)

20171208 Seacon 8

徳島の方も京都の方もこれは受け入れられないでしょうが、タイの皆さんと深川の私はこれも妙に合うので不思議に思わないのかも(笑)招き猫が焼き芋を売っているのもヨシでしょう。

20171208 Seacon 9

出店は「なんちゃって系」がほとんどですが、頑張って日本に関係ありそうな店を集めたのでしょう。たこ焼きにお好み焼きから、カレーやスイーツもあります。

20171208 Seacon 10

20171208 Seacon 11

私は夕食のおかずになりそうなトンカツ、大きな一枚が120バーツを買いましたが・・・今晩食べますが、はたしてどうでしょうか?

20171208 Seacon 12

さて・・シーコンへの行き方は何度も書いていますが、「シーコン・スクエア 活用術」で詳しく説明しています。

年末年始に日本へ戻りたくても戻れない方は・・・こんな所で(笑いながらも)タイの人々と一緒に日本を感じるのも良いかも知れませんね。

20171208 Seacon 13

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.12.08 | コメント(6) | ショッピング

ワット・ポーがやって来たシーコン・スクエア

このブログの定番ネタの一つに近所のショッピング・モール「シーコン・スクエアSeacon Square」の催しがあります。

本当に毎回頑張っているなぁ~と感心しているのですが、今回はなぜか『アメージング・ターティアン』でワット・ポーもやって来ました。

20171125 Seacon 1

今週末11/23から来週末12/3までの開催で、私がシーコンに行ったのは今日11月24日の金曜です。

その金曜日、日本ではブラック・フライデーでのセールがだいぶ話題になったようですが、「ついに日本でも始まったか・・・」と思いながらも、売る側の商機(イベント)をつくる作戦に感心したりもしていました。

まぁ、本当に必要な物だけを買ってお得になればどんな商機でも良いのですが、なかなかそうは行かず買い物の高揚感で必要じゃない物も買ってしまう人も多いから、売る側も商売になるのでしょう。

ブラック・フライデー・・・このブログではアメリカ在住時にその騒ぎを詳しく書いています。

私がアメリカで現地採用(タイじゃないし、わざわざこんな言葉を使う事はないのですが)になった企業も感謝祭前にターキー券が配られました。スーパーで七面鳥と交換できる商品券のようなものです。

Turkey

この様に感謝祭Thanksgiving Dayは家族が集う日としてクリスマスに次いで重要な日です。また家族の元に行く人達が多いので、休暇を取る人が多く、飛行機も混むホリデーシーズンです。

この感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日はBlack Fridayブラック・フライデーと呼ばれ、この日だけは特別に木曜深夜から金曜朝早くにも多くの店が営業します。それで感謝祭の深夜からセールを求める人々が並んだり、店の中での狂乱が毎年の様に報道されます。

Black Friday

日本では感謝祭は切り離してこのブラック・フライデーだけがクローズアップされているかと思いますが、アメリカでのブラック・フライデーは以下のような図式です(笑)

感謝祭で家族が集う

感謝祭が終わり、クリスマス・プレゼントの準備を開始する

感謝祭の翌日の金曜日にショッピングに出かける

店はその日にセールをして客集めをする

店は感謝祭の翌日金曜日一日で黒字になる

だから感謝祭の翌日をブラック・フライデーと呼ぶ

この話は続きがあって、近年ではネット・ショッピングが盛んな為に、感謝祭休み明けの月曜日に注文が殺到するそうでサイバー・マンデーと言います。

これは中国の「独身の日」11月11日のような感じです。その内にサイバー・マンデー(ブラック・フライデー翌週の月曜)や独身の日(11月11日)も日本で商機にされるような気がします。

さて、タイではブラック・フライデーの騒ぎはまだ無いかと思いますが、商機造りで催しを盛んに開催するのがシーコン・スクエアで、今回は『ター・ティアンTha Tien』ですが・・・なぜター・ティアンなのでしょうねぇ~

20171125 Seacon 2

ター・ティアン・・・ワット・ポー前の船着場で、現在ではター・ティアン(船着場)として対岸のワット・アルンへの渡し船の桟橋があります。

20171125 Tha Tien 1

20171125 Tha Tien 3

1年以上前はチャオプラヤー・エクスプレス・ボートが停まっていましたが、2016年11月7日から改修の為にこの船着場には停まりません。画像下の掲示物によると「改修renovationのため」と書いてあるので一時的なものだと考えられますが、未だに工事すら始まっていません。

20161114 Noties

ター・ティアンの由来は諸説あるようで現地での説明板には、「HATIEN」が語源とか、トンブリー王朝時代に住み着いたベトナム人移民がベトナムの地名から名付けた・・・など色々書いてあります。

チャクリー王朝でチャオプラヤー川左岸に遷都され王宮が建てられた後は、外国人居住地になったり、王宮へ入る外国人(使節団?)用の船着場として使われた事も書いてあります。

ター・ティアン前のマハラート通りMaharatはラマ5世から6世治世下で造られ、ター・ティアン市場から船着場にかけてコロニアル風の建物が並ぶのもそんな面影でしょうか・・・

20171125 Tha Tien 2

なんだか街歩きの内容になって来たので、話を戻しましょう(汗)

えっと、シーコンスクエアでしたね・・・タイトルをワット・ポーとしましたが、実際はワット・ポー前のターティアンの再現でしょうか。

20171125 Seacon 3

20171125 Tha Tien 4

ターティアンにあるコロニアル風の家も再現されています。そして周囲はターティアン市場の昔の姿でしょうか・・・

20171125 Tha Tien 5

20171125 Tha Tien 6

さて肝心の出店ですが、タイのお惣菜にお菓子が中心です。ただ・・・あまり目新しいものはないのですが、それは私がこうした店先のタイ語が読めないからかも知れません。

20171125 Tha Tien 7

20171125 Tha Tien 8

惣菜に菓子と食べなれた物を買いましたが、慣れた安心の美味しさでした(笑)しかし平日(金曜)昼なのに人がたくさん集まっています。

20171125 Tha Tien 9

20171125 Tha Tien 10

20171125 Tha Tien 11

さて、シーコンスクエアの催しですが過去に多くエントリーしています。都心部にお住まいの方はちょっと遠いかも知れませんが、遊びに来ると私に遭遇するかも知れません(笑)

イタリア・ブラーノ島が現れたシーコンスクエア
孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
少数民族がやって来たシーコン
江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン
遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)
シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア

そして行き方は「シーコン・スクエア 活用術」で詳しく説明しています。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.11.25 | コメント(3) | ショッピング

イタリア・ブラーノ島が現れたシーコンスクエア

今週は王宮広場での火葬の儀施設一般公開と特別展示を急ぎ書いたので、エントリーが立て続けになりました。

ブログランキング退会し、もっとゆっくりと書いて行くつもりであるのは変わらないので、今週はちょっとそんな思いとは違っています。今朝もブログランキングにまだデータが残っているのに気付いたので、再度完全削除をしたのですが・・・どうなるやら(笑)

いずれにしても、このブログに直接アクセスされる方は更新がなくて空振りの可能性もあるので、どうかお暇な時に時々チェックする程度でご覧ください。

しかし、ブログランキング退会後に初めてコメントを書いて頂いた方が多く、本当にありがたいと思っています。ランキング表示や新着情報でアクセスする方がど~んと減りましたが、それ以上に嬉しく思っています。

さて、書きかけがたくさんあるのですが、今日のお題も期限が今週末までなので急ぎエントリーします。

って言っても・・・お馴染みのショッピングモール「シーコンスクエアSeacon Square」での催しです。

20171110 SS 1

好きですよねぇ~このテーマ(笑)って言うか・・・シーコンスクエア自体が好きなのです。スーパーのTescoLotusとTopsが入っているので日常で通っていますし、フードコートもちょっとお上品な所から、スーパー横などいくつもあります。テナント店、レストランにシネコンなども全て頭の中に入っているので便利なのです。

それに加えて最大の特徴が催しです。これが本当に頑張っているのです。見るだけでも楽しいし、時には美味しいものがあったりで集客に一生懸命なのが好感が持てます。今までエントリーした主な催しは以下の通りです。

孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
20170903 Seacon 6

少数民族がやって来たシーコン
20170730 Seacon 5

江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン
20170629 Seacon 9

遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)
20170611 Seacon 7

シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
20170519 Seacon 7

近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア
Aug30 Seacon 2

そして今回は『カラフルなブラーノ島』です。イタリアですねぇ~

20171110 SS 2

イタリアのブラーノ島はヴェネツィア・・・ベネチア、ヴェニスとも呼ばれますが、なぜかシェークスピアの戯曲では『ベニスの商人』と書かれますねぇ~ 

実はヨーロッパではよくあるのですが、固有名詞の地名なのに各国で呼び方が全く異なるのです。ヴェネツィアはイタリア語的だと思いますが、ヴェニスは英語かなぁ~ ドイツ語ではヴェネーディヒでフランス語だと・・・(笑)

20171110 Venezia

これが厄介でドイツに住んで英語で会話し欧州中を旅すると失敗談は尽きなく・・・なんて書きだしたらキリがないので(汗)ヴェネツィアに戻りましょう。

実はヴェネツィアはミュンヘンの真南にあたり、ドイツからアルプスを越えてイタリアに行くのに何度も通っています。ただ、車を置いてヴェネツィアに渡ったのは家内と息子を連れて一回だけです。そう・・・車では行けないので、簡単には寄る気にならないのですよねぇ~

20171110 Glass

家内と息子と連れて行った時はベタな観光(もちろん個人旅行ですが)で、ゴンドラに乗った記憶もあります。その時にヴェネツィアから船で行ったのはガラス工芸で有名なムラーノ島で、その時買ったヴェネツィアン・グラスが日本の家にあります(画像上)

思い出話はこのへんで(ごめんなさい)、実は残念がらブラーノ島は行った事がないのです。何で行かなかったのか? 距離的位置的にはムラーノ島とブラーノ島はペアで考えられる気がしますが・・・きっと当時はあまり有名では無かったような気がします(画像下はブラーノ島公式観光協会サイトから拝借です)

20171110 Burano

そのブラーノ島が私アパート近くのシーコンで再現?されたので呼ばれたような気がするのですが、今のロングステイを終えたら家内と旅行する予定のヨーロッパで考えなくてはなりませんねぇ~

20171110 SS 3

シーコンでの催し『カラフルなブラーノ島』は今週末11月12日までの開催です。実は開催開始直後に行ったのですが、王宮広場の件があってそちらのエントリーを優先させてしまいました。

20171110 SS 7

20171110 SS 4

なかなか楽しませてくれるのは感心なのですが、なぜ今ブラーノ島なのか?が分かりません。衣装を着て雰囲気を出してくれている姿からは、カーニバルが行われる早春がイメージ出来ますが・・・(笑)

20171110 SS 5

20171110 SS 6

そして気になったのはカラフルなだけにチープ感がしてしまい、今までの催しと比べると大道具など安っぽい感じがします。それは私が過去の催しシリーズの中で見てしまうからでしょう。

20171110 SS 8

20171110 SS 9

いつもは出店の中から珍しい物や、美味しそうな物を必ず買っていたのですが、今回は食指が動くものはありませんでした。それにどう考えてイタリアと関係無さそうだし・・・

20171110 SS 10

まぁ、ショッピングモールの催しは楽しそうで人が集まれば良いので、こうした催しは続けて欲しいものです。

20171110 SS 11

20171110 SS 12

いやぁ~ 本当にシーコンは頑張っていますねぇ・・・週末はもちろん平日でも毎日混んでいるのが当然に思えます。

都心部の方々には不便な所なのでしょうけど・・・アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています(おまけで私の若い時の写真付きです)。

シーコンスクエアの裏は「タラート・ロットファイ・シーナカリン」ですし、近くにはバンコクで一番大きな「ラマ9世公園」もあります。またラマ9世公園前では「朝市」も立ちます。私のアパートもありますしぃ・・・(笑)どうぞお出かけになって下さい。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.11.10 | コメント(2) | ショッピング

デジカメ用バッテリーを探して都心部へ

今日は予定を変更して大好きでネットには秘密にしたかったとっておきの(書かないのに派手な形容詞ですねぇ)「フアタケー古市場」ではなくて、タイトル通りでデジタルカメラ用のバッテリーを探して町をウロウロして来たので、そのお話です。(画像下はセントラル・ワールド前です)

20171105 Xmas 1

ところで、ブログ・ランキング参加を止めて数日経ちました。ランキングにはしばらくデーターを残したままにするつもりだったのですが、エントリーもしないのに古いエントリーで本ブログがいつまでも表示されるのもおかしく思え、脱会してきれいさっぱりと削除してしまいました。ランキングを見ている方からすると突然姿を消した形だと思います。

ちょうどTV番組の「芸能人格付けチェック」で「映す価値なし」にランクされ、煙とともに画面から消えてしまったのとそっくりです(笑) TVを観ない方には「なんのこっちゃ?!」でしょうから申し訳ないのですが、自分でそんな事を思い出し笑っていました。

20171105 Weather

さて・・・雨季が明けた(と思う)バンコクですが、今日はずいぶん久しぶりの曇り空に加えて、気温が上がらず風も強くて埃っぽい一日でした。

そんな天気の中をデジカメ用のバッテリーを探して、滅多に行かない都心部へ行って来ました。バンナートラート通りで48番エアコン車に乗ってサイアムまで19バーツ、日曜日で道路が空いていて1時間で行けました。サイアムスクエアやMBKは2015年に娘が遊びに来た時以来なので2年振りです(笑)

20171105 Siam

実は、数か月前から愛用のポケット型デジカメのズームが機能しなくなっていました。どこへ行くにもポケットに入れて街歩きした相棒です。

20161225 Camera

買ったのはアメリカで10年前ぐらいでしょうか、このブログの画像もほとんどがこのカメラで撮ったものです。使えないのはズーム機能だけなので、今でも毎日ポケットの中で一緒に街歩きしています。

しかし、ズームが効かないのはいかにも不便。そこでその前に使っていて今は予備機にしているLUMIXを使い始めました。これも10年以上前に買ったカメラですが、持病で重たいカメラを持てなくなったので、仕舞い込んだままだったカメラです。

20171105 LUMIX

しかし、重たいLUMIXをぶら下げて街歩きに出ても・・・バッテリーも古いので10枚も撮ればバッテリー・ダウンしてしまうのです。サードパーティーの予備バッテリーも持ち歩くのですが、それも数枚撮ったらダウン(涙)

そこでこの数週間は街歩きする度にカメラ屋さんに行ってはこのバッテリーを探していました。近所で買い物3本柱のシーコンスクエア、セントラルバンナー、メガバンナーはカメラ屋さんからIT屋さんで聞きましたが、見た瞬間に「無いよ!」の冷たい返事ばかり(涙)

それで今日は満を持しての登場で「MBKセンターMahboonkruong Center」です。その前にサイアムスクエアのカメラ店にも寄りましたが、そこも全滅。正直、諦めかけてのMBKでした。

20171105 MBK 1

MBKの4階で2軒連続空振りの後でした。画像下のお店のお兄ちゃんはすぐに断らず、何やらスマホで調べてから「あるよ」の軽い返事(笑)「買いたいので、見せて下さい」と頼むと、ちょっと待てて・・・とどこかへ消えました。まるで違法のDVDコピー版をどこかで買うような様子とそっくりです。いえいえ、聞いた話ですが・・・(汗)

20171105 MBK 3

待つ事10分ぐらいでお兄ちゃんが戻って来ました。確かに欲しかったバッテリーですが、なっ、なっ、なんと・・・1990バーツです。気を失いかけました。サードパーティーではなくPanasonicの純正品ですが、いかにも古そうな在庫品だったのか? 

私のアパート代から食費など全ての生活費10%です。何か嬉しい事があった時に飲む安ワインなら10本分!ランチなら40日分!! 思わず「見なかった事にして」帰ろうかと思いました。それでも重たいカメラに死にかかったバッテリー2個を抱えての街歩きを考えると・・・買うしかありません。

めでたくお兄ちゃんの言う通りで買ってしまいました(後で考えたらここは値切れるのが普通??)お兄ちゃんは嬉しそうですねぇ(笑)

20171105 MBK 2

今の心配は買ったバッテリーが新鮮な物だったかです。6か月の保証を意味するお店のカードが少しの安心材料です。それに上の証拠写真(笑)

サイアムやMBKへ行ったのは2年振りぐらいですが、1990バーツと高額な買い物をした記憶も2年以上ありません。ロングステイを始めた直後の鍋釜の買い物ぐらいでしょう(悲)

高額な買い物をした罪悪感とバッテリーがちゃんと使えるかの心配の中で・・・折角都会に出て来たのでバンコク見物をして帰る事にします。

最初は入った事も無かったMBK前の「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センターBangkok Art and Culture Center」です。

20171105 Art 1

正直に言いましょう・・・面白くなかったです。って言うか、私は芸術とかに向いていないのか、右脳が全く機能していない気がします。芸術作品でも、歴史などロマンを感じると論理的に左脳が働き出して面白く楽しめるのですが・・・

20171105 Art 2

たぶん高額な買い物で落ち込んでいたのでしょう・・・どこをどう歩いたのか思い出せませんが、やけに人がうじゃうじゃ歩いている建物を通り、気付いた時はセントラル・ワールド前のクリスマス・ツリーを撮っていました(笑)

そうそう、来る時にバスの中から見て、帰りに寄ろうと思っていたのです。まさに飾り付けの真っ最中でした。早いですねぇ~今年も残す所2ヵ月ないのですから・・・

20171105 Xmas 2

この後にバス停に行く途中でエラワン廟に(上から失礼ながら)願い事です。「どうかバッテリーがちゃんと機能して、これから良い写真がブログに載せられますように」と・・・

20171105 Erawan

帰りも48番エアコン車でプルンチットからバンナートラートのアパート近くまで、19バーツで45分で着いてしまいました。バスの中ではウトウト居眠りをしてしまいましたが、その手にはしっかりと買ったばかりのバッテリーが入った袋が握られていました。

ノートパソコンでも、デジタルカメラでもバッテリーが真っ先にへたって来ますよねぇ~スマホは持っていないので知りませんが、同じではないでしょうか。それで交換用のバッテリーを買うと、すごく高い! バッテリーもメーカー独自ではなく、規格品で年月が経っても安価で購入できるようにして欲しいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.11.05 | コメント(2) | ショッピング

孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア

私は昭和のど真ん中の生まれです。そして下町の職人の子に生まれました。

東京の下町・深川で職人の父に兄、戦時中の爆撃で足が不自由な母に早くから働きに出た姉、今考えると貧しさの中での暮らしでした。

その生活は昭和の映画によく出て来るような・・・下町、職人、そして貧しさそのものでした。

そんな映画の世界に夢中になったのは高校生の時からで、当時は昼飯代を浮かせて銀座や日比谷の映画館に通っていました。深川でも隅田川沿いだったので橋を渡れば茅場町に人形町と日本橋、どこへ行くにも歩きでしたねぇ・・・

そんな映画好きが人生の中で最初に見た映画は何だったのでしょう?

記憶にある限り・・・小学生に入る前か入った直後あたりだと思います。そして映画を観たのは小学校の校庭で行われた野外上映会でした。昭和30年代ですねぇ~

20170903 Old

校舎の2階からスクリーンと言うか大きな白い布をたらし、日が暮れると近所の人達がござを持ってグランドに集まる・・・納涼会のようなものだったと思います。映写中にフィルムが切れたり、スクリーンが風で揺れたり・・・そんな時代の思い出です。

そして観たのが・・・「西遊記」か「孫悟空」。まさか昭和15年のエノケンの孫悟空(画像上)ではないと思うのですが、円谷英二が特撮を担当した1959年の孫悟空が年代的にはぴったりだと思いながらも定かではありません。。

この時の孫悟空役はなんと三木のり平さんですねぇ・・・桃屋の「ごはんですよ」は永遠に無いと困るご飯のお供です。

話がもっとそれないうちに本題に入りましょう・・・(汗)

今日のお題は本ブログではお馴染みのシーコン・スクエア・シーナカリンSeacon Square Srinakarinの催しです。

20170903 Seacon 1

アパートからちょっとありますが、歩いて行ける距離なので週に必ず1回は買い物で行くショッピングモールです。買い物自体はシーコン内のスーパーTESCOLotusかTopsですが、食事も兼ねて毎回ウロウロしています。

別な買い物先であるセントラル・バンナーやバーンカピ、メガバンナー、サムロンなどはさっさと買い物を済ませて帰るだけなのですが、シーコンだけは別な楽しみがあります。

それは、ほぼ2週間おきに変わる催しです。これが本当に頑張っているのですよねぇ~ そして・・・どうも歴史好き、街歩き好き、そして日本人の私をかなり意識したテーマが多くあります。

(直近の催しは違いますが)前回は中国四川省とコラボした少数民族がテーマでした。「少数民族がやって来たシーコン」でエントリー済みです。

20170730 Seacon 5

その前はタイ人なら誰もが知るだろう「ラーマキエン」の元になったインドの大叙事詩「ラーマーヤナ」でした・・・

20170717 Ramayana 1

その前は私に的を絞った催しで「お江戸とマグロ解体ショー」でした。「江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン」でエントリー済みです。

20170629 Seacon 9

その前も街歩きと歴史好きな私に的を絞った「遷都200年の街角再現・クルンテープ2525」までやられ、日本人の私に気を使っていち早くバンコクに進出した大丸百貨店DIAMARUまで再現されていました。

20170610 Seacon 5

その前はクーカム(メナムの残照)の主な舞台がシーコンに再現されました。これはなかなか良く出来てましたねぇ~ ショーや出店された内容も含めて今までのベスト1でしょうか。「シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る」でエントリー済みです。

20170519 Seacon 7

シーコンは私の存在を知っているからでしょうが、日本に関する催しを立て続けに行う傾向があります。過去にはこんなのがありました。

Aug30 Seacon 2

Aug30 Seacon 3

Aug30 Seacon 4

そして今回です。先週(8月31日)から9月10日までの催しで・・・どうやら「西遊記とドラゴン」みたいな感じです。まったく情けないのですが、タイ語の読み書きが全く出来ないので推理力とパターン認識できるワードからの想像です。

20170903 Seacon 2

ところでタイの人々にとって西遊記や孫悟空はどの程度知られているのでしょうか? タイ人に知人がいないので尋ね様がありませんが、タイの古典的物語ラーマキエンやインド神話のハヌマーンでも猿(族?)が従者となって主人を助けるストーリーがあるので、どこか根っこでは同じなのかも知れませんね。

20170903 Seacon 3

いつものように物語に登場するキャラクターに扮したアルバイトがカメラを向ける客たちにサービスしていましたが、私もお腹だけなら猪八戒にはなれそうな・・・。女性達の役割は今一つ分かりませんが、自分たちの買い物に忙しいようです。

20170903 Seacon 4

20170903 Seacon 5

なぜか少林寺(西遊記と関係があったかな?)の舞台が出来ていたので、ここでもショーが行われるのでしょう。過去の読者コメントでも評判は良いのですが、私自身は時間が合わずに肝心のショーを観る事は出来ていません。

20170903 Seacon 6

まぁ、今回も主旨が何なのかよく分からないのですが(汗)中央には天に登るドラゴンと峨眉山金頂四面十方普賢金像(の造り物)が置かれています。

20170903 Seacon 7

ドラゴンはともかく四面十方普賢金像は一度は本物を見たいものです。 蛾眉山は3000mを超えるのでもう無理でしょうが・・・

20170903 Seacon 9

会場に造られた街並みはドラゴンと峨眉山を除けば、なぜか今WOWOWでやっている「三国志 ~趙雲伝~」で出て来る町並みのチープなセットを思い起こさせます。このドラマはとて歴史ドラマとは思えずに笑っちゃう内容ながらもすでに50話も観てしまった、癖になる不思議な中国製ドラマです(笑)

20170903 Seacon 8

20170903 Seacon 11

話を戻しましょう・・・(汗)

20170903 Seacon 10

出店したお店はやはり中国系が多いようです。まぁ、元々バンコク全体が薄い中華街のような町なので、特別に目立った料理やお菓子はありません。それでも全て美味しく見えて買いたくなってしまうのは、日本人にとっても慣れ親しんだものに見えるからでしょう。

20170903 Seacon 12

20170903 Seacon 13

売店の方達も旧正月に着る衣装を持ち込んだのか?中華系の服を着られて雰囲気を出しています。まぁ、売られているものはいつも催しで見た事があるのも多いのですが汗)

20170903 Seacon 14

今回買ったのは6個で40バーツのシュウマイです。その場で食べたのですが、なかなか美味しくて、今週も買い物に行ったらビールのつまみに10個ぐらい買って帰るつもりでいます。

20170903 Seacon 15

いやぁ~ 本当にシーコンは頑張っていますねぇ・・・週末はもちろん平日でも毎日混んでいるのが当然に思えます。

都心部の方々には不便な所なのでしょうけど・・・アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています(おまけで私の若い時の写真付きです)。

シーコンスクエアの裏は「タラート・ロットファイ・シーナカリン」ですし、近くにはバンコクで一番大きな「ラマ9世公園」もあります。またラマ9世公園前では「朝市」も立ちます。私のアパートもありますしぃ・・・(笑)どうぞお出かけになって下さい。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.09.03 | コメント(0) | ショッピング

少数民族がやって来たシーコン

今日のお題は本ブログではお馴染みのシーコン・スクエア・シーナカリンSeacon Square Srinakarinの催しです。

20170730 Seacon 2

アパートからちょっとありますが、歩いて行ける距離なので週に必ず1回は買い物で行くショッピングモールです。買い物自体はシーコン内のスーパーTESCOLotusかTopsですが、食事も兼ねて毎回ウロウロしています。

別な買い物先であるセントラル・バンナーやバーンカピ、メガバンナー、サムロンなどはさっさと買い物を済ませて帰るだけなのですが、シーコンだけは別な楽しみがあります。

それは、ほぼ2週間おきに変わる催しです。これが本当に頑張っているのですよねぇ~ そして・・・どうも歴史好き、街歩き好き、お江戸深川出身の私を監視しているかのように好みを把握されています。

20170717 Ramayana 1

前回はタイ人なら誰もが知るだろう「ラーマキエン」の元になったインドの大叙事詩「ラーマーヤナ」でした・・・たぶんです(汗)ハッキリ分からない自分が情けなく、この時以来インドとタイの叙事詩を勉強するはめになってしまいました。

その前は「お江戸とマグロ解体ショー」でした。間違いなく私に的を絞った催しでした。「江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン」でエントリー済みです。

20170629 Seacon 9

その前は街歩きと歴史好きな私に的を絞った「遷都200年の街角再現・クルンテープ2525」までやられ、日本人の私に気を使っていち早くバンコクに進出した大丸百貨店DIAMARUまで再現されていました。

20170610 Seacon 5

しかも城壁好きな私の好みまで調査済みだったようです(笑)

20170611 Seacon 7

その前はクーカム(メナムの残照)の主な舞台がシーコンに再現されました。これはなかなか良く出来てましたねぇ~ ショーや出店された内容も含めて今までのベスト1でしょうか。「シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る」でエントリー済みです。

20170519 Seacon 4

20170519 Seacon 7

シーコンは私の存在を知っているからでしょうが、日本に関する催しを立て続けに行う傾向があります。過去にはこんなのがありました。

Aug30 Seacon 2

Aug30 Seacon 3

Aug30 Seacon 4

そして今回です。今週末(7月28日)から8月6日来週末までの催しで・・・どうやら「山と丘の部族の織りもの」みたいな感じです。まったく情けないのですが、タイ語の読み書きが全く出来ないので推理力とパターン認識できるワードからの想像です。

20170730 Seacon 1

ただ・・・何か中国四川省のワードがあって気になるのと、催しそのもので中国語のアナウンスがある事です。雲南省なら地理的にも少数民族のキーワードからも頷けるのですが、なぜ四川省なのか・・・謎です(汗)

20170730 Seacon 8

会場は演目が多いようで舞台と観客席がいつもより広く取られていました。少し待ったのですが、肝心のショーを観る事は出来ませんでした。

まぁ、何が主旨なのかよく分からないのですが(汗)少数民族と彼らの産品が大きなテーマである事は間違いないようです。

20170730 Seacon 3

20170730 Seacon 4

ちなみに、私は少数民族の方々の民族衣装は大変すばらしいとは思うのですが、それを見ただけで「どこどこの○○族だ」なんて、さっぱり分かりません。着られていた方々が本当の少数民族の人達なのかも分かりません。

20170730 Seacon 5

20170730 Seacon 6

そして少なくてもタイ語を話されていたので、中国の人達ではないと思います。皆さん、気軽に写真に応じています。

20170730 Seacon 7

煌びやかな民族衣装も良いのですが、売店の方達もそれぞれ作業用?民族衣装を着られています。売られているものがどう言ったものかは分からないのですが(汗)

20170730 Seacon 9

20170730 Seacon 10

20170730 Seacon 11

タイ北部産の「ドイチャン・コーヒーDOI CHAANG Coffee」も出店していました。

20170730 Seacon 12

今回買ったのは水飴につぶしたピーナツを混ぜ込んだお菓子だけです。大きな木槌でドンドンとつぶし、棒状に伸ばしてから(金太郎飴のように)包丁でトントンと切ります。

20170730 Seacon 13

20170730 Seacon 14

ずっと作業を撮らせて頂いたので、1個だけ買いましたが30バーツ。頭が痛くなるほど甘いのですが、癖になってまた食べたいです(笑) 微妙に崩れやすいので床にたくさんこぼして、後の掃除が大変でした(汗)

20170730 Seacon 15

いやぁ~ 本当にシーコンは頑張っていますねぇ・・・週末はもちろん平日でも毎日混んでいるのが当然に思えます。

都心部の方々には不便な所なのでしょうけど・・・アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています(おまけで私の若い時の写真付きです)。

シーコンスクエアの裏は「タラート・ロットファイ・シーナカリン」ですし、近くにはバンコクで一番大きな「ラマ9世公園」もあります。またラマ9世公園前では「朝市」も立ちます。私のアパートもありますしぃ・・・(笑)どうぞお出かけになって下さい。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.07.30 | コメント(2) | ショッピング

江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン

わたくし、生まれも育ちもお江戸深川です。
隅田川で産湯を使い(嘘)、性は男で(笑)、名はアルスター、
人呼んで60代のロングステイと発します。
わたくし、不思議な縁持ちまして、バンコクに草鞋をぬぎました。
あんたさんと御同様、タイの空の下、ネオンきらめき、
偉大な天使の都に、仮の住まい まかりあります。

そう言えば・・・バンコクの都章は象に跨ったインドラ神(仏教における帝釈天)ですねぇ~ 寅さんに御前様や源公が知ったら驚く事でしょう。

Seal Bangkok

前置き話の段階でストーリーが大崩れしていますが、話を続けましょう(笑)

口上の通り私はお江戸深川生まれで、中学までの地元の学校は門前仲町近く。家は隅田川に架かる永代橋のすぐ横でした。高校からは茅場町や日本橋が通学経路、隅田川を下った築地は車での通勤路。勝鬨橋を晴海通りで渡り、あの「場外」のある交差点で新大橋通りへと曲がっていました。

そんな私を誘いたいからでしょうか・・・シーコンスクエアにお江戸とマグロ解体ショーがやって来ています。画像下はSeacon Squareのサイトから拝借です。

20170629 Seacon 1

「リトル・ジャパン」フェアが6月22日から7月2日までシーコンスクエア・シーナカリンで催されています。今週末までですねぇ・・・もっと早くエントリー出来れば良かったのですが、一昨日に気が付いたのです。

一昨日前にも買物には行ってたのですが、催しが行われる中央に行かなくてスーパーのTescoLotusで買い物して帰っていました。それにシーコンスクエア前ならバスで毎日通るぐらいなのですが・・・

20170629 Seacon 2

なぜか今回のシーコンは宣伝を前面に出していないのですよねぇ~ 「クーカム・フェア(メナムの残照)」や大丸デパートが現れた「クルンテープ 2525 フェア」の時は大きく前面に広告を出していたのですが・・・

20170519 Seacon 1

20170610 Seacon 9

このように毎回楽しませてくれるシーコンスクエアの催しですが、なぜか日本が好きなように思えます。って言うかタイ庶民に日本が絶対的な人気があるのでしょう。ありがたい事です。そして本ブログでも何度かエントリーさせて頂いてます。

遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン
シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た

さて今回のリトル・ジャパン・フェアですが江戸の街並みを再現したそうで、かなりの部分で(日本人からは)違和感があるものの、なかなか良く出来た催しです。

20170629 Seacon 3

20170629 Seacon 4

いつも感心するのですが画像上のように上から見られる事を完全に意識していますねぇ~ 普通なら手を抜く所だとは思うのですが、本当に頑張っています。

20170629 Seacon 5

20170629 Seacon 6

中央に帆掛け船が置かれていますが、どうも江戸時代の漁村をイメージしたのか・・・そのわけはメイン・ショーとなるマグロ解体ショーが行われるようです。どうも金、土、日だけのようですが、時間は分かりません(汗)

20170629 Seacon 7

20170629 Seacon 8

20170629 Seacon 9

会場いっぱいの桜もこの時期に・・・と思いますが、タイの人々には絶対に外せないのでしょうし、日本語の内容や看板が逆さまなのは愛嬌でしょう(笑)

20170629 Seacon 10

20170629 Seacon 11

今回はざくっと見ただけですが、お店は日本関係が半数あるかないかでしょう。日本食レストランチェーンも出店していました。

20170629 Seacon 12

20170629 Seacon 13

20170629 Seacon 14

もちろん「なんちゃって系」もありますが、タイの皆さんが楽しんでいれば良いかと思います。

20170629 Seacon 15

20170629 Seacon 16

20170629 Seacon 17

私が行ったのは平日のお昼でしたが、どこも人がいっぱいでした。スーパーで買い物した帰りだったので両手に重たい荷物を持っていたので、その中を歩くのは苦労でした。週末までには買い物前にゆっくり見たいものです。

20170629 Seacon 18

20170629 Seacon 19


さて、都会目線でブログを書く方なら「ローカルな・・・」と付けそうな所ですが、こんな風に頑張っているシーコンスクエアは私のアパート近く、週末にでもお出かけ下さい。

アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.29 | コメント(2) | ショッピング

雨の日はIKEAでしょう!

雨季らしく雲が多く夕方から雨が降る日が続いています。朝から晴れれば街歩きでウォーキング、天気が悪ければ雨の合間に近くのショッピングモールに出かけては中でウォーキングの日々です。

20170624 Wather

そこまで歩く事に拘っているのは、もう40年以上「食と酒」がメインの趣味なので、せめて歩く事だけは続けたいと思っているからです。歳と共に弱る足腰が気になる事もありますが、高血圧や糖尿が怖くて運動を心がけているののもあります。

ただ、この時期は遠くで雨に降られたくないので、どうしても近場が多くなり街歩きも飽きて来ます。その中でも雨の日は濡れずにバスの乗れる「メガバンナーMEGA Bangna」が多くなります。

Mega Bang Na

そう言えば数週間前に「雨の日はメガバンナーでしょう!」をエントリーしましたねぇ~ 今日はその二番煎じでメガバンナー内のIKEAです(笑) 

正直言うと・・・二番煎じじゃなくて、三番煎じになりますねぇ~「雨の日はメガバンナーでIKEAがお勧め」なんてエントリーもあります(大笑)

どこまでメガが好きなんじゃい!って怒られそうですねぇ~(汗)
雨が降らない限り、画像下の様に毎日部屋の窓からメガバンナーとイケアが見えるのですよねぇ~ それで遊びにおいでと誘うのです(笑)

20170623 IKEA

でも毎回行く度に何らかの変化があるのですよねぇ~ 週一とは言えませんが雨季は月に二回は行くかと思います。それで今月(2017年6月)になってから気になっていた事がありました。

Bus207 MEGA-2017Jun

6月になってからメガバンナーへ直接アクセスする路線バスに変化が見られるので、その確認もしたかったのです(苦笑)

本ブログでは「バンコク路線バス不完全ガイド」シリーズでバンコク路線バスの一つ一つを「路線バスの旅」風に路線と沿線を書いていますが、新規路線をエントリーしながらもエントリー済みも修正更新をしています。

それがある日突然の変更が多くて、いくら書いてもキリがない感じで徒労感だけが増します。このシリーズは全く人気がなくてアクセス数が激減しちゃうのですけどねぇ~

Bus206 MEGA-2017Jun

その気になっていたのは委託バス207番の大型バスが激減して直営バス(画像上の上)が新たに運行されるようになった事です。ルートはラムカムヘン大学1と2を結んでいますが、ルートに変わりなく207番委託会社(2社あります)の1社を制限しているようですねぇ~

もう一つは直営206番(画像上)がウドムスック(シーナカリン通りの)とカセサート大学を結んでいるのですが、どうもメガバンナーまで延伸されたように見えるのです。これは未乗車で見ただけです。

まぁ、路線バスの事はこの辺で止めて・・・イケアIKEAですね。

メガバンナー自体は何度もエントリーしているので(笑)今回は止めておきましょう。いつものようにメガバンナー内を1階(メガでは地階)2階(メガでは1階)と2周して映画内容や新しい店をチェックしていました。

今回新しく気が付いたのは「とろけるチーズオムレット」が人気の函館の「スナッフルス」が出店(臨時みたい)していましたで、思わず買おうかと価格を見たら・・・1個90バーツでした。日本だと150円ぐらいでしょうか・・・単純比較で約2倍ですが、タイでは庶民のランチ2回分ですので私には千円と思えてあえなく撃沈でした。念のために書きますが、小さな小さな1個がです。

20170624 Mega 1

おっと・・・止めておくはずのメガバンナーの話になりました(汗)えっと、それでは強引にイケアからスタートしましょう。名付けてイケア散歩コースです

20170518 Mega 14

20160624 Map 1

初めてIKEAを知ったのは1990年でドイツのハンブルグでした。小物は買ったと思いますが、大きな家具はドイツらしいしっかりした物を別な店で買いました。ただ、当時からモデルルームで購入イメージを固め、商品番号を頼りに自ら倉庫棚からピックアップしてレジへ向かう・・・そんなスタイルに驚かされました。今と全く同じです。

さて2階(IKEAではFirst Floor)がスタートで、LIVING ROOMから始まります。

20160624 IKEA 1

20160624 IKEA 2

床に書かれた矢印通りに館内を回りますが、日本の家具屋さんのように遠くまで見通せないで、まるでディズニーの室内アトラクションのように先が見えないように工夫された中をクネクネと回ります。本当によく出来ています。続いて現れたのがLIVING ROOM STORAGEです。

20160624 IKEA 3

20160624 IKEA 4

続いてDININGにKITCHENですが、この辺りは私も気になりますし楽しいです(笑)横浜の家は注文住宅で家内の好きなようにしてもらい建てたのですが、もうそろそろ20年なので色々手を入れたいと家内は思っているはず・・・お金さえあれば二人で相談しながらリフォームしたいものですねぇ~

20160624 IKEA 5

20160624 IKEA 6

いいですよねぇ~ 実は、家具や雑貨店を見るのは家内が好きなのでよく一緒に暇つぶしに出かけた事があります。何だかそうした若い時を思い出します(苦笑)
続いてBEDROOMにWARDROBS and STORAGEです。

20160624 IKEA 7

20160624 IKEA 8

BEDROOM展示スペースの前に「Self Planning」の為のデスクとパソコンが置かれています。部屋の形から始まり床や壁の色を変えたり色々とイメージを作り上げる事が出来ます。これはお遊び感覚でかなり楽しめますが・・・全て英語でタイ語は無かったと思います。散歩の休憩で20分以上遊んでしまいました(笑)

20160624 IKEA 9

20160624 IKEA 10

2階の最後がWORKSPACEにCHILDREN'S IKEAです。これらはもう関係ないので通り過ぎるだけです。

20160624 IKEA 11

20160624 IKEA 12

CHILDREN'S IKEAを過ぎたらIKEA RESTAURANT & CAFEで私的には最も重要な所です。ここもすでに何度か紹介していますが、サーモンがお勧めです。絶対に北欧ルートで独自のルートを持っているのだと思います。

20160624 IKEA 13

20160624 IKEA 14

お腹が満ちたら1階(IKEAではGround Floor)に降ります。1階は小物が中心なので購買対象商品をそのままレジまで持って行きます。ここはさくっと省略して過ぎましょう。

20160624 IKEA 15

20160624 Map 2

この1階では多くの物を買いました。電気スタンドに写真フレームや造花、靴入れやお皿やワイングラスも買いましたねぇ・・・

20160624 IKEA 16

20160624 IKEA 17

最後が倉庫エリアです。買いたい家具は備え付けのメモに倉庫番号を書いておいて、ここでフラットパッケージになった家具類を取り出してレジに持って行きます。このフラットパッケージもIKEAのオリジナリティが感じられる商法ですねぇ~

20160624 IKEA 18

20160624 IKEA 19

レジを過ぎたら・・・絶対に通り過ぎる事が出来ない7バーツアイスです(笑)

20170518 Mega 18

いやぁ~すべて回ると結構運動になります。もう家具を書く事はありませんが、レストランやカフェを使わしてもらっているので、館内で散歩しても勘弁して下さいね-->IKEAさん。

ところで、館内を回るといつも思うのです・・・幸せそうな家族やカップルばかりで、皆さんが家具を選ぶ姿を見てると・・・素直にステキだし羨ましくも思えます。

そして、昼休憩なのかIKEAのスタッフを見かけました。きっと彼女たちがモデルルームなどのディスプレイを担当しているのでしょう。実際は分からないけど、そんな感じがしました。見る人達が幸せを感じる部屋のディスプレイを造り出す・・・そんな仕事もステキですね。

20160624 IKEA 20

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.24 | コメント(2) | ショッピング

楽しめる?中身韓国で中国人ツアーが多いSHOW DC(後)

前回「バンコク最新?エンタメ・ショッピングモール SHOW DC」の続きです。前編ではこの施設の概要を書きましたが、エンタメ・ショッピングモールと記した通りで一般のショッピングモールとは異なります。

バンコク・ツーリスト・ターミナル@SHOW DCともあった通り、まるで空港ターミナルにようにも思えます。大型観光バスで空港からホテルから来た観光客がシアターショーや食事を楽しみ、免税店に大規模なお土産SHOPSでもお金を落とす・・・

20170614 Show 3

立地条件もここへ観光バスで来たら、施設の外には(少し慣れている在住外国人でも)出られないだろうと思うアクセスの悪さです。アクセスに関しては最後に書きます。

中は大型免税店だけでなく、小売店もレストランも多くありますが全館ほぼ韓国色で染められているので、韓国系資本が相当投入されているものと思われます。まるで韓国のアンテナショップのオンパレードです。

20170614 Show 9

そんな韓国系のエンタメ・ショッピングモールで中国団体ツアー客が主要ターゲットだと・・・日本人の我々が個人でここへ行ったら面白くないのか? 

もっとハッキリ言って(センシティブな言い方にはなりますが)残念ながらその思いに大小はあっても中国や韓国の人々を見下すような考えを持つ人もいる日本人が行って楽しめるのか? 気になりますねぇ・・・

結論を言えば、私自身は興味深く楽しめました。他の一般的なショッピングモールと異なるので、どんなシステムなのだろう? 何を売っているのだろう? どんな食べ物があるのだろう? エンターテイメントのショーは? 

20170615 Show 2

・・・などと時間を忘れて色々と見ていました。実際に買う物は全くありませんが、食べたい物は多くありました。それらは最初だったからかも知れませんけど、もう一度ぐらい行っても良いかと(笑)中国団体ツアー客が少なかった時間帯(昼前後)だったからかも知れません。夜のショーなどで大勢の団体ツアー客に遭遇したら・・・分からないですね(苦笑)

20170614 Show 5

(臆せず言うなら)私自身は嫌韓嫌中ではなく全くフラットです。日本を離れて暮らしたのが28年近くになりましたが、世界中で中国、韓国と同じように日本も外から見続けているからでしょう。嫌韓嫌中を声高に叫ぶ人は、嫌日反日を叫ぶ韓国と中国の人達と同じレベルにしか見えません。

アメリカでは韓国系のアジア食品店で買い、韓国人夫婦の床屋で毎月髪を切っていました。韓国系アメリカ人、中国系アメリカ人の部下もいました。(日本の)外に居たら、そんなの関係ないって感じですね。

ただ、空港や飛行機の中で中国人団体ツアーに遭遇して眉をひそめた経験も多くあります。バンコクの王宮エリアなど有名観光地でも同じです。まぁ、昔の日本人団体ツアーが海外で嫌われていた様子を、現地の方達と一緒に見ていて日本人として恥ずかしく思った時代を経験しているので、時が経てば彼らも変わると思っていますけどね。

話が変な方向へずれましたね。話を戻しましょう(笑)

そんな観光客の囲い込み施設にも思えるのですが、そこで思い出すのは「ゼロドルツアー」と呼ばれる中国人向けツアーです。昨年末に取り締まりが厳しくなったと聞きますし、悪質なゼロドルツアーで買わせるような怪しげな店ではないのですが、団体観光客が入らないと立ち行かない仕組みの中で出来た施設のように思えてなりません。

そう言えば、この施設の完成を急いでいたのが昨年2016年の末ぐらいだったでしょうか、ちょうどゼロドルツアー取り締まり強化で中国人ツアー客が激減した直後にオープンしたようです。

まぁ、同じ団体客でもゼロドルツアーとはターゲットの客層が異なるとは思うのですが、他人事ながらちょっと心配になるぐらいガラガラでした。テナント店もオープン直後でまだ入っていないのか?それともすでに撤退したのか分かりませんが、施設の3分の1ぐらいが空いたままです。大丈夫ですかねぇ~ 

20170615 Show 1

中核店となるべき大型免税店がまだオープンしていないのもLOTTEグループだからか・・・と変な勘ぐりをしてしまいます。

話があちこちとすぐ変わるので分かり難いですね。ここは私感を排除して単純に階別にどうなっているかを画像で説明しましょう。

1F:K-DISTRICT
バンコク・ツーリスト・ラウンジ、シャトルバス・サービス

20170614 Show 6

上記ツーリストサービス以外にもあります。ソウルの街角を再現し、韓国最新ファッションに美容とグルメ(の小売店)だそうです。「K SUPER」なんてもありましたが、韓国商品だけのスーパーでしょうか。

20170615 Show 16

20170615 Show 3

20170615 Show 4

20170615 Show 5

20170615 Show 6

20170615 Show 7

20170614 Show 16

2F:FASHION DISTRICT
「LOTTE DUTY FREE」と「H&M」(あるのか?見過ごしました)が中核の様です。

20170615 Show 8

3F:PLAY-DISTRICT
「LOTTE DUTY FREE」と「ToysRus」(あるのか?見過ごしました)が中核の様です。

20170615 Show 9

4F:THAI&WELLNESSDISTRICT
「HIMMAPAN AVATAR」(シアター)と「Thai Thai Market」(大型土産店)が中核店で他は小売店。

20170614 Show 11

20170614 Show 8

20170615 Show 10

5F:ASIAN FOOD DISTRICT
アジア各国料で目移りしますねぇ~ フードコートもあります。

20170615 Show 11

20170615 Show 12

20170615 Show 13

20170615 Show 14

20170615 Show 15

6F:ENTERTAIMENT DISTRICT
格闘技ショーのシアターに(見ていませんが)ソウルスタイルのルーフトップパブだそうです。

20170614 Show 13

どうです? お店は別にしてもレストランなど美味しそうですねぇ~ それに夜はきっと賑わうのでしょう。お隣はRCAですしね。

さてアクセスですが、電車やバスなど公共交通機関や徒歩は全く想定していないとしか思えません。都心部にある孤立した島のようなアクセスの悪さです。もちろんお車がある方はビル内パーキングがガラガラであるかと思います。

シャトルバスもありますが、空港と契約ホテル間が主でした。MRTタイカルチャーセンター駅からもあるようですが、予約制だと言ってましたが・・・よく分かりません。要はツーリストを抱え込む手段としてのシャトルバスで、一般客へのサービスとは異なると考えられます。

場所的にはラマ9世通りとペッブリー通りの間、RCA(Royal City Avenue)とワット・ウタイ・タラームWat Uthai Tharamに挟まれた所です。

20170615 Map

私はラマ9通りのバス停から向かいました。ちなみにこのラマ9世通りを通るBMTA路線バスは以下の通りです。
137(ラムカムヘン~ラマ9~ラチャダピセーク~ラップラオ循環)
168(ミンブリー~戦勝記念塔)
171(ムバーン・ナッギラー~バーンクンティアン)本数少
517(フアタケー~北バスターミナル)本数激少

このルートだと徒歩15分ぐらいでしょうか。途中かなり分かり難い路地を通り、信号も歩道橋もない高速道路下を渡ります。画像下で奥から手前に歩きました。

20170615 Show 17

帰りはSHOW DCからペッブリー通りへ向かいました。これが最短で10分弱でバス停に着きますがすが、道ではないので通らない方が無難です。

1, SHOW DCからエアポートリンクの高架とItalthai Towerを目指します。Italthai TowerはスクムビットSoi39奥のFUJIスーパー前からセンセープ運河を渡った所にあるビルです。途中画像下の空き地を横切ります。

20170615 Show 18

2. エアポートリンク下のタイ国鉄線路を越えます。この辺りで一か所渡れるようにブロックが外され線路を横切れる場所があります(画像下)。それで反対側の駐車場へ入ります。

20170615 Show 19

3. 駐車場を突っ切りペッブリー通りへ出るとItalthai Tower前で、バス停はすぐ横ですし、センセープ運河ボート「E7 イタリタイ ItalThai」船着場もすぐです。

20170615 Show 20

ちなみにここを通るBMTA路線バスは以下の通りです。
11番(プラウェート~MBK)
23番(サムロン~テウェス)
58番(ミンブリー~プラトゥナーム)
60番(スアン・サイアム~パーククロン市場)
72番(クロントゥーイ車庫~テウェス)
93番(ムーバーン・ナッギラー~シープラヤ)
99番(ラムサリー~テウェス)
206番(ウドムスック・シーナカリン~カセサート大学)

20170615 Show 21

いかがでしょうか、同じような施設が他にないので一度は行ってみるのも良いかと思います。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.15 | コメント(0) | ショッピング

バンコク最新?エンタメ・ショッピングモール SHOW DC(前)

バンコクが雨季に入ってもう一か月は経ったでしょうか、今週日曜にチャオプラヤー・エクスプレスをラマ7世橋からノンタブリーまで使ったのですが、チャオプラヤーが茶色の泥色に染まっていたのに雨季を感じました。上流ではかなり降っているのでしょう。

20170614 River

そう言えばチャオプラヤー・エクスプレス(オレンジ旗船)はまた1バーツ値上げして15バーツになっていました。ほぼ半年ごとに料金を変えている気がしますし、船着場も頻繁に変わる厄介な水上バスです。私は関係ブログに追記していますが、ガイドブックとか観光サイトはどうしているのでしょうねぇ~

そんな雨季は街歩きしながらいつも空を気にする事になり、いざ降り出したらいかに雨を避けながら帰れるかを考えてしまいます。バンナートラート通りのバス停からアパートまでは歩く距離が長いので選択肢から外れ、シーナカリン通りを走るバスにいかに濡れないで乗れるかを考えます。

20170529 Bus

バンコク都内ならバス停の状況もほとんど知っているので、屋根があるか、バス停前が水たまりにならないか、そのバス停まで濡れずに行けるか・・・などと帰るルートを頭にある『バンコク乗換案内』で検索します。自分で言うのもなんですが、かなり優秀なアプリです(笑)

その雨天時の帰路に使う事が増えるのがエアポートリンクです。フアマーク駅から高架下を歩きシーナカリン通りへ出られるからですが、そのエアポートリンクから見えて1年前から気になっていた巨大なショッピングモールがあります。

20170614 Show 1

エアポートリンクで言えばスワンナプーム行きがマッカサン駅を出てすぐ左側で、高架を走る電車の中から嫌でも目立つ大きな建物です。「SHOW DC」と掲げられた大きな施設名も何だろうと気になっていました。

20170614 Show 2

昨年中はオープンしている様子が見られなかったのですが、昨年末から今年最初にどうもオープンしたように見えていました。そこで出かけましたが・・・

SHOW DCは、何て言えば良いのか・・・「バンコク・ツーリスト・ターミナルBANGKOK TOURIST TERMINAL」ともありました。

20170614 Show 10

20170614 Show 3

と言う事で、普通のショッピング・モールとは異なります。そのターゲットは一般客ではなく中国ツアーなど団体観光客のように私には思えます。それをよく表しているのが裏側?です。画像上や下のようにまるでバスターミナルです。大型観光バスが何台も横付け出来る構造にしています。

20170614 Show 4

20170614 Show 5

そしてバスを降りた人々はツーリスト・ラウンジを経てお店やレストランに劇場へ向かう事になります。ツーリスト・ラウンジ近くにシャトルバス・カウンターがあったので聞いたのですが、全て予約制で行先はホテルと空港でした。要は街角からの来客はほぼ考えていません。

20170614 Show 6

20170614 Show 7

そう言えば・・・中は空港ターミナルと雰囲気が似ています。観光客相手のお土産店(4階のThai Thai Market)、大きな免税店(2階と3階のLOTTE DUTY FREEが工事を急いでいました?)が待ち構えています。

20170614 Show 8

20170614 Show 15

20170614 Show 9

そして特徴の2番目が劇場がある事です。一つは4階の360度全方向シアターのシアター・ショー「HIMMAPAN AVATAR」です。チケット・プライスを見て久しぶりに気を失いようになりました(汗)

20170614 Show 11

20170614 Show 12

そして6階にも劇場があって、ここはアクロバティックなマーシャルアーツが観られるようです。格闘技ショーだと思うのですが、実際に観ていないので想像ですが(汗)

20170614 Show 13

20170614 Show 14

そして3番目の特徴がほぼ全館韓国色で染められている事です。アソークのターミナル21やエカマイのゲートウェイの中途半端感はなくて、キッパリと100%韓国です(笑)相当に韓国系資本が投下されたと思います。

20170614 Show 16

だいぶ長くなったのでお店やレストランなど、そしてアクセス方法は次回にします。ちなみにスクムビットSoi39の奥にFUJIスーパー2がありますが、そこから歩いて私のような年寄りでも20分強で行ける近道もあります(笑)

ただ、ここまで書くと・・・韓国の人々や中国団体ツアー客の人々ばかりで、関係ないや! 面白く無さそう! 中には絶対に行かない!と思われる方もいるかも知れませんが・・・結論から言えば、同じような施設が他にないので一度は行ってみるのも良いかと思います。

少なくても食べ物はかなり興味深いお店が多かったですし、旅行者の方々には韓国に関係なくツーリストへの便宜が図られているので良いかも知れません。次回をお楽しみに。

今日のエントリー最後に、過去のショッピングモール・シリーズです。いやぁ~ もう、本当にたくさんエントリーしていますねぇ・・・もちろん全部行って隅々まで歩いているのですが、どこまで暇人なんだ!と思われるでしょう(汗) その通りです(笑)

ジャス・アーバン・シーナカリン
ザ・ストリート・ラチャダー
セントラル・バンナーが変わっていた
パタ デパート
ザ・ナイン
THE WALK 
クリスタル・デザイン・センターCDC
ザ・クリスタルThe Crystal
スアンプルーン・マーケット@ラマ4
ザ・ブライト THE BRIGHT
ザ・モール・バーンケー THe Mall Bang Khae
シーコン・バーンケー Seacon Bang Khae
パセオパーク Paseo Park
パセオ・ショッピングモール三都物語
フューチャー・パーク Future Park
セントラル・ウエストゲート Central Plaza WestGate
セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille
プロムナード Promenade
ファッション・アイランド Fashionisland
スーパーmakro@シーナカリン
パラダイス・HaHa・Thanya
東急@パラダイス
シーコン・スクエア Seacon Square
セントラル・バンナー Central Bang Na
メガ・バンナー MEGA Bang Na
IKEA

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.14 | コメント(0) | ショッピング

遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)

昨日の続きで今週末のシーコンスクエア・シーナカリンSeacon Square Srinakarinですが、イベント「クルンテープ2525」が行われています。

20170610 Seacon 9

仏歴2525年(1982年)って・・・2325年にラマ1世が一代限りのトンブリー王朝を廃し、チャオプラヤー川東側ラッターナコシン島に現チャックリー王朝(ラッターナコシン王朝とも呼ばれます)を興して200年の記念すべき年でした。遷都200年ですねぇ~

本ブログの中では街歩きをする中でトンブリー王朝やラッターナコシン島縁の地を多く訪ねているので、この2325年がキーワードとして多く登場しています。

現在も本ブログ別シリーズの「首都防衛城壁を歩く Season 2」でもそのラッターナコシン初期の街歩きをしています。そのラッターナコシン島は以下のような感じだったようです(バンランプー博物館展示)。

20170611 Seacon 1

その遷都から200年経った2525年は国を挙げての祝いの年だった事でしょう。私自身は最初の赴任地フィリッピンから日本へ戻る頃で、タイへ最初に行ったのは80年代半ばですから、その前の全く知らない地でした。

そんな2525年の街並みが再現されているのが、昨日からのシーコンスクエア・シーナカリンでの催し「クルンテープ2525」です。まぁ、私的にはタイの皆さんのお気持ちを勝手に察すると・・・日本人が思う「昭和の良き時代」でしょうか。

20170611 Seacon 2

先週末までの催しは「クーカム・フェア」で、先の大戦時の日本人将校とタイ女性の恋愛物語で何回もテレビ化や映画化された世界を再現していました。

20170519 Seacon 17

このクーカム・フェアが全体の演出や出店の内容が非常に良かったのですが、シーコン・スクエアはバーンケー店も含めてよくこうしたイベントを開催しています。過去にもこんなエントリーがありますねぇ~

シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア

そんなシーコン・スクエア・シーナカリンへ行ったのは昨日です。って毎週必ず行くのですが(笑) 映画を観る前と思いがけずに2本連続で観てしまった後の両方でイベント会場を見ましたが、さすがに午後6時ごろはすごい人でした。

20170611 Seacon 3

やはり集客力があるのですねぇ~ 当時流行ったものなのかバンドの演奏にも多くの人が聞き入っていました。このあたりが企画がうまく行っているのを現していると思います。近郊の客層をよく解っているのでしょう・

企画と言えば、こうした企画を実現するイベント業者の手際の良さも感心します。今週は準備段階にもシーコンへ行っていたので、その経過が分かるBefore/Afterです。

BEFORE
20170611 Seacon 4

AFTER
20170611 Seacon 5

再現された35年前の街では、やはり日本人ですから大丸百貨店(DIMARU)が目立ちます。大丸が他の日系に先駆けてタイに進出したのが2507年(1964年)で、ラチャダムリ店は伊勢丹の向かいにあるBigCラチャダムリ店の場所だったそうです。

20170610 Seacon 1

タイで最初にエスカレーターを導入した事で知られていますが、私が思っていた以上にタイの方々には知られていたのですねぇ~ こんな所に登場したわけですから、ノスタルジックな思い出のひとつになっているのでしょう。

ちなみにその後大丸は1980年にプラカノン店をオープン、BTS開業を期待してだったのでしょうか・・・現在のホテル(コンドミニアム)ホープランドHope Landの場所だったそうですが1997年には閉店しています。

20170611 Seacon 6

そして1998年年にはラチャダムリ店は閉店しましたが、1997年半ばからのアジア通貨危機を乗り切る事は出来なかったわけですねぇ~ 今はパラダイスとなっているセーリーセンター内にもシーナカリン店がありましたが、ここも1999年には閉店しました。

そのパラダイス内には東急が入っていますし、パラダイスから歩いて5分程度の所がシーコンスクエアです。そのイベントで大丸が姿を現すとは・・・

20170610 Seacon 5

他にもタイの方々の記憶に残っているだろう街角が再現されています。画像下はやっと再開発が決まったマハカーン砦のようです。物売りの風情もなかなか良い感じです。

20170611 Seacon 7

20170611 Seacon 8

映画館、劇場、ガソリンスタンドも作られていて、それぞれ説明もあるのでタイでは歴史的な所なのでしょうが、タイ語だけなので分からないのが残念でした。

20170611 Seacon 9

20170611 Seacon 10

20170611 Seacon 11

当時のカフェに、道端での物売りも再現?されていますが、私的にはクーカムフェアとは異なって何か買いたいと思う事はありませんでした。

20170611 Seacon 12

20170611 Seacon 13

20170611 Seacon 14

そうそう、イベント「クルンテープ2525」には関係ありませんが、今回映画を観るのに時間つぶしで普段行かないシーコン内を歩いたら・・・あの中国のパクリ店「メイソウ」が2店舗もシーコン内に出来ていました。これって人気あるのかなぁ? そしてマツモトキヨシもありました(笑)

20170611 Seacon 15

20170611 Seacon 16

いつも行っているショッピングモールって買い物するルートが決まってしまい、なかなか全てを歩く事はないものですね。今回は良い機会になりました。それにしても、このシーコンの頑張りには本当にいつも感心します。

歩いて行ける近くに住んで良かったですねぇ・・・まぁ徒歩20~25分もありますが(笑)

「クルンテープ2525」は6月18日まで行われているようです。アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.11 | コメント(2) | ショッピング

シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る

不安定な天気が続いているバンコク(の端っこ)です。まぁ、それが雨季だと言ったら、そのままなのですが・・・

とにかく毎日でも出かけたいので、毎朝起きて(起きなかったら大変なのですが)すぐに窓から天気を観察します。この2週間は『今日は雨の心配はないぞ!』と思った日はないですねぇ~

20170529 Weather

雨が降ると思っても部屋でじっとしているとイライラして来るので、なんだかんだ理由を見つけては出かけるのですが、先々週はメガバンナーからの帰りに降られました。

20170518 Mega 24

先週は戦勝記念塔で降られてしまい、びしびしょになってエアコンバスに乗ってしまい震えていました。一昨日はバンケーンで降られ、慌てて乗ったバスでバーンカピまで来たものの、バーンカピでの乗り換え時に一番激しく降られてしまいました。

画像下はバーンカピのハッピーランド通りですが、バスが路肩の方に寄ってくれないのですよねぇ~ 意地悪してわざわざ水たまりの上に停まるようにも思えます。頭にビニール袋をかぶっても、足元は踝まで冠水ですねぇ~ 

20170529 Bus

私が乗りたいバスも同じで、靴の中まで浸水してしまいました。傘は持ってもいないのですが、持っていたとしても足元は靴じゃなくてサンダルでしょうか・・・それも滑って危ないですしねぇ~

そんな雨の日にバスの中から見えたのがシーコンスクエアに大きく貼られた『クーカム』でした。

20170519 Seacon 1

多くのタイ在住日本人も知る名作ドラマ『クーカム』ですが、タイの大人なら誰でも知っているのではないでしょうか。先の大戦時の日本人将校とタイ女性の恋愛物語で何回もテレビ化や映画化されています。

邦題は『メナムの残照』で英題は「Sunset at Chaophraya」で、舞台はチャオプラヤー川周辺です。そして街歩きをしながらこのドラマ縁の地に出合う事がよくあります。

20161209 River

タイ、特にバンコクはこのドラマの時代背景時に何度かの爆撃を受けています。「チャオプラヤー名橋奇覧⑦メモリアル橋」でも書いていますが、映画の中でチャオプラヤー川にメモリアル橋が爆撃を受けるシーンがあります。

20161209 Movie

映画には登場しませんがチャオプラヤー川沿いの観光地アジアンティーク内、そしてドゥシット動物園内にも戦時中の防空壕が残されています。多くの家族連れや観光客が集まる所で保存されているのは理由があるのでしょうか・・・

20170529 Asiatiqe

また、悲しみのクライマックスとなった海軍将校小堀が爆撃を受けたのがバンコク・ノーイ駅で、この駅はチャオプラヤー川に接するようにありました。その駅舎の痕跡はシリラート病院施設となって今は見らず、日本製蒸気機関車「ミカド」がその駅の存在を示しているだけです。

SL

そして、その蒸気機関車の前はチャオプラヤー・エクスプレスの船着場「N11 ロットファイThonburi Railway」(トンブリー・鉄道駅桟橋)となって、名だけを残しています。

Railway Pier

その今は無いバンコク・ノーイ駅は映画「戦場にかける橋」でも知られる泰緬(タイ・ミャンマー)鉄道に繋がる拠点駅でした。それらの悲劇を生んだあの時代と今は見えない駅を思うと・・・ドラマでの出来事とは言え、バンコク・ノーイ駅と小堀が爆撃を受けるシーンを思い出してなりません。画像下で途切れた線路の先はシリラート病院です。

20170529 Station

私自身が何度か見た映画なので前置き話が止まりませんし、「クーカム縁の地を訪ねる」みたいなエントリーも考えていたのですが、もうそのほとんどを書いた気がします(笑) 話を戻しましょう(汗) これからが本題です(苦笑)

放送が始まると街の人どころか、車も少なくなって渋滞も無くなったとの逸話も残るドラマ「クーカム」・・・そんな話は知っていますが、今更大型ショッピングモールの催しに使う事に多少の驚きを感じました。

20170519 Seacon 2

いくら都会目線でブログを書く方々が『ローカルな・・・』と付けるショッピングモールとは言え、今更「クーカム」でお客が集まるのか? 

年配の方なら誰もが知る「クーカム」でしょうが、近郊とは言えバンコク都、有り余る娯楽で育った若い人達が「クーカム」に思い起こされるものは何もないでしょう。

そんな中で、なぜ今クーカムなのか・・・そんな思いで昨日の日曜に歩いて買い物に行きました。「シーコンスクエア」は私的買い物三本柱の一つで、シーコンなら雨が降り出しても目の前にバス停があるので大して濡れる事はありません。

20170519 Seacon 3

日曜日の昼でしたので大変賑わっていました。まず目に飛び込むのが旭日旗。かの国なら暴動になりそうな(少なくても大変なトラブルにはなるでしょう)多さです。またタイの方々は日章旗と旭日旗の区別はないのだろうなぁ・・・とも思ってしまいます。

20170519 Seacon 4

タイでこの戦争を実経験した人々は少なくなっているでしょうし、その方達の心の奥を推し測る事は出来ないのですが、このドラマが恋愛映画として描かれた事で一般的には日本と日本人へのイメージがネガティブな方向へならなかったのは事実でしょう。

20170519 Seacon 5

そんな事を考えながらも会場の中が軍旗だらけって言うのは、日本人にとっては若干違和感を感じない事もないのです。まぁ、タイの方々にはそれもドラマ設定のひとつなだけでしょうが・・・

20170519 Seacon 6

何でも小難しく考えのが私の悪い癖です(汗)

会場にはそのドラマの中で多く登場する「バンコク・ノーイ駅舎と蒸気機関車」「アンスマリンの家(たぶん)」「駐屯地」などが再現されています。

20170519 Seacon 7

20170519 Seacon 8

学芸会の大道具的な造りだと言ったら怒られそうですが、なかなかドラマの雰囲気は再現しているかと思います。(だらだらとぶらついているだけの)日本兵役の若者がスマホ遊びをしていないのは感心しました(笑)

20170519 Seacon 9

20170519 Seacon 10

さて、この催しで出ているお店、売られている物ですが・・・各地の名産的お菓子やお惣菜が多かったです。中には水上マーケット風に造られた売り場もあります。

20170519 Seacon 11

20170519 Seacon 13

私は普段から市井の市場や今回のような催し物、水上マーケットなど観光地での出店を多く見ていますが、正直かなりレベルの高い物が多いと感じました。先日「IMPACTでの水上マーケット旨い物フェア」をエントリーしましたが、それよりレベルが高いかも(笑)

20170519 Seacon 12

選りすぐった感がして、普段は冷やかすだけなのですが、壺焼きガイヤーン60バーツ、豚の皮をカリカリに焼き上げたものを100バーツ、そして米煎餅に蜂蜜を絡めたお菓子50バーツを買ってしまいました(笑) 夕食のつまみになったし、美味しかったです。

20170519 Seacon 14

20170519 Seacon 15

そうそう、まだ高いですが大好きなライチも出て来ましたねぇ~ もう少し安くなったら毎日食べる事になります。旬が短いのですがこの時期の楽しみです。

20170519 Seacon 16

クーカム自体をお目当てに行くとがっかりするかも知れませんが、タイの美味しい名産を求めて遊びに行くにはお勧めの催しかと思います。私自身ももう一度ゆっくり見に行くつもりです。

20170519 Seacon 17

「クーカム・フェア」は今週末6月4日まで行われているようです。アクセス方法は「シーコンスクエア活用術」で詳しく書いています。

シーコンスクエアの裏は「タラート・ロットファイ・シーナカリン」ですし、近くにはバンコクで一番大きな「ラマ9世公園」もあります。またラマ9世公園前では「朝市」も立ちます。私のアパートもありますしぃ・・・(笑)どうぞお出かけになって下さい。

20170529 Map Seacon

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.05.30 | コメント(7) | ショッピング

一番新しい複合商業施設 ジャス・アーバン・シーナカリン

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

1月24日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りです。昨日もうす曇りの一日でした。日差しがきついと感じ始めているので、こんな天気は外に出るのは助かります。

さて、私が住むアパートはシーナリン通りですが、この通りは南はサムットプラカーン県はチャオプラヤー川河口の町パークナムから、北はバーンカピまでほぼ南北に一直線に走る幹線道路です。

ちょうどスワンナプーム空港とスクムビットなどの都心部との中間で南北に縦に走る道路で、バーンカピでラットプラオ通りと、そしてラチャダーピセーク通りとも結ぶと・・・アウターリングと呼ばれている大環状線(カンチャナピセーク通りとかハイウェイ9号線)の内側を回る環状線を形成出来ます。それは東京で言うな環7のような・・・(笑)

アパート近くなら片側4車線でしょうか、空いていれば車は速度無制限かのように飛ばしていますし、渋滞だとちょっとした隙間でも鼻先争いをする車で道路は埋まります。

20170124 Srinakarin

まぁ、(都心部目線言葉で言えば”郊外”とか”ローカル”な)幹線道路であまり住む環境が良いとは思えませんが、近くのバンナートラート通りと合わせてバス使いには交通の便が良いと言えると思っています。まぁ、バスやソンテウを使わない人向けではありませんが・・・

そのシーナカリン通りに都市型鉄道の計画がある事をご存知の方は多いでしょう。ラップラオからバーンカピ経由でシーナカリンを通りサムロンまで。確か、イエローラインって言ってたか・・・私はその工事が始まったら、真っ先にこのアパートで出るつもりでいます。開通まで5年?7年?その間工事で生活環境がぐちゃぐちゃになるのが我慢できませんから(笑)

ところでシーナカリン通りは郊外の(笑)幹線道路なので大型ショッピングモールが多くあります。シーコンスクエアが代表的ですが、他にも色々・・・「全部歩いたシーナカリン通り」なんてエントリーも過去あります(汗)

と言う事で・・・そろそろ本題(笑)

そのシーナカリン通りに昨年末(2016年11月末)にソフトオープンしたショッピングモール「ジャス・アーバン・シーナカリンJAS URBAN Srinakarin」、本格的にオープンのようなので初めて行って来ました。バンコク都とその周辺部で一番新しい*ショッピングモールです。
(*個人の見解です)

20170124 JAS 1

20170124 JAS 2

シーナカリン通りなのでもちろん建設中から何が出来るのかと楽しみにしていました。ショッピングモールとしましたが、複合商業施設で、何と言うのか・・・ここに集って欲しい、遊んで欲しい、ショッピングや食事を楽しんで欲しいと言った造り手側の意思が伝わります。それをもっと大胆に進めて欲しいもどかしさも同時に感じました。

20170124 JAS 3

場所はシーナカリン通りでもバンナートラート通りより南で、サムットプラカーン県に2~3㎞入った所です。サムロン運河やテーパーラック通りに近いです。

20170124 JAS 4

基本は3階建てで映画館の部分が背が高いようです。中央正面に西洋の教会のような建物がが印象的で何だろう?と気になっていましたが、スターバックス・コーヒーの一軒家でした。ここで高いコーヒーを飲みながらパソコンを開いて西洋気分を味わうのでしょうか・・・(笑)

20170124 JAS 5

20170124 JAS 6

中央部が吹き抜けになって天井は無くて流行なのかテント張りになっています。行った日は晴天で日差しがきつい日だったのですが、風が気持ちよく通っていました。緑と水を意識した造りの為かも知れません。

20170124 JAS 7

20170124 JAS 8

道路に面した横幅は広いのですが、奥行きはそうありません。歩いて大きすぎて全貌が掴めない事は無く、私的にはちょうど良い大きさです。

20170124 JAS 10

一階のスーパーTops近くにあるフードコートはカードではなく現金支払いのシステムで、奇をてらった料理は無くてごく一般的なものでした。セントラル・バンナーのように改装した後は一食70バーツ以下では食べられないような事は無いのですが、ちょっと高めにはなっています。一番安いバーミーナームが50バーツでこの内容なら40か45バーツかと思うような意味です。やはり60~80バーツが主流になって来ていますねぇ~

20170124 JAS 9

特徴的なのは、キッズ関係が充実している事でしょうか。郊外型の複合商業施設では子供を連れた家族がターゲットなのはよく理解出来る所です。

20170124 JAS 11

20170124 JAS 12

3階部分はまだ完成していないように見えましたが、緑多く散歩なのかジョギングなのか出来るような感じです。セントラル・イーストビレッジなど流行のスタイルかと思います。

食事処は7割近くが「しゃぶすし」みたいな現地系日本食がばかりで驚きます。もうメジャーな「やよい軒」以外にも正面玄関すぐには「Yukan'na(勇敢な)」なんて二度見した店名もありました。「Ginza」「ねた」「カボチャ寿司」「KOYAMA」に「ナマケモノすき焼き」(画像下)には笑っちゃいました。

20170124 JAS 13

まぁ、そんな日本食はスルーして・・・気になったのは「Cafe@Chiang Mai」と言うカフェが一番人気でした。Thai Specialty Coffer & Desertとなっていましたが、今度は行ってみようかと思う人気でしたねぇ~

20170124 JAS 14

さて、行き方ですが・・・「○○からタクシーで」のお金持ち目線ブログやフリーペパー的な事を絶対に書かない本ブログです。路線バスは以下の二つです。

バンコク都路線バス145番(北バスターミナル~ラップラオ通り~バーンカピ~シーナカリン通り~パークナム)ノンエアコン・赤バスとエアコン・オレンジがありますが、赤バスは無料バス以外はバンナートラートを越えると7.5バーツになる為に行き先を聞かれる時があります。行先表示板白板でメガバンナーに行く枝線に注意です。

地方バス1196番(シーイアム(バンナートラート通りとシーナカリン通りの交差点)~シーナカリン通り~パークナム)比較的小さなバスと同じ会社で同じ色のソンテウとのハイブリッド路線で、一律8バーツです。地方バスですがあまり待つ印象は無くて本数はそこそこ(15分に一本程度)で、使いやすいです。

20170124 Bus1196

バンナートラート通りのシーイアムSri Iam(正式にはワット・シーイアムWat Sri Iam)の乗り場(画像上)は路駐して出発を待つバス(かソンテウ)に乗れます。出発後2回ほど反対側に行きますが気にしないで下さい。

シーアムの交差点でシーナカリン通りを145番も走っていますが、陸橋上を走っているので、ここで145番のバスに乗るのは現実的ではありません。

20170124 Bus Map

BTSウドムスック駅からシーイアムまでは以下の路線バスが行くので、5分と待つ事はありません。
2番枝線メガ・バンナー行(行先表示板白板赤文字)赤バス
23番枝線メガ・バンナー行(行先表示板白板赤文字)赤バス
38番ラムカムヘン大学2行 委託ノンエアコン、エアコン
46番ラムカムヘン大学2行 委託ノンエアコン、エアコン
48番ラムカムヘン大学2行 委託ノンエアコン、エアコン
139番ラムカムヘン大学2行 委託エアコン
180番メガ・バンナー行 赤バス

BTSバンナー駅からだとバンナー交差点に戻る側のバスで以下の地方バスがシーイアムまで行きます。特に365番は本数が多く10分待つ事はないです。地方バスを乗り継いで行くのも楽しいかも。行き先を告げる必要はありますが、両方とも8バーツです。
365番(パークナム~バンパコンbangpakong)
1141番(パークナム~ラムカムヘン大学2)

20170124 Bus365

バンナー側からシーイアムに来た場合、バス停横の歩道橋で反対側に渡る必要がありますが、(私を含めて)タイ地元民はそのままシーナカリン通りの陸橋下でぐるっと遠回りして来る1196番を待ちます(バス停ではありません)。

サムロン(Iamcharoen市場横)からソンテウ1217番でもジャス・アーバンに行けます。ちなみにこのソンテウは裏道を走ってバンプリー古市場へ行けます。

20170124 Songthew

最後に、過去のショッピングモール・シリーズです。いやぁ~ もう、本当にたくさんエントリーしていますねぇ・・・もちろん全部行って隅々まで歩いているのですが、どこまで暇人なんだ!と思われるでしょう(汗) その通りです(笑)

ザ・ストリート・ラチャダー
セントラル・バンナーが変わっていた
パタ デパート
ザ・ナイン
THE WALK 
クリスタル・デザイン・センターCDC
ザ・クリスタルThe Crystal
スアンプルーン・マーケット@ラマ4
ザ・ブライト THE BRIGHT
ザ・モール・バーンケー THe Mall Bang Khae
シーコン・バーンケー Seacon Bang Khae
パセオパーク Paseo Park
パセオ・ショッピングモール三都物語
フューチャー・パーク Future Park
セントラル・ウエストゲート Central Plaza WestGate
セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille
プロムナード Promenade
ファッション・アイランド Fashionisland
スーパーmakro@シーナカリン
パラダイス・HaHa・Thanya
東急@パラダイス
シーコン・スクエア Seacon Square
セントラル・バンナー Central Bang Na
メガ・バンナー MEGA Bang Na
IKEA

いかがでしょうか、わざわざ行く必要も無いかとは思うのですが、たまには遠足の代わりで面白いかも(笑) そして・・・今回記載したバスは全て私の足なので、私が乗っているかも(笑)

20170124 Map JAS

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.01.24 | コメント(0) | ショッピング

開業1年のザ・ストリート・ラチャダー

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

11月27日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄い雲が多いながらも晴れです。 毎日午後に雷雨があった一週間でしたが、昨日は雨も降らずに良い天気の一日でした。外に出られないのが残念な日でもありました。

さて、クリスマスまで一か月を切りました。南国で一人暮らす年寄りには関係ないって言えば・・・悲しいぐらい全く関係ないイベントですね(苦笑) とは言え、世界の多くの国で一番町が華やぐ頃で、寂しいリタイア生活に少しは刺激がある季節です。

アメリカでは今週が感謝祭Thanksgiving Dayでした。11月の第4木曜日!今年は11月24日でした。そしてこの週は一年でも特別な日々になります。宗教色よりも家族のイベント的な祭日です。由来はアメリカに移民で渡って来た人々が収穫を祝ったとか、先住民族インディアンの助けで生き延びた事への感謝とか言われています。

Thanksgiving Dayのイメージと言えば、離れて暮らす家族もこの日だけは集まって七面鳥を囲って食事をする・・・誰もがそう思うのではないでしょうか? 私が勤めたアメリカの現地会社では、Thanksgiving Dayの一週間前にはスーパーで七面鳥と交換できる商品券が配られます。

Turkey

この様に家族が集う日としてクリスマスに次いで重要な祭日。また家族の元に行く人達が多いので、休暇を取る人が多く、飛行機も混むホリデーシーズンです。

また感謝祭の翌日はBlack Fridayブラック・フライデーと呼ばれ、この日だけは特別に木曜深夜から金曜朝早くにも多くの店が営業します。深夜からセールを求める人々が並んだり、店の中での狂乱が毎年の様に報道されます。一年間の赤字がこの日だけで黒字になると言われるからブラック・フライデー。どんだけ売れるんだ!って感じですね。

Black Friday

この話は続きがあって、近年ではネット・ショッピングが盛んな為に、感謝祭休み明けの月曜日に注文が殺到するそうでサイバー・マンデーと言うそうです。

まさしく今のアメリカはそんな感謝祭休暇とクリスマスに備えての買い物で、大変な週末のはずです。

一方、正反対なのがドイツでクリスマスの四週間前になると、家々で一斉に飾りつけが始まるのです。それはアメリカのように電飾で家全体を飾るのとは違い、静かで厳かな感じなので、出窓にローソク(の形をした電灯)を置き外からも見えるようにするぐらいでした。

Germany

印象に残っているのは4本のキャンドルを中心に置いたリースのような飾りを作り、それがどこの家庭でも中心に置かれています(壁やドアにかけるのではなく、テーブルの上など)。そしてクリスマスまで一週間に一本だけキャンドルに火をともしてクリスマスが来るのを指折り楽しみに待つのです。

当然タイでもクリスマスまで一か月を切っているのですが・・・(笑) 
今年はどうなるのでしょう? 例年なら南国に似合わないクリスマスツリーがショッピングモールに飾られ、ビヤガーデンが賑やかな頃なのですが・・・やはり自粛でしょうか。

と言う事で今日のエントリーは久しぶりのショッピングモールです。どこにしようかと考えたのですが・・・ちょうど開業一周年が近づいているラチャダーピセーク通りの「ザ・ストリート THE STREET」にしました。

20161127 Street 1

と言う事で、毎回の長い前置き話にお付き合いいただきましたが、本題に入る前にいつも通りに過去のショッピングモール・シリーズです。

いやぁ~ もう、本当にたくさんエントリーしていますねぇ・・・もちろん全部行って隅々まで歩いているのですが、どこまで暇人なんだ!と思われるでしょう(汗) その通りです(笑)

セントラル・バンナーが変わっていた
パタ デパート
ザ・ナイン
THE WALK 
クリスタル・デザイン・センターCDC
ザ・クリスタルThe Crystal
スアンプルーン・マーケット@ラマ4
ザ・ブライト THE BRIGHT
ザ・モール・バーンケー THe Mall Bang Khae
シーコン・バーンケー Seacon Bang Khae
パセオパーク Paseo Park
パセオ・ショッピングモール三都物語
フューチャー・パーク Future Park
セントラル・ウエストゲート Central Plaza WestGate
セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille
プロムナード Promenade
ファッション・アイランド Fashionisland
スーパーmakro@シーナカリン
パラダイス・HaHa・Thanya
東急@パラダイス
シーコン・スクエア Seacon Square
セントラル・バンナー Central Bang Na
メガ・バンナー MEGA Bang Na
IKEA

ザ・ストリートの開業は去年2015年12月上旬だったと思います。そろそろ開業一周年ですが、先日久しぶりに行ったのですが何もイベントらしき告知が見られませんでした。そしてクリスマスツリーもビヤガーデンもありませんでした。

20161127 Street 2

ザ・ストリートは大きなビルが多いラチャダーピセーク通りにあって、地上5階と周囲を威圧するような建物ではありません。実はラチャダーピセーク通りは非常に長いのですが、一般的には地下鉄MRTブルーラインが走る辺りを考える人が多いように思えます。また単にラチャダーともよく言われます。

MRT Phra Rama 9

昔は大型風俗店が点在する中に大型ホテルもあって、夜になるとネオンが眩しい通りでした。渋滞が激しい通りでも有名でしたが、地下鉄が開通したり大型ショッピングモールも出来たりでだいぶ変わりました。

Centra lPlaza Grand Rama9

私的にはラチャダーの東側は中華色を徐々に強めているエリアと思っています。中国大使館や中国文化センターもあるのですが、表通りを一歩離れると大型バスで昼食や夕食に中国人だけで賑わうツアー専用の食堂に、そんな方達が泊まられるホテルが点在しています。広い空き地が多く残っていた地ですから・・・

話を戻しましょう(汗)

ザ・ストリートの無機質な外観ですが、一歩軒下に入るとレンガを基調とした外壁のシックな造りになっています。内装もなかなか落ち着きあって年寄りには好感が持てます。

20161127 Street 3

20161127 Street 4

香港の有名な飲茶店「添好運Tim Ho Wan」B階がある他、寿司店は面白店名系集めたのか「カボチャ寿司」に「ダブル寿司のSHSHI-OO」や「ねた」なんて言うのもあります。まぁ、ここに行ったなら添好運で食べたいところでしょうか。

20161127 Street 5

20161127 Street 6

最近のショッピングモール内のフードコートの多くがあるまじき価格設定で驚くばかりなのですが、ここの4階にあるフードコート「Food Street」は意外と空いていて外れがないので穴場的に思っています。

20161127 Street 7

B階に24時間営業のスーパー「FOODLAND」があるのも特徴ですが、もっとも大きな特徴が5階の「BOUNCE Inc FREE-JUMPING REVOLUTION」です。何て言うのか・・・トランポリンを使った各種の遊戯?スポーツ?施設で、ボルダリングもあって見るだけでも楽しめます。

20161127 Street 8

20161127 Street 9

20161127 Street 10

いやぁ~ さすがは都会のショッピングモールです。高いブランド店が並ぶよりよほど楽しいのですが(笑)

地下鉄だと「Thailand Cultural Centre駅」が近いようです。エスプラネードと同じ並びで北側、BigCの隣です。

路線バスだとラチャダーですので非常に多いのですが、把握している路線だけ書いておきます。
36番(シープラヤ~ホイクワン)
36n番(戦勝記念塔~スアン・サイアム)
54番(ホイクワン~サイアム循環)
73番73n番(スアン・サイアム~サパーンプット)
136番(北バスターミナル~クロントゥーイ)
137番(ラチャダー~ラムカムヘン通り循環)
179番(ラマ9世バス車庫~ラマ7世橋)
185番(ランシット~クロントゥーイ)
206番(シーナカリン~カセート大学)
514番(シープラヤ~ミンブリー)
517番(北バスターミナル~ラックラバン)

20161127 map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.11.27 | コメント(0) | ショッピング

雨の日はメガバンナーでIKEAがお勧め 最新アクセス術付

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

9月25日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りで、この数日では良い天気の方です。昨日は朝から今にも降り出しそうな曇りでした。

今日のようにこの何日かはほぼ毎日朝からどんよりした曇りで雨も降る天気が続きました。それはいつ降ってもおかしくない日ばかりだったので、日々の買い物もちょっと迷ったりする事が多い日でした。

下の画像は私のアパートにも近いチャオプラヤー川河口の町パークナムです。市場の帰りにバスを待っていると、雨の中をサムローが・・・地方ののんびりした風情を感じるサムローも、この日だけは雨に打たれて寂しげに見えました。

Sep25 Pak Nam

私は100%自炊ですので、週に2~3回は必ず買い物に出ます。買い物先はたまに果物や海老などを市場で買う以外は大きなショッピングモールなのですが、実際はそこにあるスーパーのBigC、TescoLotusとTopsで買います。『買い物先発三本柱』と称しています(笑)

歩いて行けるのが「セントラル・プラザ・バンナー(中にTops隣がBigC)」と「シーコン・スクエア(中にTopsとTescoLotus)」で、両方とも徒歩25分ぐらいです。帰りは荷物があるのでバスに乗るようにしています。

Central Bangna 2016 July

Outside Seacon

歩いて行けないのですが先発三本柱に「メガバンナーMEGA Bangna」が入っています。アパート前から乗れて15~20分、バスにもよりますが直接バスでメガバンナー内に入れるます。それとメガバンナーが大変広いので、雨の日か突然降り出しそうな時に買い物と散歩代わりになるからです(笑)

Sep25 MEGA 1

最近の長雨、メガバンナーに行くのが増えています。
ずっと体調が悪くてもう元には戻りそうもないのですが(汗)寝てばかりだと太って仕方ないので、動ける午前中に行って帰って2時間程度の買い物に昼食と運動です。

メガバンナーって楕円形で2階建てで、ちょうど大きなスタジアムを一周するような感覚で1階と2階を回れます。屋根付き冷房付でお店を見ながらです(笑)

Sep25 MEGA 2

そしてメガに行く大きな理由の一つが北欧家具の「イケアIKEA」。売り場の多くががモデルルーム状になっているので、ちょうどスケルトンの街歩きみたいな感覚で散歩出来ます。

Sep25 IKEA 1

これって結構楽しいのですよねぇ~ 定期的に内装も変えるし、こんなキッチンで料理したい・・・とか、疲れたら椅子やソファーと休める所がたくさん(笑)

Sep25 IKEA 2

イケアのレストランもキャンティーン式で手軽に食べられるので好きです。屋台、食堂、レストラン・・・食べ処に関しては本音で書くとネガティブな内容が続くので、書く事自体を避けているブログですが、ここのサーモンは特筆すべき価格と品質です。下のマリネなんかプロモーションで90バーツでした。

Salmon at IKEA

マリネ(90~160バーツ)も良し、ソテー(155~180バーツ)も良くて、白ワインを合わせると市井のレストラン500バーツレベルを楽しめます。やはり北欧からの独自ルートを持っているのでしょう。今はポークシチュー(ご飯付)がプロモーションで50バーツです(笑)

Sep25 IKEA 3

まぁ、あまりイケアを褒め過ぎては・・・と思うのですが(汗)2階のレストラン角にあるカフェも落ち着いて時間を忘れてくつろげます。ラテが40バーツでブルベリーとラズベリーのチーズケーキが85バーツで合計125バーツ。今ならエスプレッソがプロモーションで25バーツ。イケアのコーヒーとケーキで、貧乏人の私が入った事もないスターバックスならラテ・グランデぐらいでしょうか(笑) くつろぎ度はイケアの方が高いです。

20160925IKEA7

Cake at IKEA

もっとも毎回寄るのは1階のスタンドで7バーツのアイスクリームです(笑)ホットドック・・・今ならプロモーションで涙が出るほど嬉しい15バーツ!

IKEA Ice

Hotdog

メガバンナーにはフードコートの「フードリパブリックfoodrepuvlic」があります。他のフードコートと比べて個々のお店が特徴的で価格も高め。食べた事はありませんが寿司とかラーメンもあります(笑)私はここならインドカレーとナンが好きです(汗)

Sep25 MEGA 3

まぁ、日本食レストランは現地系も日本系チェーン店も一通り入っています。特別ここに食べに来たり、まして私がここで食べる事はないのですが(汗)

Sep25 MEGA 5

メガバンナーで私が立ち寄るのはIKEA、BigC、Tops、foodrepuvlic以外は映画館のMEGA CINEPLEX。私はシニアカードを持っているので、60~130バーツでここ以外の映画館でも観られます。60歳以上なら日本人でも持てます。「割引で映画館に行こう」で詳細を書いています。

Sep25 MEGA 4

先日行った時は面白い映画が無くてタイトルや次回上映を確認しただけでしたが、毎回こうして立ち寄っています。だって・・・200~400円ぐらいで最新映画がこんなゆったりした席で見られるのですから。アメリカでは割引日で7ドルでした。日本だと夫婦50割引でも一人1000円って高すぎ!

Inside

さぁ、最新のアクセス術です(苦笑)都心部から行く想定にしています。

Sep25 MEGA Map

まず、日本人でお車をお持ち方々は当然関係ない話ですね。まぁ、私のブログを読まれる事もないでしょうし(笑)無料シャトルがBTSウドムスック駅との間で運行されていますが、日本人の方はよく利用されているようです。平日だと20分間隔のイメージですが、これも私は無縁です。一回だけ乗りましたが、ウドムスック駅で待っていた人がどっと乗り込んで混んでいました。タクシーを利用される方もウドムスック駅からでしょうか・・・

もちろん、私のアクセス術とは公共交通機関の路線バスです。乗られる所、あるいは帰路に降りられる所で多くの選択肢があります。

1、直接メガ内へアクセス出来る。帰路は直接メガ内で乗れる。地図上赤の線

2番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。 無料バス(下の画像)もあって、20~30分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。要は無料シャトルバスと全く同じルートです。ウドムスック駅で多くの方が無料シャトルバスを待ちながら、目の前の2番枝線無料バスには見向きもしてないのですが・・・

Bus2 Bangna Trat 2016 Sep

23番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) テウェス~プラトゥナーム~ペッブリー通り~エカマイ通り~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。 無料バスもあって、30分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

Bus23 MEGA 2016 Sep

145番枝線ノンエアコン・赤バス(行先表示板白板) 北バスターミナル~ラップラオ通り~バーンカピ~シーナカリン通り~バンナートラート通り~メガバンナー。20~30分に一本ぐらいの間隔。

Bus145 MEGA 2016 Sep

180番ノンエアコン・赤バス(全車高速経由の為に行き先表示板黄板) セントラル・ラマ3~ラマ3世通り~クロントゥーイ~(高速経由)~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。 無料バスもあって、15~20分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

Bus180 MEGA 2016 Sep

2、メガバンナー前のバンナートラート通り上のバス停。地図上濃茶の線

132番委託ノンエアコンバス オンヌット~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。9バーツですが、メガより東は別料金なので行き先を聞かれる場合あり、

133番委託ノンエアコンバス エカマイ~プラカノン通り~ペッブリー通り~シーナカリン通り~バンナートラート通り~メガバンナー。9バーツですが、メガより東は別料金なので行き先を聞かれる場合あり、

558番委託エアコンバス ラマ2世通り~(高速経由)~バンナー交差点~バンナートラート通り~メガバンナー。 20分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。「行き先をメガ~」と告げます。復路だとスワンナプーム空港バスターミナルから乗って行けます。

地方バス365番エノンエアコンバス パークナム~スクムビット通り~サムロン~バンナー駅~バンナートラート通り~メガバンナー。本数5分~10分と多いです。途中セントラル・バンナー前を通ります。行き先を言う必要があります。

Mega Bang Na

3、TescoLotusで乗り換えるか、歩く(バス停一個分徒歩15分) 地図上紫の線

ラムカムヘン大学2が行先なので、バンナートラート通りでメガバンナー手前で左折します。左折した直後がTescoLotusの横で、そこから反対側に向かう207番ラムカムヘン大学1行(地図上緑の線)に乗ると、次のバス停がメガバンナー内です。歩く場合はTescoLotus内を通ると近道です。207番はラムカムヘン2発で1行きのみ(都心部行)がメガ内に入ります。

38番委託ノンエアコン・エアコンバス 戦勝記念塔~プラトゥナーム~ペッブリー通り~アソーク通り~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

46番委託ノンエアコン・エアコンバス ラマ4世通り~プラカノン~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

48番委託ノンエアコン・エアコンバス ワット・ポー~サイアム~スクムビット通り~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

139番委託エアコンアバス(たぶん1台だけノンエアコンバスがあります) 戦勝記念塔~プラトゥナーム~(高速経由)~ウドムスック駅~バンナートラート通り~メガバンナー。15分に一本ぐらいの間隔。途中セントラル・バンナー前を通ります。

207番委託ノンエアコンバス (207番でもハッピーランド~ワット・シィーヤムの黄色エアコンとミニバスは行きません) ラムカムヘン大学1~シーナカリン通り~シーコン・スクエア~バンナートラート通り~ラムカムヘン大学2 10~15分に一本の間隔。 往路から復路へと変則乗換になります(切符は新しく買います)。

いかがでしょうか、まだまだ雨季の不安定な日が続きます。買い物も運動も(笑)たっぷり出来ますよ。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.09.25 | コメント(6) | ショッピング

近所にJAPANがやって来た

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月30日、今日のバンコク(の隅っこ)は相変わらずの曇りの朝です。昨日は夜明け前に雨が降ったのか、朝の道路は水たまりがたくさんありました。

そのせいかすごく蒸し暑い一日でした。乾季を除けば年中蒸し暑いバンコクですが、買い物でアパートを出てすぐ、部屋に戻ろうかと思ったぐらいです。身体がなまっているのです・・・

ところで8月も明日で終わり。ご覧いただいている方で夏休みが終わる方もいるかと思います。私のタイでの長い夏休みもすでに1年8か月、その夏休みが終わる事があっても、リタイアした休みはずっと続きます。

そんな夏・・・夏の終わりを日焼け跡が薄れる事で感じる若者も多いかと思います。今は紫外線を気にする人が多いですが、自分が若い時は『日焼けした分だけ夏を楽しんだ』みたいに思っていて、どこにも行けなかった夏が終わる前は近くを流れる川の土手で肌を焼いたものです(笑)

タイでのロングステイは基本的に街歩き日々。日焼けで黒くなった肌は男性でも日傘を差すバンコクっ子よりも黒いぐらいでした。それが持病で2ヵ月近く出歩けないでいたら・・・いつの間にか日焼け跡が無くなっていました。週に1~2回の買い物も帰りはタクシーでしたからねぇ~

それが8月に入ってから、徐々に意識して外を歩くようにしています。MRTパープルラインに乗りたくて無理して出かけたり、別々なイミグレーション三カ所を一日で回ったり・・・一日数時間バスに乗るなどの(笑)まだ無理は出来ないのですが(汗)

そして気づいたら、時計の跡がくっきり手首に・・・

Aug30 Hand

そうそう(汗)昨日の午前中に買い物に出て、あまりに蒸し暑さに部屋に戻ろうとした後の事です(笑) 何度も部屋に戻ろうかと迷いながら、運動不足でぶくぶく太る自分を思う事で部屋には戻らず買い物に行きました。

昨日はアパートからショッピングモールの「パラダイス」と「シーコンスクエア」へ。バス停4個分で普段なら徒歩25分ぐらいですが、ゆっくりと歩いて行きました。まぁ、昼食食べて買い物はスーパーのTescoLotusかTopsでして、バスで帰るだけなので無理しないで済みます。

パラダイスまでは20分ぐらい。涼しい中を通りながら久しぶりに東急デパート内を通って行く事にしました。相変わらずお客が少ないです。特徴がないデパートですし、場所柄高級品を扱ってもねぇ・・・

パラダイスって、上の階へ客を引き上げる仕組みが出来ていないのです。地下は平日の昼でも人で混んでいて歩くのも難しいのですが・・・その人の流れが平行で垂直には流れない。なぜ改善する事をしないのか不思議でならないのですが・・・

そうそう、そのガラガラの東急。少しは客集めを考えたのか「Japan Scramble」なるコーナーが出来ていました。スクランブルScrambleって、寄せ集めとかごちゃごちゃしたイメージで使っているのでしょうが、私には「急いで寄せ集めた」の意味に思えました(笑)

Aug30 Tokyu

これではいくら日本ブームが続くタイに日本好きなバンコクっ子でも、なかなか人は集まらないかも・・・シーナカリンの東急デパート、開業1年ちょっとでしょうか、頑張って欲しいものです。好きなお菓子があったので、一個だけ買いました120バーツ(笑)

そんな東急デパートとパラダイスを後にして、隣のHaHa内を涼しみながら通りました。HaHaも工夫なくずっとガラガラ。客が少ないから中のレストランも何度も変わっています。

そして目的地のシーコンスクエアへ。スーパーのTescoLotusで食品を買ってYamazakiでパンを買ったら両手がビニール袋でいっぱい。順番が逆になったけど荷物を持って昼食を食べにフードコートへ向かっていたら・・・

中央のイベントスペースに『Japan』がありました(笑) これぞまさしくタイ人が思うこてこての日本です。

Aug30 Seacon 1

Aug30 Seacon 2

Aug30 Seacon 3

いやぁ~ 迷いなく思いっきりタイの方々が好きな『Japan』を前面に押し出しています。お客さんは平日の昼なのにたくさん! 皆さんがカメラで撮りたくなる物があるのもポイントですね!

Aug30 Seacon 4

Aug30 Seacon 5

お菓子など買いたい物はあったのですが、残念ながら買い物をした直後。しかも東急でお菓子も買ったし・・・残念です。

Aug30 Seacon 6

Aug30 Seacon 7

「なんちゃって系」もありますが、タイの方々が楽しまれているから良いじゃないですか。それにここはバンコクの隅っこシーナカリンだし(笑)

Aug30 Seacon 8

シーコンスクエア・シーナカリンで催されているのは残念ながら9月4日までです。BTSだとオンヌットやウドムスック駅からソンテウになりますが、詳しくは「シーコン・スクエア 活用術」に書いてあります。

ここまでコテコテの日本を押し出してくると、日本人の私まで楽しくなっちゃいます(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.08.30 | コメント(6) | ショッピング

セントラル・バンナーが変わっていた

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

7月17日、今朝のバンコク(の隅っこ)は晴れです。昨日はこの数日無かったような好天でしたが、夕暮れ前から激しいスコール。晴れ間が多くちょっと窓から外を見るのは辛い一日だったのが、部屋に居て良かったに変わりました(笑)

さて、昨日のエントリーは「バンコク路線バス不完全ガイド」で137番だったのですが、なぜか日本ブログ村では更新情報が表示されないままでした。何度か手動で更新情報も送信したのですが丸一日無視されっぱなし。一度削除して再アップすると表示されるのですが、コメントを頂くとそれも消えるので出来ないし・・・この不具合はよく発生するのでストレス大です。たぶんこのエントリーをすると二日分が表示されるでしょう。ランキングも含めてよく分からん仕様です(笑)

まぁ、いずれにしても毎日更新を1年半以上続け、日本はもちろんアメリカ旅行中やヨーロッパ旅行中も、シベリア上空の機内からも含めて一日も休んでいません。

ところで、タイでは昨日から5連休のようです。まったく知りませんでした(汗) これも私が人と社会とのかかわりが希薄だからでしょう。良い事じゃないとは思うのですが・・・

一昨日の金曜日、いつものように昼も夜もアパートの窓から外を見ていたのですが(かなり惨め)、夜の10時過ぎになっても下の画像のように渋滞の光の列がずっと伸びたままでした。週末とは言え、何かおかしいなぁ・・・と思っていたのです。

July17 Night

それが土曜日の午前中も、アパートの様子がいつもの週末と違った雰囲気だったのです。なんて言うのか・・・静かで長い連休の雰囲気なのです(笑)それで調べたら・・・

昨日の7月16日が土曜日で、今日17日が日曜日。それで明日からは仏教の祭日でこんな事になっています。お休みじゃない方も多くおられるでしょうが、多くの方々はお寺に行かれる事でしょう。私も近くのお寺に行ってみるつもりです。
7月18日 特別休日
7月19日 三宝節(アーサラハ・ブーチャ)
7月20日 入安居(カオ・パンサー)

さて、何度も書いて恐縮なのですが体調を悪くして一か月以上経ちました。持病で何年も経験しているので驚きではなく、ただただ我慢の時期です。もっとも一人で動けない時期が長くなると不安になりますが(汗)

日本やアメリカでも大きな病院へ行きながらも、長い海外暮らしと単身赴任で根治治療に踏み切れないまま仕事がきつくなってリタイアしてしまいました。タイに来てからはそこそこの調子で、毎日痛みはあっても動けなくなる事は昨年末から正月にかけて一回あっただけ、今回が二回目。要は持病で苦しみながらもちょっと調子が良かったり、悪かったりする繰り返しをしているだけです。

突然動けなくなる事は嫌と言うほど経験しているので、一人暮らしの不安から生活日用品をため込む癖がついています。食事も自炊ですが、困った時用に缶詰やレトルトにインスタントはある程度備蓄しています。

アパート一階には一応必要とする物が置いてある万事屋(よろずや)さんが2軒もあるので、質や価格は我慢して買っています。

それでも何かと足らなくなって不便になって来ました。朝のうちはまだ動けるので、先日様子を見ながら慎重にゆっくりと歩いて近くのセントラル・バンナーへ向かいました。バスはまだちょっと怖いですねぇ・・・

Central Bangna 2016 July

いつもはセントラルの隣のBigCへそのまま行くのですが、ちょっと美味しいもの食べたくてセントラルの中へ入りました。以前からちょこちょこと改装工事が行われていたのですが、デパートの2階が閉鎖されてた以外にレストランやカフェも数軒変わっていました。

ざっと見て「やはりレストランは高い」と思い(笑)5階だったか6階だったか一番上のフードコートへ。ここのフードコートは映画館があるその上の分かり難い所で、薄暗いと言うかいつも空いていたのですが(下の画像)・・・そこが工事で閉鎖されていました。

July17 FoodC Old

そこでスーパーTopsがある地階へ行ったら・・・工事が終わり全面オープンしていました。なんだかお洒落になってバンナーじゃないみたいです(笑)

BEFORE : 普通によくあるTopsのフードコートで、この界隈では人気でいつも混んでいました。
July17 Tops Food C

AFTER : セントラル・フード・パティオになって、広さは倍ぐらいに広がりました。
July17 Food Patio 1

日本人的にはまだソフトオープンに思える雑すぎる状況ですが、きっとここでは正式オープンなのでしょう。

July17 Food Patio 2

バンナーでもこの辺りは付近にマンションやビジネスビルが多いので、そんな所からの集客ねらいでしょうか? お洒落にするのも良いのですが、肝心の食べ物はどうなんでしょう・・・

July17 Food Patio 3

July17 Food Patio 5

以前はいつも混んでいただけの事はあったフードコートでした。ざっと見ましたがお洒落過ぎて年寄りにはよく分かりません(汗) 取りあえず慣れたカオマンガイを頼みましたが・・・たまげました(驚)ピセートでもないのに70バーツですって! 思わず聞き直しました(笑)味は以前より美味しくなったのは感じましたが・・・

July17 Food Patio 4

以前は確か40だったか45バーツ。他にも50バーツでだいたい食べられました。今は他のコーナーもよく見ればほとんど60バーツ以下はないような・・・新しくするのは良いのですが、一気にこれだけ値段が上がるとちょっと・・・ここでは収入無しのオジサンには無理ですね。

フードコートだけでなく地階は全て変わりました。流行なのかスイーツの売り場がだいぶ増えていました。いちご大福やみず水晶餅なんてバンナーでは珍しいものもありましたが、一個で100バーツ越えだとちょっと・・・

July17 Food Patio 6

July17 Food Patio 7

スーパーの部分も大きく変わりました。だいぶ広くなりましたが、どこにこんなスペースがあったのでしょう? レシートなどから以前と同じTopsの店だとは思うのですが、Topsを前面に出していません。

July17 Food Patio 8

以前から区画を区切っては工事しながらも営業を続けていて、生鮮品など売っていたので衛生管理など心配していたのです。デリカッセンにはかなり力を入れたようです。なんかワインに合いそうなものがたくさんありますねぇ~(笑)

July17 Food Patio 9

日本食品も以前の倍以上の品揃えです。私自身は日本食に頼らないしバンコクの隅っこでの自炊なので、ローカルな店で全ての食材を揃えるのが常です。ここで何かを買うとしたら味噌とみりんぐらいでしょうか(笑) それで都心部の日本食品屋さんは過去2回しか行った事がないのですが、こうした店が近くにあると思うと安心ですし助かります。

July17 J Food 1

July17 J Food 2

July17 J Food 3

でも・・・改装してお洒落にするのは良いのですが、一気に色々値上げされた感が強くします。やはり隣のBigCが私には一番似合うようです。

都心部にお住まいの方はバンナーはバンコク郊外で遠い事でしょう。BTSや地下鉄も近くにはないです。まぁ、都心部の日本人がよく行くデパートなどに飽きたら、たまにはローカルなショッピングモールも面白いのでは? 

メガバンナーと争うように無料シャトルバスもBTSウドムスック駅下から運行されています。もっとも無料シャトルバスを待つぐらいなら、同じ場所から無料赤バスも含めて路線バスがたくさん出ています。いつものように路線番号にはエントリー済みの「バンコク路線バス不完全ガイド」とのリンクを貼っています。

  2 メガバンナーとウドムスック間の区間便で行先表示板が白板。無料あり。
 23 これもメガバンナーへの枝線で行先表示板が白板。無料あり。
 38 戦勝記念塔~ラムカムヘン大学2 エアコンバスだと13バーツかな?
 46 ファランポーン駅近く~ラムカムヘン大学2 エアコンバスは一律13バーツ
 48 ワット・ポー~ラムカムヘン大学2 エアコンならたぶん13バーツ
132 オンヌット~バンプリー 委託ノンエアコンですが行き先を聞かれます。
139 戦勝記念塔~ラムカムヘン大学2 全車高速経由で12バーツ。
180 セントラル・ラマ3~メガ・バンナー 赤バスですが全車高速経由

BTSバンナーから地方バス365番でも行けます。本数はすごく多くオンボロバスばかり。私の足でもあります。この区間なら8バーツ。払うだけで切符はありません(笑)

July17 Map

結局セントラル・バンナーでは70バーツもするカオマンガイを食べただけで、お隣のBigCでたくさんの買い物。両手に重たいものを持って歩くのは辛いので、タクシーで帰宅。43バーツでしたが、ショッピングカートでタクシーに積み込み、アパートでもカートを借りて部屋まで。これでまたしばらくは籠城できます(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.07.17 | コメント(6) | ショッピング

昭和の雰囲気いっぱいのローカルデパート パタ

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

6月5日、今朝のバンコク(の隅っこ)は曇りです。昨日は朝のうちは雨で昼前には上がりましたが、こうした天気は街歩きに出るのを躊躇してしまいます。アパートの部屋の窓から雨雲の動きを見ながら、結局外に出たのは昼過ぎです。

下の画像は部屋から昨日撮った雨雲の様子。バンナートラートの高速が下で、右の遠くがパークナムタワーが雨でかすんで見えています。

Jun05 Weather

さて、私が生まれ育ったのは東京の下町・深川です。今のNHK朝ドラが深川・木場が舞台のようで、家族が住むお弁当屋さんの屋号が「森田屋」とか、深川の森田と言うことで私を思い出してくれる人が多く居るかも知れません(笑)

家は深川でも隅田川に架かる永代橋のすぐ横の佐賀町、木場とは距離がありましたが中学校が木場に隣接してあったので、いつも清まるような木の香りと木を切る甲高い音に包まれていました。

当時は山で切り出された木々が筏を組まれて隅田川を遡っていたものです。何枚も組まれ長く連なった筏の列には筏乗りが竿でバランスを取りながら、器用に筏の列を動きながら操っていたものです。筏師とか川並とも呼ばれた人達が長い鳶口ひとつで筏や木材を操る姿も堀では見られました。そんな事から始まった無形文化財の木場の角乗(かくのり)をご存知の方もおられるかも知れませんね。

当時の画像を持っているわけがなく(汗)下の画像は木材問屋協会サイトからの拝借した川並衆です。

Jun05 Kiba

今ではすっかりその深川も変わってしまい、堀を埋めて高速道路が走り、高層マンション群で町の姿が変わってしまいました。

私が子供の頃ですから半世紀以上昔の事ですが、最初に行ったデパートは日本橋にあった「白木屋」でした。その後、東急百貨店日本橋店になり、今は「コレド日本橋」でしょうか。足が悪かった母に連れられて都電で行った記憶がありますが、近所の子供同士で歩いて行っても20~30分ぐらいで行けた距離です。

なぜ母が高級デパートへ行ったのか全く覚えていませんが、一緒に行った時の楽しみはデパートの食堂と屋上にあった子供用の遊具だった記憶があります。その後しばらくはどこのデパートにも屋上には小さな遊園地のような施設があったものです。

今のバンコクはショッピングモールを中心とした大型複合商業施設が都心部や近郊にも多くあり、くたびれた姿のオッサンには眩しく思えるほどです。それでも私が子供の頃に行った昭和のど真ん中の時代にあったようなデパートがバンコクにもあります。

そんなどこか懐かしいローカルなデパートが今回のお題。いやぁ~ここまでの前置きが長すぎて、何を書くのか自分でも迷いそうでした(笑)

そのデパートは「パタデパートPATA Department Store」、ピンクラオ通り沿いにあります。チャオプラヤー川西側ですが、王宮そばのピンクラオ橋に比較的近く(私から見ると)かなり都心部とも言えます。

Jun05 Pata 1

このデパート、前在住時からすでにローカル感たっぷりだったので(笑)今でもあるとは思ってもいなかったです。それが数週間前に「MRTブルーライン延伸部を歩く4」で近くを歩き思い出し、数日後に行ってみました。

場所は上記のようにMRTブルーラインのバンスー駅からの延伸部が通るチャラン・サニットウォン通りとピンクラオ通りとの交差点近くです。この交差点はピンクラオ通りの高架陸橋が二重になっている上をMRT高架が通ります。

Jun05 MRT1

上の画像がチャラン・サニットウォン通りから撮った交差点で、左のマンションの裏側にパタデパートはあります。下の画像はピンクラオ通り側から撮ったものです。大きな地震が無い国でほっとする瞬間ですねぇ~

Jun05 MRT2

下の画像はピンクラオ通りはセントラル・プラザ側から撮ったものですが、道路の真正面にPATAの文字が見えます。

Jun05 Pata 2

大通りに面し(チャオプラヤ川西側の人にとって)交通も便利だし、賑わっている所なのですが、なぜかローカル感が漂っています。昼間は分からないのですが、日が暮れてからこの辺りに来るとネオンがギラギラするローカルな盛り場だからかも知れないです。

今となっては大きくない建物なので、狭い所に何もかも押し込めた感がします。東京で言えばアメ横にある大きめのディスカウントストアのようなイメージです。ドン・キホーテよりは密集度が低いのですが(笑)

Jun05 Pata 3

地下はTESCOLotusがあるようですが、簡易型なのでしょう。デパートとしての売り場は1~3階だと思います。4~5階はどこにでもあるITモールですが、閑散しているので余計にこのデパートの寂しさを印象付けます。

Jun05 Pata 4

こんなにローカル感たっぷりなデパート。まさに昭和のど真ん中の雰囲気に包まれています。なぜこんな所に来たのかと言うと・・・・

実は、このデーパートの6階と7階(屋上)に動物園があるのです。「パタ動物園 PATA Zoo」です。そうです、冒頭に書いた日本でも昭和にあったデパートの屋上の遊戯施設を思い起こさせるのがここです。

Jun05 Zoo1

この動物園が、今時日本では絶対に見られないだろう寂れた雰囲気の動物園なのですが・・・実は好きだったりします(笑) バンコクに古い方で行かれた経験がある方は同じ思いを持たれているのではないでしょうか?

だからこれで以前の在住時から数えて3回目の訪問(笑)次回はそんなこの動物園の魅力?を紹介しましょう。

前置き話、無駄話、饒舌過ぎるブログでなかなか前に進めませんねぇ~ すいません。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.06.05 | コメント(13) | ショッピング

身近なお気に入りエリア4 ザ・ナイン 近道マップ付き


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

6月2日、今朝のバンコク(の隅っこ)は曇りのようです。いやぁ~ 昨日はアパートを出たとたんに雨でした。朝から雷が鳴っていたので嫌な予感がしたのですが・・・ こう言うのって本当にめげますね(涙)

そんな朝から雨の昨日、チャオプラヤー西側からアパートに戻るのに路線バス511番(高速経由)に乗っていました。午後2時前でしょうか、外が見難いラッピング車でつまらなくて気絶していたのですが、プラトナームはパンティップ前で真横で日本語が聞こえて来ました・・・

『行かないみたい・・・』そんな言葉だったと思います。思わず飛び起きてしまいました。毎月バスに月平均70回以上乗って1年以上、初めての事です。見ると女性がお二人、車掌さんに行き先を告げたものの行かない旨を告げられたようです。座っていた私の真横です。

私 『どこへ行かれますか?』
女性『トンローの駅近く』
私 『あー、このバスは高速経由なので、トンローは通らないですねぇ』
女性『じゃぁ降りないと…』
私 『(プラトナーム交差点上の)陸橋を過ぎたバス停だから・・・23番と72番はエカマイ、62番はナナへ行けますよ』

そこまで言ったらバス停、慌てて降りて行かれました。余計なお節介をしてしまいましたが、ご無事で行かれたでしょうか? 

Jun02 Bus511

お見受けした所トンロー辺りにお住まいの在住者お二人のようです。バスには乗り慣れていないものの、挑戦したのでしょう。時間があったらもっと多くの選択肢や、高速経由の見分け方などをお教え出来たのですが・・・頑張ってバスを使いこなして欲しいものです。

さて、私は毎日自炊なので買い物はかなり頻繁に行く必要があります。毎日で無いものの週に三日は日々の食材などを買い物に行きます。歩いて行ける(帰りは荷物もあるのでバスですが)近くの「セントラルプラザ・バンナー」か「シーコン・スクエア」が一番多く、雨季になると中で散歩代わりになる「メガ・バンナー」が増えます。

どちらもショッピングモール自体はあまり興味なく、中か隣のスーパーTopsかBigCやTescoLotusでの買い物です。買うものは肉や野菜に日用品、ショッピングモール内のパン屋さんなどで、市場で買うのは果物ぐらいになっています。

それ以外にも今まで多くのショッピングモールをエントリーしているように、バンコクとその周辺のショッピングモールに行くのも好きです。そこで買い物自体をする事はあまり無いのですが、流行とか人々の暮らしとか最近の飲食店も見るのが面白いからです。

Jun 02 Nine 1

そんなショッピングモール、今回「身近なお気に入りエリア」として書いているのはバスでさっと行ける私にとっての近場(汗)なのですが、今日の『ザ・ナインThe Nine』はその中でも距離的には一番近い所です。

ただ・・・車を持っていない人はターゲットと考えてなかったのか、すっごく不便な所であまり気軽に行くような所ではありませんでした。つい最近までは・・・

ラマ9世通り沿いにあります。ラマ9世通りは都心部からスワンナプーム空港へ行く時に高速で通る方も多いのではないでしょうか。ラマ9世通りと並行しているエアポートリンクで言えば、ラムカムヘン駅とフアマーク駅との中間にあります。

Jun 02 Nine 2

バス路線はありません。ザ・ナインの前、ラマ9世通りに真新しいバス停があって93番と555番が書かれていますが、計画か2011年のオープン当初ならいざ知らず、今は走っていません。その確認で三日間4時間もかけてしまいました(汗)下の画像で待っている人は知人を待っているそうです(笑)

Jun02 Bus Stop

93番はシープラヤからクルンテープクリッタ通りの先、エアポートリンク「バンタップチャン駅」の近くまで行く路線でラムカムヘン通りを走ります。555番はスワンナプーム空港からランシットまでの路線でラートクラバンからディンデーンまでは高速を走ります。実際に乗ってみると高速上からザ・ナインの真横を通ります(笑)

区間便、枝線などがある可能性はあり両方のバス車庫、そしてナイン前のバス停で待ち続けて日中はバスが無いのを確信しました。オープン直後に前を通らせる枝線があったのかも知れないです。あるいは朝夕の通勤者用時間帯便があるのかも。いずれにしても使えません。

と言う事で、行き方はラムカムヘン通りからソンテウか、フアマーク駅から無料シャトルバスの二つ知っていました。両方とも不便で、ソンテウはラムカムヘン通りからだと大回りして反対側行く感じ、しかも持病に悪いソンテウです。無料シャトルバスは待つことが多く、動いているのか心配になったぐらいです。

それが最近バス路線が多いパタナカン通りのバス停から徒歩5分の近道を発見したのです。しかもアパート前からバス一本で行けます。これで格段にアクセスが改善されて行く事が多いくなりました。それらは後で説明するとして・・・

ザ・ナインは二つの建物で構成されているように思えます。西側には「MaxValue」と「Seri Market」があって庶民的な日常の買い物や食事が中心です。

Jun 02 Seri Market 1

MaxValueはイオン系のコンビニ+生鮮スーパーで説明不要でしょうが、Sri Marketは何て言うか・・・デパ地下のイメージです。シーナカリン通りのパラダイスにもあって、フードコートも中の店も美味しいのでよく使っています。

Jun 02 Seri Market 2

もう一つの建物はオープン式と言うのか・・・建物の中にテナント店を押し込めるのではなく、テナント店が入る建物全体をテント地のような屋根で覆うスタイルです。パセオなどでよく見られるスタイルですね。

Jun 02 Nine 3

ここはレストランが多く、あとはファッション関係に教育関係などがあるのですが、まぁ飲食関係の店が目立ちます。
以前、ファームデザインの隣にカレーうどんの「古奈屋」があったのですが、残念な事に撤退したのか別な日本人シェフの店になっていました。

Jun 02 Nine 4

あとお好み焼き屋もあったと思うのですが、普段から入る店ではないので気が付かないです。ラーメン店や居酒屋店などチェーン展開している店で、ここでしか・・・は残念ながら無いように思えます。

Jun 02 Nine 5

まぁ近くにこうしたショッピングセンターがあれば嬉しいのですが、今となっては遠くからわざわざ行くような所でもないように思えます。

それでは行き方です。

ソンテウは・・・
ラムカムヘン通りSoi24から「1-5」のソンテウでザ・ナインに行けます。ラムカムヘン通りでラムカムヘン大学近くのBigC前がSoi24で、ソンテウは50mぐらい奥に停まっています。料金は7バーツです。

Jun 02 Songthew 1

下の画像で奥の通りがラムカムヘン通りで、ちょっとBigCが見えています。ここでソンテウは客待ちをして、Uターンして出発し住宅街を走りナインの裏を通ります。

Jun 02 Songthew 2

無料シャトルバスは・・・
エアポートリンク「フアマーク駅」を出てすぐ前の前。シーナカリン通りに向かう途中の専用駐車スペースで待つ画像のようなバンです。ナインまでは15~20分程度で着きます。一応看板には12:00~20:00間で30分毎になっていますが、私の経験ではもっと待つこと多くあります。って言うかバンがいない時がほとんどです(汗)

Jun 02 Shuttle VAN

そして徒歩(バス亭から)は・・・
バス停から徒歩5分で行ける近道を最近見つけました。都心部にお住まいの方も身近なペッブリー通りがクロンターン交差点の東で通り名をパタナカーン通りと変わります。そのパタナカーン通りのラオ運河近く(Soi19近く)のバス停から行けます。

このパタナカーン通りを走る路線バスは以下の通りです。
 11番 プラトゥナーム方面~プラウェート方面
 92番(委託エアコン車のみ) 戦勝記念塔方面~ラートクラバン方面
133番 エカマイ~バンプリー

下の画像で右側からラオ運河沿いの小道に入ります。

Jun 02 Path 1

運河自体は深呼吸をお勧めできないので、早めに歩きましょう。ちなみにバイクはあまり通らないので安心です。

Jun 02 Path 2

ラマ9世通り側道を渡ります。歩道橋も信号もないのですが通行量は多くないと思います。普通、通りを横断するより私は楽ですが、いずれにしても気を付けて。

Jun 02 Path 3

タイ国鉄の線路を渡ります。列車は1時間に一本あるかないかなので大丈夫でしょうが、いずれにしても足元が悪いので気を付けて(汗)

Jun 02 Path 4

運河沿いにラマ9世通りの下を通ります。背の高い方は頭上注意です。

Jun 02 Path 5

そうするとザ・ナインの中に出ます。ラオ運河自体がザ・ナインの真ん中を横切っているのです。

Jun 02 Path 6

足元や頭上に注意する所がありますが、特に立ち入り禁止の所を強引に行くのではなく、道として整備されている部分も多いです。道や線路を横切るのに歩道橋や踏切がないのはタイではデフォルトなので、私は気になりませんが(苦笑)まぁ自己責任なんて当たり前の事を書くまでもないかと思いますけど・・・

Jun 02 Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.06.02 | コメント(3) | ショッピング

身近なお気に入りエリア3 THE WALK


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

5月30日、今朝りのバンコク(の隅っこ)は曇りです。曇り時々晴れの天気が続いています。パラパラと雨を感じる事はあっても、本格的な雨にはなりません。今年はなかなか雨季に入ったとは言えないですねぇ~ 長い間水不足が言われているのですが、大丈夫でしょうか・・・

さて、「身近なお気に入りエリア」として「プラディットマヌータム通りPradist Manu Tham」沿いにある複合商業施設をエントリーしている3回目です。

今まで「ザ・クリスタルThe Crystal」と「クリスタル・デザイン・センターCDC」をエントリーしています。それ以前にも「セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille」をエントリーしています。

May20 CDC 1

と言う事で今日のエントリーはプラディットマヌータム通りの「ザ・ウォークTHE WALK」ですが、上記以外の過去のショッピングモール・シリーズは以下の通りです。

スアンプルーン・マーケット@ラマ4
ザ・ブライト THE BRIGHT
ザ・モール・バーンケー THe Mall Bang Khae
シーコン・バーンケー Seacon Bang Khae
パセオパーク Paseo Park
パセオ・ショッピングモール三都物語
フューチャー・パーク Future Park
セントラル・ウエストゲート Central Plaza WestGate
セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille
プロムナード Promenade
ファッション・アイランド Fashionisland
スーパーmakro@シーナカリン
パラダイス・HaHa・Thanya
東急@パラダイス
シーコン・スクエア Seacon Square
セントラル・バンナー Central Bang Na
メガ・バンナー MEGA Bang Na
IKEA

いやぁ~たくさんエントリーしていますねぇ(汗) 
古い街並みを探したり市場や水上マーケットに行ってばかりでなく、バンコクの最新事情を知るのにはショッピング・モールに行くのが一番良いのです。まぁ、市場やお寺と同じで路線バスが集中する所で、乗り換えを含めてよく行くのです(笑)

ザ・ウォークはプラディットマヌータム通りとカセート・ナワミン通りとの交差点北側角にあります。たしかノンタブリーの方でも見かけた記憶があるのですが、入った事はありません。そこもIndex Livingmallを中核としたショッピング・モールだったと思います。

May27 Walk 1

プラディットマヌータム通りは車が無いと本当に不便なのですが、それにも関わらず大きなショッピングモールが並んでいます。どこも近年オープンしたばかりで、ターゲットを(自家用車を持つ層に)絞り込んだコンセプト型の商業施設です。

May27 Walk 2

ここはザ・クリスタルやCDCに比べたらコンセプト色が薄いのですが(笑)「Index Livingmall」が中核店なので、やはりホームインテリアを中心としたモールです。そして何よりもアメリカ西部・カリフォルニアにありがちなモールデザインで、外見だけはアメリカを思い出させます(笑)

May27 Walk 3

May27 Walk 4

Index Livingmall(画像下)はオッサンの私でも見ているだけで楽しいのですが、他のテナント店は特に目新しい事はないと思います。と言うか中に入るとどこにでもあるモールです(汗)

May27 Walk 5

MaxValuがある一階(地下かな?)前なんかフードコートみたくごちゃごちゃしているし、レストランもどこにでもあるチェーン店ばかりです。

May27 Walk 6

唯一気になったのが下の画像のレストラン。ちょっとタイミングが悪くまだ入った事がないので、タイ料理かベトナム料理か分からないのですが(汗)、なんとなく良い感じがしています。きっと美味しいような・・・この店もどこかの支店とは思うのですけど(笑)

May27 Walk 7

そんな外観だけで中身はあまり特徴がないショッピングモールなのに、お気に入りと書いているのは・・・このすぐそばにわけがあるのです。

そのわけは「フアムム・ナイトマーケット」がザ・ウォークのカセート・ナワミン通り反対側で開かれています。以前、「バス最新情報・ナイトマーケットに買い物、謎のバスも」で少しだけ書いた事があるナイトマーケットです。

APR29 NightMarket 1

またこの近くにリアブドゥアン・ナイトマーケットもあるので、別な機会にナイトマーケットだけを紹介したいと思います。

さて、行き方ですが、もちろん”お金持ち視線”の『○×からタクシー』とは書かないのは”都心目線”『バンコク郊外』と書かないのと同じです。私にとっては身近な『バンコク近郊』で、リタイア老人は当然路線バス(笑)

Bus95B Map

カセート・ナワミン通りの上にある陸橋をバスが通るのでバス停がザ・ウォークを少し過ぎた所にあるのですが・・・

95番枝線(白板に青字表示・バンケーン車庫行)はハッピーランドから乗れます。ハッピーランドのパクソイで右折するのでバーンカピのザ・モールは停まりません。26n番はスクムビットSoi42からエカマイ通り経由でミンブリー行きですが本数が少ないです。

95番枝線でバンケーン車庫方面からか、26n番でミンブリー方面からだとザ・ウォークの手前のバス停です。

そしてプラディットマヌータム通りのショッピングモールの中ではザ・ウォークだけ変則循環路線の156番の内回り(反時計方向)だけが通ります。バーンカピではザ・モールの前のラップラオ通りでモールとは反対側から乗りますが、行く先表示板が青板です(時計回りは白板)。赤板だとスアンサイアム車庫に行くので通りません(汗)

Bus156 Bangkapi

プラディットマヌータム通りとカセート・ナワミン通りの交差点でUターンした直後のバス停です。便利ですよねぇ~ 3路線もバスが通っています。まぁどれも本数が少ないのですけどねぇ(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.05.30 | コメント(4) | ショッピング

身近なお気に入りエリア2 CDC


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

5月20日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りです。 昨日も午前中に雲が多かったものの、午後から晴れて雨は降りませんでした。夕方5時過ぎぐらい一雨あるのが理想なのですが、働いている人は困るかもしれないですねぇ~ いずれにしてもそんな季節が近づいて来ています。

そんな雨季になると街歩きもままならず、ショッピングモール内での散策が増えるので、結局ショッピングモールとそこへのアクセスを多く知るようになります。そのショッピングモールで最近の身近なお気に入りエリアを紹介しているシリーズの第二弾です。

身近なお気に入りエリア1では「プラディットマヌータム通りPradist Manu Tham 」沿いにある複合商業施設「ザ・クリスタルThe Crystal」をエントリーしています。それ以前にも「セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille」をエントリーしています。

Front

この通りは車が無いと本当に不便なのですが、それにも関わらず大きなショッピングモールが並んでいます。どこも近年オープンしたばかりで、ターゲットを絞り込んだコンセプト型の商業施設です。

May16 Crystal 2

それは間違いなくバンコクっ子のライフスタイルが変化しているのを感じるエリアです。
もっともそれはほんの一部のお金持ちの方たちで、バンコクに住む大半の庶民は近所の路地のいつもの屋台で食べ、休みには地域の大型スーパーやデパートに涼しみに行き、その周辺の露天商で服や日常の物を買っているはずです。

May16 PradistMaunTham

私自身も日常はバーンカピ、サムロン、セントラル・バンナー、シーコンスクエアあたりが買い物エリアですが、涼しみながらもちょっとトレンディーな雰囲気に触れたい時に行くにはメガバンナーぐらいでした。それにプラディットマヌータム通りも加わったは路線バスのアクセスが少し改善されたからです。

以前は、この通りを走るバスは26n番のエカマイ~ミンブリーしかなかったのが、95番の枝線がこの通りを走るようになったからです。本数は少ないのですが私は始発のバーンカピから乗れて、しかも無料バスが多いのです(笑)

ハッピーランド(バーンカピ)での95番枝線です。
Bus95B HappyLand

その95番枝線で行くのが増えたのは前述のイーストビルとザ・クリスタル以外に「CDC クリスタル・デザイン・センター」です。「THE WALK ザ・ウォーク」もあるのですが、それは次回(笑)

May20 CDC 1

CDCは、何て言うのか・・・巨大なホームインテリア・センターでしょうか。日本の大型郊外店でよくあるホームセンターとは違います(笑) センスの良い家具、インテリア、雑貨などが広いスペースにジャンル毎に展示販売されています。

May20 CDC 5

もう購買欲が失せた私のようなオッサンでも楽しめるので、家を買う予定の人はもうたまらないスペースでしょう。

May20 CDC 2

最初に行った時はそんな家具やインテリア関係ばかりかと思ったのですが、中には洋服や60バーツ均一のダイソーまであります。また広々としたエリア内にカフェやレストランもあって、中には少々気になる店舗もあります。

May20 CDC 6

タイ料理の「ルエン・マリカRuen Mallika」があって「いつの間に支店を出すようになったのだ!」と少々驚きました。

May20 CDC 3

本店はスクムビット22の奥、クロントゥーイとSoi22の抜け道で古い建物が多くスクムビットと言うよりクロントゥーイそのものの雰囲気です。そんなちょと危なげな所に一軒家のタイ様式の建物がある不思議な空間です。私は出来たばかりの15年ぐらい前、前在住時から通っていて、今年2月のバンコクオフ会もその本店で開催しました。

BKK OFF 2

ビールで有名なシンハが経営している地ビール・レストラン「EST.33 by Singha」も気になる・・・て言うか昼から飲みたい店です。地ビールそのものは「これが地ビールだ」と言わんばかりの妙な味付けばかりが先行してしまい興ざめなのですが、そんな事も忘れて楽しめそうです。ラマ9世通り沿いの「ザ・ナイン」にもあるのですが、こちらの方が雰囲気は段違いに良いです(笑)

May20 CDC 4

和食の店が無いショッピング・モールはもうバンコクには存在しないと確信しているのですが、ここは現地系和食でしょうか「愛子Aiko」が人気でした(私は未食)。そう言えばここも「ザ・ナイン」にもあったと思います。最近伸びているのかなぁ~? 他にもありましたが、あまり記憶にありません(汗)

May20 CDC 7

場所はプラディットマヌータム通りの東側でラップラオ通りとカセート・ナワミン通りの中間。前回エントリーしたザ・クリスタルの反対側です。

May20 CDC Map

行き方ですが、もちろん『○×からタクシー』なんて”お金持ち視線で”絶対に書かないのは、こうした所を『バンコク郊外』なんて”都心目線”で書かないのと同じです。身近な『バンコク近郊』ですから当然路線バス(笑)

前述の95番枝線(白板に青字表示・バンケーン車庫行)はハッピーランドから乗れます。ハッピーランドのパクソイで右折するのでバーンカピのザ・モールは停まりません。26n番はスクムビットSoi42からエカマイ通り経由でミンブリー行きですが本数が少ないです。

セントラルフェスティバル・イーストビルのバス停2個先で降りて、ザ・クリスタル前の歩道橋でプラディットマヌータム通りの東側に行き、少し南に戻ります。

95番枝線でバンケーン車庫方面からか、26n番でミンブリー方面からでもちょうどCDC前にバス停があります。ただ・・・この方法だと同じルートに95番と26n番で違う行き先があるので注意です(汗) 

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.05.20 | コメント(6) | ショッピング

身近なお気に入りエリア1 ザ・クリスタル


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

5月16日、今朝のバンコク(の隅っこ)は曇りです。 昨日も暑い一日でした。日曜日は買い物に行かない事にしているのですが、牛乳とか卵など無くなってしまったので仕方なく近くのBigCへ。 混んでいるしやりたい放題の子供様が多くいつもの倍以上疲れました。 学校が始まるのでしょうか? そんな新学期・新学年の準備みたいなご家族を多く見かけました。

さて、私はバンコクでも本当の隅っこ(サムット・プラカーン県まで徒歩15分)に住んでいるので、私が住む周辺の事をバンコク『郊外』と呼ばないように気を付けています(時々は使いますけどね)。私からすればバンコク『近郊』と使うのが正しいように思えるからです。

シーコン・スクエア、ラマ9世公園、バーンカピ、メガ・バンナー・・・など日常買い物とか色々な用事、あるいは暇つぶしで出没するエリアの事です。

Outside Seacon

ところで郊外でも近郊でも構わないのですが(笑)私の周辺では絶対に見ることがないのが日本語フリーペーパー。最近見たのは・・・昨年末に正月料理でもしようかとFUJIスーパーに食材を買いに行った時でしょうか。その結果はブログでも書いているのですが、買いたい物の価格の高さに驚いて何も買わずに帰りました(笑)

まぁ、その話は別として、そんなフリーペーパーやバンコクを紹介するサイトなどでよく使わているだろうと思うのは『バンコク郊外の○×▽』なんて言葉です。たぶん書かれている方々が都心部にお住まいか、勤め先か、滞在する事が多いから自然とそうした使い方をされるのでしょう。

そんな言葉にちょっとだけ気を使ってしまう自分の生活圏、歩くことが好きでバス使いな事もあって、ここタイ近郊に住む日々が増えるに従って徐々に広がりました。以前はせいぜい前述したような所があるサムロンやバーンカピ辺りまでだったのですが・・・

そんな中で最近のお気に入りの通りが「プラディットマヌータム通りPradist Manu Tham 」です・・・って(汗)そんな通り名を知っている人は多くないでしょう。エカマイ通りをずっと北上しペッブリー通りを越えたら辺りからプラディットマヌータム通りになるようです。

さらに北上しラマ9世通りを越えてからはラムインター高速道路下の道路になります。バンコク日本語学校も近くにあったので「あー、あの通りか」と思い出されるかも。ただ私の生活エリアなのでもっと北(笑) ラップラオ通りからラムイントラ通りまでの間のプラディットマヌータム通りです。

May16 PradistMaunTham

ただ・・・歩くのは全くつまらない通りです。高速道路下で最低でも3車線あって、信号が少ないのでガンガンに飛ばす車ばかりです。また、その周辺はバンコク近郊の高級住宅開発エリアのようで、それに合わせるように新しい大型ショッピングモールが並んでいます。

そのショッピングモールの全てアメリカによくあるショッピングモールのようで、ちょっと洒落ているのです。どこも私が何か買ったり食べたり出来るような所じゃないのですが、涼しい屋内での街歩き代わりでも結構楽しいのです。

毎回どうしようもなく長い前置き話、あきれている方が多いと思います。まぁこれがこのブログのスタイルなのと、ロングステイの日々での雑感とご勘弁ください。

えっと・・・そんなプラディットマヌータム通りのショッピングモールでは、昨年11月27日のオープン直後の「セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille」をエントリーしています。

Inside 2

そして今日のお題は・・・セントラルフェスティバル・イーストビル近くの「ザ・クリスタルThe Crystal」です。中核店となるデパートやスーパーがなく、飲食店や教育関係も多くショッピングモールと言うより複合商業施設と呼ぶのが正しいのかもしれません。

May16 Crystal 1

May16 Crystal 2

特徴を何て言うのか・・・高級志向です(笑)週末に親に連れられた子供が駆け回るようなショッピングモールではありません。当然、私も浮いてしまいます。でも居心地が良いのはナチュラルでゆったり落ち着いているからだと思います。ロビーでの生演奏も頻繁に行われています。

May16 Crystal 3

タイの多くのショッピングモールはスペースさえあれば通路だろうが、テナント常設店以外にも広場だろうが露天商的な小さな出店を施設内に許し、統一感のない(ある意味どこにでもあるような物が売られる)ごちゃごちゃした感じになってしまっています。それがここにはないので、落ち着いた感じをさせているのかも知れません。

May16 Crystal 4

屋外には緑を多く配置し、多少出店的な部分も残していますが、統一感を失わない意思が感じられます。

May16 Crystal 5

レストランは日系だと大戸屋、CoCo壱番などがありましたが、気になったのは都心部で店を増やしているナポリピザの「PEPPINA」、そして何よりも気になったのがCOMING SOONでBRASSERIE『WL』とあるので、「ウォーター・ライブラリー Water Library」ではないでしょうか? いやぁ~ここでランチにグラスワインであっても、私の食事代10日分は飛んでしまいます(汗)見なかった事にしましょう(汗)

May16 Crystal 6

レストランとカフェの中で一番人気は「ひろケーキカフェ」でした。小さな行列気味で待たれている方もいました。私は全く知らないのですが、美味しいそうです(笑)

May16 Crystal 7

場所はプラディットマヌータム通りでラップラオ通りの北。セントラルフェスティバル・イーストビルの少し北になります。場所的には車で来る人しか考えてないようにも思えます(笑)

May16 Map

冒頭のフリーペーパーやバンコクを紹介するサイトなら『○×▽からタクシーで何分』なんて平気で書くでしょう(笑)当然私はバンコク内どころか周辺県でも全て公共交通機関のみの利用原則(汗)

以前は、この通りを走るバスは26n番(エカマイ~ミンブリー)しかなくて、(私の所からだと)使い勝手も悪く本数も少ないので不便だったのですが、「バス最新情報・ナイトマーケットに買い物、謎のバスも」で紹介したように95番の枝線がこの通りを走るようになりました。私は始発のバーンカピから乗れて、しかも無料バスが多いです(笑) 26n番と95番枝線はザ・クリスタルの目の前にバス停があります。

バーンカピでの95番枝線です。
Bus95B HappyLand

エカマイでの26n番です。
Bus026n Ekkamai

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.05.16 | コメント(4) | ショッピング

二番目に新しいショッピングモール・スアンプルーン・マーケット@ラマ4

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

4月7日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りです。 いやぁ~昨日は晴れて暑かったですねぇ・・・ 昼前からチャオプラヤー川河口の町パークナムへ行っていたのですが、日陰がない所を歩くと身の危険を感じました(汗) コンビニが少ない地方の町なので水分補給もままならず、頭の中は赤城しぐれの練乳あずきカップが何個も浮かんでいました。

さて、一昨日「BKKで一番新しいショッピング・モール・BRIGHT」をエントリーしましたが、今日は惜しくも2日違いで二番目になった「スアンプルーン・マーケットSuanplern Market」です(笑) タイ得意のソフトオープンはその少し前だったかも知れませんが、今年3月7日の正式なオープンだそうです。もっとも大小はあっても毎月のように新しいショッピングモールがオープンしているようなバンコク、順番は意味ない事ですが(汗)

APR06 Suanplem 1

と言う事で今日のエントリーはショッピングモールですが、過去のショッピングモール・シリーズは以下の通りです。
ザ・ブライト THE BRIGHT
ザ・モール・バーンケー THe Mall Bang Khae
シーコン・バーンケー Seacon Bang Khae
パセオパーク Paseo Park
パセオ・ショッピングモール三都物語
フューチャー・パーク Future Park
セントラル・ウエストゲート Central Plaza WestGate
セントラルフェスティバル・イーストビル CentralFestival EastVille
プロムナード Promenade
ファッション・アイランド Fashionisland
スーパーmakro@シーナカリン
パラダイス・HaHa・Thanya
東急@パラダイス
シーコン・スクエア Seacon Square
セントラル・バンナー Central Bang Na
メガ・バンナー MEGA Bang Na
IKEA

いやぁ~たくさんエントリーしていますねぇ(汗) ショッピング・モールは市場と並んで人が多く集まる所、路線バスも市場やお寺と同じで路線が集中する所で、乗り換えを含めてよく行くのです。

ところでバンコクにお住いの多くの日本人にお馴染みの通り(ソイではなく)と言ったら、真っ先にスクムビット通りでしょう。二番目は・・・アソーク通りかラマ4世通りではないでしょうか。トンロー、エカマイ、プラカノン、オンヌット、そして我がウドムスックをもソイとしてですが(笑)

その中でラマ4世通りはプラカノンでスクムビットから分かれファランポーン駅までの通りで、私を含めて多くの日本人の方がこの通りに馴染みがあるはずです。

APR06 Rama4

二階建ての市場が無くなったのが寂しいサムヤーン。ワット・ファランポーンはあまり知られていませんがバンコクで亡くなった旅行者が荼毘に付されるケースが多いお寺です。タイの名門チュラロンコン大学にチュラロンコン病院はタイ人と親しくなって行った方もおられるはず。

ルンピニー公園で私はボートを漕ぎながら水オオトカゲを追った事もあります(笑) それよりルンピニーの反対側にはタニヤやパッポンなど日本人観光客が多いエリアですね。クロントゥーイは一度踏み込んだら出られないような迷宮市場ですし、スクムビットSoi26のパクソイにあるBigC(昔はカルフールでしたね)とそのお向かいのTescoLohusで日常の買い物をして人もいるのでは?

APR06 Lumpini

バス使いの私にとってはラマ4世通りは渋滞が断続的に発生しやすい通りなので苦手なのですが、私のアパート近くから45番や46番、そしてバーンカピからだと22番や115番が通るので仕方なしに渋滞にはまりながらボーっと外を見ているのがラマ4世通りです。

そんな渋滞のバスから見てずいぶん前から気になっていた工事中の建物がありました。昨年後半から見え始めた外観がレンガ造りのようで、何か趣がある建物になる予感がしていたからです。

それが2週間ぐらい前だったか、相変わらずの渋滞でノロノロ運転のバスから見て、その気になっていた建物がオープンしていた事に気づいたのです。慌てて降車ボタンを押しました。行き過ぎてTescoLohus前のバス停で降りて戻りました。テレビ局Channel3の反対あたりです。

APR07 Suanplem 7

そのラマ4世通りにオープンしたのが「スアンプルーン・マーケット」。レンガ造りでレトロな演出をしているのは駅舎をモチーフにしていると説明があるのですが・・・

そう言えばここのすぐ裏が「Rotfai Sai Kao Pak Nam ロッファイ・サーイ・ガオ通り」で意味は「廃線通り」でしょうか(笑)クロントゥーイからパークナムまでチャオプラヤー川に沿って走る通りで、タイで初めての鉄道の跡なのです。まぁ走る場所柄でトラックなどが多い道路です。下の画像はサムロン辺りのロッファイ・サーイ・ガオ通りです。

APR06 Rotfai

この鉄道は1893年の開業ですから123年前ですねぇ~ クロントゥーイ、バンナー、サムロンとこの道に鉄道の痕跡が無いかと昨年ずいぶん歩きました。そんな事をしたきっかけはスリウォン通りにある「ネルソン・ヘイズ・ライブラリー」にあった一冊の本でした。「The Railways of Thailand」本来会員制の英国図書館ネルソン・ヘイズ・ライブラリーに三回も行ってしまいました(汗)ここは会員でなくても断って入る事が出来ます。受付の方は”いかにも”と思わせるクイーンズ・イングリッシュを話されます。

APR06 Book

あれ(笑)・・・話が完全にそれてしまいました(汗) 元に戻しましょう。

ここはショッピング・モールだと思うのですが、セントラルやモールグループとは違い旗艦店が見当たりません。飲食店、ファッション、雑貨、IT関係の店が入っていますが、70~80%ぐらいは飲食店のスペースでしょうか。

APR06 Suanplem 2

飲食店以外のスペースではまだ空きスペースが目立っています。

APR06 Suanplem 3

ここの特徴は何て言ってもフードエリアだと思います。よくあるフードコートとは全く違ってもっとお洒落ですし、特徴ある多くの店舗が出店しています。イメージ的には日本のデパ地下的で店舗の近くにイートスペースがあるって事でしょうか。

APR06 Suanplem 4

私は分かりませんが、バンコクでも人気の店や話題の店が出店しているようです。

APR06 Suanplem 5

レストランでは焼肉の「牛太」としゃぶしゃぶ・すきやきの「Shobu」が入っていましたが、私は未食で知りません。

唯一気になったのがイーサン料理の「ニッタヤー・ガイ・ヤーン Nittaya Kai Yang」が入っていました。バンコクに数店舗ありますが、スクムビットやラマ4世地区には初めての出店ではないでしょうか。私の生活圏ではナワミン通りにあり(バーンカピ近く)最近は知りませんが私的には高評価のお店なのです。ただ、少し郊外の一軒家タイプばかりなので、車がない私が一人でさくっと食べるには不向きでした。そんな意味からここにあるのを発見したのはラッキーでした。

APR06 Suanplem 6

場所は冒頭の通りラマ4世通りでチャンネル3の反対側。スクムビットsoi26のラマ4側パクソイの反対側にTescoLotusがありますが、その並びでプラカノンよりです。BTSの駅からは歩くと辛い距離です。BTSオンヌット駅からだと西に向かう45番(赤バス)46番(エノンエアコンとエアコンバス)に507番(エアコンバス)です。MRTクロントゥーイ駅から東に向かう45、46、507番以外に115番(ラマ4世通りからプラカノン通りへ入ります)が使えます。22番や519番も通りますが本数が少ないです。

APR06 Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.04.07 | コメント(0) | ショッピング

BKKで一番新しいショッピングモール・BRIGHT

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

4月5日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りで晴れ(笑) 昨日も良い天気の一日でした。外へ出たかったのですが、昨日は掃除洗濯に追われてしまい、朝が遅かった事もあって外へ出るのを逸してしまいました。

さて、昨年後半からチャオプラヤー川右岸(西側)の街歩きをするようになりましたが、最初はタラート・プルーやバンコク・ヤイ運河のトンブリー王朝の面影を色濃く残す地でした。それがパーシーチャルン運河を追うように更に西のバーンケー地区になり、もっと西のターチン川まで行ったりもしました。

(現在は)バンコクの地下鉄ことMRTの延長工事、そして新しく出来る駅周辺の開発ラッシュで川の西側はどこも工事だらけのイメージです。そんな町ごと大きく変わろうとしている今を自分自身の目で見ておこうと思っています。

Mar24 Tha Phra 2

街歩きは好きなのでいくら歩いても良いのですが・・・チャオプラヤー川の西側に行くまでが時間がかかって大変なのです。私のアパートがバンコクの南東部、本当に端っこにあるからです。

まぁBTS(高架電車)を使って行けば良いのですが、私には高いですし、基本的に現在のBTSもMRTもメジャー過ぎて興味がないのです。BTSから外を見てもビルと屋根が見えるだけ、そこには人々や生活がないのです。MRTに至っては電車内でどうして良いのか分かりません(笑) どちらの電車も80%以上の人たちがスマホに夢中ですし、それらを見るのも嫌なのです(汗)

そんなわけで意地になって(笑)バスや船でチャオプラヤー川西側へ行くのですが、まぁノンエアコンバスならどんなに本数乗っても、BTSの片道料金(52バーツ)以上になる事は滅多にありません(嬉) 問題は時間短縮ですが・・・

APR05 Chaopuraya

今年になって覚えたのはバンナーから高速を通ってチャオプラヤー川西側へ行く路線です。バンナートラート通りを走る558番なら一本でスクワサット通りやラマ2世通りへ短時間で行けます。そこで西側の目的地へ行くバスの乗り換えるのですが、全く知らない路線に遭遇する事が多く、それも楽しのです。

そんな事をしていたら・・・ラマ2世通りに建設中だった大型ショッピングモールがあったのですが、そこがいつの間にか開業していたのにバスの車窓から気が付きました。「ザ・ブライト THE BRIGHT」です。開業日は3月9日だったそうで、私は3月27日に行きました。

慌てて停車ボタンを押して降りたのはラマ2世通りSoi47辺りで、少し手前にHealth Land Rama2があります。ラマ2世通りではラウンドマークになるセントラル・ラマ2の少し東側です。

APR05 BRIGHT 1

バンコクはセントラル・グループにザ・モール・グループの2大グループが盛んにショッピングモールを競っていますし、(バンコクじゃないけど)フューチャー・パークみたいな巨大なショッピング・モールもあります。それ以外にもパセオ・モールのような特徴的だったり、IT関連に特化したパンティップ・プラザはバンコクに3カ所だったでしょうか。シーコンも2カ所にありますねぇ~

そんな多くあるバンコクのショッピング・モールの中でも最新の独立系でしょうか。BRIGHTの名の通りタイの電球メーカーがかかわっているそうです。基本的に2棟のようで通り側にはそんなショールームもあったようですが見ていません(笑)

メインの棟は4階建てで中央に大きな吹き抜け部を設け、天井を大きなテント張りのようにしているのはパセオが特徴的にしているのと似ています。

APR05 BRIGHT 2

地上階はスーパーマーケットの「フードランド」が中核で、G~2階には飲食店、その上の階には美容、スパ、教育関係など・・・どこも同じ形態で私的にはもっと知恵を絞れないかと思ってしまいます。

APR05 BRIGHT 3

まぁ、バンコクのショッピングモールは大小があっても結局は似たり寄ったりなのですが、ここも・・・残念ながら特に変わってはいません(笑) ただ他では見られないような店も入っていました。

APR05 BRIGHT 4

飲食店は流行りなのでしょうが日本を意識した店が目立っていました。「Wakayamma Ramen」って和歌山ラーメン? 食べてないので分かりませんが、雰囲気から現地系だとは思うのですが気になります。

APR05 BRIGHT 6

子供用品の店まで日本語の店名ですねぇ~

APR05 BRIGHT 5

私的にファンな「ファープラー・チョンノンシー」のJr店も入っていました。路上店だった頃からのファンで、あっと言う間に急成長しメガ・バンナーにもJr店がありましたが、今は撤退したのかな? だってメガバ・ンナーの隣に何百人も入る支店があるのですから(笑)そうそう、今年2月にラマ3世通りの本店でオフ会もしました。

APR05 BRIGHT 7

ここはショッピング・モールでは珍しく(私は他には知らない)何も無い屋上に上がれます。まだソフトオープンだからでしょうか? 遊戯施設でも出来るのかなぁ・・・

APR05 BRIGHT 8

一階中央では、私が行った時に「フードトラック」の催しをしていました。中身はまだまだなのですが、まぁこれからの期待ですね。

APR05 BRIGHT 9

行き方ですが車かお金をお持ちの方以外はバスが基本になります。
戦勝記念塔からですと140番、サイアムスクエア横からの141番、サムロンやバンナーからだと142番、スワンナプーム空港やバンナートラート通りからだと558番が全て高速経由のエアコンバスになります。行き先はセントラル・ラマ2(せんたん・らまそん)を告げて手前で降りるのが簡単かと(笑)BTSクルントンブリー駅からも76番や105番で行けますが、向かう方向にご注意です。

APR05 Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.04.05 | コメント(0) | ショッピング

西の巨艦ショッピングモール

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

3月29日、今朝のバンコク(の隅っこ)は白く厚い靄に包まれて曇りなのか晴れなのかさっぱり分かりません。昨日は終日雲に覆われたバンコクの隅っこでした。雨が降るかと思って買い物や掃除で遠くへ行かなかったのですが、結局雨は降りませんでした。

さて、偶然なのですが、チャオプラヤー川右岸(西側)に関してのエントリーが続いてしました。現王朝以前のトンブリー王朝の面影を残しながらも、多くの人が住む下町風情も多くある所。そこを縦横にMRTの高架鉄道工事が大きく傷跡を残しているようで、今のうちに大きく変わりあるを街の姿を記憶に残したいからです。

そのトンブリー地区と呼ばれる地区からさらに西へ行ったバーンケー地区、MRTが延長工事中の幹線道路ペットカセーム通り沿いに「シーコン・バーンケー」「バーンケー市場」と人が集まる所が続きます。そのバーンケー地区の西端にあるのが「ザ・モール・バーンケー」です。

Mar29 Mall Bangkhae 1

ペットカセーム通りとバンコクを包み込むような大環状線カンチャナピセーク通りの交差する場所にあるので、バンコクの西部に行くと何度か見ることになります。遠くから見てもすぐ分かる大きなショッピング・モールですが、その姿ショッピング・モールと言うよりテーマパークのように見えます。

Mar29 Mall Bangkhae 0

上の画像は分かり難いのですが(汗)、立体交差のカンチャナピセーク通りからで、画像下をペットカセーム通り、その上をMRT高架が工事中で、左にザ・モール・バーンケーがあります。またザ・モール・バーンケーの目の前がMRTラックソン駅なので、バンコク西部ではこれ以上ない立地です。

Mar29 Mall Bangkhae 2

ザ・モール・グループって、あのバンコクで一番日本人密集度が高そうなプロンポン駅周辺を支配するような勢いのエンポリアム、エムクオーティエに何やら別な工事もしている会社ですよねぇ~ サイアムのパラゴンも同グループの所有だそうです。ただ・・・それらは高級過ぎて私なんか中に入るのも抵抗があります(笑)

庶民レベル以下の私にとっては「ザ・モール・バーンカピ」と「ザ・モール・ラムカムヘン」が身近なのですが、バンケー駅から西へ行った所にも「ザ・モール・ンガム・ウォンワン」、そしてバンコク西部には「ザ・モール・タープラ」もあります。確かコラートにもあると聞いた事がありますが・・・

そんなザ・モール・グループの中で一番大きくて活気があるように思える(私見)のが「ザ・モール・バーンケー」です。

実は内部の造りがザ・モール・バーンカピと似ている所が多くあります。建物内に大きな滝と川がある所は同じですが、バーンケーの方が規模が大きいし、周囲の店もそんな演出に馴染んでいて雰囲気があります。

Mar29 Mall Bangkhae 3

Mar29 Mall Bangkhae 4

バーンカピと似ていないと言うか、ここの大きな特徴は屋上のウオーターパーク「ファンタジア・ラグーンFantasia Lagoon」、そして屋内の「シティーウォークCityWalk」に子供用の遊戯施設でしょうか。子供連れで行ったら、一日遊べる事は間違いないです。

ファンタジア・ラグーンは何種類かのウオータースライダーや流れるプール、海賊船やラフティングまで楽しめるようです。子供だけでなく大人も楽しめそうですねぇ~ 残念ながらオッサン一人で入る雰囲気ではなく、外から見ただけですが・・・

Mar29 Mall Bangkhae 5

シティーウォークは何て言うのか・・・ちょっとチープな感じあるのですが、世界の街をテーマにしたエリアで、周囲をレストランが囲み、中央が出店エリアになっています。まぁショッピング・モール内でも露天商のノリで通路などに無造作に出店しているのをよく見かけますが、それらが秩序だってされているイメージです。

Mar29 Mall Bangkhae 6

そして屋内の遊戯施設のエリアも凝っていて、おとぎの国を演出しています。お金をかけていますねぇ・・・ここに入るのはもちろん無料、中に居るだけで楽しくなります。

Mar29 Mall Bangkhae 7

Mar29 Mall Bangkhae 8

肝心のお店ですが、いつものようにここにしか無いようなお店は見当たりませんでした。どこにでもある現地発の日本食チェーン店以外ではラーメンの山小屋がここではまだ頑張っていました。

Mar29 Mall Bangkhae 9

街歩きをしながら多くのショッピング・モールに行っていますが、ここはかなり特徴的で頑張っている所だと思います。遠くても一度は行く価値があるかも、特にお子様連れなら本当に楽しく過ごせるでしょう。

バスで行く方法はたくさんあるのですが、遠い事もあって現実的ではないように思えます。一番簡単なのはBTSシーロム線の西端「バンワー駅」まで行って、駅下のペットカセーム通りからタクシーか、西へ向かうバス7番、80番、84番、101番、146番などが私の経験があるものです。

Mar29 Mall Bangkhae Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.03.29 | コメント(2) | ショッピング

もう一つのシーコン

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

3月22日、今朝のバンコク(の隅っこ)はうす曇りです。最近はいつも同じです。午前中は雲が多く午後から晴れて暑い・・・その繰り返しです。昨日は野暮用で都心部へ行きましたが、ノンエアコンバスはきつく感じるようになっています。

日本では球春と呼ばれる頃かと思います。そろそろプロ野球も開幕ですね。私はもう何十年と日本の野球とは関係ない地で暮らしたので、すっかりファンでもないし関心も薄らぐばかりです。

それでも子供の頃はスポーツと言うか娯楽と言う大きな切り口でも野球が唯一だった時期があります。ラジオの中継に耳を傾け、テレビの前で夢中で観たのは中学生ぐらいまでだったか・・・そんな思いからこの時期だけはペナントレースの行方が気になるのです。

今年は強いネガティブな風の中での発進になりますが、多くのファンを抱えているプロスポーツなので、熱気あふれるプレーや試合で困難な時期を乗り切って欲しいものです。

さて、私が買い物するショッピングセンターを『先発3本柱』と称しています(笑) いやぁ~強引すぎる前置き話からの繋ぎ、大笑いかと思います。
その先発三本柱とは「セントラル・バンナー」「メガ・バンナー」に「シーコン・スクエア」で、完全自炊の私がまったく行かない週は考えられません。

Outside Seacon

前タイ在住時は会社のボーリング大会で来たのが最初のことでした。たぶん2000年で16年前ですねぇ~ なんだかやたら広い通りで周囲に何もないのに、いきなり大きな壁のようなビルが建っていたのを覚えています。古い画像にその時のものがありましたが、私は目が悪いのでボーリングする時もサングラスでした(汗) 今はこのボーリング場はありませんねぇ~

Bowling

こんなに昔から知っていたし、今は日常的に行くシーコン・スクエア、ある意味私が住むシーナカリン通りはシーコン・スクエアしかない・・・ようなイメージでしたが、今も同じようなものかも。いずれにしてもシーナカリン通りの中心的存在です。

そのシーコンが他にもあるのを知ったのは昨年、チャオプラヤー川の向こう側(西側)トンブリー地区を街歩きしていた時です。パーシーチャルン運河やバーンケー市場の辺りを歩いていた時、ペットカセーム通りで見たのです、「シーコン・バーンケー Seacon Bangkae」。

Mar22 Seacon bankae 1

と言う事で今日は久しぶりのショッピングモールでのエントリーです。過去のショッピングモール関係のエントリーは以下の通りです。
全てが日本だ!パセオパーク」、「パセオ・ショッピングモール三都物語」、「フューチャー・パークへ 最大級ショッピングモール
、「セントラル・ウエストゲート」、「セントラルフェスティバル・イーストビル」、「プロムナード 」、「ファッション・アイランド」、「スーパーmakro@シーナカリン」、「パラダイス・HaHa・Thanya」、「東急@パラダイス」、「シーコン・スクエア」、「セントラル・バンナー」、「メガ・バンナー」、「IKEA

えっと・・・場所はペットカセーム通りのSoi33/8と35の間。BTSシーロム線の西端バンワー駅からバスで10~15分ぐらい。昨年はBTSバンワー駅から無料シャトル(ミニVAN)が出ていたのですが、先日行ったら無かったですねぇ~ 出発の場所が変わったのかも知れません。

ペットカセーム通りを西に向かう全てのバスが前を通ると思います。私が使った事があるバスだけで7番、7n番、80番、84番、101番、146番などです。

この地区ではかなり大きなショッピング・モールだと思います。ペットカセーム通りだともっと西に巨大な「ザ・モール・バーンケー」があるので、その次ぐらいの大きさでしょうか。地上5階、地下1階です(5階は映画館でショッピング施設はないようです)。

Mar22 Seacon bankae 2

初めて行った前まではちょっと馬鹿にしていました。地元のシーコン・スクエアの方が有名だし(何の根拠もなし)、大きいし、言うならば本拠、本店だと・・・ でも、頑張っているのがよく分かるのです。結構行くと楽しいのです。

東側の入口入って1階のすぐ目の前がアイススケート場でびっくりです。バーンケーっていつどこでも人が多いのです。私のアパート周辺だとサムロンとかバーンカピがそうなのですが、バーンケーの地区全体が人でいつも賑わっていると感じるのです。それを象徴するような子供と家族層をターゲットにしている感が強くします。

Mar22 Seacon bankae 3

また4階には「YoYoLand」なるデパートの屋上遊園地的施設(実際は屋内)があるのですが、ここが狭い所に遊戯施設をぎゅうぎゅうに詰め込んだ感じで充実度が半端ないです。私が知り限りバンコクのショッピングモールで一番充実している遊戯施設だと思います。ある意味子供が行きたがるショッピングモール造りをしているように思えます。

Mar22 Seacon bankae 4

Mar22 Seacon bankae 5

モール内中核店はロビンソンデーパートで、どこにでもあるようなチェーン店、チェーン・レストランで、特にここしかないと言う店は私は気づいていません。ただチェーン店でしょうが「Mr D.I.Y」と言うホームセンターの小型店が私的には気に入っています。この店は近くにあったら楽しいのですが・・・

Mar22 Seacon bankae 6

今週の催しはタイの時代劇なのか・・・何かの戦いがテーマのようで(タイ語オンリーで理解できませんでした)、タイ・スイーツが主ですが物産展のようです。

Mar22 Seacon bankae 7

実はこのシーコン・バーンケーの目の前がMRTブルーライン延長部の「パーシーチャルン」です。シーコンの正面にでーんと駅があるので、開通したらここはものすごく便利になって激混みになるのは間違いないです。

Mar22 Seacon bankae 8

「もう一つのシーコン」いかがでしょうか、チャオプラヤー東側からわざわざ行く事は無いかと思いますが、子供連れで時には違った所へ行こうかとお考えならお勧めです。

Mar22 Seacon bankae Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.03.22 | コメント(0) | ショッピング

本当にタイで役立つ60バーツ均一 Ⅱ

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

3月20日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りです。昨日は昼ぐらいまで曇っていたのですが、それでも暑くて気温は36℃ぐらいでしょうか。久しぶりにバスを4本乗りましたが、その内エアコンバスは一本、これからは意識してエアコンバスを乗る季節かも知れません。

バンコクで過ごすロングステイの日々、仕事も勉強も全くないので暇な時間だけはたっぷりある日々です(笑) 部屋にじっとしている事が嫌いなので毎日外に出ますが、外出の基本は街歩きと日常の買い物ぐらい。

まぁ、読む人に寄ってはかなり情けないヤツだと思うでしょうが、自分でもそう思うので仕方ない(笑)他人様に「充実した日々」なんて言えないけど、長い間海外で一人で暮らしながら仕事をして来た後だから、お金をかけずにのんびりと日々を送れるのも良いかと思っています。

二週間前は息子とフランスはアルザス地方の丘陵地帯の村々を巡っていたのですが、それ以来「フランスの田舎に住むのも良いなぁ~」って思って仕方ありません。生活費さえ安ければそうしたいと思っているのですが・・・いつかバンコクに飽きたらヨーロッパで転々とするかも(笑)

さて、そんなお気楽な日々の中での毎日の買い物。今のアパートでの生活は食品と消耗品を買うぐらいなのですが、60バーツ均一の「DAISOダイソー」は用がなくてもつい入って見てしまいます。最近は都心部でないのにダイソー以外にジャスト・バイとかKOMONOYAにCanDoなど同じような店が増加中でもあります。

そこで今日のエントリー(笑)
以前、「本当にタイで役立つ60バーツ均一」をエントリー済みですが、今日はその第二弾です。

Daiso

前回も書きましたが、日本で言えば100円均一ですがタイでは60バーツ均一。今日のレートなら200円ぐらいになりますが、そんな単純比較ではなく生活実感からすれば、かならずしも安いとは思えないのがリタイア老人の素直な思いです。

60バーツと言えばバンコク庶民にはランチ一食分ですねぇ~ 日本ならワンコインと言われる500円でしょうか。タクシーで60バーツと言えば初乗りから少し距離が行ったチョット乗りで、東京なら1000円分ぐらいの感覚。まぁタクシーは差があり過ぎるけど、庶民感覚から言えば(レート計算の200円ではなく)二倍ぐらい高い400円ぐらいのイメージです。

まぁそんな事を気にするような日本人はあまり居ないでしょう(汗) でも現地の金銭感覚の私にとってはそんなに安い買い物でもありません。それだけに商品の満足度が気になり「安かろう悪かろう」では困るのです。

そんな私が実際に使ってみて、本当に役立っているダイソーの60バーツ商品です。例によって「七つシリーズ」で強引に七つにしましたが、実際は60バーツ商品に囲まれて生活しています(笑)

タッパー

Mar20Tupper

ものすごい数を買いました(笑)フルーツは切り分けてタッパー、お米も冷蔵庫に入れるのでタッパー、一人老人の自炊なので一回料理を作ったら数回分に分けてタッパー・・・と冷蔵庫の中はタッパーだらけです。

Refrigerator 2

お菓子

日本ではまず百均でお菓子は買わないように思えますが、ビールのつまみで歌舞伎揚げや柿ピー、それに喉飴なんか買っています。

Mar20Snack

ハンドミキサー

パンケーキをよく作るので最近買いました。買う前までは箸三本を広げるように持ってかき混ぜていましたが(汗)、ミキサーを使ってダマにならないようになりました(笑)

Mar20HandMixer

ヨガ用マット

かなり初期に買いました。60バーツじゃなくて高いのですが、毎日ストレッチに使っています。ちなみにダンベル代わりは6リットル入りの水タンク?です。

Mar20YogaSheet

防虫シート

効果があるのかは別に食器を直に置きたくないので食器棚シートとしては重宝しています。数か月で効果はなくなるようで頻繁に掃除を兼ねて交換しています。

Mar20Sheet

チューブ絞り

歯磨き粉のチューブで使うヤツですね。以前はくるくる巻きながら書類用クリップを使ったりもしました。画像がぴんぼけでスイマセン。

Mar20Tube

コーヒー・フィルター

何も60バーツ均一で買う必要はないのかも(汗) 毎日使うのでダイソーに行った時に思い出して買う事が多いです。

Mar20CoffeeFilter

いやぁ~、本当に私の生活は60バーツ均一商品に囲まれていますなぁ~(笑) すぐに第三弾がエントリー出来そうです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.03.20 | コメント(2) | ショッピング

ラマ9世公園の朝市


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

3月12日、今朝の横浜は曇りから晴れに変わりつつあるようです。ただ、まだ寒さは厳しいようです。昨日は一日中ドイツのように寒く、曇りに覆われた空から時々雨が降っていました。

昨日は朝11時前まで寝てしまいました。やはりヨーロッパでの旅行から帰り家でほっとしたのでしょう。疲れや時差もあったのですが、家に帰ったら刺身や煮込みのうまい肴、そして美味い日本酒まで家内が用意してくれていたので、少し飲み過ぎたのかも知れません。シャワーでなく久しぶりの風呂も疲れを取ってくれました。

おかげでいつもは寝る前に書き上げるブログも昨晩だけは出来ず、結局昼前になってからのエントリーでした。旅行中はどんなに疲れていても毎日寝る前にはエントリーしていたのですが・・・戻ってほっとしたのと、どっと疲れたのは言い訳ですね(汗)

さて、今回の旅行ではドイツの昔住んでいた街と北ドイツの木組みが美しいツェレで朝市に偶然めぐり合わせました。私たちが住んでいた時も朝市は普段の生活に欠かせないものでした。下の画像は住んでいた街の朝市です。

Mar12-NMSMarket1

ドイツと言うかヨーロッパでは大きなスーパーが町にある事は少なく、それが地方の町なら余計に街に立つ市場の存在感が大きくなります。普通は週に2~3回、曜日を決めて市が立ちます。その曜日がその地域で町や村により異なるので、売る側は毎日違う村で売ることになります。

mar09-Cell3

これもヨーロッパの国々はどこも同じですが、ドイツならマルクト(市場)広場なる所があって、それらはたいてい街の中心部になります。そこに人が集い買い物しながら立ち話が長々続きます。ドイツの田舎町は老人が多いのですが、そうした交流が楽しみなのでしょう。

Mar12-CellMarket2

市場ではかなり専門が分かれていて、チーズ屋さんで色々な種類を少量ずつ買います。ハムやソーセージも同じ、蜂蜜やジャムなども自家製であります。もちろん肉や野菜もありますし、花屋はどこも人気です。庭を美しく保ち、部屋にも花を飾るのは欠かせない生活なのです。

Mar12-CellMarket1

さて、ドイツで朝市を見ていて同じような朝市がバンコクのアパート近くにあるのを思い出しました。いえいえ、普通にある常設タラート(市場)ではなく、土日に立つ朝市です。

Mar12-Rama9Park3

場所はシーナカリン通りのSoi55の一番奥、ラマ9世公園の正面入り口前です。Soi55はパラダイスとHaHaの間の通りです。ラマ9世公園については「バンコクで一番広い公園」でエントリー済みです。

Park 2

ラマ9世公園はアパートに近く、バンコクで一番広い敷地に花々がいつも咲いていて、木々や池に日本庭園や英国式庭園などもあります。入場料が10バーツだけですが必要なのですが、よく整備されて大好きな公園です。歩道を歩いても逆走バイクなどに神経が磨り減るのですが、この公園は本当に安らぎます。

最初は歩いて行きましたが40分もかかってしまい、今はシーナカリン通りとウドムスック通りの交差点からソンテウで行っています。その為に前述のシーナカリン通りSoi55とは違って、チャルームプラキアット・ラマ9世通り(ウドムスック通りの先)側の入口をいつも使っています。実はそれでシーナカリン通り側の入口を使わないので長い事、朝市の存在を知りませんでした。

Mar12-Rama9Park1

ここの朝市の特徴は素人感が強くします。ナイトマーケットなども一般の人が店を広げているように見えることがあるのですが、それらの多くはそれを商売にしています。しかしこの朝市では農家の直売とか、園芸店が土日のここで店を出しているような、そんな感じがしてならないのです。好感を持ってブラブラと散歩ついでに見ています。

Mar12-Rama9Park2

実はこのシーナカリン通りSoi55には常設市場もあって、土日の午前中はどこも賑わっています。公園も土日でも混むことはないので、朝市と公園にお出かけも良いのではないでしょうか。公園への行き方は「バンコクで一番広い公園」に詳しく書いています。

Mar12-Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.03.12 | コメント(3) | ショッピング

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。