180番 バンコク不完全バスガイド

2017年2月4日、最終更新2018年2月16日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

メガバンナーMEGA Bangna ~ バンナートラート通りBangna Trat ~ バンナー交差点Bangna Junction ~ スクムビット通りSukhumvit ~ BTSウドムスック駅Udom Suk ~ スクムビットSoi62 ~ 高速道路Express Way ~ クロントゥーイKhlong Toei ~ ラマ3世通りRama 3 ~ ラチャダピセーク通りRatchadaphisek ~ セントラル・ラマ3 Central Rama3

Bus180 Map ALL 181

バンコク都東部のバンナートラート通りはメガバンナーとセントラル・ラマ3を高速経由で結ぶ路線です。

ノンエアコンの赤バスですが全車高速道路経由です。

復路(メガバンナー方面行)の行先表示板は「ラムカムヘン大学2」になっていますが、実際の終点はメガバンナーです。本ブログ内容の往路(セントラル・ラマ3行)ではラムカムヘン大学を通りません。

高速道路を経由すると料金は8.5バーツ(6.5バーツ+高速代2バーツ)で、高速道路を通らない区間だと6.5バーツ。その為に赤バスですが行き先を聞かれます。

本数は一般的で普通(15~20分に一本)でしょうか。あまり間隔が空いたり、その反対に詰まる事もないように思えます。高速使用である事と、全線で渋滞が激しい所が無いからでしょう。

バス車種

直営ノンエアコンバス・赤バス

Bus180 181


ルート周辺

バスの出発はメガバンナー内で、上記のようにラムカムヘン大学2(バンナー・キャンパス)ではありません。大変広いメガバンナーですがバンナートラート通り側でBigCの横、シャトルバスが出る所と一緒です。

Bus180 MEGA 1

Bus189 MEGA 2

メガ・バンナー内には北欧家具のIKEAがあり、モデルルームのような中を歩くのも楽しいですし、レストランやカフェスタンドは重宝しています。「IKEA 活用術」で詳細を書いています。またメガバンナーも「メガ・バンナー 活用術」や「拡張なったメガバンナー 最新アクセス術付」でエントリー済みです。

IKEA

バスはメガバンナーを出るとバンナートラート通りを西へ向かいます。復路(メガバンナー方面行)の行先表示板は「ラムカムヘン大学2 (Ramkhamhaeng University Bang Na Campus)」になっていますが、2017年中頃まではメガバンナーへ直接入り、ラムカムヘン大学2へ寄るバスは非常に少なかったです。それが2017年後半に変わり、ラムカムヘン大学2行は一度メガバンナー前を通り、一度ラムカムヘン大学横を通ってからメガバンナーへ入ります。

Bus180 Map MEGA 181

Bus180 MEGA 184

バスはメガバンナーを出ると大幹線道路のバンナートラート通りバンナー交差点までを走ります。途中シーナカリン通りとのの大きなジャンクションがあります。ここは「ワット・シーイアムWat Sri Iam」と呼ばれます(同名の名刹が近くにあります)

Wat Sri Iam 181

メガバンナーからここへ来る日本人は居ないでしょうが(復路でスクムビットなどから来るとして)、ここで乗り換えてシーナカリン通りを北へ向かえば「シーコンスクエアSeacon Square」、南は新しく出来たばかりの「ジャス・アーバン・シーナカリンJAS Uraban Srinakarin」があります。

Outside Seacon

20170124 JAS 1

バンナートラート通りでシーイアムを過ぎれば、昔からこの地区のランドマーク的存在の「セントラル・バンナーCentral Bangna」です。

Central Bangna 2016 July

続いてバスはBITEC(バンコク国際貿易展示場)の前を走ります。何かのイベントがあると渋滞が激しいなるのでバスには厄介な場所です。

BITEC

BITECがあるのはバンナー交差点で、バスは交差点を右折しスクムビット通りへと入ります。この交差点は私がバンナートラート通り方面との乗り換えで頻繁に使う所でもあります(笑)下の画像は南側から北に向かって撮ったもので、奥がウドムスックになります。

Bangna Junction

またこの交差点を西側に2.5kmほど行くと(ソンテウあり)チャオプラヤー川で、対岸のプラプラデーン(パパデーン)へ渡し舟で行けます。バイク・自転車も乗る大型?で人は片道4バーツでパパデーン側で払います。バンコク周辺のチャオプラヤー川渡し船は全て詳細をエントリー済みで、ここは「チャオプラヤー渡し百景2」で書いています。

Ferry

対岸ワット・バーンナムプーン・ノークに着くと、そこからモタサイで5分ぐらいでしょうか、私はいつも歩きますが17分で「バーンナムプン水上マーケット」に行けます。

Market 1

また船着場横の売店では貸自転車があり、一日(午後5時まで)100バーツ。特にIDなど必要ではありません。開発が制限されジャングルのようなプラプラデーンの水上マーケットや「シーナコンクエンカン公園」などを回れます。

Bike

さてバンナー交差点を過ぎるとしばらくBTS高架下を走り、すぐBTSウドムスック駅です。駅横には市場と呼ぶには小さ過ぎるおかず横丁があって、そこを抜けるとウドムスック通りです。画像下は復路でのウドムスック駅下です。

Bus180 Udomsuk

Aug17 udom Suk 1

このウドムスック通りのは路線バスがなくてソンテウが頼りですが、私が乗るのもここからです。「miniBigC」(なんてセンスのないネーミングでしょう)前あたりからソンテウが縦3~4列で並んでいますが、先頭はウドムスック通りをプラベェーPrawetまで直進し、途中「ラマ9世公園」前を通ります。その次のソンテウは「シーコンスクエアSeacon Square」まで行きます。

Songthew Udomsuk 1

BTSウドムスック駅とプンナウィティ駅を過ぎてバンチャック駅Bang Chakの手前スクムビットSoi62で、バスは左折して高速道路へ入ります。180番は全車高速経由です。そして高速の出口はクロントゥーイ港(PORT)です。

Bus180 Express 181

ここからラマ3世通り間は往路と復路が全く異なるので、詳細ルートパップを作成しました。

Bus180 Map Detail

さて本ブログ上往路のバスは高速道路を出てクロントゥーイ港に向かい、港湾入り口でUターンしますが、ここにはサムットプラーカーン県プラプラデーン郡(タイの人はパパデーンと言います)にある「シーナコンクエンカン公園」や「バーンナムプン水上マーケット」に行くのに使う渡し舟の船着場が近くにあります。

River

往路のバスはこの後クロントゥーイ市場の南側のスントーンコーサー通りを経由してラマ3世通りへ入ります。復路のバスはラマ4世通りで市場北側を走り、カセームラット通りから高速へ入ります。画像下はラマ4世通りへ入る180番です。

Bus180 Khlong Toei

クロントゥーイ市場に関してはバンコクで一番大きな市場なので、多くのサイトが紹介していると思います。私のホームページ(ブログではなく)では古いのですが「Talat Khongtoey/クロントゥーイ市場」で紹介しています。

Bus102-Khlong Toei Market

バスは大きく湾曲するチャオプラヤー側左岸に沿うラマ3世通りを走ります。しばらくは工場や倉庫に港湾労働者のバラックが多く、立ち入るのに少し気後れするエリアです。

そんなエリアでバスは高架でラマ3世通りを離れラチャダピセーク通りへ入りますが、その高架少し先にはチャオプラヤー川の隠れた渡し舟を探してそんな所に入り込んだエントリーがあります。「小さな女の子に導かれて」と「知らない女の子の後を追い」です。

Chong Nonsi 7

高架を降りてラチャダピセーク通りへ入りナラティワート・ラチャナカリン通りとの交差点を直進しますが、ナラティワート・ラチャナカリン通りにはバンコクの新しい(とはもう言えないか)交通システムBRT(Bus Rapid Transit)が走っていて、そこを横切ります。
BRT Rama3 2016Oct

ナラティワート・ラチャナカリン通りとの交差点を直進したら終点近くです。この区間のラチャダピセーク通りは高速道路高架も走っていますが、バス車庫はその高速高架下にあってバスはいったんその横を通り過ぎます。

Rama3 Bus Depot 2017JAN

バスがサトゥプラディト通りSathu Praditとの交差点でUターンしたら終点のセントラル・ラマ3前です。往路のバスはこの終点を過ぎたら上記のバス車庫に入り休憩します。復路のバスはバス車庫を出ると往路と同じようにサトゥプラディト通りまで行ってUターンするので、セントラル・ラマ3前は往路も復路も同じように走ります。ただバス車庫に向かうバスには乗せてくれないので間違える心配はありません。

Bus180 Central Rama3

いかがでしょうか、全車ノンエアコンの赤バスなのに高速道路を走ります。全車高速経由でもノンエアコンとエアコンが混合だったり(107や129番など)、車両の一部が高速経由でノンエアコン赤バスがある(2番など)路線もありますが、全車赤バスで全車高速経由は・・・200以上のバンコク路線バスの中で、唯一この路線だけだと思います。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.02.04 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

Re: 路線バスについて教えてください

非表示設定でコメントを頂いています。

クロントイ地区~ウドムスック間ですが、おっしゃると通りで180番が高速経由でまさしくぴったりの路線になります。
私自身も(ウドムスックからさらに郊外に住んでいますが)クロントゥーイへ行くなら迷いなく180番に乗ります。クロントゥーイからウドムスック、あるいはバンナー方面に行くのも180番が真っ先の選択肢です。

ただ、少し考えたいのは・・・

1、クロントゥーイのどこなのか?
ブログの不完全バスガイドの180番にクロントゥーイ地区の経路詳細図があります。行き帰りでルートが異なりますが、このルートで乗れるのかお考えください。離れている場合は非表示で構わないので通り名を教えてください。

2、そして180番だけでなく、バックアップ案を考えなくてなりません。
一つの番号だけを待つのは、辛い時もあるものです。
私ならですが、バスに拘るなら102番がエアコンバスですがクロントゥーイでは同じルートを通り、ウドムスックの少し先のバンナー交差点が高速出口です。スクムビット通りの反対側に行ってバスを乗り換えるとバス停3個でウドムスックです。
バスに拘りがなく、ラマ4世通りとアソーク通りの交差点に近ければ、MRTをクイーン・シリキット・コンベンション・センターで乗って、アソークでBTSかと思います。

3.ラマ4世通りからスクムビット通り経由でバスで行くと、本当に1時間以上かかるか?
確かにクロントゥーイからラマ4世通りを通り(エカマイではなく)プラカノンからスクムビット通りに出る所が常時渋滞発生地帯です。しかし、時間、曜日、天気によって変わります。このルートではバスが45番、46番、507番と選択肢が増えるので、余裕がある時に確認すると良いと思います。

結局はどこを通っても、クロントゥーイ~ウドムスック間は最短でも35分はかかると思います。お勤めの方が帰宅する時間なら、どこも普通は1時間と思った方が良いかと思います。

2017-07-15 土 23:18:21 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: お返事ありがとうございました

非表示設定でコメントを頂いています。

非表示設定なので具体的な地名を詳細になると記すのを避けますが、その辺りだと確かにMRTの駅はかなり遠くなりますね。それと「エカマイ」が出て来た理由が分かりました。きっとアート・ナロン通りAt Narongに出るので72番が一番近いのでしょう。

72番はラマ4世通りを横切ってスクムビットSoi42でエカマイに出ます。確かにソイ42はかなり渋滞がキツイ所ですが、もしバス停が近くて72番にすぐ乗れたらソイ42の途中から歩いてBTS駅へ行く事も視野に入れての利用が常識的には一番早いかと思います。

この72番はスクムビットでの渋滞よりも、本数が少ない事の方が厄介だと思います。感覚的には普通より少し少ない30~40分に一本程度かと・・・バス車庫が近いのでテウェス行は比較的マシだとは思うのですが。

180番、102番ともクロントゥーイ地区では同じルートを走り、バンナー方面行はラマ4世通りのTescoLotus横のカセームラット通りKasem Ratで高速PORT入口に向かいます。同じバス停で高速入口に近い税関前か、アート・ナロン通りとの交差点よりTescoLotus側へ行ったバス停でお乗りになるかと思います。

結論
大変広いクロントゥーイと聞いたので、色々な事を申し上げましたが、おおよその場所が分かったので以下のような選択肢で、実際の通勤時間帯で考えるのが良いかと思います。

1、アート・ナロン通りで72番に乗ってエカマイに行くのを一回試す。待ち時間や渋滞具合をチェック。

2、カセームラット通りに出て180番を待つ(本数は72番より多く、15~20分に一本程度)。その時に180番がなかなか来ない時は102番でバンナー交差点まで出る。ちなみにバンナー交差点からウドムスックまでBTS高架下を歩けるスカイウオークを現在建設中です。

3、クロントゥーイのバス車庫(アート・ナロン通りとカセームラット通り交差点角)まで歩き、バス車庫内から136番、185番(二つ合わせると本数はうじゃうじゃ多い)に乗ってアソーク交差点まで乗ってBTS.

蛇足
私もウドムスック駅が一番近いBTS駅です。もっともソンテウかバスで行く距離ですが(笑) ウドムスック通りはソンテウからいつも見ていますが、あまり静かとは言えないかも(笑) もっとも駅そばなら人気の所かも知れませんね。

2017-07-16 日 22:52:01 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR