戦勝記念塔発着ロットゥー調査① 苦手なのに乗ってしまった

「ロットゥー」はタイ、特にバンコク周辺ではよく見かけるミニバス的に使われる(日本で言う)「ワンボックスタイプ」の車で、日本の自動車メーカーでは箱型の商用車を「バン」とも呼び、荷物スペースに席を増やしたタイプを「ワゴン」と呼んでいたかと思います。(画像下はパクレット~ミンブリ間ロットゥーです)

20170421 Van 4

日本での最新事情と正確な定義を知りませんが、そんな意味からワンボックスタイプのワゴン車をバス的に使うのをタイではロットゥーと呼ぶようです。トヨタ・ハイエースでコミューターと呼ばれる車が多いと思います。

20170421 Van 3

私の経験では最大15人(横3人×5列)程度で、日本の豪華な装備のワンボックスとは異なり、商用車の荷物スペースに席を詰め込めるだけ入れて、乗客の快適性や乗り心地の観点は考慮されていない乗り物です。

20170421 Van 2

運営は基本的に民間業者ですが、BMTA(Bangkok Mass Transit Authorityバンコク大量輸送局)の委託を受けている社(路線)もあって、これはあまり徹底はされていませんが前面にピンク色の帯を入れている車がそうです。似たようなオレンジ色の帯もあって、これも管轄の種類を現すようで行先とは違います。それから個人と言うのはまず無いと思います。

20170421 Van 1

ちなみに、こうしたピンクやオレンジの帯を行先だと思って必死にパターン認識したら皆同じで、相当人気ある場所に違いないと苦労して訳した事があります(笑)

20170421 Van 5

基本的には途中の乗り降りをしないのが前提だと思いますが、運転手に伝えれば普通に途中で降ろしてくれますし、空席があるとバス待ちしている人に寄って「乗らないか?」と言わんばかりに合図します。また地方路線だとロットゥー会社に乗る場所を電話して拾ってもらう方もよく見かけます。

このロットゥーは(バンコクで言えば)路線バスではちょっと届かない所、周辺県の主要都市へか都市間での路線が多く、使いこなせれば移動にかなり便利だとは思います。

ただ・・・ブログ内では何度か書いていますが私はすごく苦手なのです。

持病がある脛骨に負担をかけたくないのは乗り物全部同じなのですが、バスはオンボロバスでも何とか対処出来ます。ソンテウはステップに立ち乗りすればこれも何とか大丈夫。トゥクトゥク、タクシー、モタサイは公共交通ではないので基本的に乗りません。

20170421 Songthew

このロングステイの2年ちょっとでロットゥーに乗ったのは2回だったと思います。一回はエアコンバスで行き先がどうしても伝わらず、車掌さんがサーラーヤー(ナコンパトム県)で「あのロットゥーに乗りなさい」と半ば強引に押し付けられた事が一回。もう一回はスワンナプーム空港とスクムビット地区を結ぶ路線バス代行路線552番に乗った時です。2回とも冷や汗ものでしたねぇ~

20170421 Van 6

10年以上前の私が若くて旅人だった時(笑)は普通に何度も使っていました。
それが持病が出始めた頃にチャチェンサオ~エカマイとサームチュック~民主記念塔間の2回のロットゥーが最悪の条件が重なってしまい、結果は身体が動けなくなるほどダメージを受けてそれ以来避けているのです。

一番危ないのは段差で生じる激しい上下動のバウンシンクで、地盤沈下が激しく運河が多いエリアではちょっとした橋を通るにも段差が大きくなっているので、ダンパーやスプリングが安物の上に劣化していたら最悪です。

20170421 Road

車自体の問題もありますが、やはりロットゥーは運転手が・・・睡魔からか危険なほど速度を上げる運転手。直進するにも常にハンドルを小刻みに自然と動かしてしまう子供の運転ごっこの癖が残る運転手。無理な追い越しで車を左右に振って、地盤沈下や橋の構造の悪さで段差がある路面でも速度を落とさず、乗り心地や乗客の事は考えもせずにハンドルを握る運転手。まぁ、そんな目にあう確率が高いのでロットゥーは避けるべき乗り物の位置づけなのです。

そんな苦手で乗りたくないロットゥーなのですが・・・二日前に乗ってしまいました。

きっかけは・・・戦勝記念塔周辺のロットゥーの状況を調べに行ったのですが、その帰りに気になる路線があったので、いつもの路線バスの様に「どこを走るのだろう?」と乗らないと気が済まなかったのです(笑) それでつい・・・

VM

戦勝記念塔へロットゥーの状況を調べに行ったのは、ソンクラン直前と最中のバスターミナルのエントリーをしたからです。

ソンクラン最中 東バスターミナル
ソンクラン直前 南バスターミナル
ソンクラン直前 北バスターミナル

昨年2016年10月に戦勝記念塔周辺・民主記念塔周辺・ピンクラオなどから300㎞以内の各地に出ていたロットゥーが北・南・東バスターミナルへ移動しましたが、そのバスターミナルがソンクランの時にどうなっているか?そんな好奇心で行ったのです。

その時、気が付いたのです。ロットゥーが戦勝記念塔から移動させられたと言うけど、たくさんのロットゥーが戦勝記念塔周辺で客待ちしているのを2016年10月からもずっと見続けていました。私はバス乗りだから戦勝記念塔は頻繁に行くのです(笑)

ただロットゥー嫌いだから好奇心を覚えませんでした(笑)それが上記のバスターミナルを見て行く中で『そう言えば戦勝記念塔のロットゥーって何だろう?』そんな好奇心が湧いて来たのです。

その戦勝記念塔周辺のロットゥーに関しては、まとめて次回エントリーする予定でいますが、現在は下の地図のように5カ所から比較的近距離路線のロットゥーに使われています。そのほとんどがBMTA管轄の路線バスでも行ける所がほとんどでした。

20170421 Map 1

そして調査(笑)の後に一つだけ気になった路線があって、「アパート近くで、どうせ今から帰るのだし・・・」と思って乗ってしまったのです。

そのロットゥー路線は戦勝記念塔とシーナカリン通りのシーコンスクエアを結ぶ、路線番号が156B番でした。上の地図の①の所から出ます。

戦勝記念塔からシーコンスクエア間を一本で結ぶバス路線はありません。乗り換えれば選ぶのが困るほど選択肢はたくさんあるのですが・・・本数と渋滞を考えると168番から207番へのラムカムヘン通りでの乗り換えでしょうか。時間はかなりかかって乗換バス待ち時間を入れて1時間半程度か、料金は両方で26バーツぐらいでしょうか・・・207番はノンエアコンです。

20170421 Van 8

ロットゥー156B番の乗り場に行くとすでにお客が乗っていて、どうも最後尾席になりそうです。それだけは避けたくて一本やり過ごしました。そのやり過ごしたロットゥーが出発した後に空の車ががすぐ来ました。早速、運転手すぐ後ろに乗り込みました。

その後が長くて・・・私の後にパラパラと乗って来たのがお二人で、結局40分後に3人を乗せて出発です。待つ間よほどバスにしようかと迷いました。シーコンに行かなければバンナートラート通りを走る139番が高速経由でアパート近くまで一本で行けるからです(20バーツ)。あっ、そうそう、出発直前に運転手が料金徴収して35バーツでした。

戦勝記念塔からラチャウィティ通り、ディンデーン通り、ラマ9世通りと最短でシーコンに向かうようです。途中、高速道路に入ったとたんすぐ降りてガススタンドへ入ってしまいました。ガス注入ですが、これって時間がかかるのですよねぇ~

20170421 Van 7

この後ラマ9世通りからシーナカリン通りへと入り、シーコンスクエア前で終点。ガススタンドへ入らなければ、戦勝記念塔から40分ぐらいでしょうか・・・

ロットゥーがすぐ出発して、ガススタンドへ入らなければ、使っても良いかなぁ~と思いました。心配していた揺れは痛みを感じるものは無かったのですが、やはり怖いし緊張したままでした。時間・料金とも何か中途半端な結果でした。

ただ、バス路線が近くにないショッピングモール「ザ・ナイン」前を通るので、ここに行きたい人は使えるかと思います。帰りはここのエントリーにソンテウ路線とバス通りまでの近道マップも付けています(笑)

Jun 02 Nine 1

それと・・・ウイークエンド・マーケットの「タラート・ロットファイ・シーナカリン」はシーコンスクエアの裏にあるので、戦勝記念塔から行きたい方は使えます。このマーケットはお勧めです(笑)

Market 6

最後に、このロットゥーの路線図を作りました。まぁ、あまり意味無いのですが(笑) それと次回は戦勝記念塔周辺のロットゥーの状況を詳しく書きます。

20170421 Map 2

何のビジネスも関係なく広告もないブログです。読者のご声援だけがやる気を支えます。三つのランキングへ参加中ですので、継続への応援クリックをお願いします。
コメントはこの下右側のコメントをクリックです。お気軽に何でも構いません。URL・メールアドレス・パスワードは無くても可能です。お待ちしています。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ人気ブログランキング
タイ・ブログランキング

2017.04.21 | コメント(3) | その他乗物

コメント

ワンボックスで通勤

こんにちは。
当時、3人で1台のワンボックスで通勤していた時がありました。おっしゃる通り、商用バンの荷台に座席(カタログから座席を選択していました。)を取り付けたもの。商用バンの為、スプリングが固く、道路の段差でよく跳ねていました。セメント袋を4個位積みたい気持ちでした。社有車でしたのでドライバーも運転には注意してくれていましたがお尻が浮くこともしばしばありました。日本からの出張者を乗せると評判はあまりよくなかったです。

2017-04-21 金 06:57:42 | URL | kou61 #- [ 編集 ]

Re: ワンボックスで通勤

kou61さん

コメントありがとうございます。

自家用車で、慣れた運転手でも、サムットプラカーン県では地盤沈下が激しいのか、橋を渡る時によくバウンシンクしていましたねぇ~ 路面に車両と運転技術、ロットゥーは本当に怖いです。

2017-04-21 金 07:53:04 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でコメントを頂いています。

トヨタ製のロットゥー(たぶんコミューターかな)にも、別な国でのコピーがあるそうです。バイクなどは多そうですが、車もですか・・・

私も基本は乗らないのですが、今度機会があったら分かるのかよく見てみましょう。

2017-04-23 日 10:09:34 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住27年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用。2014年末に退職し、現在タイでロングステイ中。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR