スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

公共交通で行くサムットプラカーン県観光見所

本年(2017年)4月3日にサムットプラカーン県初のBTS駅「サムロン駅Samrong」が開業して2ヵ月が経ちました。

20170404 Samrong NewST 1

ベーリング~サムロン駅間の一駅延伸時にその一駅分を無料と大きくアナウンスしながらも、同時に全線料金値上げをするやり方に反発して個人的にBTS拒否運動中(笑)なので分かりませんが、BTSは何か変わったのでしょうか? 

まぁ、値上げ前からBTSは高いので利用しないのですが、少なくてもサムロンの周辺やBTS路線を走る路線バスは何の変わりがありません。

バスの乗っているとよく分かるのですが、BTS駅間でもバスを利用している方は多くおられます。例えばウドムスック駅~戦勝記念塔駅間はBTSだと57バーツで、高速利用のエアコン車(139番)で同一区間は18バーツ。その差は片道で39バーツです。この39バーツって・・・多少差はあるでしょうがコンビニのアルバイト時給と同じぐらいですねぇ~ 往復したら2時間の時給差が生じます。

都心部にお住まいかお勤めの方々には「それが何?」って事でしょう。まぁ、高い安いではなくて、タイでの庶民感覚を考えるのに良い材料ってだけですけどね。私的にはBTSは高くて乗れない公共交通機関です。

さて、今日の前置き話はこれぐらいで、その公共交通機関に関した本題に入りましょう

BTSサムロン駅開業に関して、サムロンとその周辺の街の成り立ちに関しては開業直後に以下の様にエントリーしています。

開通BTSサムロン駅④今後の延伸部、そして次なる課題
開通BTSサムロン駅③周辺徹底解剖
開通BTSサムロン駅②開業直後の駅は・・・
開通当日BTSサムロン駅乗車①新料金詳細

今日はだいぶ間が空きましたが、その開通BTSサムロン駅シリーズの第5弾とも言える、『公共交通機関で行くサムットプラカーン県の観光的な見所』の紹介です。

1980年代半ばから私的に何かと縁が深いサムットプラカーン県とサムロンへの応援の意味でのエントリーで、サムロン駅からのアクセスを基本に考えました。

20170603 Samrong 2

ガイドブックや旅行者ブログに載るようなメジャーな観光地は扱わない本ブログで、「観光地の見所」と言い切るのは初めての事だと思います(汗) 

若干抵抗を覚えますが、折角サムットプラカーン県に初めて出来たBTS駅なので、そこからバスやソンテウ(タクシーを使わない拘りは守っています)で行ける観光地をまとめておきたかったのです。それぞれ詳しくエントリーした所もあるのですが、ダイジェスト版ですね。

20170219 Map 1

まぁ、完全に『地元情報』です。この言葉もブログで使うのは初めてですねぇ・・・「現地情報発信」とか言っているブログは多いのですが、そのほとんどがニュースやネットで拾った事を書くだけのブログで自らの経験ではなくて、私は使いたくなかった言葉の一つでした(笑)

もちろんタイ語の読み書きず話すのも幼稚なタイ語だけで持病持ちの60代半ばの・・・要は私ですが(笑)一人で公共交通機関のみの利用で行っています。

バンプリー古市場

百年市場(タラート・ロイ・ピー)とも呼ばれる古くからある市場です。観光地と言うより普通に通り道となっている運河沿いの古い商店街の風情です。

20170330 Market 2

サムロン駅からソンテウ1142番か1145番、あるいは裏通りを走る1217番で行けます。

20170330 Market 7

舟を繋いだ渡し舟?もあって「珍景!渡し舟私的ランキング」で見事2位に輝いています。

Bang Phli 2

ワット・バンプリー・ヤイ・ナイ

バンプリー古市場の隣です。サムロン運河を行く仏像や着飾った人達を乗せた船に、願いを込めた蓮を投げ込むラァッブア祭り(ヨーン・ブア)は是非訪れたいものです。

20170330 Market 10

20170414 Bus 1

またこのお寺のトイレは「タイで一番立派」と言われています。

20170414 Nai 1

ワット・バンプリー・ヤイ・クラン

ここにはタイ最大級の涅槃仏が祀られていて、バンプリー古市場から徒歩10分程度で行けます。またはサムロン駅近くスクムビットSoi113から出るソンテウ1217番がお寺の前を通ります。

Bangphli 2017 Mar 2

バーンナムプン水上マーケット

プラプラデーンの湾曲部内にあって、公共交通でのアクセス方法は三通りあってサムロンまで行かなくても都心部の方はクロントゥーイ港かバンナー交差点からも行けます。

Market 1

強引にサムロンから行くと(笑)ソンテウ1144番でプラプラデーンの船着場まで行き、西岸のプラプラデーン市場前からシーローで終点ワット・バーンナムプーン・ナイが水上マーケットです。

Songthew 2

ワット・バン・フアスア水上マーケット

チャオプラヤー川最下流にある水上マーケットです(実際は川の上にありませんが)。サムロンからソンテウ1200番で終点がワット・バン・フアスアです。

20170428 Hua Sue 7

ラットポー公園(プミポン橋)

私的にはタイで一番美しい橋と思う第1と第2プミポン橋の中間にある公園です。ちょうどプラプラデーン湾曲部の根元部で、プラプラデーン船着場から徒歩15分か、上記ワット・バーンナムプーン・ナイ行きのシーローも通ります。

20161016 Park 1

プレーン・ファイファー要塞

プラプラデーンに行ったら寄りたい要塞跡です。首都防衛の為に作られた歴史的にも意味ある要塞なので、もそっと整備すると良いのですが(汗)

20170305 PPD 8

エラワン・ミュージアム

三頭を持つ巨大な象の像はサムロン駅からも見えます。美術館と言って良いのか分かりませんが、その外観からも分かるような独特の世界を表現しています。

APR17 Erawan 2

サムロン駅からBMTA路線バスは25番(パークナム~ターチャン)、102番(パークナム~セントラル・ラマ3)、142番(パークナム~サメーダム)、507番(パークナム~新南バスターミナル)、508番(パークナム~ワット・ポー)、511番(パークナム~新南バスターミナル)、536番(パークナム~北バスターミナル)があって、地方バスは365番(パークナム~バンパコーン)と1141番(パークバム~ラムカムヘン大学2)で行けます。

海軍博物館

上記のエラワン・ミュージアムからパークナム寄りで、同じバスで行けます。

APR11 Naval 1

パークナムタワーと刑務所

刑務所跡に造られている179.55メーターのパークナム・タワーは来年ぐらいには開業でしょうか・・・一度は上から見てみたいものです。

APR20 Tower 1

ピースアサムット要塞

パークナムから渡し船で対岸へ渡った所にある島にあり、一応博物館になる予定だと思われます。保存状態が良いアームストロング砲と砲台が見られます。

20170504 Phi Seur Samut 1

プラ・サムット・チェーディー

大きな仏塔はサムットプラカーンの県章にもなっています。

Wat

プラ・チュラチョームクラオ要塞

プラ・サムット・チェーディーからソンテウで行けます。日本製軍艦(元練習船メークロン号)内に入れますし、7つの砲台が保存されていて、全体が公園になっています。

20170519 Fort 4

サムットプラカーン クロコダイルファーム&ズー

チャオプラヤー川東側でBMTA路線バス142番508番511番536番で行けます。

APR13 Crocodile 1

20170603 Zoo

ムアン・ボーラーン

小型化した古代都市テーマパークで、BMTA路線バス142番511番536番がThetsaban bang Pu 46へ入る手前のスクムビット通りで降りて、運転席の上に「36」と書いてあるソンテウで行けます。全てのソンテウが行くわけでないので、乗車前に聞く必要があります。

APR13 MuanBoarn 1

バンプー保養地

ムアン・ボーラーンからさらに東にソンテウで行った海沿いにあります。海の上に建つレストランはカモメが餌をねだる事で知られています。

20170603 Sea

サムロンから公共交通機関で行ける観光地はこんな所でしょうか・・・私は苦手ですが、ロットゥーを使うともう少し東のチャチェンサオ県の方まで行けます。

また県内のスワンナプーム国際空港とシーナコンクエンカン公園も入れたかったのですが、サムロンからのアクセスとなると不便になるので、涙をのんでカットでした(笑)

こうして整理すると、まだまだ詳細をエントリーしていない所もありますねぇ~ 機会を見つけて書いて行くつもりです。

20170603 Map

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.06.03 | コメント(4) | タイ・トラベル

コメント

BTS拒否運動

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。私もBTS拒否運動すべくできるだけバス通勤しているのですが先日25番(青白かな)で運転手が煙草を吸いながら運転しているのを見ました。これはいかんですね。あと朝たまに10分近く2,25,48のいずれも来ないときがあるんですね。涼しくなったら歩くのが一番かなと思っています。

2017-06-03 土 15:54:23 | URL | オバカチ #- [ 編集 ]

Re: BTS拒否運動

オバカチさん

コメントありがとうございます。
ご無沙汰していますが、お元気ですね。

運転手のタバコは私も何度か見ています。もちろんスマホ見ながら、食べながら、飲みながらの運転は通常当たり前って言うか普通です。色々トラブルとか事故も相変わらずですが、タイの社会自体がそれらを許さなくなるまで、かなりの年月が必要でしょうねぇ・・・

バスは時間が読めないのが難点ですが、勘弁してあげて下さい(苦笑) きっと歩きだしたらすぐバスが来るはずです(笑)

2017-06-03 土 16:32:00 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Alster様
きょうはカミさんと娘と3人でシーコンスクエアへ行ってきました。私はパソコンのUPSが壊れたので新品に買い換えて用事はお終い。中央広場へ行くと「クーガム・フェア」が盛況に開催されていました。私はAlster様のマネをして豚の3層から揚げを100バーツ、それとイカのゆで卵を100バーツ買いました。カミさんたちはいろいろ10品くらい買い込んでてちょっと高いけど質がいいとか言ってました。昼食を終えて午後2時からクーガムの演劇が始まりました。2階から眺めてましたが寸劇とは呼ぶには相応しくないよくできた演劇でした。販売されている食品の良さといい、客寄せ用のクーガムの演劇といい、なかなか優秀なイベントであると感心させられました。クーガムの小説、映画、TVドラマ等が日本という国、日本人に対してタイの人たちにポジティブな影響を与えているのは確かだと思います。
サムットプラカンの名所のご案内は大変参考になりました。私が行ったことがあるのはバンプリー市場、ワニ園、ムアンボラーン、バンプーリゾート、エラワン博物館のみです。地元なのにまだ行ってないところがたくさんあります。エラワンは去年12月に日本から来た友人が行きたいというので私も初めて行った次第。要塞跡は近いうちに訪れてみようと思っています。

2017-06-03 土 18:03:58 | URL | サイアム #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サイアムさん

コメントありがとうございます。また楽しまれたように何よりです。

確かに、私もこのフェアに出ていたお店のレベルが高いのを感じていました。
こうした人が集まるフェアはよく行きますが、あまり無い事です。

2017-06-03 土 20:42:24 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。