ついにKYOTOがシーコンにやって来た

最近、どうも新鮮味が無くなったと思う本ブログですが・・・このブログの定番ネタの一つに近所のショッピング・モール「シーコン・スクエアSeacon Square」の催しがあります。

20171208 Seacon 4

これが毎回かなり楽しみなのでが、今回は今日(12月8日)からなんと京都がテーマです。

さて・・・常夏のバンコクにもクリスマスツリーが飾られる12月ですが、在タイ日本人の方々でもこの年末年始に一時帰国する準備をされる方がおられるのではないでしょうか。

私は今年も戻れそうもありません。日本へ戻ってないのはそろそろ2年近くになりますが、27年を超える海外暮らしの中でこれほど日本に戻らない期間が長かった事はありません。

働いていた時は仕事での一時帰国もありましたし、年末年始は毎年日本で過ごしていましたからねぇ~ この休暇の為に一人海外で毎日頑張っていたようなものです。

20171208 Japan 1

年末年始は横浜の家に戻り、実家があったお江戸・深川に行くのが常でした。両親が亡くなってからも初詣は深川でした。画像上は成田山新勝寺東京別院深川不動堂ですが、このお寺の隣が富岡八幡宮で私も氏子だったですし、子供の頃からの遊び場でもあったのですが・・・昨夜から大変な騒ぎになってしまっています。

話を変えましょう。関東以外では京都へ行くのが一番多かったです。目的は観光ではなく祇園や上七軒のお茶屋さん、置き屋さん、料亭で和を味わう事でした。

20171208 Japan 2

なぜか若い時から海外から京都へ通っていました。若い時だけでなく・・・家族を連れてや・・・家内と二人でも行ってました。画像下は珍しく置き屋さんでの写真ですねぇ~ 少々酔って危なっかしいのですが(笑)すぐ横にちゃんと家内も一緒です。(念のために書きますが、右隣ではなく舞妓さんの左にいます)

20171208 Japan 3

祇園の寿司割烹『なか一』さんの大将との写真ですが、ここでは伝説の食べっぷりで名が通っていたのですが、今の二代目になってから行った事はありません・・・

20171208 Japan 4

今の京都は・・・なにかわさわさして落ち着きがないので行く気がしません。もっともお金がないのが本当の理由ですが(苦笑)

さて、年寄りの昔話と自慢話はこの辺で止めて・・・

そんな私を誘いたいからでしょうか・・・シーコンスクエアに『京都の遺産』(何かちょっと変)がやって来ています。画像下はSeacon Squareのサイトから拝借です。

20171208 Seacon 1

笑っちゃうぐらいコテコテの日本イメージで固めています。焼き芋がなぜ京都なのか? 阿波踊りにいたっては『違うだろうー!!』と今年の流行言葉すら思い出してしまいます(笑)

いずれにしても、シーコンスクエア(シーナカリン)は本当に頑張っています。週に2日は歩いて買い物に必ず行きますし、映画もほとんどここで観ています。

そんなシーコンでの催しは過去以下の様にエントリーしています。都心部にお住まいの方はちょっと遠いかも知れませんが、遊びに来ると私に遭遇するかも知れません(笑)

ワット・ポーがやって来たシーコン・スクエア
イタリア・ブラーノ島が現れたシーコンスクエア
孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
少数民族がやって来たシーコン
江戸とマグロ解体ショーがやって来たシーコン
遷都200年の街角再現「クルンテープ2525」@シーコン(後編)
シーコン・スクエアにコボリ(メナムの残照)現る
近所にJAPANがやって来た シーコン・スクエア

実は日本に関する催しが多いのですよねぇ~ 去年はゴジラもやって来ています。

20171208 Seacon 3

さて、シーコンスクエアの『京都の遺産』は本日12月8日から17日までの開催です。

タイの方々が想う京都はどんな感じでしょうか・・・中央に「東寺の五重塔」です。日本人なら誰もがフォルムが違う事に違和感を感じるでしょうが、まぁ海外のショッピングモールの催しなので、ありがちな形でも仕方ないですね。

20171208 Seacon 2

催しスペースの左右に「伏見稲荷」と「清水寺の音羽の滝」が置かれています。伏見稲荷に関しては言葉が見つかりませんが(笑)赤鳥居は日本を象徴する一つなのでしょう。もちろん滝の水を飲む人はいないです(大笑)

20171208 Seacon 5

20171208 Seacon 6

ここまでは、頑張っているなぁ~ 良く出来ているなぁ~ と思っていたのですが、「傘地蔵」に至っては・・・私自身何だか分からず考えてしまいました(汗)童謡で京都に特に関係があったのかなぁ~って。

20171208 Seacon 7

まぁ、傘地蔵は雰囲気的にOKかな・・・とも思うのですが、会場全体に流れているのが阿波踊りのお囃子で、太鼓、鉦(かね)、三味線のリズミカルな音が流れています(笑)

20171208 Seacon 8

徳島の方も京都の方もこれは受け入れられないでしょうが、タイの皆さんと深川の私はこれも妙に合うので不思議に思わないのかも(笑)招き猫が焼き芋を売っているのもヨシでしょう。

20171208 Seacon 9

出店は「なんちゃって系」がほとんどですが、頑張って日本に関係ありそうな店を集めたのでしょう。たこ焼きにお好み焼きから、カレーやスイーツもあります。

20171208 Seacon 10

20171208 Seacon 11

私は夕食のおかずになりそうなトンカツ、大きな一枚が120バーツを買いましたが・・・今晩食べますが、はたしてどうでしょうか?

20171208 Seacon 12

さて・・シーコンへの行き方は何度も書いていますが、「シーコン・スクエア 活用術」で詳しく説明しています。

年末年始に日本へ戻りたくても戻れない方は・・・こんな所で(笑いながらも)タイの人々と一緒に日本を感じるのも良いかも知れませんね。

20171208 Seacon 13

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2017.12.08 | コメント(6) | ショッピング

コメント

なんとなく日本のイメージ、京都のイメージっていうのが
とても大切なんでしょうね。
私も日本人でありながら京都には行った事がありません。
なのにタイで京都の雰囲気が味わえるなんてお得な感じがします。

先日近所の市場を歩いていましたら、こいのぼりを飾っている屋台がありました。無意識に足が勝手に歩いてしまい、覗いて見ると売られているものは、にぎり寿司でした。屋台はタイ人で賑わっておりました。
のれんも掛かっていて、小さな市場で雰囲気作りの大切さを学ばされました。

この京都フェアーは、日本人にとっても興味深いものがありますね。
時間を見つけて是非見に行ってみたいです。
貴重な情報ありがとうございました。

2017-12-09 土 11:08:06 | URL | #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お名前記載がないので、失礼します。

コメントありがとうございます。

まぁ、普通の日本人は行ったらがっかりする方が多いでしょう。

私にとっては京都に通った事はあるものの、それも海外からで、28年近く日本に住んだ事がないのでタイ人の人々と一緒で楽しめます。

2017-12-09 土 16:41:12 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でご質問を頂いています。

1、シーナカリン通りはアパート近くなのでエントリーが多いのですが、特にこの地域が詳しく知っているわけではありません。3年近く毎日バンコク都と周辺県を歩いているので、バスが走っている通り、その通りの周辺、そしてソンテウが走るレベルならどこも同じで分かると思います。今はトンブリー地区なら猫道まで分かるかも知れません(笑)

2、お書きになっている内容に「パラダイス・パーク」から「シーコンスクエア」までソンテウで行った・・・とありますが、両者は200mほど離れているだけで目の鼻の先なので、ちょっと意味が分かりません。いずれにしても徒歩5分かからず、その間にタラート・ロットファイ・シーナカリンの入口があります。

3、「タラート・ロットファイ・シーナカリンはシーナカリン通りから遠いよう・・・」のような内容ですが、100mほどでナイトマーケット内に入れますし、シーナカリン通りの入口からナイトマーケットが始まっているので、ちょっとおっしゃる意味が不明です。

4、タラート・ロットファイ・シーナカリンへバスでの行き方のご質問ですが、ご出発の場所が書かれていないので、ちょっと困っています。シーコンスクエアの裏なのでシーコンへの行き方も参考になるはずです。
一般的には以下のエントリーで詳細を書いています。
「タラート・ロットファイ・シーナカリン」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-839.html
「シーコン・スクエア 活用術」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

5、渋滞の様子をお尋ねですが・・・確かに週末のナイトマーケット開催時はシーナカリン通りは混雑します。これもどこから向かうのか場所と、曜日と時間が書いていないので何とも言えませんが・・・まぁ、混雑すると言ってもシーナカリン通りのオンヌット通りとの交差点からウドムスック通りの交差点の間だけの話です。いずれにしても曜日と時間と向かう方向が分からないと、一概には言えません。

6、パラダイスパークからナイトマーケットへの行き方も尋ねられていますが、Googl Mapsはご覧になれますか? パラダイスパーク前のシーナカリン通りで(通りを渡らず)北へ(パラダイスパークを背にすると右へ)向かい、150mほどあるくとナイトマーケット入口です。

7、これだけだと質問の具体性が無いので何とも言えない・・・と愛想なしになるので、概略を記します。

まず路線バスですが、BMTA路線バスは133番(委託)、145番(直営)、206番(直営)、207番(直営に委託2社)と地方バス1013番枝線が目の前を走っています。それぞれのルートは本ブログ左の欄にある「番号別インデックス」から見て下さい。

多くの在バンコクで(お金持ち)日本人が多く住まわれているスクムビット通りからだと、エカマイ発の133番が使えますが、かなり時間がかかります。オンヌットBigC前から1013番系統4番のソンテウで目の前まで行けますが距離が40~50分ある上に渋滞にハマりやすいです。

渋滞に一番かからないのがウドムスックから出るソンテウ1014番系統ですが、ウドムスックから乗る1014番系統は行先が4カ所以上あるので、乗るソンテウを間違えないように運転手に聞く必要があります。ウドムスック通りSoi3パクソイに4列ぐらいでソンテウが並んでいますので(たぶん)前から2列目のソンテウです。運転手に「パイ・シーコン・マイ?」と尋ねて下さい。料金は一律7バーツのはず。このソンテウはシーナカリン通りSoi46に出るので、ここで渋滞に掴まっても歩いて10分程度です。もっとも最近はウドムスック通りが工事で渋滞していますが。

よく分からない場合は具体的に出発したい所、曜日、だいたいの時間をお書きになって下さい。

2017-12-09 土 19:15:28 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

花火

ちょっと急すぎて間に合わないとかも知れませんが、ラマ9世公園の毎年ある花の展示などがあるラマ9世記念?行事の最終日の12月10日(今日ですね)、夜7時から花火だそうです。さっき公園内で放送されてました。取り急ぎお知らせします。お住まいの所から見えるといいですね。

2017-12-10 日 09:36:13 | URL | Wao #- [ 編集 ]

Re: 花火

Waoさん

コメントありがとうございます。

花火・・・夜になったら見てみますね。ありがとうございます。

祭日となった火曜日だったかな・・・昼前からシーナカリン通りは渋滞でしたし、買い物にシーコンへ行ったら近所のモタサイが集結して公園とシーナカリン通りのピストン輸送をしていました。セブンも公園に持って行くのだろう買い物客で列が出来ていました。こんなに多くの人が入って大丈夫かと心配していました。

公園への散歩はこの一週間止めていたのですが、落ち着いた来週は散歩に出るつもりでいます。

2017-12-10 日 12:19:41 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でコメントを頂いています。

お住まいのエリアのだとスクムビットよりもっと裕福な方々が住むエリアかも知れませんね。失礼しました。

それはそうと、都心部から近郊モールへ行くには・・・これだと言うベストなルートが思い浮かびませんでした。おっしゃるようにラマ4世通りを走る46番、507番でウドムスックへ出るのも良いかと思いますが、そちら方面からなら手前のオンヌットで降りて、オンヌット通りのBigC前(道路反対側)まで行ってソンテウに乗った方が早いかも知れません。

どのバスでもこのルートだと、ラマ4世からスクムビットに入るプラカノンの交差点がかなり渋滞するので覚悟が必要かと思います。ナイトマーケットですので当然夕方以降になりますが、この時間帯のルート上の渋滞発生場所を考えると、日曜日が一番スムースかと思われます(参考まで)

お住まいの公園近くの地下鉄駅から一本で行ける(同じ経営の)ラチャダーのロットファイ・ナイトマーケットに行くのが一番楽かと思います。ご存知かと思いますが、念のため。

それではお気をつけて。

2017-12-10 日 12:38:06 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR