1009番 バンコク首都圏不完全地方バスガイド

2018年2月20日

これはバンコク首都圏でのBMTA(バンコク大量輸送局)管轄以外の路線バス(以下、地方バス)についてのエントリーです。路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク首都圏の路線バスは非常に複雑です。BMTA管轄路線バスは直営と委託があって(私の経験で)205の系統番号があります。同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。全く同じ番号で行先が5カ所と全く異なるケースすらあって、それらを数えたら300以上の路線があると私は思っています。

何の資料も見る事無く、その路線全てを全区間・行き帰り・会社別・ルート別で全て乗って、それをブログで全て書くのに2年半かかりました。複雑で変化が激しいタイの路線バスだからこそ自らが実際に全ての区間に乗って経験する事に拘りました。

BMTA管轄路線バス以外に、首都圏には地方バスもあります。

ネットで調べるのを避けている私にとって地方バスは暗闇で手探り状態です。BMTA管轄路線バス以上に自由ですし、地方バス故になかなか乗ること自体が難しく、乗ったら何もない田舎の野原に着いた・・・なんて事もあって、「分からない」「乗れない」「つまらない」の三重苦でブログに書かないつもりだったのですが・・・

地方バス全ての路線を書けません。全区間・往復乗らない路線もあります。中途半端になるのは分かっていますが、私の経験をブログと言う形で記録に残せたら・・・もしかしたら他人様の何かのお役に少しはなるかも知れないと思うようになりました。

地方バスは特にですが、変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。時間帯による運行の違いもあるかと思います。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。地方バスはBMTA管轄路線バスの下にあります。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

行先表示:
サパーンマイ สะพานใหม่ ~ サイマイ สายไหม ~ ミンブリー มีนบุรี
サパーンマイ สะพานใหม่ ~ サイマイ สายไหม ~ ウォンサコンวงศกร

ルート:
サパーンマイSaphan Mai ~ パホンヨーティン通りPhahon Yothin ~ サイマイ通りSai Mai ~ ウォンサコン市場Wongsakorn Market ~ ハタイラット通りHathai Rat ~ ハタイミット通りHathia Mit ~ ニミットマイ通りNimit Mai ~ ミンブリーMinburi

Bus1009 Map All

バンコク都ドンムアン空港裏のサパーンマイから都東部ミンブリーまでの路線で、一部パトゥムターニ県を走ります。

サパーンマイ発でミニバスと大型バスでは行先が異なります。ミニバスはミンブリーまで行き(上の地図で赤色)、一応本線と考えられます。

大型バスは枝線で途中のウォンサコン市場で「スカピバーン5通りSukhaphiban 5」に入ります(上の地図で紫色)。行先表示板から見るとウォンサコン市場止りとその先まで行くバスもあるようです(乗車未経験です)。

行先を告げる必要がありますが、切符は無かったように思えます。サパーンマイからミンブリーまで乗っても25バーツです。

本数ですが、ミニバスと大型バスが一緒に走る(途中微妙に異なりますが)サパーンマイとウォンサコン市場間は15~20分に1本ぐらいで、ミンブリーへのミニバスは1時間に1本と少ないです。


バス車種

エアコン・ミニバス(サパーンマイ~ミンブリー)
Bus1009 Mini

Bus1009 Mini Inside

エアコン・大型バス(サパーンマイ~ウォンサコン)
Bus1009 Big

2016年にはこんな車両もあったのですが、最近は見なくなりましたが・・・
Bus1009 Big-W


ルート周辺

バスの出発はドンムアン空港裏のサパーンマイ、パホンヨーティン通り上から北へ向かいます。

Bus1009 Saphan Mai 1

Bus1009 Saphan Mai 2

復路(サパーンマイ行)でパホンヨーティン通りを走って来たバスは、サパーンマイを通り過ぎて少し先のパホンヨーティン通り上でUターン、休まずそのまま往路のスタートです。

Bus1009 Saphan Mai 3

起点となるバス停はサパーンマイ市場前です。この市場は「インチャロン市場Ying Charoen Market」とも呼ばれ、この周辺の中心です。

Saphan Mai 182

タイ国政府観光庁のサイトによると・・・バンコク郊外にある最大の私設市場で、総面積15,000平方メートルの敷地に約1,600店が軒を連ね、プロの料理人から家庭の主婦まで1日2万人のお客さんでにぎわうこの市場だそうです。ちなみに私的には、観光庁が言っているのは少し大げさのように思えますが(笑)

Saphan Mai 183

また昔話になりますが、インチャロン市場の裏にはラップラオ運河からの運河ボートが運航されていました。サパーンマイからサパーン・クローンタン間で、なんとクローンタンでセンセープ運河ボートと接続していたのです。

Saphan Mai 181

起点のサパーンマイと終点のミンブリー以外はBMTA管轄路線バスが走っていない1009番独自路線です。サパーンマイはタイ国道1号線でもあるパホンヨーティン通り上なので、以下の多くのBMTA管轄路線バスと接続しています。

 34 ランシット~バンケーン~戦勝記念塔~ファランポーン駅
 39 タラートタイ~ランシット~サパーンマイ~戦勝記念塔
114 ラマ5世橋~ンガムウォンワン通り~ラムルッカ交差点
185 ランシット~ラチャダピセーク通り~クロントゥーイ
503 ランシット~パホンヨーティン通り~戦勝記念塔~王宮広場
520 タラートタイ~ラックシー・ロータリー~ミンブリー
522 ランシット~ンガムウォンワン通り~高速経由~戦勝記念塔
543 バーンケン~サパーンマイ~ラムルッカ通り~ラムルッカ市場

そして他の地方バスにも接続しています。
 356 パークレットorノンタブリー~サパーンマイ~ドンムアン~パークレット

パホンヨーティン通りは現在BTSスクムビット線モーチット駅からの延伸工事中です。全ての延伸工事区間はエントリー済みですが、「BTSモーチット駅先延伸部を歩く9 工事最北端 (後編)」からたどれます。そしてこのバス起点上には「N20 サパーンマイ駅 Saphan Mai」が出来そうです。

BTS Saphan Mai 181

ミニバスはサパーンマイを出るとすぐに「クローン・ソンKhlong 2」運河を渡り、渡り終えるとパホンヨーティン通りからパホンヨーティン54/1へと右折し、この後しばらく運河沿いの細い道を走ります。

Khlong Song 181

大型バスはサパーンマイを出てしばらくパホンヨーティン通りを北上し、「タイ王立空軍博物館Royal Thai Air Force Museum」前を通ります。ここはバンコクに数ある博物館の中でもお勧めの所。無料で広い敷地に触り放題の航空機、兵器と言うよりタイでの航空機の歴史も学べます。「ここは面白い!空軍博物館1」でエントリー済みです。

Air Force Museum 181

この辺りはドンムアン空港の裏側になり、空軍の施設が続きます。下の画像は「王立タイ空軍航空公園Royal Thai Air Force Aviation Park」です。この公園の通りの反対側はタイ空軍本部で、公園の奥はタイ空軍アカデミーとタイ空軍の本拠地ですね。「タイ空軍博物館と航空公園」でエントリー済みです。

Air Force Museum 182

バスは空軍航空公園を過ぎるとパホンヨーティン通りから右折し、クローン・ソン沿いのパホンヨーティン54/1でミニバスのルートと合流します。そして運河を渡ればサイマイ通りです。

Bus1009 Chantharu Beksa

サイマイ通りでは大型バスとミニバスが一緒に西へ向かい、ウォンサコン市場を過ぎて大型バスはスカピバーン5通りへと右折し、ミニバスはそのまま直進します。

Bus1009 Map

ウォンサコン市場はサイマイ地区では一番大きく賑わいのある市場です。生鮮市場だけでなく、日用品から衣料雑貨まで売られていて、なかなか大きな市場と言えます。

Wongsakorn Market 181

さて、ウォンサコン市場を過ぎるとサイマイ通りはハタイラット通りと名を変えます。そしてアウターリングを越えると道路沿いは閑散とし緑が多い中を道路は徐々に南へと方向を変えます。ハタイミット通りを経由してニミットマイ通りでさらに南下すればミンブリーです。

Minburi 181

ミンブリーはバンコク都北東ですぐ横がチャチュンサオ県。スワンナプーム空港の真北にあります。バスがミンブリーに入り終点となるのはシハブラーヌキット通りSihaburanukit(画像上)の「チャトゥチャック2 JATUJAK2あるいはChatuchak Market 2」前で道路反対側です(画像下)。

Bus1009 Minburi 1

チャトゥチャックは一般的にはモーチットにあるチャトゥチャックウィークエンドマーケットが有名ですが、ミンブリーにもその「チャトゥチャック 2 ・ウィークエンドマーケット」があるのです。

JJ2 Minburi 181

チャトゥチャック2は屋根付き2階建てで、二棟あります。全体の大きさはモーチットに比べようがありませんが、歩く気が失せる事はない広さです(笑)チャトゥチャック2裏には普通の生鮮市場もあります。

JJ2 Minburi 182

町の中心地にはシハブラーヌキット通りを挟み旧市場と新市場があり、それに加えてチャトゥチャック2です。町全体が大きな市場だとも言えます。ローカルな市場を見たい方には絶対のお勧めの町だと思います。

Minburi 182

Minburi 183

旧市場裏(昔は正面だったのでしょうが)センセープ運河が流れていて、センセープ運河ボートはここが終点でした。かなり昔ですが、私はここまで乗った事があります。旧市場は新市場に比べ少し寂れてしまっています。

Saen Sape Minburi 181

シハブラーヌキット通りでUターンを終えたバスはセンセープ運河を横に見ながら、サパーンマイへと戻って行きます。

Bus1009 Minburi 2

ミンブリーは市場の町ですが、同時にバス車庫もあって路線バスが集中するバスでもあります。だからこの町が好きなのですが・・・(笑) 以下の多くのBMTA管轄路線バスと接続しています。

 26 ミンブリ~ラムイントラ通り~パホンヨーティン通り~戦勝記念塔
 26n エカマイ~ミンブリー。ミンブリー発で東に行く4路線
 27 ミンブリ~バーンカピ~ラップラオ通り~モーチット駅~戦勝記念塔
 96 ミンブリ~バーンカピ~ラップラオ~北バスターミナル
 96n ミンブリ~バーンカピ(ハッピーランド)
113 ミンブリー~プラトゥナーム~ホワランポーン駅
131 ミンブリー~ノンチョーク~サンカサンティスック通り52
151 ラップラオSoi71~バーンカピ~ミンブリー
168 ミンブリー~ラムカムヘン通り~ラマ9世通り~戦勝記念塔
197 ミンブリー~サファリワールド近く~ミンブリーの短循環
501 ミンブリー~スクムビット~サイアム~ファランポーン駅
502 ミンブリー~バンカピ~モーチット~戦勝記念塔
514 ミンブリー~バーンカピ~プラトゥナーム~シーロム
525 スワンサイアム~ミンブリー~ムーバーン・ティアン・トン3
526 スワンサイアム~ミンブリー~ノンヂョーク

BMTA管轄の路線バスに比べて地方バスの特徴の一つが・・・別々な大きな市場を結ぶ路線が多い事です。それだけ他人の移動も多くなるのでしょう。そんな特徴が色濃く現れる路線です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.02.20 | コメント(0) | 首都圏地方路線バス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR