スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

サムットプラカーン東部を行く③バンプーの桟橋

サムットプラカーン県でもバンコク都に近いサムロンやパークナムなどがある西部ではなく、チャチュンサオ県と接する東部『ディープ・イースト・サムットプラカーン』を紹介するシリーズです。

20180226 BP 2

前回はスワンナプーム空港を洪水から守る為に造られたスワンナプーム放水路とその高架放水路を紹介しました。まぁ、そんな事を書くブログは他には無いと思いながらも、こうした人が作り出した構造物が好きなのです(笑)

観光地はもちろん大自然なんかも全く興味がないのですが、人々の生活や暮らし、そして人々が作った構造物が好奇心の対象です。

今回も人が作り出した物であるのは間違いないのですが・・・ここも何もブログに書くような所ではないなぁ~って思っています。

20180218 SP 2

ただ海へ突きた桟橋で、船が横付けされる構造ではないので、何のために作ったか?全く分かりません(汗)そして、本当は桟橋とも呼べないのかも知れません。

実は・・・たくさんありそうですが、チャチュンサオ県、サムットプラカーン県、バンコク都、サムットサコーン県、サムットソンクラーム県とタイ湾北側は遠浅で浜辺がなくてマングローブの林が続く塩性湿地帯です。

20180305 Map

海に面している上記の1都4県では、波が打ち寄せる海を見る・・・なんて事はまず出来ないのです。もちろん今回のシリーズで登場する海に突き出た桟橋やお寺に食堂なんかはありますが、それらは特殊な所だと言えます。

そんな特殊な所でサムットソンクラーム県の船で行く干潟の貝狩り(未エントリーです)や、バンコク都でも「最も心細かった路線バス後編 バンコク都の海」で書いた船で行くレストラン(画像下はお店のホームページからです)なんて所もありますが・・・どこもオッサン一人が行くような所ではないのが残念です。

20180305 Bkk Sea

西だとチャアムが有名なペッチャブリー県、東だとバンセンが人気のチョンブリー県あたりからビーチで呼べる所が出て来ます。チャアムの先はホアヒン、バンセンの先はパタヤと世界的な観光地になって来ますね。

さて、そろそろ本題に入りましょう(汗)

サムットプラカーン県で私が知る限りですが、海に突き出た桟橋は3カ所です。全てバンプーにあります。一つは少しはディープな観光ガイドや日本人ブログでも書かれているだろう有名観光地になる「バンプー保養地Bangpoo Resort」で、バンプー・シーサイド・レクリエーション・センターとかカモメ食堂なんても言われているかも知れません。

20180305 BP 1

バンプー・リゾートは有名過ぎるので本ブログの対象外ですが、いかにも日本人ブログやフリーペパーで『ローカルな○○へタクシーで・・・』なんて書かれている気がします(笑) 普通に(私が20年近く前に銀行口座を開き歯医者に通った)パークナムからソンテウで8バーツで行けるのですが・・・

バンプー・リゾートの東に行くと、観光の方々が来ない地元の人々が楽しむ海に突き出た桟橋が2カ所あります(本当は小規模な桟橋がもう1カ所あるのですが)。1カ所は「ワット・ラッブルムングWat Rat Bamrung」裏で、残りの1カ所が今回エントリーするスワンナプーム放水路近くの桟橋です。実はここがもっとも海に突き出ていて、良い雰囲気です(笑)。

20180305 BP 2

さて、前回はスワンナプーム高架水路を過ぎてすぐのソイ(路地)「テーサバーン・バンプー126 Thetsaban Bang Pu」でソンテウを降りました。路地の奥、海に向かって歩きます。

20180305 BP 3

ソイの中に入ってすぐはどこにでもあるような普通の路地なのですが、すぐに右側に小さな川が見えて来ます。そこには沿岸で使われている小さな漁船が舫われています。チャオプラヤー川や周辺運河を行き来するロングテールボートより小さいですねぇ~

20180305 BP 4

冒頭に書いたタイ湾北部で海に接する1都4県は沿岸部に大きな漁港がなくて、バンパコン川、チャオプラヤー川、ターチン川、そしてメークロン川の河口近くに漁港があります。このシリーズで登場予定のクローンダンはそれらの河口漁港に次いで大きな漁港でしょう。それ以外はここのように小さな川に小さな漁船を舫っているのです。

のんびり歩いて10分で海が見えて来ました。

20180305 BP 5

桟橋の根元には海の上に建てられた1軒の食堂があります。その手前にはお客さん用の駐車場にお土産の屋台、それだけの所です。数年ぶりに来ましたが、いやぁ~懐かしいです。

20180305 BP 6

20180226 BP 5

桟橋は近所の子供たちが遊びに来ていただけでした。釣りだと思うのですが、何か桟橋の下にいるのでしょうか・・・ 他の子ども達は枝に糸を付けて釣るようですが、こうして毎日遊ぶのですねぇ・・・いいなぁ~

20180305 BP 7

20180305 BP 8

桟橋の先には東屋があって、ここも子供たちの遊び場のようです。ここから見る海は本当に広くて気持ちよいです。

20180305 BP 9

桟橋の東西は海岸の侵食を防ぐ防波堤以外は何もないですねぇ~ 

20180305 BP 10

20180305 BP 11

さて遅めのランチと思って桟橋の根元、海の上の建つ食堂へ行くと・・・満席状態です。以前の記憶だとガラガラなのですが、皆さん車で食事に来ているようです。オッサン一人が相席で入り込むのは気が引けて諦めてしまいました。

20180305 BP 12

20180305 BP 13

バンプー保養所ほどでもありませんが、ここにもおねだりカモメがたくさんいます。きっと食堂のお客さんが餌を与えるのを覚えているのでしょう。桟橋根元にある一軒だけのお土産さんも人気の様です。

20180305 BP 14

20180305 BP 15

お腹が空いていたまま桟橋を後にしてスクムビット通りへ戻りました。画像下ではちょうど道路反対側のクローンダン行ソンテウが停まっていますねぇ~ パクソイで待つ事10分ぐらいでパークナム行のソンテウが来ました。

20180305 BP 16

20180305 BP 17

ソンテウは観光客に人気のバンプー保養所(バンプー・リゾート)や小型化した古代都市テーマパークの「ムアン・ボーラーンAncient City (Mueang Boran)」前を通ります。もっともこの辺りは別なソンテウ路線がたくさん走っています。

Mueang Boran 181

20180305 Map 1

ムアン・ボーラーンを過ぎたらパークナム近くでBTS延伸区間の最南端と車両基地(画像下)が見えて来ます。BTS延伸区間の全てを詳細に見たくてサムロンからこの辺り(ケーハ・プラット・プラカーン)まで歩いた事があるので、もうこの辺りは地元に思えます(笑)「全て見せますBTS延長部と新駅4」でその時のエントリーにたどれます。

20180305 BP 18

私は料金が高いのでBTSは1年以上乗っていませんが(汗)バンコクではBTSとその沿線周辺が大好きな日本人の方々が多いので、この辺りまで開業するとパークナム以東のスクムビット通り周辺も大きく変わるのかも知れませんね・・・そんな事を考えていたら終点です。ソンテウにしてはかかなり長距離を乗って18バーツでした。

Songthew 1140 PN 181

クローンダン~パークナム間のソンテウ1140番(同じ番号で行先が異なるソンテウが多いです)の起点はサムロン方面行きの路線バスでウィブーンシー市場過ぎのバス停横(画像上)です。って言う事で簡単にバスに乗り換えて帰りました。

20180305 Map 2

このバス停前は一方通行なので路線バスはサムロンなど北行だけです。サムロンなどから来た場合はワット・ピチャイ・ソンクラーム前がバス停になります。パークナムの路線バスは以下の通りです。

 25 プレークサ通り~スクムビット通り~ヤワラー~ター・チャーン
102 パークナム(プレークサ)~ クロントゥーイ~セントラル・ラマ3
142 パークナム~バンナー~高速経由~ラマ2世通り~サメーダム
145 プレークサ通り~バーンカピ~北バスターミナル
365 パークナム~サムロン~バンナー~バンボー~バンパコン
507 パークナム~ファランポーン駅~新南バスターミナル
508 パークナム~スクムビット~サイアム~ワット・ポー
511 ファームチョラケー車庫~スクムビット通り~新南バスターミナル
536 パークナム~高速経由~戦勝記念塔~北バスターミナル
1141 パークナム~バンナー~ララムカムヘン大学2
1196 パークナム~シーイアム

今回はバンコク民営化新路線バスR26E番に乗った帰りで意図せずバンプー地区の桟橋に行きましたが、普通はパークナムからソンテウで向かうのが良いかと思います。近くのムアン・ボーラーンやバンプー保養所へは、上記のソンテウ以外にも同じ1140番でも「36」(スクムビット36㎞の意味)と記したソンテウが行きますが、その種類は非常に多いので行先表示に注意です。

Songthew 1140 PN 182

もっとも私ならクロコダイル・ファーム行き路線バス511番、536番などでBTS新駅サイルアット駅あたりからソンテウに乗りますが・・・その方がソンテウ乗車区間が短くなのからです。

一般的な日本人の方々がこうした桟橋に行くとは思えないのですが(汗)ムアン・ボーラーンやバンプー保養所を含めてこのエリアに行く一番良い簡単で早い方法があります。私的には苦手なロットゥーですが、サムロンからクローンダン行が出ていて、ずっとスクムビット通りを走り、これも1140番です。

20180305 Van 1

このロットゥーは他の路線以上にちょっと乗りの方々が多いように思えます。パークナムやバンプーなどスクムビット通りを移動する時は非常に便利なので覚えておきたいロットゥーです。

サムロン~クローンダン間は35バーツ、サムロン~バンプー保養地なら20か25バーツだと思います。乗り場が分かり難いのですがスクムビットSoi109と111の間の画像の所からです。

20180305 Van 2

さて、次回は二日目と言う事でさらにサムットプラカーン県の東側に行きます。最後に今までのエントリーです。

サムットプラカーン東部を行く②スワンナプーム高架水路
サムットプラカーン東部を行く①序章

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.03.05 | コメント(8) | タイ・トラベル

コメント

>>バンプー・リゾートは有名過ぎるので本ブログの対象外ですが

初めて聞きましたが、タイ人には有名でも日本人の観光客はほとんど知らないと思います。

かく言う私もパークナムには良くバスに乗って行くのですが知りませんでしたのでネットで検索してもあまり詳しい情報はありませんでした。

ひょっとしてカモメが見られると言うのが売りですか?

第二次大戦中に日本軍が1000人上陸したとありましたが、それ以外に何かあるのでしょうか?

2018-03-05 月 11:54:11 | URL | AAA #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

AAAさん

タイ語だと「サタン・ターァアカー・バンプー」でそのまま英語にすると「Bang Pu Resort」、リゾートを和訳すると行楽地とか保養所でこの場合は保養所を取りました。それでバンプー保養所。

私はネット検索を避けているので、一般的になんと言われているのか知りません。施設は陸軍(海軍ではないのです)の保養所で宿泊施設、会議室などもある広大な敷地です。

おっしゃる通り、スクムビットから中に入り最初のロータリー中央に記念碑があって日本軍が上陸した地の旨の文章があります。そう言えば、ナショナル・メモリアルの中にこのバンプーを含めて複数の日本軍上陸地の展示がありますが、その中にこの記念碑の写真がありました。

一般者は広大な駐車場に車で来て桟橋上のレストランへ行き、お土産を買う・・・時期的に今はカモメが少なくなっているかと思いますが、年末だったか大発生みたいなニュースがタイのメディアにありました。

20年ぐらい前はそれほど混雑していませんでしたが、今は週末に行くと大変混雑しています。大型観光バスも停まっているので、某アジアの大国ツアーがクロコダイルと合わせて来ているのかも。サムットプラカーン県の観光地では必ず登場する地であるかと私は思います。

知っているのは以上です。いずれにしても地元の方々が食事や涼みに行くような所ではなく、ほぼ100%観光者で私の好奇心対象外です。

2018-03-05 月 12:42:04 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

3月の断水

こんにちは。バンプー保養所にカモメが(シベリアから?)渡って来たというニュースを見るとカモメに会いに行ってしまいます。でもサムットプラカーンの他の桟橋にもレストランがあってそこにもかもめは来るんですね。次は是非そちらヘ行ってみたいです。
それにしても日本軍上陸の地とは知りせんでした。今でも夜になると現れるものすごいヤブカの群れとマングローブの湿地を思うそれは壮絶なものだったかも知れませんね。次回行ったらこれまでと違った景色に見えそうです。
ところで3月に入ってバンコクのあちこちで水道管工事のため断水してますが、首都圏水道局によると3月10日21時から11日の朝10時か12時頃までバンコクの一部の区とサムットプラカーンの一部が断水するそうです。大型給水タンクのあるコンドミニアムなら影響はないかもしれませんが、結構広範囲で長い時間なので手洗い用の水は念の為溜めておいた方がいいかも。詳しくはgisonline.mwa.co.thで見られますが、タイ語です。日本人が多いスクムビット辺りも我らが東の端っこの民もサムットプラカーンで働く方または探査してる方🤣にも関わりそうなのでお知らせしました。必要ならコンドミニアムの人が知らせてくれるのでしょうに、いつもながらの余計なお世話情報ですみません。(汗)

2018-03-07 水 21:28:21 | URL | Wao #- [ 編集 ]

Re: 3月の断水

Waoさん

いつも貴重な情報を教えて頂き、ありがとうございます。

実は・・・タイで創めて4日間寝込んでしまい、その内3日間は38度以上の熱でした。長い事持病の痛みがあるので突然動けなくなる事は想定済みなのと、インフラの整っていない国での在住経験も数各国あるので、いつも一週間程度の飲み物と食料を持つ事、その中で電気が止って調理しなくても1~2日なら耐えられる物(缶詰など)、そして10リッターの生活用水(洗顔やトイレなど)も必ず確保しておくのが習慣となっています。

一人暮らしの上に意識して人との距離を置く変わり者なので、こうした事が自然と身に付いてしまっていますが、そろそろ海外での一人暮らしも考える頃なのかも知れません。

ちなみに10日ぐらい前に(たぶん)マンション全体が3時間ぐらい断水しました。古い建物なので何か不具合が生じたのでしょう。3年半で2回目だったか・・・断水は対処出来ますが、その後に水が濁っているのでトイレやシャワーなど全ての水の出口をかなり垂れ流しをしなくてはなりません。それも水道代に入るかと思うと、勘弁ですね。

今日はこれから備えている10リッターの水も交換しておきましょう。ありがとうございます。

2018-03-08 木 14:04:21 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

教えてください

唐突ながら・・教えてください。
ラッカムヘン大学周辺からシリキット女王国際会議場へのバス移動は可能ですか?

2018-03-08 木 18:06:41 | URL | オオヤ #C6R2gQ3k [ 編集 ]

Re: 教えてください

ご質問の回答は『バスの移動は可能です』(キッパリ)
聞かれている事に対してはこれだけですが、これだけで良いのでしょうか? 

一応、お求めになっているだろう事を咀嚼して、考えられる色々な案の一部を念のために書いておきます。

ところで、大学はフアマークの通称ラム1とバンナーキャンパスのラム2があります。どうちらでしょうか?・・・なんて聞くと、これもまた時間がかかるので、これも咀嚼して両方を書く事にします。

ラム1の場合は113番をラムカムヘン通りから乗ってクロントゥーイのラマ4世通りとラマ3世交差点近くのバス停から500m徒歩6分です。ただ私なら渋滞を避けてセンセープ運河ボートでアソークまで出てアソーク通りのバスかMRTを使いますが・・・

ラム2の場合はキャンパス前で46番に乗って、113番と同じバス停で降ります。ラム2の場合は時間がかかりますが、これが一番良いかと思います。

これでお分かりにならない場合は、もう少し具体的なご質問をお願いします。

なお、このブログでは質問だけの為に見られて答えを得たらそれまでの方はご遠慮いただいています。生意気なブログで申し訳ないのですが、それだけ一生懸命回答していますので、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後で是非ご一報下さい。

2018-03-08 木 18:32:03 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

ありがとうございます

年の約3回、1・5・9月 休暇を利用して約10日間 主にゴルフ目的の為だけにバンコクに通っています。
もう5年間続けています。
2年前から空港からレンタカーを利用して地方ゴルフにも挑戦している次第です。
今年も1月 パクチョンの町中に泊まりカオヤイ周辺のゴルフを5日間楽しみました。

バンコクの定宿はナサベガスホテルかJLバンコクホテル、ラッカムヘン周辺を主に利用しています。 実は5月ゴルフエキスポが開催されるので行こうと思い バスの利用方を質問しました。
結論から言えば mall3から船で移動しASOKから地下鉄を利用して移動する事に決めました。

5月はエキスポ後 5/13からカンチャブリ方面のゴルフ巡りを5日間予定しています。

2018-03-09 金 18:17:13 | URL | オオヤ #C6R2gQ3k [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

オオヤさん

ご質問が具体的な内容になり状況がやっと分かりました。

また失礼ながらタイでの今までのご経験を考えると、午前中の該当船着場間は大変混雑するので乗り降りは難しく、乗船中は不快かと思います。私は他のブログのように安易にお勧めしないで日本人在住者にも慣れていない方には非推奨としています。

まずは本ブログで初歩の初歩を書いていますので、一読されてお考えください。センセープ運河ボート完全ガイド2 基本の基本」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-642.html 一度、船着場で様子を見るのも手かと思います。

それならどうするかですが・・・

ホテルがNasaVegasなら目の前のエアポートリンク「ラムカムヘン駅」でパヤタイ行きに乗って隣の「マッカサン駅」で降ります。案内に従ってMRTペッブリー駅から地下鉄ファランポーン行に乗って2個目がシリキット・コンベンション・センター駅です。

ホテルがJLならラムカムヘン通りの反対側に歩道橋で渡り、22番、40番、58番、60番、71番、93番、99番、113番、115番、501番のどれか来たバスに乗って、エアポートリンクの高架が見えて来たら手前のバス停で降ります。バス停4個目?ぐらいだったと思います。この後はNasaVegasの場合と同じです。

なお、路線バスも初歩の初歩を書いています。

2018-03-09 金 19:46:15 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。