サムットプラカーン東部を行く⑥クローンダン

サムットプラカーン県でもバンコク都に近いサムロンやパークナムなどがある西部ではなく、チャチュンサオ県と接する東部『ディープ・イースト・サムットプラカーン』を紹介するシリーズです。

前回はサムロン運河が三叉路になる所、その運河沿いにあるバンボーの古い家並みを書きました。そのバンボーから南に向かいタイ湾に面する古い漁港のクローンダンに向かいます。

20180319 BB 4

「クローンダンKhlong Dan คลองด่าน」はバンボーの真南に8㎞ほど行った所にあります。「クローン คลอง」はタイ語でお馴染みの運河の事ですが、「ダンDan ด่าน」が何かと辞書を引くと「Check Point」と出て来ました。念のためにGoogleでタイ語から日本語にしたらチェックアウトだそうです。これはちょっと・・・笑

私のPCはアメリカで買ってOSもインストールしたソフトも全て英語版のままなので、GoogleMapsからブログサービスまでほとんど全てがデフォルトで英語で表示されます。タイ語で何かを読む必要がある時はまずは英語にする癖があります(汗)

話がこれ以上それない内に戻しましょう(汗)

20180218 SP 5

クローンダンの場合はCheckpointと言う事から検問所とか検査所的な意味ですが、昔風に地名になるとしたら「関」でしょう。運河の関と呼ばれる町ですねぇ~

スクムビット通りは昔サムットプラカーン道路と呼ばれていた事、そしてその古い地図を「サムットプラカーン東部を行く④海抜以下とサムロン運河」で書いています。

20180313 Map 2

関の意味が陸路上なのか水路上なのかは分かりませんが、このクローンダンのすぐ東はチャチェンサオ県、そしてすぐにチョンブリ―県、さらにラヨーン県、チャンタブリー県にトラート県でカンボジアとの国境になります。

これらタイ東部からバンコクに向かうと。このクローンダンを越えると首都圏まですぐ(50~60km)、昔ならおそらく行程上1日を残す程度の所だったのはないでしょうか? それで何らかのチェックがあったのか、ただの宿場町だったかは、史跡や現地での説明等を見たわけでないので分かりませんが(汗)

20180319 Map

そんなクローンダンの町にはバンボーから出るソンテウ1285番で行けます。バンボーを南北に通る3117号線の北端(バンナートラート通り近く・画像下)から南に行くので、バンボーの町でどこでも乗れます。

20180320 Songthew 1

このソンテウは珍しく時刻表があるのですが、それを信じられるかは別にしても朝6時から9時までは15分に1本、10時から16時までは各正時と半時の出発(両端)です。料金は一律8バーツです。

20180320 Map 1

バンボーを出ると養殖池が道路沿線に続く中をソンテウは南に向かいます。途中に乗り降りする人も少なく、バンボーとクローンダンを通して乗っても30分程度です。

20180320 Songthew 2

ソンテウが3117号線からスクムビット通りへと右折するとクローンダンの町です。ソンテウはダン運河を渡る橋の手前のスクムビット通り上でUターンして終点(画像下)です。

20180320 Songthew 3

クローンダンへのアクセスは上記のバンボーからのソンテウ1285番以外に3路線あります。都心部からはBTSサムロン駅近くから出るロットゥー1140番と、パークナムからのソンテウ1140番(ロットゥーと同じ番号ですが、同じ番号で多くの行先が異なるソンテウもあります)は「サムットプラカーン東部を行く③バンプーの桟橋」で詳しく乗り場など書いています。

20180320 Songthew 4

残り1路線はこの後のエントリーで登場するチョンブリー行きの地方バスとソンテウのハイブリッド路線で343番があります。小さな町ですが合計4路線がアクセスするのは、なかなか交通便利だと私的には思うのですが(笑)

20180320 KD 1

スクムビット通りとダン運河が交差する所が町の中央(画像上)です。交通量が多いのもここだけなのですが、通り沿いが市場で路駐の車が多いので余計に混雑しているように見えますねぇ~

20180320 KD 2

その市場はスクムビット通りで橋の東側で北側だけに広がっています。漁港があるのですが、だからと言って魚介類が多いかと言うと・・・あるにはありますが、量的にも質的にも大した事はないのが素直な実感です。

20180320 KD 3

それはそうですよねぇ~ 魚介類など特に鮮度を要するものは、漁港など荷揚げされる所ではなくその近くの多く消費される所にすぐ送られるでしょう。クローンダンでの消費がそう多いとは思えなく、この辺りならパークナムあたりになるでしょうか。

20180320 KD 4

さて市場を後にして路地を北に向かうと印象的で力強い門が見えて来ました。「ワット・モンコン・コーターワーWat Mongkol Kothawas」で、かなり大きなお寺です。

20180320 KD 5

ここって来るたびに毎回同じなのですが、夜になると日本で言う縁日のように屋台がたくさん出るようです。境内も小さな移動遊園地のようになっているし・・・一度ぐらい夜に来たいものです。

20180320 KD 6

お寺の前がダン運河です。画像下で言えば奥の上流側へ向かうとサムロン運河に繋がります。反対側(下流側)はすぐにタイ湾に繋がります。

20180320 KD 7

運河沿いに下流の海(タイ湾)に向かって歩くと・・・運河に多くの漁船が舫っていました。漁船の数はサムットプラカーン県では一番多いでしょう。

20180320 KD 8

20180320 KD 9

しばらく漁船を見ながら歩きましたが、海までは結構距離があるので諦めてスクムビット通りまで引き返しました。お昼でお腹が空いて来たのです。

20180320 Map

クローンダンから6㎞ほど離れていますが、今度こそ海を見ながらビールを飲みたくてチョンブリー行のソンテウ343番に乗り込みます。次回は海の上のお寺ワット・ホントーンに向かいます。

20180218 SP 3

最後に本シリーズの今までのエントリーです。

サムットプラカーン東部を行く①序章
サムットプラカーン東部を行く②スワンナプーム高架水路
サムットプラカーン東部を行く③バンプーの桟橋
サムットプラカーン東部を行く④海抜以下とサムロン運河
サムットプラカーン東部を行く⑤バンボー

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.03.25 | コメント(1) | タイ・トラベル

コメント

Re: 以前送ったコメントは届いてましたでしょうか?

非表示設定でコメントを頂いています。

ハイ、大丈夫です。今回、前回と非表示設定でのコメントを2回読んでいます。
ただ、こちらからの返信が送られた方だけが見られる非表示にならないので、誰も読まれても構わないような内容で書いています。それが分かり難かったと思います。ごめんなさい。

先ほど、失礼を承知でそんな事情をメールで送らさせて頂きました。そのメールが届けば良いのですが・・・

2018-04-12 木 22:16:47 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR