若者達と行った都心部のナイトマーケット・ネオン

アユタヤから帰りのロットゥーで出会った若者たちとの話で、前回「さわやかな若者達と出会ったアユタヤ」の続きです

20180410 Ayutthaya

私は持病があるのと、夕食が100%自炊で夕方からキッチンに立つので、夜に出歩く事はほとんどありません。ロングステイの3年半で娘が遊びに来た時以外は5日もないでしょう。

だから、本ブログではダムヌンサドゥアックやアンパワーのような有名観光地は無視して23カ所の水上マーケットを紹介していながらも、ナイトマーケットは10カ所しか紹介していません。今も気になるナイトマーケットが5カ所もあるのですが・・・

それはバンコクって言うか、多くのアジアの国は夜になって人が集まればそこが全てナイトマーケットのように思え、別にナイトマーケットとされてなくても・・・と言った思いもありました。画像下はバンコクと周辺ではもっとも市井のナイトマーケットの姿が残るスワンナプーム・ナイトマーケットです。

20180410 Night Market

今日はそんな・・・あまり行かないナイトマーケットの話です。

アユタヤからのロットゥーをモーチット駅で降りました。そこで車中で聞いたナイトマーケット2カ所にその後の高級マッサージ店に行くのに・・・どう動くかを私のアイデアをご説明しました。

ナイトマーケット「ネオンTALAD Neon Night Market」までよかったらご一緒して、そこからの移動方法もネオンがあるプラトゥナームで説明するとしました。その方法が(ちょっと心配な)お二人にとって一番動きやすいと判断したのです。

そしてモーチットからプラトゥナームへ行く77番の路線バスに乗り込んだのです。アユタヤからロットゥーはBTSの駐車場(Park and Ride)で降りられるので、バス停は目の前です。

20180410 Mochit

バスの中でお話を聞くと・・・タイ到着時にスワンナプーム空港からホテルまでのタクシーを正規の場所でなく、(ネットに安く乗る方法と書いてあった)出発階まで上がってタクシーに乗ったらメーターではなく高額を払った事、アユタヤではトゥクトゥクに声をかけられて言うままに遺跡を巡った事、タイでは香辛料が苦手なのとお腹を壊すのが怖くてKFCとマックなどで食べた・・・など、聞けば聞くほど心配になってしまいました。

20180410Bus77

ネットなんて誰でも検証されないまま好き勝手な事を書けるので、間違いが多いし危なっかしい事もあるのは常日頃このブログで書いてある通りです。私は公式サイト以外は見ないしネット検索も避けて、自らの気ままな街歩きをブログを書いている変人ですが・・・

なんて話をしていたらプラトゥナームです。幸い路線バスの中でタイ庶民の生活の一部に触れた事も楽しまれたようです。

20180410 Pratnam 1

プラトゥナームでは「インドラスクエアー Indra Square」前でバスを降りました。道路反対側のバス停でタラート・ロットファイへ行ける73番73n番も)と514番に乗る事が出来ることをその場で説明したかったのです。

商業複合ビルの「パラディウム Palladium」でトイレに行っておきます。この先はナイトマーケットになりますから(苦笑)

ネオンに向かって歩きながら途中に・・・カオマンガイ店ガイトーンに入りました。ちょっと小腹が空く夕方で軽く食べるのにはちょうど良いでしょう。『町中の食堂だ!』と驚かれていましたが、まずお腹を壊すようなものではなく、観光客に人気なのも旅行者には良いものです。私自身は3年前に娘と入ったのが最後でしたが(笑)

20180410 Kai Thong

本ブログは「ワインと食」が前身ですが、タイでは『ランチを○○で食べた。美味しかった』のような陳腐なブログが多いので、食べログ的エントリーをしないようになりました。その中でも珍しく「極上カオマンガイは?」をエントリーしています。

最初は恐々と食べられていましたが美味しかったようで完食されました。そしてネオンに行く前に両替をしたいとの事なので、「両替はどこで?」で書いた通り、幸いタイで両替に最も適した地がすぐ近くです。時間が遅くてオレンジと緑のスーパーリッチは閉まっていましたが、青のスーパーリッチが開いていました。

20180410 Super Ritch

両替の行き帰りにセンセープ運河を渡りますが、日没直前で一日の労働を終えた方々が帰宅の足で運河ボートを使われています。船着場が山手線のラッシュアワーのホームのように混雑しているのが分るでしょうか? 若者達は驚かれていましたが、(旅行者には非推薦ながら)私が日常的に使う足でもあります(笑)

20180410 Pratnam 2

さてやっとナイトマーケットのネオンです。場所はペッブリー通りに面してパラディウムの東です。私的にはバンナー方面から高速経由の路線バスが一般道に出てすぐ通るので、週に一度は必ず目の前を通りますが・・・夜はまず出歩かないので一度も入った事はありません。それも若者たちにお節介して付き合った理由の一つです。

20180410 Neon 1

2016年末頃のオープンだったと思います。それまでは空き地を駐車場としてまとまりなく露天商が出ていた記憶があります。都心部の場所柄から観光客目当ての庶民のナイトマーケットではないのは明らかなので、私が好きなマーケットではないのですが、とにかく一度は入りたかったので良い機会でした。

20180410 Neon 2

ネオンに行くまで何軒かの屋台の前を通り、マンゴーなど果物に反応されていました。食べたかったのですが、怖くて今まで食べられなかったようです。タイに来て豊富な果物を食べないと帰るのは罪です(キッパリ) 早々にネオンで食べる事にしました。

20180410 Neon 3

マンゴーはこの時ちょうど旬で安いとキロ30バーツ台後半から買えます。今はちょっと上がって帰路45バーツ以下は無理かも、私は今も毎日マンゴー1個を食べています。

実は・・・ここまでの色々な話をしてちょっと若者たちが心配になっていました。十分に楽しまれていますが、もっと楽しいタイなのに・・・そんな思いがして、少しだけ背中を押してあげたかったのです。もちろん無理強いせずに私が一緒に居る事で挑戦しやすいように考えたのです。

20180402 NM 1

色々な話をしましたが・・・詮索するような事は意識して避け、名前など個人的を一切聞きませんでした。ただハッキリ言えるのは、この若い二人に好感を抱いた事です。タイで一緒の時ぐらい応援したいような・・・

そこでネオンの後にタラート・ロットファイまでお連れするので、時間と場所を決めてしばらくしたらまた会う事を提案しました。ナイトマーケットの中までオッサンが一緒するのは気の毒ですしね。

20180402 NM 2

さてネオンですが、一般的には木曜(あるいは金曜)から日曜までの営業が多い中、水曜日も営業しているのは間違えありません。実体験で試したわけではないのですが、月曜は休みで火曜日はちょっと分かりません。オープン時間は意味なく日暮れから真夜中ぐらいでしょう。よく時間を書いているネットがあるかと思いますが、明るいうちに行っても閉まっている店が多いと思います。

20180410 Neon 5

特徴は都心部にある事、その為に観光客が多くざっと見てタイの方々と半々ぐらいでしょうか。

20180410 Neon 4

ナイトマーケットの構成はペッブリー通りから見て右側(東)が飲食店で、左(西)が衣料雑貨の店です。そして奥(北)にBarのように飲む所があります。

20180410 Neon 6

20180410 Neon 7

ナイトマーケット・ネオン・・・庶民が一日の終わりに食べたり店を冷やかす市井のナイトマーケットではないものの、観光用ナイトマーケットだけの感じでもなく、当たり前ながら半々の感じ。都心部に滞在の方々が夜にあまり近郊まで出かけたくない場合は選択肢の一つに十分になるでしょう。

20180410 Neon 8

さて、ネオンで無事合流し次に向かう事にします。三人なのと私が一緒なのでタクシーで向かう事にします。プラトゥナームからラチャダーまで普通なら60バーツ前後でしょうから、(私はどこへ行くにもバスですが)人数があれば路線バスを使う必要がありません。この日は渋滞していて90バーツちょっとでしたが・・・

ラチャダピセーク通りの「エスプラネード Esplanade」前でタクシーを降りて、エスプラネードの1階を通って近道です。「タラート・ロットファイ・ラチャダーRot Fai Night Market Ratchada」・・・来た事がありますが3年ぐらい前の事です。私は本店とも言えるタラート・ロットファイ・シーナカリンがアパートから歩いて行けるので、あまり来る事はないのです。

20180410 Rotfai 1

いやぁ、混んでいますねぇ~ 本店(くどい?)のシーナカリンが木曜~日曜のオープンなので少し不安でしたが、ここも水曜日に開いていました。そして都心部で地下鉄から徒歩数分ですので、タイの方々、在住の外国人、観光客と客層も広く賑わっています。

シーナカリンが遠くて不便だとラチャダーにも出来た直後はスカスカだったのですが、以前に比べて出店の密集度がかなり上がっていました。

20180410 Rotfai 2

ここなら若者たちも時間がいくらあっても足りないぐらい楽しめるでしょう。そして、タラート・ロットファイからは地下鉄が目の前なのでお二人だけでも移動は簡単でしょう。私も安心して別れられます。

夜に出歩く事が全くない自分、タイでは人付き合いを意識して避けている自分・・・そんな私にとって、偶然出会った若者と数時間過ごしたバンコクは、熱帯の夜には珍しく爽やかな風が流れたと感じていました。

見ず知らずの娘や息子のような・・・いや、孫でもおかしくない若者たちですが、その後もしばらく楽しまれているのか、お腹を壊していないか、無事に日本へ戻ったのか・・・そんな事を気にしてばかりいました。

20180410 Map

最後に今までエントリーしたナイトマーケットは以下の通りです。

タラート・ロットファイ 4
スワンナプーム・ナイトマーケット
リアブドゥアン(高速道路沿い)・ナイトマーケット
カセートナワミン・ナイトマーケット
サイアム・ジプシー・ジャンクション
スアンルム・ナイトバザール
タラート・ロットファイ・シーナカリン
ラムカムヘン大学前・ナイトマーケット
ナイトマーケット JJグリーン
タラート・ロットファイ・ラチャダー

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.04.10 | コメント(7) | マーケット

コメント

楽しく拝見しています。

おはようございます(^^)/
当たり前のことですが若いって羨ましいですね、若者は良い経験ができましたねー(^^♪
5月に訪タイの予定でチャトチャックウイークエンドマーケットにALSTERさんのブログからサパーンクワイ駅かお守りの市場見ながら行こうと、またウイマンメーク宮殿にも、路線バスに挑戦戦(それほど大げさでないのでしょうが(*_*;)して勝記念塔からこれもALSTERさんのブログからバス停の位置や18.28番も本数が多く私でも乗れそうな気がします!(^^)!それで質問なのですがウイマンメーク宮殿の入口は当ブログでラチャウイティ通沿いで確認済みなのですが、アナンタサマーコム宮殿の入口はどこでしょうか?お分かりでしたら教えて下さい(__)
それから時間があればワット.パークナムにも、基本はのんびりが目的なので行けないことも多いのですが(*_*;本当にALSTERさんのブログで楽しみ倍増で感謝です!(^^)!

2018-04-10 火 07:58:56 | URL | matu #- [ 編集 ]

Re: 楽しく拝見しています。

matuさん

5月ってあっと言う間で、色々考える今が一番楽しいのかも(笑)
えっと、ご質問の件ですが・・・

1、ウィマーンメーク宮殿

ここって改修を終えてオープンしたのでしょうか? 私は2年前から何度行ってもクローズしたままで入れてなく未経験です(従って本当の入口を知りません)。今はもうすっかり諦めて気にもしていませんが、数週間前に前を通った時も開いている気がしませんでしたが・・・事前によくご確認下さい。

ちなみに路線バスは18、28以外に108も本数が多いです。エアコン車だと515と539も本数が多い方です。ナコンラチャシマ通り側が入口としては正面かと思いますが、12番が非常に本数が多く戦勝記念塔からも乗れます。

2、アナンタサマーコム宮殿

私自身はあのお城のような中に入った事がなく、庭園みたいな周囲を歩いただけです。その時は王宮がクローズしていたので、ものすごい中国人ツアーで中に入る気が失せたからです。

その時は「ラマ5世騎馬像King Rama V Monument」がある宮殿南側から入り、裏側(北側)へ抜けてドゥシット動物園に行きました。路線バス70番が「ウトンナイ通りUthong Nai」を走るので正面(ラマ5世騎乗像やラチャダムヌン・ノック通り側)から入られたらどうでしょうか。ただ入場券など買うのは裏側が近いはずです。

70番は戦勝記念塔などメインとなる所を通らないので、70番以外はラマ5世騎馬像やラチャダムヌン・ノック通りを走る503番が戦勝記念塔を通ります。ただ本数は少な目です。

3、ワット・パークナム

一番分かり易い路線バスは4番です。終点でUターンする所の先徒歩6~7分ぐらいです。4番の終点はワット・パークナムで通じなければ、運河のパーシーチャルンです(お寺の正式名もワット・パークナム・パーシーチャルンです)。

2018-04-10 火 14:24:53 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

ありがとうございます

そうなんです!(^^)!計画を立ている時が楽しいです。
ALSTERさんのブログを拝見するようになって行きたい所がもう沢山
楽しい悲鳴です!(^^)!
ご丁寧な返事ありがとう御座います。ウィマーンメーク宮殿もアナンタサマーコム宮殿も改修工事中で休みのようです空振りならずに助かりました(^^)路線バス4番を確認しました、とても分かり易いですね、これだど安心して乗れそうです

2018-04-11 水 01:57:20 | URL | matu #- [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

matuさん

アナンタサマーコム宮殿も閉館中とは知りませんでした。今度近くに行ったらちゃんと見てみますね。

また、路線バス4番はかなり前のエントリーですねぇ~ 現在全路線を更新作業中で、4番も乗りなおしたばかりです。ご出発前にもう一度4番をチェックしてみて下さい。もっとも無理してパークナムに行ったり4番に乗る事はありません。

色々考えておいて・・・その時の気分や天候に体調で決められるのが一番ですから。

2018-04-11 水 09:44:30 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でコメントを頂いています。

ありがとうございます。

2018-04-11 水 17:56:58 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

さわやかなカップル

こんにちは。
どうしても数日間の訪タイ観光だと駆け足観光になってしまいますね。いい思い出を持ってまた訪タイしてくれるのではないでしょうか。空港の出国階からタクシー乗るのにはある程度のタイ語とバンコク迄の道順を把握してないとぼられちゃいますね。電車が空港まで開通してからタクシーは乗り場にたくさんいたような記憶があります。ここ三年ばかり訪タイしてないのですが道端の露店の規制がありナイトマーケットがふえているのでしょうか?

2018-04-12 木 12:42:26 | URL | kou63 #- [ 編集 ]

Re: さわやかなカップル

kou63さん

コメントありがとうございます。

タイで運転を職業とする人達のレベルの低さを(特に旅行者は)認識すべきでしょう。全員とは言いませんが、年間千回以上の路線バス乗車、ソンテウ、ロットクー、タクシー乗車経験、そしてそれら乗物から見る道路上の状況。

ぼられると言った事はありませんが、私自身がトラブルに遭った事は数え切れません。営業運転のバスやロットーなどの悲惨な事故もニュースになるのは氷山の一角です。

観光で来られた方々には、どうか安易に考えての結果でトラブルに遭遇しないように祈ってなりません。

ナイトマーケットですが、つぶれた所もあれば、懲りずに新規で起こした所もあって・・・相変わらずの変化が激しいバンコクかと思います。その中でも観光用の浮き沈みは激しく、市井の夜市は安定しているように思えます。

2018-04-12 木 13:06:17 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR