ソンテウの乗り方②

前回の「ソンテウの乗り方① 乗り物の種類と使い分け」の続きで、今回こそソンテウの乗り方です。

ソンテウの乗り方・・・って言っても何も特別な事がないので、お読みになるとがっかりされるかも知れません。それに「そんな事知っているよ!」と思われている方が多いでしょう。またこの内容はバンコクとその周辺のソンテウでの一般論で、地方都市に行くとかなりその形態が異なるので、ご経験と違う事もあるかと思います。あくまでも参考程度とお考えください。

さて、ソンテウをバンコク都心部ではあまり見る事がないのですが、それでもBTSサパーンタクシン駅下の赤いソンテウ1256番(サパーンタクシン駅~ラマ3世通りのワット・チョンロムWat Chong Lom)、ルンピニー公園横のラマ4世通りで1240番(MRTルンピニー駅~ラマ3世通りワット・チョンロム)を見た人は多いかと思います。

都心部を離れるとバンコク都内でも・・・それはうじゃうじゃとソンテウが走っています。チャオプラヤー川西側も多いのですが、私が住む南東部や東部も非常にソンテウが多い所です。画像下はウドムスック駅近くです。

20180504 Songtew 1

日本人にお馴染みのスクムビットで言えば、オンヌット通りからソンテウを見るように思えます。オンヌット通り、ラートクラバン通り、シーナカリン通りなどを走る1013番系統です。

ソンテウも路線バスも同じですが、よくある間違えはその番号が一つの路線しかないと思い込む事です。上記のオンヌット通りを走る1013番系統ですが、外国人が多いからかオンヌット駅近くは(なんと優しい事に)番号をフロント上部に書いて行先(ルート)が区別できるようにしています。しかしラートクラバン通りへ行くと同じ1013番系統でも色々あって、親切な番号など無くて30以上の行先・ルートがあるように思えます。

20180504 Songtew 2

ウドムスック通りの1014番系統も同じで、地方は別にしてバンコク周辺はこうした一つの系統番号で異なるルートがたくさんあります。って言うか普通です。ですから、「○○通りで---番のソンテウに乗って○○へ行く」なんてネット情報は必ずしも正しくないと思った方が無難です。

ちなみに下の画像はサムロンのスクムビット通りですが、写っているソンテウは全て1145番ですが行先・ルートが全て異なります。

20180504 Songtew 3

タイ語の読み書きが出来る方は問題ないでしょうが、私のように地名をパターン認識で絵として覚えているだけだと、走って来るソンテウの行先を必死に見ても・・・ほとんど分からないのが実情です。

結果、地元とも言えるサムロンで・・・いまだによく間違えます(笑)

ただ、それは大した問題ではなく、意図していたルートから外れれば、すぐ降車ボタンを押して降りて、次に来る行きたい方向へ走るソンテウに乗るだけの事です。

長々書きましたが、この事がソンテウを使うのに大切な事だと思っています。

バスの代替えで路線が長い地方は別にして、バンコク周辺部で言えば近距離が多いので、向かう方向へソンテウがあれば取りあえず乗ってみる・・・乗り降りの自由度が高いので、そんな使い方をしながら路線を覚えています。

さて、長い前置き話はいい加減にして、本題に入りましょう(汗)

20180504 Songtew 4

1、路線を知る

うまい方法がありません。バンコク周辺部だけでも数え切れない系統番号に路線があります。BMTA路線バスなら半分は間違っている(古い)公式サイトがあったり、どこよりも詳しいこのブログがありますが(汗)ソンテウに関しての情報は全くありません(タイ語ならあるかも)。

このブログでは街歩きの中でソンテウを使う場合はかなり詳しく書いていますが、それも乗ってみて知った結果を書いているだけです。個別のソンテウに関して聞かれると答えられない場合が多いかと思いますが、『○×から▽◇へ向かいたい』と本ブログ内の「質問専門室」で書かれると、ソンテウを含めての選択肢を答えられるかも知れません。

ちなみに番号が書いていない場合もあります。書いてあってもタイ語数字だったりすると苦しいです(笑)画像下は「アユタヤ - セーナー 2212-61」で2212番です。

20180504 Songtew 5

2、行先を知る

うまい方法がありません。一応、フロント運転席の上や車体横に起点と行先表示(経由地記載がある場合も)がありますが、稀な例外を除きタイ語のみです。

タイ語が読めても(私ではありません。キッパリ)、地名や地図が頭に入っていないと・・・地名も日本人にとっては一般的でない表記が多くあります。

「ラム2」とあれば「ラムカムヘン大学バンナーキャンパス」の事ですし、(スーパーの)「ロータスโลตัส」と書かれてもねぇ・・・これは慣れるしかないかと(汗) 画像下はメガバンナー前のTESCO Lotusからラムカムヘン大学バンナーキャンパスを通り、ラマ9世公園から終点がウオータースポーツセンターがあるノンボン貯水池まで行くソンテウ1141番で、私の生活圏ですが全線路地中を走ります。

20180504 Songtew 6

ご参考

私が行先を知りたいソンテウがあったり、どこかへ行きたいと思った時の方法をご紹介しましょう。

まず私は街歩きの中で見たバスやソンテウを片っ端からカメラで撮る癖(笑)があるので、3年半の街歩きで膨大な画像を持っています。それらは日時と場所別ファイルにあるので、行きたい場所、ブログに書く場所、ご質問を受けた場所・・・などがあった時にその画像をまず調べます。

知りたい場所がそのファイルになかった時、例えばお寺だったらパソコン上でGoogle MapsからStreet Viewに切り替えて、目的の所周辺でバスやソンテウが写ってないか調べます。

それで知りたい場所の知りたいソンテウやバスの画像から、その番号やタイ語の行先か経由地を調べます。

タイ語の読み書きが出来ないし、自分のパソコンでタイ語入力をしていないので(やる事は可能ですが、アメリカ購入PCでOSなども全て英語なのを他言語入力しているので、言語切り換えをこれ以上増やしたくない)画像で見たタイ語をGoogle Translateでキーボードではなく画面上で一文字一文字クリックして入力する。それをパソコン上で発音させて行先表示などの地名を知ります。

20180504 PC

これは地名をまず知っていないとならないし、入力もあまり良い方法ではありません。パソコンがタイ語・日本語・英語ぐらいで言語切り換えをしても良いなら、Windowsでタイ語対応させて仮想キーボードで入力させるなど方法がたくさんありますが、それらは本ブログ主旨ではなくご自分でお調べください。

3、ソンテウに乗る

乗りたいソンテウ(それが例え行き先が分からなくても)が見えたら、手で合図します。バス(タクシーも)と同じ合図方法ですが、バス停など関係なくどこでも可能です。

ネットにはバスやタクシーの停め方に『手を斜め下に差し出す』なんてたくさん書いてあるでしょうが、ハッキリ言ってこれも実経験が少ない方がネットを見て書いた内容でしょう。間違ってはいませんが十分ではなく、何も分かっていないネットに分類されます。

20180504 Songtew 7

片側一車線で見通しが良くてバスやソンテウからも見やすい場所なら、そんな方法で構いません。しかしお客を探しながらのタクシーではなく、決まった路線を走るバスやソンテウはお客を乗せるのにいちいち路肩に寄せて停まるのは基本的に面倒です。

路駐車や間に他の車がある時など車側は見難い場所で合図するのに、『手を斜め下』なんてお上品な事だと見過ごされます(見なかった事にされます)。私はよく(肩が上がらないのに)手を上げますし、「停まれ!」と念じながら手を振ったりもします。タイの方々も見難い場所はそうしています。

20180504 Songtew 8

ソンテウが停まったら、後方から乗り込みます。必ず手すりを掴んで乗り込み、座るまでは必ず手すりを離さないで下さい。

ソンテウはトラック改造なので荷台に乗る事になり当然乗り心地は良くありません。私は頸骨に持病があるので座らずにステップに立ち乗りして膝で激しい上下動を吸収します。中に入ると風が通らず暑いし頭が天井にぶつかりそうで必ずステップですが、これは少しの事故でも飛ばされる危険があるので止めた方がよいです(汗)

20180504 Songtew 9

ちなみに一番多いピックアップトラック改造車だと長椅子に6人が普通です。2列で12人。この長椅子はかなり詰めます。ちょっとした隙間でも皆さん協力して人が座れるようにします。これはソンテウで立つのが揺れなどで危険だからで、不文律で女子優先がかなり徹底されています。それでも最近はスマホに夢中な若者男子が前に立っている女性に気付かない(ふり?)のを見かけますが、私がタイ語を話せたら文句を言うのですが・・・

いずれにしても乗り心地が良い物ではありませんが、ある意味タイでは最も使いやすい乗り物でもあります。

20180504 Songtew 10

4、ソンテウを降りる

地方の幹線道路では日除けと雨避けの東屋的な停留所がありますが、基本的にどこでも好きな所で降りられます。

いずれにしても降りたい所が近くなったらブレーキをかけて止れるぐらい手前で降車ボタンを押します。降車ボタンは天井、そして降り口の横に普通はあります。

20180504 Songtew 11

バス停があればバス停に、ソイ入り口があればその近くに、そして周囲に何もない幹線道路だと運転手も心得ていて、コミュニティー入口や歩道橋下などに停まってくれます。

ドアがなく、後方から降りる事になるので、必ず車が止まってから降りて下さい。

5、運賃支払い

ソンテウを降りたら運転席(助手席側)に回り運賃を払います。首都圏周辺の近距離ソンテウでは一律料金が多いと思います。上の降車ボタン説明画像では「7バーツ」と書いてありますが、こうした例は少ないです。

20180504 Songtew 12

バンコクでもトンブリー側は5バーツがあるのを知っています。オンヌットやウドムスックなどでは7バーツか8バーツの一律が多いです。私の経験で最高額は25バーツですが、これは地方で走りっ放しで1時間以上の距離でした。

バンコク都か周辺で近距離なら10バーツを出してお釣りを待つようにしたら良いかと思います。10バーツ以上のソンテウはバンコクと周辺では滅多にないのですが、少し長く乗ったら20バーツ札を出したら良いかと思います。

助手席に家族を乗せて料金を任せている場合は多く、稀に後部の乗り降りするステップや近くに車掌を乗せて料金も徴収する場合もあります。乗客の一人だと思っていたら、急に車掌になって料金を皆さん払い出すような・・・そんな具合です。あまり気にする必要はありません。

そして長距離路線だと地域制料金になるので、支払い時に乗った場所を聞かれます。詳しく言う必要はありませんが、乗ったあたりの大雑把な地名は覚えた方が良いです。

20180504 Songtew 13

いずれにしても、乗り降りの自由度が高いだけに、ソンテウが使えるとかなり便利になります。経験がない方は安全一番ですが、一度試すと意外に簡単なものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.05.02 | コメント(6) | ロットゥー・ソンテウ・その他

コメント

いつも興味深い内容で、とても楽しみです。
BTSサパーンタクシン駅付近のソンテウ、どこに行くのだろうと思って見ていました。チェンマイでは、それこそ乗合タクシーとしてソンテウを利用したことがありますが、バンコクではありません。サパーン・タクシンのソンテウに乗って発車を待っている人の姿を見ると、「乗合タクシーではない」とは感じてはいました。路線が決まっているのですね。利用することは無いかもしれませんが、どのような場所に行けるのか!楽しみです。

2018-05-02 水 08:29:29 | URL | dai福 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

dai福さん

コメントありがとうございます。

サパーンタクシン駅下のソンテウ・・・私も何年か前にどこへ行くのか興味があって乗りましたが、サトーンの商業ビル街とは異なった古くからある庶民の家々が並ぶ道、チャン通りなどを走り東に向かい、ラマ3世通りでクロントゥーイの南側まで行きます。特にブログでも登場する所がないですねぇ・・・

観光客がたくさんいるサパーンタクシン周辺ですが、私も含めてこの辺りが生活の場でない人は乗らない・・・不思議な路線です。

2018-05-02 水 10:05:38 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でコメントを頂いています。

私も凝ったタイ語フォントはまったくお手上げです。何しろパターン認識ですから(笑)

このブログに関わった方、全ての皆さんにお伝えしていますが・・・安全一番でご旅行を無事に終えて下さい。そして常に最悪を想定したバックアップ案を持っているのが、(特に開発途上国での)安心安全に繋がります。

ご存知かと思いますがこのブログは、タイの庶民の皆さんと同じ目線でいる事を心がけています。実は、それは必ずしも旅行者には必ずしも安全とは言えないので、かなりくどい説明になっているかと思います。

ご旅行を楽しんで下さい。

2018-05-02 水 20:14:42 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

非表示設定でコメントを頂いています。

正直に申し上げてよく分からないのですが、私のコメント返信で気になった事があれば申し訳なく思います。私自身が気分を害したり、何かを意図して書いた内容では全くありません(キッパリ)。

さて、非表示設定のコメントに関しては、書き込み頂いた方を尊重して引用、ハンドル名は全く書かず、タイトルや返信コメント内容も特定出来るような事は避けて、不特定多数の方がご覧になる事を前提に一般的な返信しか出来ない事情があります。非表示設定でない場合は、個々のご事情に合わせての返信になりますが・・・

そして、本エントリー内容は特定の方に向けて書いたのではなく、本文記載通りに今後のエントリーで次々と関係した事が出て来るので、その前に良しも悪しも全て思う事を書いて読者の皆さんに安全に気を付けて楽しんで欲しいと思っての事です。

海外でのご旅行に関して扱う事が本ブログは多いのですが、私の意図とは別に読み手側には慣れていない方も初心者の方も読まれる可能性があります。常にそれを忘れずに安易に何かをお勧めする事は極力避けて、とにかく安全に関しては詳しく書くように心がけています。

そうした主旨で書いている不特定多数の方々に向けてのエントリー本文と、非表示設定でのコメントに対してのコメント返信です。

もし・・・何かお気になったとしたら、それは私が意図した事でないのをご理解いただけたら幸いです。

いずれにしても、本ブログ読者の皆さん全員が、ご旅行をまずは安全に過ごして楽しまれる事を、心から願ってなりません。

2018-05-03 木 11:22:16 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

乗りこなせたら最強ですね

ALSTER様
お久しぶりです。
テンソウは乗りこなしたい乗り物ですね。
2月にチャチュンサオへ行ったときに、初めて乗りましたが、行き先がハッキリしていて、該当するテンソウしかないため、その時は比較的簡単に乗れました。
しかし、路線バスのような感覚で乗るには、行き先などが分からないため、なかなかハードルが高いです。
たしかワットパークナムに行く時に、ウタカート通りで見かけました。これに乗れたら、楽に行けると思っていたのですが…
今回の記事で、途中から乗るイメージもつかめたので、次回はチャレンジしてみようと思います。
仰られているように、間違えたら、すぐ降りればよいということに、妙に納得しました。
6月20日からまた、行きますので、あちこち行ってみようと思います。

ちなみに2月に捻挫した足ですが、実は3箇所もヒビが入っておりました。
いやーその足でよくあちこち歩き回ったものと、自分で関心しております。
次回は慎重にバスに乗ろうと思います

2018-05-16 水 11:28:56 | URL | くみきりん #- [ 編集 ]

Re: 乗りこなせたら最強ですね

くみきりんさん

いやぁ~驚きました。骨にひびが入っていたのですか・・・

あのコメントを頂いた時に、タイでの乗り物を安易に自分が書いていないかとずいぶん気になったのを思い出しました。タイでのブログを書き始めた時からとにかく『安全第一』を意識して、安易に人さまが思い込まない事を念頭に置いているのですが・・・

『便利だよ』』『簡単!』なんて書くのは・・・経験が少ない方々が書くネット情報だと思っています。饒舌で重たい内容になっても、しっかりとタイでは危険に関しての意識が薄いことをこれからも記して行きます。

えっと、お身体の具合に驚いて唐突な返答になりましたが、実は昨日からバンコクを離れてスコータイ近くの地方都市にいるのですが・・・まったくソンテウが手強いです(汗)
いずれにしても、次のご旅行が安全で楽しまれる事を願っています。

2018-05-16 水 16:19:12 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR