バンコクからソンテウで行くパタヤ⑤ ノンモン市場とバンセンビーチ

バンコク都心部からソンテウだけを乗り継いでパタヤまで行く・・・ソンテウを乗り継ぐ途中の町が主役の「ソンテウで行くパタヤ」シリーズの第5回目です。

前回の第4回目はチョンブリー県の県庁所在地「チョンブリー Chon Buri」の町を歩き、行先表示板の種類が多くて厄介そうなソンテウに乗りスクムビット通り沿いのノンモン市場まで来ました。

20180611 Chonburi 14

まずはこのシリーズでの今までのエントリーと、スタートしてからのソンテウ記録です。
  第1回「都心~パークナム
  第2回「パークナム~チョンブリー
  第3回「チョンブリー行き方戻り方
  第4回「チョンブリー~ノンモン市場

オンヌット~シーコンスクエア  1013番系統4番 8バーツ  50分
シーコンスクエア~パークナム  1096番系統    8バーツ 80分
パークナム~クローンダン     1140番系統   25バーツ 80分
クローンダン~チョンブリー    343番系統   25バーツ 70分
チョンブリー~ノンモン市場   6088番系統   15バーツ 60分

20180426 Map4

「ノンモン市場 Nong Mon Market」はスクムビット通りの主に西側(海側)に面し、チョンブリー市とシラチャ市の中間にある賑わいある所です。大きな中華門がある中に市場のスペースがありますが、賑わいの中心はスクムビット通り沿いにあります。

20180627 Nongmon 1

その特徴は市井の生鮮市場のような魚、野菜、肉などを扱う店よりも圧倒的に乾物など加工海産物、それもスナック化した海産物が多いように思えます。乾燥エビにイカ、魚醤、発酵調味料であるカピ、それにスィーツなどです。

20180627 Nongmon 2

それらはスクムビット通りを南北あるいは東西に移動する人々にとってちょうど良い土産物なのか、多くの車が立ち寄っています。日本でもありますよねぇ~ 街道沿いの市場で名産を売る露天商が道沿いに並んでいる・・・そんなイメージです。

20180627 Nongmon 3

そんなノンモン市場でチョンブリーから乗って来た赤色ソンテウ6088番系統は、市場北端の裏道で終点。画像上のようにその終点直後にスクムビット通りへ出て北へ向きを変えて、チョンブリーに戻るか、途中で向きを東に変えてバンセン・ビーチへ向かうようです。

20180611 Map 4

チョンブリーで聞いた限りではこのノンモン市場にシラチャへ行くソンテウがあるようです。市場を見ながら気にしていたのですがスクムビット通り西側には無さそうなので、一番可能性が高い東側を見てみました。通りの東側は南に下る車線側なので、パクソイのどこかにソンテウが待機しているはずです。

20180627 Nongmon 4

見つけました!パクソイではなくちょっとした広場の中で待機しているみたいで、その出口で出発待ちしていました。オレンジ色で1631番系統ですが「1631」とタイ文字が付くコーカイ路線のようで(BMTA路線バスでもあります)、「シラチャศรีราชา」「ノンモン หนองมน 」とあります。

20180627 Nongmon 5

このソンテウも運転席の上に大きく行先が書いていなくて、横に簡略フォントで小さく書いてあるだけ。走って来るソンテウを正面から見ても絶対に分からないのですねぇ~ まぁ、ソンテウはその地域に住む人達が利用するのが基本なので、そんなものかも(汗)

しかしこのシラチャ行きオレンジ色ソンテウが出発待機している所ですが、スクムビット通り反対側を見たら乗って来た赤色ソンテウがチョンブリーへ出発する所でした。ただ通りの反対側だったのです。しかも立派な歩道橋で結ばれています。市場が気になって全く気が付きませんでした(汗)

20180627 Nongmon 6

まだ時間が早かったのでそのままシラチャに向かわず、「バンセンビーチ Bangsan Beach หาดบางแสน」に行ってみたいと思います。

バンセンビーチは首都圏に住むタイの人々にとって、ビーチに行くとなったら誰もが真っ先に考える所でしょう。外国人ばかりで何もかも高くギラギラしたイメージのパタヤは一般的なタイの人々にとって候補にも挙がらないはずです。

20180627 Bangsen 1

歩道橋を渡ってスクムビット通り東側で赤色ソンテウが出発する所でしばらく観察しました。やはり分かりません(汗)そのままスクムビット通りを北へ向かいチョンブリーに戻るのか、途中から西へ向かいビーチに行くのか・・・全て同じ6088番系統ですが、色は違うものの書いてある行き先が違うとは思えません(苦笑)

いかにも海へ行くようにバッグを持った若者が乗り込んだソンテウがあったので運転手に聞きました。「バンセンビーチに行きますか?」また黙って頷かれてしまいました。行先表示板は青色でした(笑)

20180627 Bangsen 2

20180627 Bangsen 14

ソンテウはすぐに出発してスクムビット通りを北上し、すぐに3137号線へ左折し西へ向かいます。すれ違うソンテウを見ていましたが、やはり行先表示板の色が色々です(笑)

20180627 Bangsen 3

ソンテウがビーチに出た所の小さなロータリーで降りました。30分も乗らなかったと思います、10バーツでした。

20180426 Bang Sen

20180627 Bangsen 4

記憶に無いのでここに来たの初めてかと思います。もしかしたらソンテウを降りた所から遠い所を通った事ぐらいあるかも知れません。私的にはそれほど関心がなかった所ですが、ビーチの雰囲気が確かにしますねぇ~

ビーチ前のソンテウも通る通りです。

20180627 Bangsen 5

ビーチ前で椰子の木々の中にある歩行者通りで、露天商が並んでいます。

20180627 Bangsen 6

ビーチを前にして見渡す限りデッキチェアが並んでいます。

20180627 Bangsen 7

よく知られた話かと思いますが、タイ南部の島々とは異なり白浜に透明度が高い海ではありません。荒めの砂に波も荒く浜にはゴミも目立ちますが、水辺で遊ぶには十分でしょう。

20180627 Bangsen 8

20180627 Bangsen 9

この日は3月中旬の平日でしたが、混雑ほどではないものの多くの人が楽しまれていました。一般的にタイの人々のビーチでの楽しみ方は、友人同士、家族などグループで来て、海風にあたりながら日陰のデッキチェアで飲み食べ話す・・・その間に子供や若者が水遊びでしょうか。

20180627 Bangsen 10

いやぁ~海に入って泳がなければなかなか良い所ではないでしょうか。実際にデッキチェアやすぐ後ろに並ぶ屋台の料理を食べたわけではないので、価格など分かりませんが間違いなく手軽に家族などで楽しめる所です。

20180627 Bangsen 11

一人のオッサンが長居する所でもないので、ソンテウを降りたロータリーまで戻りました。待つことなくビーチ沿いを走って来たソンテウに乗りましたが、例の赤い6088番系統で今度は行先表示板は黄地で赤文字、そして書いてあるのは全く同じ「ノンモン หนองมน 」「バンセン บางแสน 」です。

20180627 Bangsen 12

もうこのソンテウは笑うしかないのですが、今度は運転手に何も聞かずに乗りました。ノンモン市場に行かなくても構わないと思いながら・・・そうしたら、ちゃんとノンモン市場の横に戻りました(画像下)。10バーツでした。全て結果オーライですが、さっぱり分からないままです(笑)

20180627 Bangsen 13

さぁ、寄り道しましたが目的のソンテウの旅を続けましょう。バンセンビーチに行く前にチェックしていたシラチャ行きのソンテウに乗り換えるので、歩道橋を渡りました。ノンモン市場とバンセンビーチ間の赤色6088番系統ソンテウの動きは、以下ルート図の通りです。

20180627 Map

そうそう、バンコクから直接バンセンビーチに行きたい方は、エカマイの東バスターミナルからシラチャやレムチャバン行きのバスに乗ってノンモン市場で降りて、私のようにソンテウで行くのが一般的かと思います。このバスに関しては後日使いましたので別エントリーで詳しく書きます。

20180617 Bus

次回に続きます。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.06.27 | コメント(4) | タイ・トラベル

コメント

バンセンビーチ紹介ありがとうございます

こんにちは
ソンテウのつくりにもっと違いがあるかと思ったのですがこの辺りバンコクからは同じようで、北タイのチェンマイ辺りのソンテウと屋根の形や取り付けがちがいますね。
スクムビットより海側が栄えているところが多く幹線で右折できる場所( Uターンかも)がソンテウのルートに影響して理解できていないと交通規制で変化したときに慌てそうです。記事は楽しく読めるのですが実際長時間乗るとつらそうでALSTERさんはここでもまさかのステップ乗りですか。混みこみで5分程度なら私もステップ乗りにしますが長時間は無理です。まだ2本以上乗らないとナクルアにも着かないようでご苦労様です、でも期待しています。

2018-06-27 水 14:29:29 | URL | 地図マニアBK #GLqDPhX2 [ 編集 ]

Re: バンセンビーチ紹介ありがとうございます

地図マニアBKさん

コメントありがとうございます。

ソンテウ・サムローと地方それぞれで面白いですね。別シリーズで(まだ先になりますが)ナコンサワンのソンテウはかなり解明したのですが、面白い特徴があるのでそれを忘れずに書くつもりです。

ソンテウ、ずっと立ち乗りです(汗)ただ・・・シラチャで疲れて引き返し、別な日にそこから再スタートでした。

ありがとうございます。

2018-06-27 水 19:14:31 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

懐かしいです

アルスターさん、こんにちは。
チョンブリとかシラチャとか、とても懐かしく思わずお便りしました。
私は1996年〜2003年ごろ、勤めていた会社のシラチャの工場へよく出張しておりました。
休日、シラチャ沖のシチャン島の浜辺でボーッと時間が止まったような贅沢な体験、今でも忘れられません。 シラチャ界隈は今と当時では大分変わってしまったんでしょうね。

お体大切に、頑張ってください。

2018-07-01 日 13:54:56 | URL | ネモ #- [ 編集 ]

Re: 懐かしいです

ネモさん

コメントありがとうございます。

前在住時からシラチャは日本人が多い所と知っていましたが、私は行く機会はありませんでした。当時はバンコクを離れてもカラオケが多い所でも知られた地でした。私自身は仕事では無縁で。カラオケにゴルフも全くしないので興味がなかったのですが・・・今回の旅で訪れて、海が近く明るい街の印象で好感を持ちました。

シラチャの街も詳しく書く予定でいます。

2018-07-01 日 20:52:08 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR