バンコクからソンテウで行くパタヤ⑥ノンモン市場~シラチャ

バンコク都心部からソンテウだけを乗り継いでパタヤまで行く・・・ソンテウを乗り継ぐ途中の町が主役の「ソンテウで行くパタヤ」シリーズの第6回目です。

前回の第5回目はちょっと寄り道してノンモン市場からバンセンビーチに行きました。そこは首都圏に住むタイの人々にとって、ビーチに行くとなったら誰もが真っ先に考える所です。

20180627 Bangsen 10

まずはこのシリーズでの今までのエントリーと、スタートしてからのソンテウ記録です。
  第1回「都心~パークナム
  第2回「パークナム~チョンブリー
  第3回「チョンブリー行き方戻り方
  第4回「チョンブリー~ノンモン市場
  第5回「 ノンモン市場とバンセンビーチ

オンヌット~シーコンスクエア  1013番系統4番 8バーツ  50分
シーコンスクエア~パークナム  1096番系統    8バーツ 80分
パークナム~クローンダン     1140番系統   25バーツ 80分
クローンダン~チョンブリー    343番系統   25バーツ 70分
チョンブリー~ノンモン市場   6088番系統   15バーツ 60分
ノンモン市場~バンセンビーチ  6088番系統(往復)20バーツ 50分

20180426 Map4

「ノンモン市場 Nong Mon Market」にバンセンビーチから戻り、スクムビット通りを歩道橋渡ったすぐ下の所で待機しているソンテウに乗ります。

20180627 Nongmon 4

シラチャ行のソンテウはオレンジ色で1631番系統ですが「1631ด」とタイ文字が付くコーカイ路線のようで、「シラチャศรีราชา」「ノンモン หนองมน 」とあります。

20180718 Map 2

出発待ちしている歩道橋下のソンテウの奥には広場があって多くのソンテウが待機していました。これではあまり待つことなく出発しそうです。乗り込んで待つ事数分でスクムビット通りを南下して行きました。

20180718 Songthew 1

20180718 Songthew 2

ソンテウは快調にスクムビット通りを走っています。左手に国鉄の線路が見え始めた頃、右手は時々海が遠くに見えて来ました。海岸線を走りながらもいつの間にか高度を上げたようです。

20180718 Map 1

ステップ立ち乗りで40分ちょっと、ほとんど知らない地を走ったのでシラチャまであっという間でした。警察署に役所など公的機関の前を走りましたが、日本語表記がある事から日本との関係の強さを感じました。

20180718 Songthew 3

ソンテウはシラチャの中心部に入りスクムビット通りを離れ海に向かいます。中心部で降りようかと思いながらも、終点までのルートを知りたく乗り続けました。

20180718 Map 4

ソンテウは海に近い市場と時計台を通り、「Queen Savang Vadhana 記念病院」前が終点でした。全区間の所要時間が47分で15バーツでした。この後、ソンテウは病院内でUターンして復路へと入ります。

20180718 Songthew 4

海を見たくてソンテウで来た道をしばらく歩きました。海とスクムビット通りの間に広がる中心部は歩くのにちょうど良い広さで、初めての地ですが迷いようもありません。時計台手前の公園前で偶然、ナクルア行きのソンテウを見つけました。

20180718 Siracha 1

白地に青のラインが入ったソンテウで1631番、「シラチャศรีราชา」「ナクルアนาเกลือ」とあります。ナクルアはパタヤのすぐ北側なので、そこまで行けばパタヤへのソンテウはすぐ見つかるでしょう。

20180718 Songthew 5

意図せずに次に乗るソンテウがすぐ分かったのですが、そのままナクルアへ行かずにシラチャの町を見る事にしました。18年前からシラチャに日本人が多い事は知っていましたが、全く無縁の町でした。今回が初めてのシラチャです。

20180718 Siracha 2

時計台近くで海に出てみました。何度か細い路地に入っては引き返し、やっと桟橋に出ました。海側から見る街並みは小高い丘と海外線の間の狭いエリアにビルが立ち並び、町が豊かな感じが強くします。

20180426 Si Racha

海沿いを歩くとここが昔は中規模の漁村だった事が分かります。たぶん漁業が町の主な産業だったのでしょう。それが周辺に工業地帯を整備し、いち早く進出した日系企業によってタイの人々に豊富な労働選択肢を提供し、さらに日本人が多く住む町へと変わっていったのだと思います。

20180718 Siracha 3

20180718 Siracha 4

実は、前在住時(2000年 - 2003年)への私的なイメージはあまり良く無かったです。単身赴任者の日本人が多い事は知っていて、日本人向けのカラオケがずらっと並んでいると聞いていたからです。海外で日本人が集まる所やカラオケが昔から苦手でしたから・・・

20180718 Siracha 5

そんな印象が変わりました。まぁ、カラオケ街はありましたが、夜に私がここを歩く事はないし、町全体が明るく感じたのは好きな海がすぐ近くにあるからかも知れません。

20180718 Siracha 6

さて夕方前には帰りたいので今回もショートトリップをここで中断する事にしました。この町で一番賑やかそうなロビンソン・デパート周辺でエカマイ行きのバスを尋ねました。

20180718 Siracha 7

ロットゥーは近くで見かけましたが、苦手なので大型のバスにしたいのです。何人かに聞いて「ツクコム Tukcom」と言う所?から出ている事を知りました。言われるままにスクムビット通りをパタヤ方面に向かって歩き20分ぐらいでしょうか、中型の商業ビルがツクコムのようです(画像上)。

20180718 Bus 1

ツクコムの中でバス発着所を聞いたらすぐ横の雑居ビル1階を教えてくれました。切符を買ってこの待合所でバスが来るまで待つようです。バスはレムチャバンからシラチャ、ノンモン、(チョンブリー)を経由してエカマイ行きです。

20180718 Bus 2

20180718 Bus 3

私は渋滞の中をエカマイまで行かずにオンヌットで降りて路線バスで戻るように帰りましたが、シラチャ~エカマイが86バーツでした。

次回はシラチャから最終目的地のパタヤに向かいます。

広告等一切なく(PC表示上)、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントを頂けたら幸いです。なお、ご質問は大歓迎で一生懸命お答えしますが、それが役に立ったのか?立たなかったのか?など後でご一報下さい。

2018.07.18 | コメント(6) | タイ・トラベル

コメント

楽しく拝見しています。

こんにちは(^^)/
毎日、暑い日が続きますが少しは日本になれましたか?(^^♪
私が帰省した訳でないのですが、タイの情報が懐かしく思えます!(^^)!私がパタヤに行くときはネットで空港から直通バスの予約をして一番分かり易く迷わないようにします(情けない限りです)相変わらず自由に動かれるALSTERさんは羨ましいです(^^)タイの人達の生活や街が良く見えますね(__)

2018-07-19 木 08:13:50 | URL | matu #- [ 編集 ]

Re: 楽しく拝見しています。

matuさん

コメントありがとうございます。

いやぁ~、帰国したと同時に日本は暑さが増して・・・毎日タイより暑いと思っています(笑)

タイで働いている方々やご旅行の方々と違って私は時間だけはたっぷりあった年寄りなので、遠回りも楽しみなロングステイの日々でした。ブログの中でタイの庶民の人々やその暮らしが少しでも書けていたら良いのですが・・・

まだまだタイで書きたい事がたくさんあるのですが、日本では時間が少し足りないで困っています。

2018-07-19 木 16:32:45 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

20年近く前ですが、移動は自力だったので、エッカマイからバスに乗ってロビンソン近くのバス停の風景を必死で覚え込んで降り間違えないようにしたのが懐かしいです。
その後、私は会社を変わってアユタヤの工業団地で生活し数年後にドイツに移ったりしたのですが、アルスターさんの記事を読んで素朴な海(シーフードのお店も最高でした)があるシラチャにまた行きたくなりました。
シラチャのお話ありがとうございます。

2018-07-19 木 19:34:40 | URL | ネモ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ネモさん

コメントありがとうござい。

私は北ドイツに7年暮らした後にタイに赴任したのが18年前なので、ちょうど逆みたいですねぇ~

シラチャでは食事する機会が無かったのですが、お楽しみいただけたら幸いです。

2018-07-20 金 15:32:59 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

TUKCOM

遅レスですみません
やっとナクルア行きの白色ソンテウに遭遇のようですがTUKCOMビルが出てきて気になり調べてみるとチョンブリーに4箇所もTUKCOMが在るのですね。ソンテウの話題からはずれますが、サウスパタヤに昔から在るTUKCOMはITモールで納得できるのですが他の TUKCOM は Harbor Pattaya のように Harbor Land (屋内遊戯場?)併設でショッピングモールも乱立気味なのとITだけでは集客できないのかもしれません。パタヤでテナントのAmornグループ(電気部品、修理店)も10年ほど前からお菓子も並べて売ってるし電気部品屋も苦労してそうです。
市場と同じようにPCパーツや部品屋があると入ってしまうのでつい TUKCOM に反応してしまいました。

2018-07-29 日 13:12:36 | URL | 地図マニアBK #GLqDPhX2 [ 編集 ]

Re: TUKCOM

地図マニアBKさん

コメントありがとうございます。
また、体調を崩してしまいレスポンスが遅れてしまい、大変申し訳ありません。

TUKCOMはチョンブリーでも見ましたが入りませんでした。シラチャのTUKCOMは1~2階だけ見ましたがITモールに思えませんでした。それより、日本の銭湯みたいな施設がある(施設外かも)のに驚きました。バス待ちの時間がたっぷりあったら銭湯に入りたかったのですが・・・

2018-07-29 日 19:18:13 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR