かなりのアメフト好き

今朝のアトランタからのテレビやラジオは、昨日行われたNFLディビジョナル・プレーオフで劇的に勝ったアトランタ・ファルコンズの話でいっぱいでした。

試合残り時間31秒でシアトル・シーホークスが逆転。そしてその後残り時間8秒でファルコンズが再逆転。信じられない勝利でNFCチャンピオンシップに進みました。スーパーボールに進出まで後一勝です!

自分の画像がないので、今回の画像はUS TODAYから拝借しました。
Falcons

もちろんファルコンズ・ファンの私は昨日・日曜の午後からテレビ観戦で応援していましたが・・・
実は試合内容はそれほど良くなく、前半戦まで圧倒的に勝っていたファルコンズが後半になってから歯車が狂いだし、ずるずると相手に得点され、やはり「プレイオフの大一番では弱い」の定説通りかと一時はあきらめかけていた試合でした。
最終的に勝ったものの、大一番では弱いファルコンズが出た心配する内容だったのです。
さて、あまり楽しい事がないアメリカ暮らしですが、その少ない私の楽しみの一つにこのようなアメリカン・フットボールのテレビ観戦があります。
実は、それはアメリカに住むようになってからではなく、19080年代後半からずっと続いていることなのです。

きっかけは1980年代後半に何度かアメリカに出張することがあって、その時にホテルの部屋で観たテレビだったのです。
当時は一度出張するとアメリカを転々と車で移動する事が多かったのですが、もちろんその頃はパソコンもなく、一日の仕事が終わればホテルでテレビを観るぐらいしか無かった時代。ドラマなど分からないので、動きを見ているだけでも面白かったアメフトにチャンネルを合わせていました。

ルールが分からず、好きなチームが無くても、他のスポーツではあり得ないような迫力に圧倒され惹かれました。
そんな時に1987年か1988年の冬だったか・・・日本からアメリカに出張し、たまたま週末の休みをシカゴで過ごした事がありました。

雪が舞うすっごく寒い日でしたが、一人でシカゴ・ベアーズの本拠地ソルジャー・フィールドまで行ったのです。チケットなど買えるわけがないのですが、雰囲気だけでも味わいたくて・・・スタジアムの周辺で見るからに恐ろしそうな黒人達のファンに話しかけら、そこでHCマイク・ディトカやLBマイク・シングレタリー(あだ名がサムライでした)のファンであることを話し、いきなりのベアーズ・ファンになっちゃいました(汗)

本当はQBジョー・モンタナやWRジェリー・ライスが神がかり的で全盛時のサンフランシスコ・49ersファンだったのですが・・・(笑)

1900年代はドイツに住んでいたのでアメフトからは遠ざかっていましたが、それでもNFLヨーロッパみたいな組織があってテレビ中継もやっていました。そう言えば日本人選手も居たような記憶もありますが、いまひとつ盛り上がらない内容でした。

1998年~2005年は日本でのBS観戦とタイでのスポーツBar観戦でしたが、2005年にアメリカへ来てからはカレッジ・フィットボールも観る様になり、地元ジョージアのチーム以外にもオレゴン・ダックスのファンであることは何度かブログに書いていますね。

カレッジを観る様なってからは、自宅にDVDと(アメリカでは少ない)HDDレコーダーを合計5台設置して(今は2台だけ)毎週末は録画しながらも次々と試合を観ています。
カレッジを観ると大学から好きな選手を追いかけられるので、NFLも更に面白くなり楽しさ倍増なのです。

さぁ来週はNFCチャンピオンシップ! 昔ファンだったサンフランシスコ・49ersと今は地元としてファンのアトランタ・ファルコンズがぶつかります。

49ersはQBアレックス・スミスに代わって今シーズン途中から登場したQB Colin Kaepernickコリン・キャパニック(ケイパーニック?)が要注意ですねぇ~
この前の試合でなんと180ヤード超のラン!QBとは思えない俊足で相手CBさえも追いつけない走りには驚きました。

49ers QBキャパニックが勝敗の鍵のように思えます。
49sers QB

そのキャパニックはネバダ大出身でMLB(野球のメジャー・リーグ)からもドラフトされた運動能力の持ち主。実は時々こうしたMLBとNFL両方で指名される選手がいます。大学時代に掛け持ちする選手もいるし、全く野球をしていない選手も運動能力だけでMLBから指名されたり・・・

そう言えばファルコンズで1990年前半にMLBと二枚わらで活躍したCB ディオン・サンダースは有名です。アトランタでNFLの試合の後すぐヘリでMLBの試合に行った実話が残されていますし、リターナーとしてすごいプレイを何度か私も観ています。

そうそう2005年からはファルコンズの試合を全て観ていますが、当時のQBマイケル・ヴィックがQBとしてのラッシング記録を更新する170ヤード超をした事もありました。まぁQBマイケル・ヴィックは闘犬問題などで一時NFLを去り、今はイーグルスで活躍していますけどね・・・

現在のファルコンズはHCマイク・スミスHCの就任以降のシーズンでは安定していますし、2008年ドラフト一巡目で獲得したBC(ボストン・カレッジ)出身のQBマット・ライアンがリードし、WRロディ・ホワイト、TEトニー・ゴンザレス(私はまだKCチーフスのイメージが強いのですが)、そしてアラバマ大出身2年目のWRフリオ・ジョーンズと多彩な武器で、まさに今がチームとしてピークではないでしょうか。
ぜひ、スーパーボール進出、そして頂点を目指して欲しいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.01.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR