今週末はお正月なのでタイ料理!

って・・・タイ王国の事なのですが、4月13~15日はソンクラン(ソンクラーンとも)と呼ばれるタイ正月です。

タイ最大のお祭りで日本では「水掛祭り」とも呼ばれ、全国的に相手構わず狂乱の水掛が行われますが、本来は家族そろってお寺に行き、仏像や仏塔に水をかけてお清めをし、家でも年長者の手に水をかけお清めをしたりして、タイ旧暦の新年を祝うものです。

エカマイ近くのお寺で
Songkran3

もちろん今でもその習慣は守られているのですが、若者を中心に無礼講でどんちゃん騒ぎしている事ばかり報道されています。

またこの時期はタイで一番暑い頃となります。そして祝日や連休が少ないタイで官民そろって休みが一年で一番長く取れる週にもなるので、ほとんどの出稼ぎしている人が田舎に戻ります。

その為にソンクラン前後は民族大移動となり地方への道路は渋滞が伸び、反対にバンコク都内はつかの間の渋滞知らずになります。またレストランから屋台まで多くの店がお休みになります。車が減ってお店も休みが多いバンコクなどの都会ですが、その分水掛の戦いはヒートアップして観光客は必ずターゲットになるので要注意です!

水掛戦士満載したピックアップトラックがバンコク中を巡回しています
Songkran2

私のタイ在住時、貴重な連休だったのでこの期間はバンコクから離れ、周辺のアジア各国に行ったり、タイの秘島に行ったりして過ごしていました。
バンコクにとどまると、在住の日本人もこの期間は狙われやすいので外出するのに大変です。

カオサン地区で見た水掛戦士?
Songkran1

一度だけわざわざバンコクで最も激しい水掛が行われるカオサン地区にも行った事があります。サンダルに安いTシャツ、カメラと小額紙幣は重ねたビニール袋で守ったのですが、濡れたまま乗った帰りのバスが冷房車で寒さに震えました。

カオサン地区で見た被害者?
Songkran4

そんな思い出がいっぱいのタイのソンクランに思いをはせて、今週は本ブログで御馴染みのタイ料理「パット・ガパオ」(挽肉のバジル炒め)を食べ続けています。

ガパオご飯は日本で言えばカレーライスやラーメンのような誰もが好きな屋台の定番料理です。お昼に何か迷ったら、とにかくガパオご飯にする・・・そんな事が多いです。現地ではパット(炒める)ガパオ(バジルの葉)の後にガイ(鶏肉)やムー(豚肉)あるいはヌア(牛肉)と挽肉の種類を指定して、ご飯の上にかけてもらいます。この時に一緒に目玉焼きを乗せるのも定番です。

Pad Gaprao beef

味は基本的に甘辛く、そこにバジルの清涼感が伴い、ご飯が本当に進みます。また材料入手が容易で作り方も簡単なのが特徴です。
タイの魚醤「ナンプラー」さえアジア系のスーパーで買っておけば、タイホーリーバジルが無くても別なバジルで作れるので、アメリカ南部の田舎町でも簡単に作れる料理なのです。

私の場合材料は玉ねぎ、パプリカ、マッシュルーム(出来たら椎茸にしたいけど)に(その時の気分で異なる)挽肉。調味料はナンプラー以外は砂糖にみりん、日本酒、醤油、鷹の爪、そしてその時にある出汁の素かそばの汁か中華だしのような何か味に厚みを増せるものを適当に入れています。
基本的に甘みも辛味もバジルの清涼感も・・・自分の好みでいくら変えても失敗しない料理ですし、タッパーに入れて保存も楽なので得意料理になっています。

遠いタイの最大のお祭りに思いをはせ、一人アメリカ南部でタイ料理です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.04.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食いしん坊録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR