デコイは拡張中? California / Decoy Sonoma County Pinot Noir 2011

先週末から最高気温が30℃を超えるようになったジョージアです。
私の住むアパートにはプールが二つもあるのですが、そのプールもオープンして子供たちの遊び声が毎日暗くなるまで続いています。そう言えばそろそろ学校も夏休みに入る頃かと思います。すでに入ったかなぁ~?

そんなわけでいよいよ夏本番、そうなると白か泡を飲むことが多くなり、赤でもカベルネは重たく感じて秋まで飲まなくなるのが毎年の傾向です。

同じ赤でもピノ・ノワールは一年を通して飲むことが出来るのですが、それはただ単に私がピノ好きだからかも知れませんね。

そんなピノ好きにとって最近嬉しい発見がありました。
以前このブログ「ダックホーンのワイン」でも書いているのですが、ダックホーンのワインを私は安心して買う事が出来る外れがない信じられるワインだと思っています。そしてダックホーンのセカンド的位置づけのデコイにピノ・ノワールがあることを知ったのです。

ダックホーンと言えばメルローのイメージが強いですし、メルローでアメリカの代表的なワインとも言える「パラダックス」のブランドも持っています。また、ピノだと「ゴールデンアイ」のブランドを持ているのですが、より広範囲に葡萄を仕入れることによって価格を下げた「デコイ」にもピノ・ノワールが登場です。

Decoy PN

これって以前からあったのでしょうか? 私は見た記憶が無くて今年になって初めて見たように思えます。また同時にデコイのシャルドネも同じ店で見ているのですが、シャルドネもデコイにあったか??
何しろロサンゼルスでのワイン店巡回が半年も出来ていないので、あまり確かとは言えないのですが、どうもデコイはそのラインナップを拡張しているように思えてなりません。

と言うことで本日のエントリーはDecoy Sonoma County Pinot Noir 2011 デコイ・ソノマ・カウンティ・ピノ・ノワールです。ジョージアの自宅に近いThe Fresh Marketで25ドルでした。ちなみに同じデコイのシャルドネもこの店で20ドル。ちかく紹介予定です。

元々私自身が好きで信頼しているダックホーンですから、セカンドと言っても間違いはないだろうと思っていましたが、ピノ・ノワールで25ドルは私的にちょと危ぶむ価格帯です。結果から言いますと「なかなか良いピノで、さすがにダックホーン」と思いました。

華やいだイチゴ、ブルーベリーのような香りに少しコーラのようなニュアンスも感じ、味わいを深くしています。デコイのカベルネを含んでダックホーンに共通する密度の濃さも感じます。

いやぁー、この価格のピノとしては満足なのですが、どうしても好きなTALBOTTのピノと比べてしまいますねぇ~ まぁ価格が気になる貧乏人だからでしょう(笑)
デコイだけでカベルネ、ピノ、シャルドネと揃えでも間違いないですね・・・あっ、ダックホーンで肝心のメルローが抜けていますね~

今日は最初からワインの話ばかり・・・実に久しぶりなような気がします(汗)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.05.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ワイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR