6月のベストワイン

タイ・バンコクに入りました。明日はシンガポールに移動です。

タイでは相変わらず路地歩きと市場巡りをしています。東洋のベニスと呼ばれたバンコクですが、今では高層ビルと渋滞の街になりました。そんな開発の嵐の中に残る庶民の生活を肌で感じられる所を探し回ります。

バンコクで最も開発が進んでいるのがスクムビット地区ですが、ガイドブックにもインターネットにもまず書かれない生活密着型水上バスが現在も活躍している運河があります。プラカノン運河!日本人密集度が一番高いトンローからたった二駅先のプラカノンにある市場から、国際空港に近いシーナカリンを結びます。

Phra Khanong Boat

運河に面した家は自前の桟橋を持ち、子供たちは水浴遊び、運河に面したお寺も多く参拝者も使っています。また画像のように観光用ではない水上の物売りも見られます。ボートに乗ると乗船客全員からずっと話しかけられ、周辺があまり見られないのが難点(笑)

Kloog Phra Khanong

タイの人々は恥ずかしがりやですが、庶民の生活の中に入ると、気さくでお節介で話好きです。それが魅力でこんな旅を続けているのかも知れません。

さて、二週間ほど前でしょうか、インドネシアでの野焼きによる煙で大気汚染が深刻だと報じられたシンガポール。果たして今はどうなのでしょうか? ちょっと心配ですねぇ・・・

煙るシンガポールは全くイメージに合わないです。バンコクなら何となくそれもありかなぁ~とは思うのですが、美しく整備された街が煙に包まれていたら、がっかりですね。

さて夏休みの旅の間に7月に入ってしまいましたので、6月の月間ベストワインをまとめてみましょう。
6月は夏休みが近づくにつれて気分が高揚してしまい、普段より高いワインを開けてしまった感があります。それだけに迷うことなくベストワインが決まりました。

No.1はWALTER HANSEL Cahill Lane Vineyard Pinot Noir 2009 ウォルター・ハンゼル ケイヒル・レーン ピノ・ノワールです。
大好きなピノの中でも、好みのストライクゾーンど真ん中に近いワインでした。コストパーフォーマンスも素晴らしく、見かけたら絶対に買うべきワインです。

Walter Hansel PN CLV

No.2はArgyle Brut Willamette Valley Brut 2008 アーガイル ブリュット ウィラメット・ヴァレーです。泡が月間ベストに入るのは初めてでしょうか? 柑橘系の香りが特徴的なオレゴンのスパークリング。これもコストパーフォーマンスが素晴らしく、見かけたら買うべきワインです。(エントリー記事はまだなので、月間ベストに入れるのは反則かな?)

Argyle Brut

No.3はCrossBarn Sonoma Coast Pinot Noir 2010 クロスバーン ソノマ・コースト ピノ・ノワールです。大好きなPaul Hobbが展開する新ブランド「クロスバーン」、6月だけでシャルドネ2と合わせて4本も飲んでしまいました。

CrossBarn PN Sonoma Cost

惜しくもベスト3には入りませんでしたが、Newton The Puzzle Spring Mountain Estate Napa Valley 2009 ニュートン ザ・パズル スプリング・マウンテン ナパ・ヴァレーはベスト1でも当然なワイン。ピノ・ノワールに特別な思いがある私なので、ベスト3入りを逃しました。
それと、CrossBarnクロスバーンのシャルドネも特筆すべきワインでした。

こう思い返すと、6月はなかなか混戦でしたねぇ~ たまにはこんな幸せな月もあって欲しいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.07.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ワイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR