I-94用紙廃止後のトラブル

今週のエントリーで書いているように、現在テキサス州のメキシコ国境沿いの町に滞在し、毎朝メキシコに車で行って仕事、夕方アメリカに戻る事を繰り返しています。

そのメキシコとの陸路での行き来の中で、先日このブログで紹介した「出入国審査の変化 I-94用紙廃止」に関係して、ちょっとしたトラブルを経験しました。

そのトラブルの原因ですが、非移民ビザで米国に入国する際に必要とした出入国記録カード(I-94)が今年の5月から6月にかけて電子化され、それまで機内(あるいは船で)で配られていた紙のI-94が廃止されたのに、陸路で米国に入国する際は以前の紙のI-94がまだ必要な事から生じました。

私はI-94用紙が廃止された直後の7月上旬に(休暇をアジアで過ごし)アメリカに戻りました。その際にすでに本ブログでも書きましたが、それまで幾度も経験した機内でのI-94の配布がなく、実際に入国審査時にI-94が必要ありませんでした。

従って入国審査官がスタンプしたI-94の入国記録部分が私のパスポートに付けられなくなったのです。これは米国で働いていて初めての経験でした。

ちなみに、私はアメリカの会社に米国で就労できることを証明する為に、入国の度にI-94をコピーして渡す必要があったので、その為に国土安全保障省・税関国境警備局(CBP)のWEBサイトからダウンロードして対応しました。

それで今回・・・・
パスポートにI-94の入国記録が無いままメキシコに行って、夕方車でアメリカに戻ろうとした時、当然アメリカ側でパスポートチェックがあるのですが・・・

メキシコ側の税関検査所
Mexico Border

過去全く問題なかったアメリカへの入国審査ですが、係官が「I-94がない!」と言うのです。私は「I-94は電子化されたから無いの」と説明しても聞き入れられず、車をちょっと離れた場所に止めて、さらに入国審査の事務所まで行きI-94を作成する事を告げられました。

仕方なしに入国審査の事務所に歩いて行って、まっさらなI-94を飛行機の中で書くようにするのかと思ったら・・・窓口でパスポートを提出、住所など告げると係官がコンピューターに入力し、印字された(見慣れたI-94の入国記録の)半券が渡されました。

その時「陸路だけが電子化されてないのか、不便だなぁ~」ぐらいに思っていたのですが・・・なんだか係りの人がお金を要求しています。6ドル!! これって手数料? ペナルティー? 

アメリカが勝手に空路と航路でのI-94を電子化し、電子化に対応していない陸路での入国にはI-94を要求し、手数料?を取るなんて・・・まったく納得できないのです。だって空路で(費用が発生しない)I-94を書いていたら、陸路で入国する際に全く問題ないのですから!

この後冷静になって次回のためにこんな時間的と金銭的ロスを防ぐ方法を考えたのですが、防ぐ方法がないのですよねぇ~

私の今のパスポートには6ドルかかったI-94がパスポートに付いていますが、例えば来週空路でアメリカ以外の国に行ったら、そのI-94は回収されてしまい、その後空路でアメリカに入国する時はI-94がないことになります。
それでその後に今回のようにメキシコに陸路で行ってアメリカに戻れば・・・また入国審査で引っかかり、時間と6ドルをロスすることになります

念のために次回上記のような事があれば(十二分にあり得る)、国土安全保障省・税関国境警備局のWEBサイトからダウンロードして印刷したものを提示してみるつもりですが、用紙がまったく異なるので間違いなく受け付けてもらえないでしょうなぁ~

これって全く納得行かないのですよねぇ~ 何か良い方法があるのでしょうか?

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.08.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR