世界の巨大建造物25選 その2

アメリカって、古くから「大きなもの=良い」なんて考え方があるように思えます。その結果、高層ビルやドーム球場から巨大ショッピングモールがたくさん出来たのですが、最近はそんな話を聞きません。

耳に入る「世界一の○△×」なんて話は中国かオイルマネーで潤った中東あたりからに変わりました。
先進国に急いで追いつきたい気落ちは分かりますが、高層ビルや道路から鉄道、橋など巨大化して外見を立派に見せても、中身が伴わないように思えて心配になることもあります。

以前、上海に住む日本人駐在者が話されていたのですが、高層マンションなど立派に見えるがガスの工事など手抜きが多く、事故も報道されないものがたくさんあるようです。
私もバンコクで高層階に住んでいましたが、一番の心配は火事でした。建物や部屋の施設に対する規制はいい加減だろうし、高層ビルに対応する消防になっていないのは見てすぐ分かります。それに消防が迅速に動けるような道路状況でもないです。

建物自体もそうですが、電気・ガスなどの見えない部分の手抜きも多いでしょうから、新興国の都市部って、ホテルに泊まるのも実は心配なのですよねぇ~ もっとも私はプライベートでのアジアへの旅行は安宿ばかりなので、せいぜい2~3階ぐらいの建物ですが(汗)

さて今回は続きなので、早々?に本題に入りましょう。
CNNが発表した世界の巨大建造物25選の続きです。

4. タージ・マハル(インド・アグラ)

いやぁ~、ここは悔しい思いをした惜しいところです。タイ勤務時にインド各地を出張していた時、最後がニューデリーで現地の方が車を手配してくれたのですが、私だけが急ぎの用事でバンコクに戻り、一緒に行ったタイのメンバーは行って来たのです。

5. シベリア鉄道(ロシア)

仕事でよくシベリア鉄道経由の貨物を扱いましたが、個人的な興味はなし(あっさり)

6. ブルジュ・ハリファ(アラブ首長国連邦・ドバイ)

またドバイですねぇ~ どんだけお金があるのでしょう。興味なしです(笑)

7. 明石海峡大橋(日本・明石海峡)

世界最長のつり橋ですって。広島への移動中に見ただけで、渡ったことはないです。って言うかぁ~ 四国はほとんど知らないのです。行きたいけど・・・リタイア後かなぁ~

8. ホワイト・パス・アンド・ユーコン・ルート鉄道(カナダ)

これは面白そうです。思わず地図で確認しましたが、アラスカと接する所ですね。死ぬ前に一度は見たいオーロラも見えるようですから、アメリカに居る間に子供たちと行きたいものです。

9. 東京スカイツリー(東京)

今年7月で念願かなって家内と行ってきました。上に登るのは一回で十分ですが、ソラマチは何度かチェックしたいものです。

Skytree in Glass

10. 国際宇宙ステーション

うーーん、微妙な建造物です。行きたくても無理だし、実感として興味がわかないのはナゼでしょうか・・・

11. テオティワカン(メキシコ)

メキシコは仕事だけですが、通算したら10回以上行っています。メキシコシティーから車で行ったプエブラ(世界遺産)は印象的でしたが、遺跡は行ってないのでアメリカに住む間に行きたいものです。

12. パナマ運河(パナマ)

運河はなぜか強い興味を感じます。今もバンコクへの旅の目的ですし、ヨーロッパにある数箇所の運河にも深い興味があります。またナイアガラの滝で船が航行出来ないからか、オンタリオ湖とエリー湖を結ぶ運河が地図で見れるのですが、これも興味があって見たいのです。なぜ作ったのか?どう工事したのか?どのように利用しているのか?高低差の中で移動方法など・・・考えただけでゾクゾクします。

13. 台北101(台湾・台北)

大昔に台北は1年ほど住んだことがあるのですが・・・最後に訪れたのは2001年ですねぇ~ 台北も大きく変わったことでしょう。

14. グランドキャニオン・スカイウォーク(米国・アリゾナ州)

グランドキャニオンは二回ほど行っていますが、スカイウォークなんか無かったなぁ・・・ 世界的に有名な観光地なのに、崖に柵などなくて簡単に滑り落ちそうな気がしたものです。

15. 上海環球金融中心(中国・上海)

中国で最も有名なホテルだろう改装前の和平飯店に泊まった時はすごく印象的。古そうな街並みは面白げでしたが、どんどん取り壊されてビルに変わる街にはがっかり。

16. ミヨー橋(フランス・ミヨー)

世界一高い橋だそうです。何度かスペインとフランスを行き来するのに近くを通っていますが、2000年以前のことでこの橋は知りません。近くには名門地ではないですが、葡萄畑もありそうですねぇ~

17. ロンドン地下鉄(英国・ロンドン)

世界初であるのは分かりますが、私的にはパリの地下鉄のほうが魅力的です。

18. 関西国際空港(大阪)

大阪は仕事の関係が深く完成直後にドイツから入ったり、その後もヨーロッパやアジアとの行き来で使いましたが、アメリカで働き始めてさっぱり関係がなくなりました。

19. フーバーダム(米国・アリゾナ州・ネバダ州)

普通に近くを車で何度か通っていますが、わざわざダムを見に行った事があるかなぁ~  仕事で一緒に出張中だったドイツ人たちに誘われてダムまで行った記憶がなんとなくあるのですが・・・あまり印象の残っていないですねぇ~

20. ギザの大ピラミッド(エジプト)

行った事がありません。私的「死ぬ前に一度は行きたい地」のひとつです。是非行きたいのですが、治安状況次第ですね。

21. ゴールデンゲートブリッジ(米国・サンフランシスコ)

ここも普通に車で何度か通っています。たぶん将来も何度か通るでしょう、だってワインがあるし・・・

22. エッフェル塔(フランス・パリ)

息子が小さい時に肩車して階段で登りました。そう言えば東京タワーも何度か階段で登りましたが(だって安い!)、もうそんな事が出来る塔は出来ないのでしょうねぇ~

23. コンフェデレーション橋(カナダ・プリンス・エドワード島)

構造物とは言え、大自然系のような感じがして興味ないです。とにかく周辺は大自然しかないのは間違いないでしょう。

24. コロッセオ(イタリア・ローマ)

行きたいです! 実はドイツ在住時にヨーロッパ各地を旅行しましたが、ローマだけは意識して行かずにいました。リタイア後に家内と行く約束で楽しみにしている地です。

25. CNタワー(カナダ・トロント)

二度目に登ったのが去年です。オンタリオ湖が目の前のためか、眺めは東京スカイツリーより迫力あるように感じます。

Toronto

これでCNNの25選は終わりですが、私的には大きな疑問があります。
アンコールワットがなぜ入っていないのか? 古ぼけた大きな石を積み上げただけ?のピラミッドよりなんと芸術的で神秘的なことか・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.09.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR