パーシーチャルーン運河ボート活用術


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月1日、今朝のバンコク(の端っこ)は薄曇。毎朝同じで、夕暮れと同時に雨が降る日が続いています。

8月ですねぇ~ 日本では夏本番、お休みでタイに来る方も多いのではないでしょうか。まずは安全と健康を最優先で、その上でたっぷり楽しんで欲しいものです。

昨日も祭日でカオパンサー(入安居)と言うそうです。僧侶たちが3ヶ月間の修行に入る日だそうです。どうぞ無事修行に入れますようにとアパートから見えるワット・シーイヤムに合掌です。


さて前回のエントリー・・・最初がパーシーチャルーン運河ボートび途中乗車の途中下車だったので、次の土日にタラートプルー周辺の散策ついでに全線制覇をしに行きました(笑)
Boat 2

このパーシーチャルーン運河はバンコク・ヤイ運河からターチン川まで見事に真っ直ぐ伸びている運河です。ターチン川沿いの町からトンブリ、バンコク中心部へと物流で大活躍した運河である事は想像するに容易です。

Map
その運河でボートが運航されている区間は、バンコク・ヤイ運河に接続する水門手前にある「プラトゥーナーム・パーシーチャルン船着場」から「ペットカセーム69船着場」までです。

下の案内図にあった路線図は上が南で逆に書かれています。左端のP1が「プラトゥーナーム・パーシーチャルン船着場」。右端のP15が「ペットカセーム69船着場」です。
Map 2

この日は冒頭の通りタラート・プルーから歩いてワット・クンチャンへ行き、ダーン運河を渡りワット・パークナム参拝後にパーシーチャルン運河水門から運河ボートに乗りました。土日の運河ボート運航が毎正時にスタート船着場を出るので、1時間に一本。その時間を見ながら参拝などして時間調整です。

スタートのプラトゥーナーム・パーシーチャルン船着場はこの画像手前。先に見えるのはワット・パークナムです。午後1時、船が定刻通り来たので乗り込みます。
Wat Pak Nam

ボート内はこんな感じです。センセープ運河ボートやプラカノン運河ボートに比べて椅子が高いので座りやすく、ほとんど水しぶきもないので安心して景色を楽しめます。ちなみに乗降口近くの屋根に(路線バスやソンテウと同じ)降船ボタンがあり、お一人押されていました。私ももちろん押しました(笑)が、大勢降りる雰囲気の時は押されません。
Boat

途中にはこんな野菜売りのボートが・・・他に煙を上げながら肉を焼いていたサテ売り舟にクイッティアオ売り舟も見ました。今も活躍しているのですねぇ~
Seller

バーンケー市場の裏、最初にこの運河に乗ったワット・ニンマーノーラディー船着場周辺は「パーシーチャルーン運河水上マーケット」で、いい感じの木造長屋風造りです。ここのマーケットは別にエントリー予定です。
Wat Nimma Norad

終点のペットカセーム69近くのワット・ムアン。ここにも船着場があるので、次回はここで降りて参拝したいと思っています。
Wat Muang

終点のペットカセーム69船着場です。ボートは器用に運河幅ぎりぎりの中でUターンして船着場に横付けしました。周辺はペットカセームSoi69だけで特に見るべきものはありません。ボートはここで折り返しますので、そのまま乗っても大丈夫かと思います。
Pier 69

始発から終点までが55分~1時間ぐらいです。パーシーチャルン水門からサパーン・タークシン-ペットカセーム(BTSバーンワー)まで5~10分。BTSバーンワー駅4番出口に運河ボートへの案内表示がありますが、要は高架下を戻りながら運河に向かうだけです。BTSバーンワーに正時頃着けば、ペットカセーム69方面(運河に正対して左から来て右へ向かう)のボートに乗れます。

BTS高架下のサパーン・タークシン-ペットカセーム船着場
Pier under BTS

始発船着場だけですが時刻表もあります。画像では文字が見えないですね・・・すいません。平日の朝は6時~9時まで。夕方が16時~19時30分で、朝夕とも15分間隔です。土日祝日は6時~19時まで毎正時ごと。そして最終だけが19時半30分です。
Time

去年のニュースでは「安全のため全座席にライフジャケットを用意し、時速約10キロで運航する。各艇の位置情報をGPSで確認し、利用者は桟橋でボートの待ち時間を知ることができる」とありますが、全てそんな事はありません(笑)

前エントリーにも書きましたが、トンブリ側のMRTの工事がすさまじく、ペットカセーム通りなどものすごい事になっています。朝夕の交通渋滞はそれはキツイものでしょう。この運河はその交通渋滞緩和策としてスタートしたらしいです。

試験運用期間が終わった後も運航されているのは嬉しいですし、無料ですから、まだ試験運用的なのでしょう。私が乗った時も各船着場で乗降客のチェックがされていました。

それを考えると、パーシーチャルン運河と平行して走るペットカセーム通り上のMRTが開通すると・・・またバンコクの運河ボートがひとつ消えるのかも知れません。

乗るなら”今でしょう”(古いですか、笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.08.01 | コメント(6) | 水上/運河ボート

コメント

いつも楽しませていただいています

ALSERさん、こんばんは
いつもいつもALASTAさんのブログ記事を元にバンコクを散策して楽しませていただいています
今日はパーシーチャルーン運河ボートに乗ってきました
いつもはすんなりいくんですが今日は苦戦しました
ワットパクナムに行けば始発ボートに乗れるんだろうとMRTで出かけ、お寺の入り口でタールアはどこですか?と聞いて教えられたところが寺内の船着き場でした
それからもうひとつの船着き場も回り、やっとプラトゥ^ナームパーシーチャローンピアにたどり着いたのが12時20分でした
向いに運河ボートが止まっているので間違いないほっとしたんですが、乗り場でロンガンを食べていたおばあさんにあの船に乗れますよね?と聞いてみると、1時はない、4時まで船はないと・・・?
仕方なくまたMRTで次の目的地、ワットニンマンノーラディーの水上市場に向かいました
そこのピアで運河ボートが来るのが見えたので急いで乗り終点まで乗りました
おばあさんの話は間違っていたようです
終点で帰りは何時と聞くと、4時だとのこと
そのままワットニンマンノーラディーまで帰るつもりだったんですが、またまた仕方なく7番のバスでワットニンマンノーラディーの水上市場に戻りました
そこでクイティオを食べ、帰り便が4時に来るならと時間をつぶして待っていると4時半ごろでしょうか行きと同じボートが来ました
終点のワットパクナムまで乗るつもりだったんですが、行かないということで一つ手前のU Rot May Sai 9で降ろされ、船もUターンしていました
一人だけ観光客の方が行きの船に乗っていましたが、おそらく終点でだいぶ時間をつぶされたのでしょう、帰りの船でも一緒になりました
長々と失礼しましたが、いろいろと変化があったようです
時刻表や運航案内はどこでも見ませんでした

2019-12-21 土 21:58:38 | URL | kimcafe #ZxXOt7Ek [ 編集 ]

Re: いつも楽しませていただいています

kimcafeさん

コメントありがとうございます。

いやぁ~、難しいですねぇ・・・ 私ももう数えきれないほど似たような経験をタイでしています。公共交通機関に限らず確たる安定感を感じず、「今日あっても(よくても)明日はどうなるか分からない」のは東南アジア(シンガポールを除いて)で多く感じる事です。

そこで、ブログ本文やコメントに頻繁に書いていることで、私自身が海外暮らしの中で習慣的に身についた事でもあるのですが、常にバックアップ案を必ず考えておくのが大切になります。

まぁ、私のロングステイ中はそんなトラブルやうまく行かなかった事を楽しんでいましたが、ご旅行でタイを訪れた方々など、時間が限られていたり、コミュニケーションの問題もあって大変かと思うのですが・・・きっとkimcafeさんは思うように行かない事も含めて楽しまれているのではないでしょうか。

2019-12-25 水 15:55:20 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

いつも参考にしています

あけましておめでとうございます。
生活圏が近いため、いつもバスを乗る時に参考にしています。
バンコクに既にいらっしゃらないのが寂しく思いますが、膨大な情報、本当に助かっています。
さて、もしご存知でしたら教えて頂きたいのですが、セントラルバンナーからシーナカリン通りのパラダイスかシーコンへタクシー以外で行く方法はありますか?
もし見落としていたら申し訳ないです。

2020-01-03 金 21:55:32 | URL | はぐれ在住 #MT7t4nsM [ 編集 ]

Re: いつも参考にしています

はぐれ在住さん

ご質問の件ですが・・・あまりに馴染みの所なので、かなり驚きました(笑)まさに私のロングステイ中に週に何日か歩いて通った所です。

えっと、それで行く方法は直接一本で行ける路線バスもソンテウもありません。ワット・シーイアムかウドムスックで乗り換える必要があります。

ワット・シーイアムはバンナー・トラート通りからシーナカリン通りへ行くバスに乗り換えるのが大変(通りの反対側に行くのが)なのでお勧めではありません。

ウドムスック乗り換えなら、セントラルバンナーの2階から直接歩道橋に入り、バンナー・トラート通りの反対側(歩道橋すぐ下)のバス停から路線バス2番、23番、38番、45番、46番、48番、139番、180番などでウドムスック(BTS駅下)まで行きます。ウドムスクではBTS駅への階段を利用して道路反対側に行って、ウドムスックSoi3のパクソイ辺りで待機している赤いソンテウ1014番でパラダイスもシーコンへも行けます。

このルートは路線バスもソンテウも本数が非常に多いので、待つストレスはほぼありません。ただ、ソンテウ1014番は同じ番号で行先が異なるので、タイ語の行先が読めないなら必ず行先を確認して下さい。ソンテウは途中で大通りを外れて細い路地内を走るので驚かないで下さい。ブログ内「シーコン・スクエア 活用術」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-420.htmlにソンテウの詳しいことを書いています。

歩くのが好きで日課だった私ならですが・・・セントラルとBigCの間のSoi23をまっすぐ25分程度歩きシーナカリン通りへ出て(Soi56)、路線バス133番、145番、207番などでパラダイスもシーコンへも5分程度の乗車ですので、このルートを使います。セントラルバンナーからシーナカリン通りのバス停まで歩くには、ワット・シーイアム裏を通るのが20分程度と短いのですが、裏道で野犬も多いのでお勧めではありません。

懐かしい思いがいっぱいのご質問でした。

2020-01-04 土 19:07:44 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

ありがとうございます

とても詳しく教えて頂いてありがとうございます。
やはり直通はないんですね。
ウドムスックまで行ってソンテウ頑張ってみます!
ビックCとセントラルの間の道は、サッカー場までしか徒歩で行ったことがないのですが、25分くらいで行けるんですね。
お天気と相談してこれまたトライしてみます。

欲を言えば、セントラルからシーコン方面、枝分かれしてラマ9公園行きのソンテウかバスが通ってくれないかなぁ、なんて願っています。笑

2020-01-06 月 13:39:25 | URL | はぐれ在住 #MT7t4nsM [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

はぐれ在住さん

前回、書き忘れましたが・・・タイの方々なら、間違いなくビックCとセントラルの間の路地は歩かず、パクソイで待機しているモタサイを使い、シーナカリン通りまで出るか、そのままシーコンまで行くでしょう。でも、それならタクシーでそのままシーコンへ行くのと時間以外は大差ないように思えます。

お気をつけて在住生活を楽しんでください。

2020-01-07 火 07:00:34 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR