懐かしのラーメンは・・・


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月20日、今朝のバンコク(の端っこ)は晴れ。この数日は良い天気の朝です。

昨日も終日青空が広がり良い天気の一日でした。遠出はしなくて買い物だけの外出でしたが、日差しが強く歩道で融けてしまいそうな気分でした。

さて、数週間前ですが、バンコクに「九州じゃんがら」ラーメンがオープンしたそうなので、オープン直後に行って来ました。
Front

実は「九州じゃんがら」は九州ではなく秋葉原発進のラーメン店で、80年代後半だったと思いますが、秋葉原でもかなり奥まったパーツ屋さんが多い所にオープンしたのです。

当時、私はまだパソコン自作はしていませんでしたが、オーディオの趣味はこの時期が一番夢中になっていた頃です。同時に企業の中ではまだ設計者でしたので、仕事と趣味を兼ねて秋葉原は時間があれば行っていました。

当時の秋葉原って食べる所は・・・メインじゃないって言うか、お腹を満たす食堂、立ち食いそば屋、喫茶店は多かったのですねぇ~「食べられれば良い」みたいな雰囲気で、どんなに小さな店でも電気に関した店が大きな主流の街でした。そう言えばハードばかりで、アニメ文化発信地なんて想像出来ない所でした。

そんな電気街の中心、JR秋葉原駅からは遠く、中央通りからも離れた所にオープンしたのですが、80年代後半にはもう行列の出来る店でした。画像は九州じゃんがら公式サイトから拝借したものですが、オープン直後も今も全く同じです。
Akihabara 2

当時の東京のラーメンって言えば主流は醤油ラーメンで、熊の木彫りが置いてあった札幌ラーメンがチェーン展開してたぐらい、博多ラーメン「ふくちゃん」が築地にオープンしたは80年代最後だったか、勝どき橋が通勤ルートだった私はいち早く食べたものです。

そう言えば通勤ルートですが、深川から勝どきを渡り銀座を通り、三田の慶応前も通ったので、「ラーメン二郎」も通勤路でした(笑)

そんな時代ですから、最初に九州じゃんがらを食べた時は驚きでした。はまりましたねぇ~ 秋葉原巡回すれば必ず寄る店でした。カウンターに10人程度と角にぽつんと一人だったか・・・そんな狭い店です。
Akihabara

豚骨ベースの濃厚クリーミーなスープ。替え玉ありで、とろける角煮と味玉、それに明太子がインパクトでした(笑) そうそう「全部入り」と言う注文方法がありました。とにかく好きで、よく食べました(笑)

1990年からはずっと海外暮らしで行けなくなりましたが、それでも2005年ぐらいまでは日本へ戻ると必ずパソコン通信の仲間が秋葉原で迎撃オフ会を開くので、1年に一度は行ってましたねぇ~ 

さてバンコクにオープンした店、私には縁遠いトンローのJアベニューって言うのですか、そこにあるそうなので初めて行きました。ここって・・・昔はクラブがあって、タイの金持ち子供たちが箱遊びをしていた所だと思うのですが・・・8レーンぐらいのボーリングもあったような記憶もあります。ちょっと定かじゃないです(汗)
J-Avenue

まぁ前在住時から日本が色濃いソイで、当時は日本村(屋台村?)や駐在員が通う高級カラオケ「SHE」とかもあったように覚えています。トンローもエカマイの同じなのですが、ちょっと苦手で距離を置いていたソイです。

そのJアベニューの二階の奥、店はかなり大きなスペースですね。ラーメン勝負でこんな大きな店を保てるのでしょうか? ちょっと違うように思えるのですが、90年代にも銀座へ出店してすぐ閉店になった記憶が蘇りました(汗)

頼んだのは「角煮味玉入り」で285バーツ。ベースの九州じゃんがらは180バーツです。
スープ一口で記憶の獣系がしません。マイルド過ぎるのです。大人しいラーメンになっています。きちんと出汁を取っているのでしょうが、化調を使ったようなスープになっています。角煮もこんなしょぼかったかなぁ~ と思うほどでスープに溺れて存在感なし。
Ramen

誤解しないで下さいね。ネガティブな批判をするぐらいならエントリーしない主義のブログです。まずいわけではなく、記憶の九州じゃんがらとは違い過ぎて驚いたのです。まぁDNAは感じるし、それなりに美味しいのですけどね。

タイ進出で味を変えたのでしょうか? それとも日本で徐々に変わってしまった? すごく力強い豚骨だったのですが・・・きっと私の記憶が間違いないのでしょう。主に90年代の味の記憶ですから(大汗)

いずれにしても私には遠いし、高いし、正直言ってこのレベルならバンコクでは多くのラーメンがあるので・・・・まぁこの先の展開を見守ることにします。頑張って欲しいものです。

ラーメン一杯で秋葉原の事をたくさん思い出させてくれました。ご馳走様でした(礼)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.08.20 | コメント(0) | 食いしん坊録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR