有り余る時の過ごし方@ナショナル・ミュージアム


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月24日、今朝のバンコク(の端っこ)は薄曇です。
昨日は曇り時々晴れ間でしたね。雨が降らないので街歩きには助かります。

昨日もその街歩き。チャオプラヤー川沿いの公園で休憩中、私が寂しそうだったのか猫ちゃんが寄り添って来ました。通りがかったタイの方がこの猫を知っているのか(猫に)話しかけてきました。「GirlかBoy」と聞いたら残念な答えでBoyだそうです(笑)
Cat

その時食べたいと思っていた「カツ丼」と命名。カツ丼君は身を寄せてきて離れません。しばらく話相手になってもらいましたが、彼が聞いているかと思ったら寝ているじゃないですか(怒) 日本語が分からないのかと思い。英語にしても関心無し。タイ語も試しましたが私の発音じゃ通じませんからねぇ~ まぁ一方的に話すのは慣れているから良いのですが・・・ チャオプラヤー川の風が気持ちよい午後でした。
明日に続きます(笑)


さて、8月も終盤。常夏のタイで感じる事はないのですが、日本では残暑厳しい中にも夏のうきうきした高揚感から、ちょっと物悲しさを覚える頃ではないでしょうか。

若い時、日本勤務が多かった時ですが、毎年今頃になると、夏休みを終えたばかりで年末年始の休みまでの日を数える気もしないし、夏ばてのけだるい身体で無気力になっていたものです。

一方、欧米では確実に夏の終わりを強く意識する時期です。ヨーロッパでも北ドイツや北欧は秋の気配が色濃くなり、気分的は短い秋を通り越して長い冬に備えるようになります。
アメリカでは9月~6月がほぼ全ての学校の年度になっていて、8月は長い休みが終わりになり、新年度に向かって色々と整える月です。

Back to School
それでこの8月にバック・ツー・スクール・セールスが行われるのですが、それが一大イベントになっているのです。それはただのセールス期間ではなく、Back to School Tax Free Holidayとして特定日だけ新学期に向けて、文房具・事務用品店以外にも服や靴に鞄などの消費税が無税になるのです。大人用も区別無くなので家族そろって買い物に忙しい日となります。

そんな大きく季節と日々の暮らしが変わるのが、欧米では今頃なのですが・・・タイでは何も変わりませんね(笑) そしてリタイアした私は余計に何も変わりません(大汗)

もし時を売れれば大儲け出来そうなぐらい時間はたっぷりあるので、お仕事をされている方には本当に申し訳ないのですが、毎日ぶらぶらしています。

街をぶらぶらしながら好きな運河、古い街並み、細い路地を歩く。
街をぶらぶらしながら興味があれば図書館に行って調べる。
街をぶらぶらしながら博物館があればどこにでも入る。

そんな風に街に出て時を過ごしていますが、でも・・・正直言って、こんな時の過ごし方がいつまでも続くとは思えないです。自分の心の中には健康への懸念、家族への想い、ずっと一人で居る不安・・・そんな事が胸の中で渦巻いています。

何だかわけの分からない話になりましたね。それに、なんてタイトルでしょう(笑)すいません。勘弁してください。

最初は国立博物館に関して書き始めようと思ったのですが、内容があまりにも「ちょっと・・・」だったので、なんだか自分の時の過ごし方が情けなくなってしまい、こんな出だしとタイトルにしてしまいました。すいません。
Front

今までブログをご覧頂いた方にはお分かりと思いますが、私の興味の行方から当然バンコクでいち早く国立博物館に行きました。
行った結果は残念なものでした。その気持ちがエントリーする気持ちを遅らせていました。
Outside

私は世界多くの国でナショナル・ミュージアムと名が付く博物館を訪れていますが、タイ王国のナショナル・ミュージアムには期待し過ぎたのかも知れません。それなりに図書館などで調べあらかじめ的を絞ったつもりなのですが・・・
Inside 3

建物で立派なのは入ってすぐ左の切符売り場だけ?(笑)入場料はシニア料金もなく200バーツ。曜日限定で日本語ツアーもあるようですが、私は自分のペースで目的のものをゆっくり見たいので関係ないです。
Inside 2

中は複数の建物があって、番号が振られていますので、それに従って展示物を見ていくことになります。多くの建物の内外で修理・修復がされていましたが、痛みがひどいのが正直な印象。言い方は良くないのですが展示物を置ければいい的な倉庫のように感じる建物もあります。(画像は唯一見やすい展示だった所)
Inside 1

エアコンもなく(構わないけど)、風も通らず、展示物への影響も心配される保存状態で、部屋の片隅でスマホをいじる係員用の扇風機の音が響いています。
また、どう言う意図で展示ルートを定めたのか? 足元が危ない階段も多く(私のような)年寄りが見るようには考えられていません。

国立博物館なので展示内容を紹介するサイトはいくらでもあるでしょうから、本ブログで紹介することはしませんが、非常に貴重な収集品があるのに、その展示方法は「ただ置いてあるだけ」のように私には思えました。
Inside 4

一応収集品の名と年代の簡単な表示はあるのですが、その展示方法がずっと続くだけ。一応建物ごとに年代に分かれるなどはしているのですが、ストーリー性はなく、見学者に訴える展示もありません。

展示物は基本的に仏像など仏教美術に類するものが半分以上でしょうか。後は王室に関係した乗り物、昔の戦争に関したものなどで、偏っているのは仕方ないとして、ナショナル・ミュージアムとしてはもう少し考えがあって良い様に思えます。
Inside 5

本来、国立博物館とは文化財の収集と保管をして、人々の観覧に供し、さらに教育。研究に結びつく活動を行う所だと勝手に思っていますが、まぁここは正直言って収集品を置いておく場の維持で手いっぱいと思われます。画像のように興味深い収集品も多いのですが・・・
Inside 6

少なくても来館者への「魅せる展示」の考えは乏しく、日本や欧米諸国のナショナル・ミュージアムが年々工夫をこらしている中で、収集と保管で手一杯な次元から、さらに一歩進んだ博物館になることを期待しています。

ネガティブな意見を声だかにブログで発信する事を避けていますが、ここはタイで最高のレベルにあるべき国立博物館なので、あえて思うままを書きました。あくまでも私見です。多くの人が感じる事ではないと思います。期待の大きさ、他国のナショナル・ミュージアムと比較して、かなり残念だったからだと思います。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.08.24 | コメント(5) | バンコク街歩き

コメント

友人のガイドで入館した一昔前
記憶が定かではありませんが、ディスプレイの配置が変わってないような。。。
ですが、あきらかに変化はありました。
当時は、扇風機ありませんでした~

誰もいなくて帰り際、二宮金次郎みたいに仏像を背負って帰っても怒られないんじゃないかと思ってしまいました。
(仏像がほしかったです。)

2015-08-24 月 16:29:48 | URL | マーク #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

マークさん

コメントありがとうございます。

そして・・・今日、初めての大笑いでした。二宮金次郎・・・のくだりで(爆笑)

昔から同じなのですねぇ~
しかし、ここは・・・文化財を「置く」だけで手一杯ですね。恐らく表に見えない倉庫はもっとひどい事になっているのでしょう。
国立博物館ですので国家級文化財への考え方、国の品位みたいな事まで考えさせられました。

多くの博物館は小さくても一回で終わる事はないのですが、ここはもう行きません。

2015-08-24 月 17:43:08 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

今日も爆笑 うふ♪

こんにちは

今日の出だしは なんなんですかぁーALSTERさん (^^)

チャオプラヤー川で寂しそう つまりブルーだなんて(笑)
Kちゃんの面影が今でも醒めず想い出にふけってたのですか!?
彼女の微笑やいでたちにココロを奪われてたりして・・・

外野席の私はざまぁーみろ状態でウハウハです(まる) 失礼。

真面目に~
三話の途中で 〇〇さんからKちゃんに呼び名が変わったのはALSTERさんの心(Kちゃんの態度素振りもかな)に進展があった証拠ですよ
実際には遠慮して〇〇さんとしか言ってないのですからね
あの日は〇〇さんだったけど
今ならKちゃんなんですよね♪

年下の私が偉そうに言うのもなんですが
生きてるって恋することも大事ですよ
今までセーフティーが最優先のALSTERさんもリタイヤしているのですから
もっと人生を楽しみましょうよ!!!

2015-08-24 月 18:29:34 | URL | タク #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: 今日も爆笑 うふ♪

タクさん

コメントありがとうございます。

若干の抵抗を覚えながらもコメントを承認させていただきました(笑)
そう言えば、コメント拒否したのは同一アドレスから5回も名前を変えて、ビザ自力取得に対して幼稚な攻撃をして来たお一人だけです。お一人って言うか・・・ビザを自力取得すると困る所か、関係者なのでしょうが・・・

えっと、この後の続き(前置き話だけですが)をお楽しみに(笑)

2015-08-24 月 19:23:58 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re: 前コメントの件

非表示コメントをいただきました。

わざわざフォローいただいて、こちらこそ失礼しました。
明日も、明後日も続きそうです(笑) じゃぁ、それだけでエントリーしろ!って話ですよねぇ~

小分けで一日に何回もエントリーするのが、アクセス数稼ぎのようで・・・抵抗があって、それで毎回だらだらと長くなる(汗)
書きたいことがたくさんあるのは、時間だけはある年寄りの長話と同じで、見るほうが迷惑なのは分かっているのですけどね・・・

時々は茶化してください(笑)

2015-08-24 月 23:34:06 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR