酒好きのラーメン奮闘記


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

9月23日、今朝のバンコク(の端っこ)は曇りです。今にも雨が降り出しそうですねぇ~ 昨日は日中ずっと曇りで、午後に少しだけ小雨。そして夜8時過ぎから1時間ほど雨でした。

さて今日は早々の本題ですが、ラーメンの話が続いてしまいます。ごめんなさい。好きなのです(笑)

ラーメンに限らず麺類の全てが好きです。パスタは「日本とイタリア以外では外で喰うべからず」が座右の銘なので、自炊しています。不思議なのですよねぇ~ フランスでもパスタは離乳食のようになってしまうし、アメリカでも学校給食のパスタになってしまう。

それでパスタは自炊。パスタは自炊できるけど、ラーメンはどんなに頑張ってもお店のレベルにはほど遠いので、ラーメンが気軽に食べられる夢のようなバンコクでは絶対に自炊しません。画像は2004年の中国・黒龍江省の小さな村の食堂、麺打ちを教えてもらうのに三日間通いました(笑)

Noodle

そう、タイには元々クイッティアオと呼ばれるタイラーメンがあり、それに加えてバンコクには日本から進出したラーメンチェーン、そして現地発のラーメン屋さんなど、数え切れないぐらい多いラーメン屋さんがあります。

しかし、こんな日本風ラーメン屋台をバンコクで見たことはありませんでした。2年半前のウドンタニでの事です。今でも頑張っているのでしょうか?

Udon Thani Ramen

それは・・・アメリカからバンコク経由、長い旅に果てに着いた日だった事もあり、美味しく頂きました。選んだのは豚骨。多少甘っぽく微妙な味ながら、「なんちゃって」系ではなく、まっとうなラーメンです。これで80バーツでした。

Udonthani Ramen

バンコクとは違いターゲットは100%タイ人。どこで覚えたのか?・・・タイ人の若者のアイデア商売を思わず応援したくなりました。
この日はバンコクから着いたばかりの昼、UDタウンで入った大勝軒でもラーメンだったので二食連続(笑)

このようにバンコクだけでなく地方でもラーメンが食べられるタイですが、アメリカでは苦労しました。ロサンゼルスには多くのラーメン専門店がありましたし、ニューヨークなど大都市にもブームとしてラーメン店が増えていました。
しかし南部の田舎町ですから、車で1時間半かけて行くアトランタの日本食レストランにメニューのひとつにラーメンがあったぐらいでしょうか。

往復3時間かけて高くて大して美味しくもないラーメンを食べるより・・・当然自炊していました。ハッキリ言って他人様に話したりお見せ出来る物じゃないのですが、近くのスーパーで手に入る材料で挑戦していました。一人暮らしの自炊なので、寸胴にゲンコツなどを入れるような本格的な作り方は出来ません。

Ramen

近所の巨大スーパーWalmartウォールマートには小さいけどアジア食品コーナーがあります。中国系と言うよりたぶんベトナム系や韓国系の方がいられるからだとは思うのですが、そこで小麦の乾麺は手に入ります。スープは「鶏がらスープの素」で色々煮込み、豚肉はローストポークからチャーシューっぽくして・・・旨いとは言えないけど食べられるラーメンを作りました。

Walmart_men

画像は焼酎が一緒ですねぇ~(笑) ここからはお酒の話です(大笑)

好きなお酒に関してアメリカではワインやスピリッツなら選択肢や価格に満足していたのですが、日本酒は絶対に輸入品など飲めるものではありません。焼酎類は飲めますが種類も限定され高いのでやはり諦めていました。西海岸の大都市ならまぁ飲めるけど満足とは言えないレベル。

それで日本酒と焼酎に関しては、一時帰国時に持ち帰ったワインの梱包材をそのまま利用して四号瓶で持ち帰って大切に飲んでいたのですが、それが無くなると梱包と劣化に神経質にならない焼酎の紙パック品。そんな大型紙パック製焼酎・・・あの下町のナポレオンこと「いいちこ」ですねぇ~

焼酎「いいちこ」は結構旨いのです!! 最初は氷を入れてロックにしましたがこれは失敗、あまり冷やすと雑味が目だってよくないです。また解けた水とも相性がよくないように思えます。

麦焼酎なら「中々」が私の好みですが、その中々は常温ストレートが一番美味しいと分かっているので、すぐストレートに変えましたが、それが大正解!
この「いいちこ」は常温より少し低め、ちょうどワインセラーの温度でストレートに飲むのが一番美味しいようです。

大分の方言で「良い」の意味が「いいちこ」になるそうです。なぜ「下町のナポレオン」と名づけたのかは知りませんが、大分で下町ねぇ・・・と下町そのもの(江戸・深川)で生まれ育った私は思うのですが、確かに(ブランデーの)ナポレオンのように愛しくも思えるお酒でした。

タイではそんな苦労もせずにラーメンは食べられるし、焼酎や日本酒も(その劣化は別にして)他の国より豊富に揃っています。
それだからか・・・アメリカ南部の田舎町で苦労してラーメンを作り、大切に残した紙パックの焼酎をちびちびと味わった頃の方が・・・全てが旨かったようにも思えるのです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.09.23 | コメント(8) | 食いしん坊録

コメント

酒好き

酒好きなら負けていません(笑)
一旦コメント(酒に関する自分史)を書いたのですが、とんでもなく長くなってしまったので消去しました。(涙)

ビールとワインに目がありません。米国(短期)ではもっぱらバーボンを楽しみました。焼酎は芋が好きです。タイではメコンを始めとして現地の酒も各種試しましたが、これぞというものにはまだ出会っていません。タイでのデイリーの酒としてはビールと安い芋焼酎の水割りが無難と言うのが持論です。


2015-09-23 水 08:12:10 | URL | SUIKYO #- [ 編集 ]

Re: 酒好き

SUIKYOさん

コメントありがとうございます。

酒好きには辛い環境のタイですので、私もビールに安いウイスキーで我慢我慢です(涙)
バーボンは住んでいたのが南部だったので、小さなメーカーのものまで色々飲んでいました。日本に行く時のソムリエ・ソムリエールの友人達に持っていく土産は日本では見られないバーボンでした。水・ソーダ・氷など入れたら次回は土産なしのルール(笑)中米のラムもすっごく彼らから喜ばれました。

本当に世界には多くの酒がありますね。日本って世界の中でも恵まれた環境かと思います。

2015-09-23 水 10:33:24 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

皆様に感謝!

同じく酒好きです。サラリーマン人生、一度も転勤無しで終えようとしている者にとって、海外でのアルコール調達の涙ぐましいご努力、頭が下ります。ただ手に入れ難い故に、拘りが出来、ありつけた時の喜びは大きいと想像します。歩いて数分で、安売り店で世界の酒が廉価で手に入ると、ついつい安易に飲んでしまっています。反省。世界各地で日本の為に働かれている(た)皆さんに感謝します。

2015-09-23 水 11:26:37 | URL | matsu #mzMb781o [ 編集 ]

Re: 皆様に感謝!

matsuさん

コメントありがとうございます。

酒好きはどんな状況下でも、どんな酒でも・・・結局は楽しんでしまうように思えます-->自分(笑)
ただ、唯一・・・イスラム圏ではこの理由だけで住みたくないと思っています。

2015-09-23 水 14:20:31 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

酒好き(2)

MATSUさんのコメントを拝見してイスラム圏での飲酒を思い出してしまいました。

80年代にパキスタンに駐在したことがあります。アルコールはご法度だったのですが、外国人はライセンスを取得すれば一定の量の酒類を毎月購入することができました。現地のクリスチャンも購入できるのでクリスマスパーティはこっそり飲み明かしましたのも懐かしい思い出です。

ジョニ黒が100ドルくらいしたと思いますからかなり高額です。しかもレストランなどの公衆の面前では飲めませんし、部屋で一人寂しく飲むだけです。北部のラホールやペシャワール(アフガンとの国境近く)ではホテルでも飲めましたし、当時はオリがきつくてワインは飲まなかったのですが、意外とビンテージものがあったのかもと後悔しています。

90年代に出張した時にはカラチのコリアンレストランでも2階だけでこっそりハイネケンを出してくれました。サウジアラビアではみりんも含めてアルコールは入手不能でしたが、外国人向けにノンアルコールのカクテルがありました。

2015-09-23 水 16:34:05 | URL | SUIKYO #- [ 編集 ]

Re: 酒好き(2)

SUIKYOさん

コメントありがとうございます。

イスラム圏での駐在者の家で飲んだ事はあるのですが・・・
醸造酒は種類が乏しく、取り扱いからの劣化が気になります。
ウイスキーなどの蒸留酒で銘柄を選ばなければ・・・のレベルでした。
私には、それがかえってストレスが増すように思えます。仕方ないです。酒を飲む文化を否定しているのですから。

2015-09-23 水 17:49:25 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

改めて感謝

suikyoさん他、無数の海外駐在員、OBの方の永年の涙ぐましい、アルコール確保との戦いにエールを贈ります。

2015-09-23 水 18:37:37 | URL | matsu #mzMb781o [ 編集 ]

Re: 改めて感謝

matsuさん

今は・・・旨い酒が飲みたいです。

2015-09-23 水 19:00:32 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR