気ままにショートトリップ 前編


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

9月29日、今朝のバンコク(の端っこ)は晴れ。雲が高い位置で出来る形をしています。季節が変わっていくのでしょう。 昨日は朝から荒れ模様の天気でしたが、昼ぐらいから青空も見えてきました。

先週末は良い天気でしたねぇ~ 青い空が広がり湿度も少ないく、その時のブログ更新時にも書きましたが、季節が変わるのを感じるような天気でした。

もうすぐ10月ですし、雨季も終わり乾季になると・・・旅への想いが強くなり、こんなオンボロの身体になった今でもどこかへ出かけたくてうずうずします。

天気が良かった先週末。ちょっと遠出のショートトリップには良い日です。

そう・・・土日はショッピングセンターやスーパーが混むのと、都心部の渋滞が少しはマシなので、基本的に買い物には行かずにちょっと遠目の街歩きをするようにしています。

数日前のエントリー「ロングステイの日常」でこんな事を書いています。『がちっと固定した行き先は決めません。それはバス停でバスを待っている間。って言うか来たバス次第が多いです。・・・行き先を変ええても良いし、行き方を変えても良いけど、必ず複数のおおよそのプランを持っていて、来たバスに合わせます。』

先週末もその通りでした。

何となく、トンブリー地区へ行って、そこから体調と時間次第でバーンケーあたりからオームヤイ、ターチン川、そしてワット・ライキンあたり、そこまで行けなくてもローズガーデン(旧名?)とかサンプラン・エレファントなんちゃらまで行こうかなぁ・・・と思っていました。

Map 1

朝9時半、アパートを出てバンナートラート通りのバス停まで徒歩15分弱。これも何となく赤バス180番(メガバンナー ~ スクムビット ~ 高速経由 ~ クロントゥーイ ~ セントラル・ラマ3)に乗ろうと思っていたのですが、バス停前のすぐ前で後姿を見送るタイミングになってしまいました(涙) 出だし早々のタイミングの悪さです。画像はバンナートラート通りのいつものバス停です。

Bus Stop

地方バスとエアコン黄バスを何本か見送りやっと来た赤バスは45番枝線(基本はサムローン ~ スクンビット ~ ラマ4世通り~ サムヤーン ~ スリウォン通り ~ シープラヤー船着場)。どうしようか迷ったのですが、無料バスだったので吸い込まれるように乗っちゃいました(嬉)どうせチャオプラヤー川に近づくし(笑)

Bus 45

乗りながら次の手を考えていたのですが、ラマ4世通りクロントゥーイで赤バス4番(クロントゥーイ ~ ホワランポン駅 ~ ヤワラー ~ プラ・ポックラオ橋 ~ ウォンウィエンヤイ ~ パーシチャルン船着場)に乗ると途中も面白いし、大好きなタラート・プルーの前も通ります。それでクロントゥーイを過ぎた辺りで45番を降りたのですが・・・

Bus 13

降りたらすぐ赤バス13番(クロントゥーイ ~ ルンピニー ~ プラトゥナーム ~ ディンデーン ~ ホイクワーン)が来ました。この日2度目の無料バスです。吸い込まれてしまいました(笑)このバスは日本大使館、アメリカ大使館、伊勢丹の前を通る、比較的短い路線ですが、プラトゥナームを抜けるのに時間がかかります。

13番の中で今日の目的地をトンブリーは次回と思い始めていました(笑)終点のホイクワーン・・・ここは私の中で浅草六区のイメージ。下町のごちゃごちゃしている雰囲気、小さな移動遊園地があったりで、ここを街歩きするのも楽しいのです。お昼前ですが屋台の果物など食べながら散策です。

Huai Khwang

ホイクワーンを基点とするバスも多く路駐しているので、こうした機会では路線を確認するのが習慣です。そんな事をしていたら目の前にエアコンバス36番が、乗ったことは無いのですが「消えた路面電車を追う」で散々歩いたチャルンクルン通りはシープラヤー船着場でよく見ていました。

どんなルートを通るのか知りたくて乗ってしまいました(汗)エアコン36番(ホイクワーン ~ ディンデーン ~ 戦勝記念塔 ~ サムヤーン ~ スリウォン通り ~ シープラヤー船着場)。結局サムヤーンからはこの日最初に乗った45番と同じでした(笑) 画像はシープラヤー船着場前の36番バス待機所です。

Bus 36

36番の終点シープラヤー船着場まで15バーツ。その日最初に使ったバス代です。この終点近のロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテルでトイレをお借りしたのですが、ぼろぼろの姿で入ったのでちょっと気後れしてしまいました。

トイレの後にホテル敷地からチャオプラヤー川を見ていたら、若い女性から「タクシーはどこで?」と英語で聞かれました。正面玄関前なので反対側です。説明も面倒なので私も行きますからと玄関までご案内しましたが、それだけです、ハイ・・・(笑)

Sheraton

ホテルの隣にあるRiver CityにTOPSがあるので、そこで缶ビールとつまみを買って、シープラヤー船着場のベンチで休憩の一杯です。それはチャオプラヤー川沿いの清掃作業者の仕事後の姿と同じでしょうか(笑)

シープラヤー船着場から渡し舟でトンブリー側に渡ろうか考えていました。ここの渡し舟は何度か経験がありますし、向こう岸はクロンサン・プラザと言うちょっと寂れたマーケットがあって、路線バスは3番等が通りますがその先の展開に閉塞感がします。要は魅力がないので、別な所からトンブリー側へ渡る事にしました。

Si Phraya

シープラヤー船着場自体はチャオプラヤー・エクスプレスの橙旗は停まらず、チャオプラヤー・ツーリスト・ボートも今年7月6日からリバー・シティー船着場に変更されました。この点もチャオプラヤー・エクスプレス公式ホームページはまだ変更されてなく、両方ともシープラヤー船着場に停まる事になっています(笑) 

私もチャオプラヤー・エクスプレスの完全走破版を早くまとめて、ブログかホームページでアップしないといけませんねぇ~

なかなかチャオプラヤー川右岸に渡れず、まだ左岸をウロウロしてますが、後編に続きます(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.09.29 | コメント(2) | バンコク街歩き

コメント

私の街歩きツール 経路記録

携帯電話がお嫌いなようですが、・・・
スマホはデータ通信専用のSIM(スマホを動作させるICカード)を入れてやれば、電話機能なしのモバイルPCになります。

自転車から始めたことなのですが、スマホを使って経路記録をしています。
経路記録のファイルを自宅PCで開くとGoogle Earthが立ち上がり、上空からアニメーションでどういう経路をたどったか時間を追って再生してくれます。はじめて見たときは新鮮な驚きがありました。
また、Google Mapに経路を表示させることも可能です。撮影した写真を経路記録に埋め込むことも出来るようなのですが、そこまではまだやっていません。

その日に記録したものであっても再生してみると、こんなところにも寄ったのかと思い出させてくれます。その日のことでも、結構記憶が薄れているものですね。
また、上空から見ると、通った場所の近隣はこうなっていたのか、こんなところがあったのか、という新たな発見があります。それで再度そのコースをたどり、関心を引いた場所まで行ってみるということも何回かしました。

ただ、日本ではGoogle Earthに建物3Dデータが埋め込まれていて、空撮と言っていいくらいリアリティがあるのですが、バンコクではまだ主要な建物しか3Dデータが埋め込まれてなく、リアリティが今一歩。興味をひかれる場所を発見するのが、ちょっと不利かもしれません。

プラアーティット船着場から少し離れたところからスタートし、サトーン船着場までのMap上の経路です。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zHFlJRps2fvw.kaAYpm0anY4Q
拡大すればどの船着場に行ったのか分かるのですが、やはりちょっと分かりにくい。Google Earthで再生すると、船着場ごとに停止してくれるので、どこに寄ったかまで分かります。

カオサンからプラアーティットまでの徒歩経路です。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zHFlJRps2fvw.kNe9_tVROeYk
ここまで拡大されていると、完全に道に沿うまではいきません。GPS測位に数mの誤差があり、かつ建物等にGPS電波が反射して誤差が拡大するためだそうです。位置補正の技術が改善されつつあるので、数年後にはよくなっているかもしれません。

今年から使い始めたツールですが「街歩き日記」として使っています。

なお、スマホには「デザリング機能」というものがついていて、自宅PC→スマホ→ネット回線 という使い方が出来ます。自宅ネット回線を解約してスマホ契約にした方がお安くなってしまう場合も。まあ、スマホ機器代がかかってしまいますが。

ご興味の薄いかもしれないことを長々書いて、すいませんでした。


2015-09-29 火 13:51:16 | URL | AOI #jaqqgS0Q [ 編集 ]

Re: 私の街歩きツール 経路記録

AOIさん

コメントありがとうございます。

いつも知らない話を教えていただき、すごく興味深いです。

ただ・・・(笑) 私が携帯電話を持ち歩く事は将来もないですね。もちろんスマホも買いません。
半ズボン、よれよれTシャツ、ポケットには小銭に小さなカメラ。手に何か持ったりバッグも嫌いです。
バス路線図と地図は頭の中、それで思いつきで周りをキョロキョロしながら歩くのが楽しいです。

2015-09-29 火 18:20:46 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR