60番 バンコク不完全バスガイド

2016年1月5日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

スアン・サイアムSuan Siam ~ ラムイントラ通りRam Intra ~ ファッションアイランドFashion Island ~ ナワミン通りNawamin ~ バーンカピ市場Bangkapi ~ ラムカムヘン通りRamkhamhaeng ~ ベッブリー通りPhetchaburi ~ ランルアン通りLan Luang ~ ラチャダムヌンクラン通りRatchadamnoen Klang ~ 民主記念塔Democracy Momument ~ パーククロン市場の近くPak Klong Market

Bus060 Map

私の生活圏であるバーンカピ市場(モール・バーンカピは通りません)を通るので、利用が多い路線です。

バンコクで代表的な遊園地「スアン・サイアム」から巨大ショッピングモール「ファッション・アイランド」「ザ・プロムナード」、私が出没するバーンカピ市場、ラムカムヘンとペッブリーとセンセープ運河ボート沿いを走り、王宮前を走ってパーククロン市場近くまで行く路線です。

ペッブリー通りはスクムビット地区にも近く、非常に有用で面白いルートを走りますし、本数も普通でエアコンバスも半数ぐらいなのでお勧めです。


バス車種

赤バス
オレンジ・エアコンバス
(BMTAホームページにはミニバスの記載がありますが見た事はないです)


ルート周辺

スアン・サイアム(サイアム・パーク)は「ドリームワールド」と並ぶバンコク庶民に人気のローカルな遊園地です。

Bus060 Siam Park 2

バス車庫はその裏の方にありますが、車庫にはバス停が無いものの出口で待っていると乗せてくれ2ます(笑)画像はスアン・サイアム車庫を出た60番です。

Bus060 Siam Park 1

車庫を出てすぐサイアム・パークの前を通り、ラムイントラ通りに入るとすぐ巨大ショッピング・モールの「ファッション・アイランド」と「「ザ・プロムナード」の前を通ります。

Fashionisland 1

Promenade

ナワミン通りからセリ・タイ通りを一瞬走り、バーンカピ市場前では私がセンセープ運河ボートに乗る「バーンカピ船着場」そばを通りラムカムヘン通りへ入ります。

Bus060 Bangkapi

ラムカムヘン通りではラムカムヘン大学、ラジャマンガラ国立競技場前を通り、ベッブリー通りへと走ります。当たり前ですが学生さんの利用が多い路線です。

Bus060 Ramkhamhaeng

ベッブリー通りを西進しプラトゥナームを通り、ランルアン通りからラチャダムヌンクラン通りへ。ワット・ラチャナダ、ラッターナコシン博物館、民主記念塔を通り王宮広場前を走ります。
関連エントリーは「ラッターナコシン、いにしえの島を歩く」や「ラッターナコシン博物館」などがあります。

Ratcha Natdaram 3

Bus060 GrandPlace

王宮前からワット・ポー裏の交差点で左折、すぐクームゥアンドゥーム運河(アサダン運河)沿いのRachini通りが終点です。

Grand Place

Bus060 End

どうでしょうか、面白い路線でしょう(笑)ラムカムヘン通りとベッブリー通りが渋滞するのが難点ですが、お急ぎの場合はセンセープ運河をその間利用する手もあります。詳しくは「センセープ運河ボート完全ガイド・シリーズ」をご覧下さい(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.01.05 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

バスに乗るって…

ALSTERさん、おはようございます。

いつもバスガイド楽しませていただいています。
長く駐在されてる方も、他国から遊びに来られる方も路線バスを利用される方はあまり多くないようで路線バスに乗せてもらったと大喜びです(笑)
先日も目的地手前でタクシーを降りてしまったところへ、丁度赤バスが来たので、車掌のおばちゃんに行き先を告げると「パイダーイ」降りるところで「ティーニー」と言ってくれて、無事目的地に着きました。と言ってもスティサン通りを1kmほど真っ直ぐ乗っただけですが(笑)


2016-01-08 金 09:13:00 | URL | もっ #Vg7l9weY [ 編集 ]

Re: バスに乗るって…

もっさん

コメントありがとうございます。

バスガイドに関しては読者の方々の反応もほとんど無いので、少しでもお役に立つことがあれば、嬉しく思います。
車掌さんも良い人に当たったようで、何よりです。

過酷な勤務状況からか、無愛想な人が多いのですが、それでも多くの車掌さんはきちんと仕事されていますしね。バンコクのバスはちょっと乗りには本当に便利です。

2016-01-08 金 09:38:07 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR