フューチャー・パークへ 最大級ショッピングモール


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

1月27日、今朝のバンコク(の隅っこ)は晴れです。昨日も良い天気でした。久しぶりに晴れましたし、気温も低く湿度も申し分ない。まるでカリフォルニアのようで(大袈裟)、どこかで出かけたくなる天気でした。

さて以前、野暮用でランシットに行った時、途中大きなショッピングモールがあったので気になっていました。Googleマップで見ると「Future Park Rangsit」とあります。バンコクの北パトゥムターニ県の交通の要所ランシットにあります。ドンムアン空港の北ですね。

フューチャー・パーク」英文サイトを見るとアジア有数の巨大ショッピングモールとあります。バンコク周辺でおそらく最大規模ではないでしょうか。

Future Park 1

と言う事で今日のエントリーはショッピングモールなのですが、私自身はそこで買い物する事はまずなく、世の中の流れを知るような目的、まぁ最新のトレンドに触れる場所と思っています。

過去のショッピングモール関係のエントリーは以下の通りです。
セントラル・ウエストゲート」、「セントラルフェスティバル・イーストビル」、「プロムナード 」、「ファッション・アイランド」、「スーパーmakro@シーナカリン」、「パラダイス・HaHa・Thanya」、「東急@パラダイス」、「シーコン・スクエア」、「セントラル・バンナー」、「メガ・バンナー」、「IKEA

私は路線バスで行く事しか考えられないので(汗)生活圏でもあるバーンカピから95n番(nはタイ文字の「鶏のコー」で、アルファベットでの「A」です)一本で行きます。距離は長いのですが、ナワミン通り、ラムイントラ通り、ウィパワディランシット通りと郊外の幹線道路だけを走るので、渋滞にはまる事無くスムースに行けます。

Bus95n

普通はBTSモーチット駅まで行ってから、路線バス29番あたりが本数が多く最速のように思えます。ランシット行きのバスは多いのですが、パホンヨーティン通りを走るバス(34、39や522など)は工事区間が多く時間がかかります。

もっともフューチャー・パーク自体がロットゥー(ミニVAN)の基地のようで、うじゃうじゃとロットゥーが出入りしています。英文サイトによると21路線あるそうですから、バンコクの要所と結んでいるのでしょう。私は高いのと移動の面白みがないので使いません。まぁ、お金がある人はモーチット辺りからタクシーかも知れませんね。

Future Park 2

さてフューチャー・パーク、あまりに広いので概要がよく分かりません(汗)
どうも私には大きなこのエリアを称しているように思えます。エリア内にスーパーのBigC、ホームセンターのHomePro、映画のMAJOR、フィットネスクラブ・・・などが展開しており、全部をとても見切れません。

Future Park 4

そして中心にあるビルには中核店としてセントラルとロビンソンの二つのデパートが入り、かなり大きなスーパーのTopsもあります。それらを囲うように「ZPELL」 なるショッピング施設が一体化しています。

ZPELL、サペルと読むのでしょうか?この施設は昨年末にオープンしたそうで、中は何もかも新しいです。

Future Park 3

エリア内周辺の施設はあきらめて(汗)中心にあるFuture ParkとZPELLとあるビルに入りました。昨年出来たばかりのZPELLは吹き抜け部も多く開放感がある造りですが、同じく昨年オープンしたセントラルフェスティバル・イーストビルとセントラル・ウエストゲートに比べたら遊び心が無いような私的印象です。

Future Park 5

あまりに広く店も多いので、バンコクで他のショッピングモールにある店なら、ここには絶対にあるようにすら思えてきます。ただここしかないと言うのは私には分りませんでした。ブランド店はもちろん60バーツ均一ショップだけでも、ダイソー以外にジャスト・バイとかKOMONOYAにCanDoなどがありました。

Future Park 6

もちろん食べる選択肢は全く困りません。ここのTopsのフードコートは私が知る限り(Topsの中で)一番大きかったですし、日本食レストランも現地系のチェーン店は全てあるように思えます。

Future Park 7

「牛角」「つぼ八」「モーモーパラダイス」「モスバーガー」「かつや」も見かけました。ラーメン店はスクムビット39にある「東京豚骨拉麺ばんから」が出ていましたが・・・私的には全て新鮮味が無い出店でした。まぁ日本人をあてにした出店ではないですからね。

Future Park 8

都心部からは少し距離がありますが、とにかく一日あっても回りきれない広さです。たまには郊外の巨大ショッピングモールへ行くのも面白いものです。広くて運動にもなるし(笑)

それにしてもバンコクとその周辺で続くショッピングモールのオープンラッシュ。そこに集まる人々を見ていると、この国も景気はまだ追い風が続くように思えてしまいます。大丈夫かなぁ・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.01.27 | コメント(2) | ショッピング

コメント

懐かしいです

Alsterさん こんにちは。
いつも楽しく拝読してます。
今回初めてお便りします。

私は2003年から3年間、
アユタヤ工業団地の日系企業で働いておりました。
当時は、休日、会社の寮から
バンコクまで行く気力が無いときはたいていFutureParkでブラブラしておりました。
今では日系の日本食屋さんがたくさん出店しているのですね。
当時はタイ資本の和食屋さんが有っただけと記憶してます。
これからもお体大切になさってタイをエンジョイしてください。

2016-01-28 木 11:40:35 | URL | nemo #- [ 編集 ]

Re: 懐かしいです

nemoさん

コメントありがとうございます。

もう16年前ですが、タイ勤務時にアユタヤはローヂャナに顧客がいたのでよく行きました。確かにアユタヤにお勤めか住まわれている方にとっては、ランシットが身近な所なのですね。

フューチャー・パークや食に限らず、昔に比べたら日本文化の浸透度は驚くべきものがありますね。実は、私も懐かしい思いで今のバンコクを見ることが多いのです。

2016-01-28 木 13:44:38 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR