バンコクで一番お勧めの水上マーケット


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

2月21日、今朝のバンコク(の隅っこ)はうす曇りです。これから晴れるとは思うのですが、相変わらずの濁った空です。 昨夜は大きくきれいな月が天空にありました。日中は雲が多いながらも日差しは強く暑かったです。

さて、一週間ほど前からバンコクに三か所あるパセオ・ショッピング・モールを紹介しています。その中で先日はバンコク西部のカンチャナピセーク通りにあるショッピング・モール「パセオ・パークThe Paseo Park Kanchanaphisek」をエントリーしました。

日本がテーマの大変広いショッピング・モールで、施設全体が(タイ人が考える)日本を演出しています。まぁ一度は行って損しない(本当か?)所です(笑)

Paseo Park 2

そのエントリーの最後に『「こんな遠い所まで行けるか!」とお思いでしょう(笑) そうですよねぇ~ 安心して下さい(笑) ここはパセオ・パークだけじゃないのです。パセオ・パークだけでもかなり楽しいのですが、近くに他のお勧めがあって、徒歩15分(パセオの反対側からですが)で行けるのです。いえいえ、もうショッピング・モールじゃありません。次回に続きます。』と記しています。
と言う事で今回はいきなりのマップです。

Floating Market Map

お約束通りに今日はその「お勧めの」のエントリーです。もう地図に書いてしまっていますが水上マーケットで『クローン・ラット・マヨム水上マーケット』です。私的にはバンコク都内だと一番面白い水上マーケットかと思っています。

私自身も昨年12月のクリスマス時期、そして今年になっても春節前と短期間に2回も行っています。まぁ、それは近くの「パセオ・パーク」と「プッタモントン・サーイ2のバス車庫」に行くついでがあるからですが(大笑)

そうなんです。実は路線バスルートを研究(笑)しながらパセオ・パークへのアクセスをGoogle Mapで考えていたら、カンチャナピセーク通りの反対側に『Khlong Lat Mayom Floating Market』とあるじゃないですか、しかもバス停横からソイに入り一本道。
まぁ、ちょっと寄り道で行ったら・・・かなり面白いのです。一回で見切れずに、二回も行ったのです(笑)

Floating Market Map Detail

過去の水上マーケットについては以下のエントリーの中で出てきます。まるで水上マーケット・オタクですねぇ~
ドーンワーイ水上マーケット
マハーナコーン水上マーケット
タリンチャン水上マーケット
クワンリアム水上マーケット
バーンナムプン水上マーケット
サパーンスーン水上マーケット
パーシーチャルーン運河水上マーケット
バーンルアン運河水上マーケット

上記に加えてエントリー予定がないメジャーな「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」と「アンパワー水上マーケット」を含めた水上マーケット・ランキングまで発表済みです(笑) そろそろ更新が必要ですねぇ~
水上マーケット 私的ランキング 面白・がっかり編
水上マーケット 私的ランキング ベスト編

いやぁ~本ブログの読者なら水上マーケットはもうお腹いっぱいでしょうか(笑)
実は、まだ書いていないのですが・・・数年前にバンコク首都圏で流行った百年市場や古市場と呼ばれる古い市場(まぁ観光用がほとんどですが)に近所の普通の市場もいつかエントリーしたと思っているのです。書きたいことが山ほどあって、なかなかたどり着けないのですが(汗)

Khlong Lat Mayom

さて、そんなバンコクとその周辺を含めると10か所以上はあるかと思われる水上マーケットの中でも、このクローン・ラット・マヨムが一番お勧めと言うわけは・・・
・外国人グループツアー客が来るような所ではない。
  反対例はタリンチャン
・それなのに規模が大きく、半日ぐらいはたっぷり遊べる。
  反対例はバーンルアンやサパーンスーン
・いつ行っても賑わっている。
  反対例はマハーナコーン
・ボートツアーが安いし選択肢がある(90分ツアーは私的には辛いのですが)
  反対例はタリンチャンで長すぎるし煩すぎる
難点は計画性がない拡張でしょうか、まぁ市場なんてそんなものかも。
アクセスはタリンチャン以外はどこも良くないので、その良くない中でもアクセスし易いかと思います。

さてそのアクセス方法です。
都心部から日本人が行くとして・・・一番簡単な行き方はBTSシーロム線の終点バンワー駅から路線バス146番一本で行くのが簡単で早いかと思います。

ただ、バスに乗るにはバックアップ・プランがなくて146番だけです。バンコクでバスに乗る鉄則で「何番のバスだけ」なんて決めちゃうのは駄目。バスが来ない時に何か別な方法を考える余地がなくて辛い経験をしたことが山ほどあります(汗)・・・今回はカンチャナピセーク通りを走るバスがこれしかないのです。

本数が日中20分~30分に一本ぐらいのイメージなので、30分は待つと思って待ってください。委託バスでノンエアコンのみです。料金は一律9バーツ。バンワー駅からだとペッカセーム通りが渋滞するので30~50分ぐらいでしょうか。

BTSバンワー駅では4番出口だったと思います(記憶が…汗)。階段を降りてまっすぐ10mぐらいの所がバス停。いずれにしてもペッカセーム通りの西行き側(バーンケー方面)で、下の画像だと146番の右後方にBTS駅からの階段が見えます。

Paseo Bus146

146番はトンブリー側を大きく周回するバスで、上記は時計回りになります。反時計回りだと新南バスターミナルから146番の乗るのが早いです。この辺りは渋滞がないので15分もあれば着きます。まぁ新南バスターミナルまで別なバスで行くのが疲れるでしょうが(笑) そうそう、エアコンバス79番を使うと新南バスターミナルにも行くしタリンチャン水上マーケットとのハシゴが出来ます。下の画像は新南バスターミナル裏の車庫です。バスターミナル前からも乗れます。

Paseo Bus146UC

BTSバンワー駅から時計回り146番だとカンチャナピセーク通りパセオ・パーク側手前の歩道橋そばに着きます。進行方向左前方にスターバックスやKFCにマクドナルドに並んでパセオの緑の看板、その先はトヨタのディラーが目印です。下の画像は道路反対側から撮りました。

Paseo Street

歩道橋を渡って下の画像のソイに入ります。このソイ(実際はソイじゃなくてタノン)Bang Ramatとあり、英語の看板は「Lad Mayom Floating Market」とあります。

Thanon

新南バスターミナルから反時計回りの146番だとパセオが右に見えて通り過ぎるか過ぎないかのあたりの歩道橋手前がバス停(下の画像)で、歩道橋を渡らずその先が上記のソイの入口です。下の画像で歩道橋を渡る人はパセオに行く人で、146番の後ろ姿が見えます。バスを降りた直後に撮ったものです。

146 Bus Stop

Bang Ramat通りはクランクが一か所ありますが(ちょうど下の画像でソンテウが走っている所)、道なりに歩くだけです。カンチャナピセーク通りから私の足で写真を撮りながら17分で到着でした。またモタサイは見かけませんでした。

Songtewo

行と帰りにソンテウを見かけましたので、このソンテウに乗っても行けます。赤に白の行き先表示で表示一番上の「ロットファイ」だけが判別出来ました。どこですかねぇ~ タイ国鉄トンブリー駅あたりがSLの整備場なので、その周辺かと思いますが・・・すごく遠いです(汗)私は持病でステップ立ち乗りしか出来ないので、無理な距離です。

ちなみに私はBTSウドムスック駅からソンテウでアパートに帰るので、タイ語は読み書き出来ませんが、地名のパターン認識はソンテウ乗りに必要なのです(シーナカリンのタラート・ロットファイ)。

えっと・・・話を戻して(汗) 説明が下手で長くて本当に申し訳ないです。最初の運河の橋で到着です。その前から水上マーケット客相手の駐車場がありますが、橋を渡った両側が水上マーケットです。下の画像で車の後方に橋があります。

Market Bridge

週末(たぶん土日)と祝祭日だけの開催で、午前8時から午後5時までと看板に書いてありました。

Tarat Entrance

なんだか・・・「バンコク不完全バスガイド」のようなエントリーになっちゃいましたねぇ~(苦笑)長くなったので(ハイ、いつもの事です)次回はやっと(汗)水上マーケットの中です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.02.21 | コメント(6) | マーケット

コメント

お久しぶりです。相変わらず勢力的にあっちこっち回られていますね。プッタモントンは何度も行ってますが、パセオ・パークも水上マーケットも行ったことがなかったです、プッタモントンを挟んで338号をナコーンパトム方面に行ったセンタンぐらいですかね。
25日から久々にナコーンパトムに行くので時間があれば行ってみたいと思います。パセオを調べたところタイ人が考えた日本風というのがよくわかりました。クリスマスツリーに鳥居の飾り、笑っちゃいました。
因みにプッタモントンの入り口自動小銃を持った兵士多数が、チェックしていましたが、今はもういないでしょうね。

2016-02-21 日 08:29:28 | URL | alfa #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

alfaさん

コメントありがとうございます。

プッタモントンはバス車庫があるサーイ2しか知らないのですが、兵士の姿は気が付きませんでした。
まぁ、武装した兵士の姿は都心部でも至る所で見るって言えば見るので、あまり気にならないだけかも(汗)

338号線ですか・・・ターチン川から東はバス路線があるので、時々行っています。ただあの辺りってすごく飛ばすので、ゆっくり車窓を楽しめないです(笑)

2016-02-21 日 08:43:14 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

行って来ました

初めまして
いつも楽しく拝見させていただいております。
ソンテウでのアクセスがなかなか見つからずあきらめてタクシーで行って来ました。マーケットの雰囲気は期待以上に良かったです。たまたまかもしれませんが外国人観光客も少なかったです。ボートツアーはいくつか種類があるようで、写真にのってるおじさんのボートは90分でした。途中 ワットスパン水上マーケット?とどこかの蘭園に連れて行かれました。蘭園がなければちょうどいいぐらいの内容でした。
アルスター様の情報で大変充実した旅行が出来ました。ありがとうございました。他にも行って来たので関連記事にそれぞれコメントさせていただきます。

2017-06-24 土 06:51:40 | URL | サキ #Nrrow7GY [ 編集 ]

Re: 行って来ました

サキさん

コメントありがとうございます。

アウターリングことカンチャナピセーク通りからアクセスされたと思いますが、確かにソンテウの本数は多くないのですね。特にソンテウは乗客がある程度いないと出発しないですから。タクシーでも40バーツ程度でしょうか、その方が正解かも。私は歩きますが(汗)

そして確かに90分ツアーは辛いと思います。過去ボートツアーで途中上陸中に逃げ出した(船頭さんには断りました)事がある私にはよく分かります。

いずれにしても楽しまれたようで何よりですし、こうしてフィードバックがあるのは書き手にとって大変ありがたい事です。

2017-06-24 土 10:30:11 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

こんにちは

『クローン・ラット・マヨム水上マーケット』行きました。
ブログ内のソンテウの写真とアルスターさんの勘を信じて、チャオプラヤーエキスプレスボートで「Tha Rot Fai」へ
桟橋から道なりに100mくらい行った所にソンテウ乗り場がありました。
しばらく観察したのですが、ブログの写真と同じ色(赤/緑)のソンテウ(1475番)には複数の行き先があるみたいです。行き先表示板の色が確認しただけでも、赤、緑、黄色、白があり、クローン・ラット・マヨム水上マーケットに行くのに白に乗って行きましたが、表示板が白でもクローン・ラット・マヨム水上マーケットに行かないソンテウもあるみたいです。(ワット何とかに行くって言ってました)
赤、緑の表示板の運転手にも聞きましたが、クローン・ラット・マヨム水上マーケットには行かないと言ってました。
ソンテウは途中、タリンチャン水上マーケットの前を通ります。

水上マーケットをブラブラし、運河西岸の通路を南の方に行くと、謎の展示物、蓮池などがあり、静かで人もいないのでベンチに座ってボーっとしてました。

帰りにパセオパークをちょっとブラブラして、バーンケーまでソンテウ(1476番)に乗りました。
ソンテウの北側の発着地点はどこだか分かりませんが146番のバスのバックアップ案として使えそうです。

2019-11-13 水 11:03:11 | URL | bw55 #- [ 編集 ]

Re: こんにちは

bw55さん

コメントありがとうございます。

ソンテウのルート解明は本当に難しいですね。BMTA路線バスだと(間違いだらけえすが)一応公的ホームページもあって、全路線制覇に対して目安となったのですが、ソンテウは全容が全く分かりません。

そんな中でbw55さんはチャレンジャーですね。

私自身はバンコク都のチャオプラヤー右岸、サムットプラカーン県を走る路線の概要は想像できますが、それ以外の地域は完全に「謎」です。

お気を付けて、楽しんでください。

2019-11-14 木 17:09:36 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR