558番 バンコク不完全バスガイド

2016年5月25日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

スワンナプーム空港バスターミナルSuvarnabhumi Airport Public Transportaion Center~ バンナートラート通りBangna Trat ~ バンナー高速入口Bangna ~ スクサワット高速出口Suk Sawat ~ スクサワット通りSuk Sawat ~ ラマ2世通りRama 2 ~ ラマ2世通り69(TescoLotus) Rama 2 Soi69

Bus558 Map1

スワンナプーム空港のバスターミナルからバンナートラート通り経由、バンナーからは高速道路でスクサワット通りからラマ2世通りへ行く路線です。
私にとってはバンナートラート通りから高速経由でチャオプラヤー川西側に行けるので、頻繁に使う路線です。本数は20~30分に一本ぐらいのイメージです。


バス車種

委託(黄色)エアコンバス


ルート周辺

スワンナプーム空港バスターミナル(Public Transportaion Center)は空港ターミナルから直線距離で3㎞と離れており、無料シャトルバスで行き来します。

ちなみに、空港ターミナルに直接アクセス出来る公共バスは乗りドンムアン空港での継ぎ便のチケットを持っている方だけが乗れる別な(スワンナプーム~ドンムアン間)無料シャトルバスだけです。なお、昨年2015年10月に「BTSウドムスック駅~スワンナプーム空港 バス新路線」A3が登場しましたが、数か月で消えたようです。

Suvarnabhumi Airport Public Center

下の画像のように空港ターミナル到着階(2F)5番出口近くに乗り場があります。案内板にはルートA、B、C、D、Expressとルート別行き先が書いてありますが、気にする事はなく来たバスに乗れば良いです。ここに停まるルートAとExpressはバスターミナルへ行きますし、ルートAでも遠回りじゃなくて途中に停まるバス停があるだけ(実際は通過が多い)です。

Airport Bus A

シャトルバスの中はこんな感じで、大きなスーツケースも問題ありません。

Airport Bus Inside

空港ターミナルとバスターミナル間は10~15分程度です。私はこの1年で7~8回利用していますが本数間隔は15分程度のイメージです。バスターミナルに着くと目の前がBMTAの一般路線バス乗り場です。

Suvarnabhumi Bus

反対にバスターミナルにBMTA一般路線バでス着いて空港ターミナルへ行く時は、上の画像のように到着した路線バスと同じ並びですぐ横から空港へ行く無料シャトルバスが出ます(下の画像)。ただ、ルートAかExpressが空港ターミナルへ行きますが、Expressが出発階へそのまま行きます(Aは遠回りです)。

Airport Bus


さて、558番は空港バスターミナルを出ると空港滑走路東側を通りバンナートラート通りへ出ます。バンナートラート通りに入ると高速道路下を西へ向かいます。バスは普通の路線バスと一緒なので持ち込めますが、大きなスーツケースなど置く場所はありません。

Bus558 Airport

Bus554 Inside

バンナートラート通りに入ってすぐ、道路の反対側のガススタンド奥に558番の車庫があります。見ると同じ空港アクセス路線の554番も駐車しているので、558と554は同じ委託会社のようです。復路だけに関係しますが、ここで降ろされてバスを変える事があります。

Bus558 Deposit

バンナートラート通りに入ってすぐ、Google Mapsだと「Sukhaphiban 6」とあるソイの奥へソンテウで行けば、私の「珍景!渡し舟私的ランキング」で堂々2位に輝いたバンプリー古市場があります。

Bang Phli 1

Bang Phli 2

もうこの辺りは私の生活圏ですが、タイ最大級の涅槃仏があるワット・バンプリー・ヤイ・クランもバンプリー古市場の近くにあります。

Bang Phli Yai Nai

バンナートラート通りで最初に多くの乗り降りが発生するのはキンケーオ交差点です。たぶん空港に一番近い大型ショッピング・モール「マーケット・ビレッジMarket Village」があります(空港北側にはザ・パセオ・モールがありますが)。またマーケット・ビレッジの道路反対側には昔からあるキンケーオ市場に隣は会員制スーパーのmakroがあります。

King Laeo Market Village

King Kaeo Market

バンナートラート通りとカンチャナピセーク通りとのインターチェンジ角には「メガバンナーMEGA Bangna」があり、バスはその前に停まります(下の画像でピンクのバスが停まっている所です)。

MEGA Bangna Bus Stop

バンナートラート通りから私のアパートを見ながら(笑)シーナカリン通りを過ぎると「セントラルプラザ・バンナーCentral Plaza Bangna」前です。メガバンナー、シーコンスクエアと並んで私の買い物先発3本柱です(笑)

Central

国際規模の展示会が開かれる「バイテックBITEC(Bangkok International Trade & Exhibition Centre)」の真横にあるバンナー交差点から高速に入ります(画像はBITEC公式サイトから拝借です)。

BITEC

高速道路でチャオプラヤー川を渡り、スクサワット通りラップラナで高速を降ります。いったんスクサワット通りを反対側に向かいすぐUターン。ラマ2世通りに向かいます。ラマ2世通りにはショッピングモール「ザ・ブライト THE BRIGHT」が2016年3月にオープンしたばかりで、本ブログでもエントリー済みです。

APR05 BRIGHT 2

ラマ2世通りに面していつも参拝者が絶えない「キングコブラ廟Chao Mae Chong Ang and Son Shrine前」を通ります。意味は分かりませんが、参拝者が卵をお供えするので、卵の山となっています。コブラの好物なのでしょうか? あれって、後で誰か食べるのか考えてしまいます。

Rama 2 King Cobra

ラマ2世通りで一番賑やかな「セントラル・プラザ・ラマ2」の前を通ります。BigCも通りの反対側にあって広いラマ2世通りでも渋滞発生地帯です。

Central Rama2

ラマ2世通りとカンチャナピセーク通りのインターチェンジ手前にあるTescoLotusが終点です。その後バスはラマ2世通りソイ69に入り、奥へ消えて行きます。下の画像はそのTescoLotus横から出て来た復路の558番です。

Bus558 Rama2 Soi69

バンナートラート通りを走るので、空港路線に関係なく私は日常多く使う路線です。チャオプラヤー川西側からバンナー辺りに戻るのに便利なバスです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.05.25 | コメント(0) | バンコク路線バス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR