38番 バンコク不完全バスガイド

2016年6月18日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

ラムカムヘン大学2 Ramkhamhaeng2 ~ バンナー・トラート通りBangNa Trat ~ スクンビット通りSukhumvit ~ BTSウドムスック駅Udom Suk ~BTSプロンポン駅Phrom Phong ~ アソーク通りAsok ~ ベッブリー通りPhetchaburi ~プラトゥナームPratunam ~ 戦勝記念塔Victory Monument ~ パホンヨーティン通りPhaphomyothin ~ BTSモーチット駅Mochit ~ セントラルラップラオCentral Lat Phrao ~ ラップラオ通りLat Phrao ~ ラチャダピセーク通りRatchadaphisek ~ チャンカセーム・ラチャパット大学Chandrakasem Rajabhat University

Bus038-Map

1年以上の長い間、私にとっては謎多き路線でした。バンナートラート通りとスクムビット通りを走るので、日常的にかなり使う路線なのですが・・・戦勝記念塔から先(北)になかなか乗る事が出来ないで、あきらめかけていた路線です。

ある日、戦勝記念塔で1時間近くこのバスを見ていましたが5本連続で戦勝記念塔止り。ただ、昔サパーンクワイまで乗った事があったので、あきらめないで自分の中で保留とした路線です。直営バスなら赤板表示板等で短区間運転とか明確になるのですが、委託バスなので全く謎でした。

いずれにしても、スクムビットにお住まいの多くの方が見た事があるはず。本数も普通(おおよそ15分に1本)でエアコン比率も60%程度で高く、スクムビットの短い区間や、バンナー方面やプラトゥナームに戦勝記念塔までの間で便利に使える路線です。


バス車種

委託ピンクや青/白などのノンエアコン
委託黄色ノンエアコン


ルート周辺

ラムカムヘン大学2と呼ばれるラムカムヘン大学バンナー・キャンパスはメガバンナー付近から4kmぐらい北に入った所です。バンナー交差点からですとメガ・バンナー手前反対側にあるTescoLotus手前から路地に入ります。スタートはそのラムカムヘン大学2(下の画像)です。

Ram2

バスの車庫はラムカムヘン大学2発の委託バス会社が複数あるようで、大学キャンパスの北側に点在しています。

Bus038 Ram2

ちなみにラムカムヘン大学2の前にある市場は私のお気に入りです。内容は普通にある生鮮市場ですが、私が知る限り最も整然として清潔な市場です。

Ram2 Market

ラムカムヘン大学2を出発し、バンナー・トラート通りで左折、すぐメガ・バンナー前でUターンブリッジを使いバンナー交差点に向かいます。(本編で進める方向とは逆ですが)スクムビット方面からメガバンナーに行きたい場合は、バンナー・トラート通りでメガの少し前で左折しますから、左折してすぐの「テスコロータス」で降ります。そこから私は歩きますが、反対側に来る207番に乗るとメガ内までバスが入ります。

Mega

メガ・バンナー内には北欧家具のIKEAがあり、モデルルームのような中を歩くのも楽しいですし、レストランやカフェスタンドは重宝しています。「IKEA 活用術」で詳細を書いています。またメガバンナーも「メガ・バンナー 活用術」でエントリー済みです。

IKEA

(さて話を都心部方面行きに戻して)バンナー・トラート通りではセントラル・バンナー前を通りますが、その前にシーナカリン通りの陸橋下を走ります。その近くのバス停が私がいつも使うバス停のひとつです(汗)

Bus038 Bang Trat

セントラル・バンナーは私の「買い物先発三本柱」のひとつです。古くからバンナー地区のランドマーク的存在で、最近では屋上プールが改装されてちびっ子達に人気のようです。「セントラル・バンナー 活用術」をエントリー済みです。

Central

バンナー・トラート通りの最後にBITEC(バンコク国際貿易展示場)前を通ります。往路のみバンナー交差点上の陸橋を使ってスクムビット通りと合流するので、降りる時はバス停や歩道橋の無いセンター寄りの分離帯で降ろされます(汗)

BITEC

バンナー交差点からアソーク交差点までスクムビット通りのBTS高架下を走ります。この間はスクムビットにお住まいの方が38番以外にも48番や511番などのエアコン車で、BTSを使うには短いと思われる距離を移動するのに便利です。

Bus038 Sykuhmvit

そんなBTSではちょうど中間で不便な所にあるプラカノン市場とプラカノン運河ボート、そおすぐ目の前にバス停があります。プラカノン運河にはバンコクで運行されている三つの運河ボートのひとつがあって、シーナカリン通りまでのんびりとした船旅が楽しめます。関連エントリーは「プラカノン運河を行く」です。

Boat

エカマイの科学教育センターでは昨年改修工事中だったプラネタリウムが動き出したようです。ちょっと行ってみたい気がしています。「天文少年でした 科学教育センター」なんてエントリーをしています(笑)

Museum 4

エカマイからプロンポンあたりまでは日本人密集度が一番高いエリアでしょう。日本食や日本食品を求めては行きませんが、ラーメンは時々食べたくなってしまいトンローへ行く事が多いです。

バンコク ラーメン私的ランキング」や「バンコク ラーメン 番外編」なんてエントリーしていますが、トンローの「麺場きせき」が今の所のナンバー1です。

Kiseki

お金持ち日本人が闊歩するプロンポン駅あたりに用事がなくて行かないのですが、唯一エンポリアム最上階(映画館のある階)のTCDC(Thailand Creative & Design Center)には会員じゃないのに、ちょくちょく行って本で調べものをしています(汗)

tcdc 3

本との極上空間、スクムビット」で詳細をエントリーしていますが、図書館と言うか・・・本に囲まれた空間で、すっごく良いです! 東京にもこんな空間があるだろうかと考えてしまい、ニューヨークあたりならありそうだと思う空間です。

tcdc 5

アソークの交差点でバスは右折し、すぐのバス停は「ターミナル21 Terminal 21」の近くです。ターミナル21は某アジアの大国の方々がショッピングやお食事で多く出没する所ですが、そのバス停のアソーク通りの反対側はカウボーイと呼ばれるソイがあったりもします(笑)

Asok Terminal 21

アソーク通りではランナー文化を紹介する「カムティエン・ハウス博物館」の前を通ります。「ビルの谷間にランナー文化」でエントリーしています。

Museum 1

カムティエン・ハウスを過ぎてすぐのサミットタワー10Fには「日本文化センター図書館」があります。ここも「本で夢見た時。日本文化センター図書館」で詳細をエントリーしています。

Inside

バスはアソーク通りでセンセープ運河を渡ります。「アソーク船着場」は橋のすぐ下にあり、地下鉄MRTの「ベッブリー駅」はすぐ先、またエアポートリンクの「マッカサン駅」も歩ける距離です。下の画像は橋の上から撮ったもので、左下が船着場。奥にエアポートリンクの高架が見えています。

Asok 2

Asok 1

センセープ運河を越えてバスはベッブリー通りですぐ左折し、プラトゥナームの交差点まで直進します。ベッブリー通りのTourism Authority of Thailandのビルではたまに催しがあるのと一階奥にタイ名産があります。また近くにこの周辺にお勤めの方々がランチをする屋台村のような施設があります。この辺りでは一番安く美味しいランチが出来ます。

NaNa Chard 3

プラトゥナームは何かと関係エントリーが多い場所です。センセープ運河ボートの起点となる所で全航路と船着場を紹介していますが、慣れていない方は「センセープ運河ボート完全ガイド2 基本の基本」からご覧ください。

Pratu Nam from Bridge

衣料関係に興味がない私は両替で行く所でもあります。「両替はどこで?」で紹介した「緑・青・橙色のスーパーリッチ」は伊勢丹の反対側です。

Super Rich

バスはプラトゥナームの交差点で右折しますが、ここから戦勝記念塔までは復路と異なるルートです。

Bus038-MapDetailed

38番の多くが戦勝記念塔止りで、ロータリー内南のバス停(下の画像)で乗降してそのままパヤタイ通り経由でベッブリー通りに戻ります。短区間運転になりますが行き先表示板が赤色で無いので、タイ語が読めない私は長い間戦勝記念塔より先へ行けませんでした(笑)

Bus038 VM2

本数は少ないのですが、正規ルートの終点まで行くバスはロータリー北側のバス停内側(下の画像)に停まります。

Bus038 VM

バスはロータリーからパホンヨーティン通りに入りBTS高架下を北上します。
BTSアーリー周辺は一歩大通りから離れれば落ち着いた高級住宅街で、オッサン一人では入りにくい店が多くあります(笑) 

そんな中に少しサパーンクワイ駅寄りですが、レストランを一か所にまとめたアーケード街「アクアAQUA」が最近オープンしました。バスからはとても気づかないし、歩いていても見過ごしてしまうような小さな所ですが、ビール専門店やイーサン料理もあってちょっと気になっています。

Bus074 AQUA

サパーンクワイは隣のアーリーとは異なり下町雰囲気が残るエリアで私的に好きな所で、多くのエントリーがあります。特に両替は少しまとまった額でうまく交渉に持ち込めるとスーパーリッチ群より良いレートになる、「Jag Money Exchange」がスティサン通りとの交差点近くです。

JAG Exchange

またBTSサパーンクワイ駅週には「切手博物館」、お守りの「プラクルアン市」とディープなコレクターが集まるエリアでもあり、それぞれ詳細をエントリーしています。

Post

Market 4

BTSモーチット駅周辺はウイークエンド・マーケットとして観光客にも人気のチャトゥチャック、そして週末の夜はJJグリーンがありますが、メジャーな所なので本ブログではエントリーをまだしていません(汗)

Jatujak

JJ Green

バスは巨大なショッピングモール「セントラル・ラップラオ」前でラップラオ通りに入ります。

Central Lat Phrao 2016Jun

ラップラオ通りをしばらく走り、ラチャダピセーク通りとの交差点で左折します。この交差点角には「スワンルム・ナイトバザール」が復活しています。以前はルンピニー公園横にあったと思うのですが・・・私的にはがっかり系での復活のように思えます(苦笑)

Suanlum Night Bazaar

ラチャダピセーク通りは「チャンカセーム・ラチャパット大学」を少し通り過ぎた所で終点です。パホンヨーティン通りまでバス停一個ぐらいなので、車掌さんに「パホンヨーティン通りまで乗せて下さい」と図々しく頼んだら、「(交差点上の)陸橋を通るので駄目」と言われました。と言う事でこの路線に限っては戦勝記念塔からラチャダピセーク通りの間の復路は未乗車です。今までエントリーした中で往復とも始発から終点まで実際に乗るのが条件だったので、初めての例外です。残念です(涙)

いやぁ~それにしても・・・私自身の生活圏だったり、馴染みの所ばかりを通るので長くなりました。ごめんなさい。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.06.18 | コメント(18) | バンコク路線バス

コメント

38番バスについて

路線バスの情報 いつも参考にさせていただいております。
最近ですが 戦勝記念塔からプロムポンまで利用しました。戦傷記念塔からの往路は ノンエアコン・エアコンとも特に問題なく乗降できました。プロムポンからの復路は エアコンバスでしたが これも問題なく乗降できました。
先日 プロムポンでバスを待っていると 手を挙げている他の客もいるのですが ノンエアコン・エアコンとも2台続けて 止まらずに行ってしまいました。
3台目は ノンエアコンでしたが 乗ったとたんに車掌が 何やら怒っているようで 戦勝記念塔には行かないということで すぐ降ろされました。バスの正面上には 38番の隣にタイ文字が何か書いておりました。
どういうことなのでしょうか もし分かれば ご教示お願いいたします。

2017-05-18 木 08:30:37 | URL | pinpon #- [ 編集 ]

Re: 38番バスについて

pinponさん

ご質問の件、最初に言うと「さっぱり分かりません」が、興味深いですねぇ~ 面白いです。

38番はアパート近くを通るので日常的に使うバスですが、ご質問の区間で使う事は私自身はまずありません。ですが先週までの事ながらバンナートラートを戦勝記念塔方面に走るバス、および戦勝記念塔内ロータリーで見た38番に違和感は感じませんでした。

38番のノンエアコンもエアコンも同じ委託会社でバス車庫はラムカムヘン大学2の近くにあって、都心部には待機所もありません。本来の都心部方面行先はラチャヨーティーン交差点近くですが、90%以上の確率で戦勝記念塔止りの短区間運転です。基本的にはプロンポンから見て戦勝記念塔以前の短区間運転はないのですが、この2年半で一回だけ(それも1ヶ月ほど前)にプラトゥナームで折り返している38番を見ました。その時は何か車両異常かと思ったのですが・・・

その1回だけ見たのはニコームマッカサン通りからエアポートリンク・ラチャプラロップ駅下を通り、インドラ・スクエア前を通ってプラトゥナーム交差点でラムカムヘン大学2方面へ行くルートを取るバスでした。

それは私が知る唯一の可能性だけでが、定常化したとは思えないのですが・・・今後気を付けて見てみます。

以上は推測になるので申し訳ないのですが、ちょっと気を付けて見てみます。何か変化があったならば・・・38番のエントリー内容を更新します。遅くて恐縮ですが1~2週後に38番をチェックしてみて下さい。

2017-05-18 木 18:50:33 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番バスについて

面倒な話に 丁寧にご回答いただき 申し訳ありませんでした。単純に乗車拒否されただけかもしれませんが 暫く フロントの看板など 注意深く見てみます。タイ語はわかりませんが 経験を積むしかないですね。ありがとうございました。

2017-05-19 金 11:43:33 | URL | pinpon #- [ 編集 ]

Re: 38番バスについて

pinponさん

どういたしまして。こうしたご質問の方が嬉しいと言うか、楽しいです。
自分が同じ事を見たら、納得するまで追っかけるでしょう(笑) 元々、そうして書き始めた「不完全バスガイド」です。

って言う事で、今日さっそく戦勝記念塔まで行って来ました(38番じゃなくて高速経由の139番で)。

バンナートラート通りで見た38番2台の表示は戦勝記念塔行でした。
そして戦勝記念塔で通常に38番が運転されているのを確認しました。その画像を質問専用スレッド(http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-1105.html)に貼っています。行先表示板は戦勝記念塔の「アヌサワリー」ですね。

だからと言って、プロンポンから先で戦勝記念塔へ行かない短区間運転が無いとは言えませんね。今後も注意深く見てみます。

また、普段からご利用のようなので十分ご承知かと思いますが、38番はアソーク交差点で右折をするために、スクムビットSoi22過ぎぐらいからはセンターライン寄りを走ります。他の路線にも共通する事ですが、こうした場合は運転手が左に寄りたくないのでバス停を無視する事がよくあります。ただ、プロンポンだとかなり前なのでこの状況下ではないはずですが・・・

2台続けて無視されて、3台目はバスの中で行かないと言われた・・・絶対にその時何か事情があったと思うのです。それが定常化しているのなら、必ず突き止めてエントリーします。

2017-05-19 金 14:20:17 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番短区間運転について

拝啓 ALSTER様、pinpon様

横からのレスポンスで失礼いたします。38番の短区間運転について、私自身の実体験をコメントさせて頂きます。

一年半程前、オンヌットのテスコロータス前バス停にて38番のจันทร์เกษม(チャンガセーム、本来の終点です)行きを待ちました。21時前から1時間強待った記憶があるのですが、やって来た38番はエアコン、ノンエアコンとも全てアソーク止まりでした。

pinponさんがご経験された事象への直接の回答にはなっていませんが、プロンポンで素通りした38番は全てアソーク止まりの短区間運転のバスであった可能性があるのでは?と思い、コメントさせて頂きます。

もし何かのご参考にでもなれば幸いです。横レス失礼いたしました。

いちたん拝

2017-05-19 金 23:17:37 | URL | いちたん #- [ 編集 ]

Re: 38番短区間運転について

いちたんさん

ご教示ありがとうございます。横レスは歓迎です。

必ず毎週見ている38番ですが、アソーク止りの短区間運転があるのは知りませんでした。
ほぼ全車戦勝記念塔までの、これも短区間運転車だと思っていました。終点チャンカセーム行きが少ないのはおっしゃる通りで、今は1時間以上待っても来ないのが普通です。私は全線乗るまで1年ちかくかかったような・・・

アソーク止りの短区間運転が3台続けてあったと言う事を考えるとすると、私がイメージするほぼ全車戦勝記念塔行の短区間運転路線が崩れるので、引き続き見てみます。

タイ語が読めないので、乗るだけ出来ない私にとって、この辺りが限界かも。
プロンポンやアソークみたいな都会も頻繁に行かない私にとって、これも限界かも。

あらためて、お礼を申し上げます。

2017-05-20 土 07:04:54 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番バス オンヌットからパヤタイへ

はじめまして
あっと ともうします。
パヤタイへ用事がありオンヌットから
38番バスで
DACOが出している
"バンコク バス路線図"を参考に行ってきました。
①オンヌットから38番に乗り
②スクンビットを走りアソーク交差点を右折し北上
③ペップリ(ペチャブリ)通りにあたる交差点を左折し
④戦勝記念塔へ向かいました。

④のルートがペップリからラチャプラロップで戦勝記念塔(終点?)に行きました。
戦勝記念塔から南へのパヤタイ通りで
また来た道を戻ってスクンビット方面へ行くと思って、パヤタイ通りで帰りのバスを待ってました(38番)が バスが通るが停まろうとしません。(バス停のほうにバスが来ない)
おかしいと思ったら、
やっぱりバス停のイスの上の番号に
38番がありませんでした。

戦勝記念塔終点の38番は戦勝記念塔始発では無いのか不思議です。ペップリ通りまで出てバスにのりましたが、パヤタイ通りでは
客は拾わないのかな~と思いました。
何かご存知でしょうか?

2017-08-28 月 17:10:16 | URL | あっと #- [ 編集 ]

Re: 38番バス オンヌットからパヤタイへ

あっとさん

ご質問の件、私はその有料の路線バスの本を持っていないので、実経験だけで以下に分かる範囲で書きます。ご事情と異なるかも知れませんが、ご勘弁ください。

1、まず38番はラムカムヘン大学2(バンナーキャンパス)~チャンカセーム大学(ラチャヨーティーン)が本来のルートなのですが、短区間運転(ラムカムヘン大学2~戦勝記念塔)が実際はほとんどの運行になります。

そしてプラトゥナーム交差点からは以下の様に反時計回りで大きく回ってプラトゥナームに戻り、交差点は陸橋上で通り越します。
ラチャプラロップ通り→ラチャウィティ通り→戦勝記念塔→パヤタイ通り→ペッブリー通り

2、ご質問のパヤタイ通りでは戦勝記念塔からラーチャテーウィー交差点(ペッブリー通り)までの南行き(38番ではラムカムヘン大学2行)バス停では乗車可能です。私も何度か経験があります。

3、バス停にある路線番号の表示
BMTA路線バスのバス停で表示が正しいのは30~40%程度でしょうか。私は全く無視しています。

ちなみに件の区間で言えば(私の手持ち画像を見る限りですが)、この区間を走っている139番も177番も記載がなく、走っていない201番153番の記載があります。その上で旧表示であるポーオー表示(エアコン車をポーオー路線と言っていた昔の表示)のままでもあります。バス停全てを見た上での話ではないのですが、このように全く信用できない事をご理解ください。

4、バス停で合図してもバスが停まってくれない
年に千回は路線バスの乗る私ですが、よくあります。
理由は以下の通りと推測していますが、管理が徹底できていない委託バスにおいて降りる人が居ない場合に起きやすくなる傾向が見られます。

ちなみに件の区間は戦勝記念塔後すぐなので、まず降りたい人はバス車内に居なかと思いますし、38番は委託バスです。

・運転手の気分が乗らない。気が付かないフリをする。
・バスに乗りたい人の合図に気が付かない。合図が遅すぎる。
・車線中央寄りを走っていて歩道側に寄るのが大変。
・交差点手前の場合は左折車両と直進と右折車両でバス停に停まれないルールが多くあります(今回の区間では関係ありません)。
・立体交差点手前のバス停の場合は運転手が陸橋や地下道を通りたくて、バス停を無視する(今回の区間では関係ありません)。
・渋滞で詰まっていて、やっと動き出したのでバス停に停まりたくない(今回の区間ではありがちなケースです)。
・終点が近く、普通は乗車する人はいない(今回のケースでは、起点を出たばかりでバス車庫はラムカムヘン大学2側にあるので違います)。
・回送車両でその表示を出していない(今回のケースではバス車庫がラムカムヘン大学2側にあるので、そこまでは営業運転する事が普通で考え難い)。

以上が考えられますが、あっとさんの場合がどうだったのかはその時の事情が分からないので何とも言えません。また何でもあり得るのがタイの路線バスかと思います。

と言う事で・・・簡単に結論を言えば、38番のラムカムヘン2行バスは戦勝記念塔からペッブリー通りに入るまでの区間で、普通は乗せない事はありません。その時、その運転手の都合だけの理由かと思います。

なお、件の区間からオンヌットへ行かれるなら、38番は時間がかかり過ぎます。私なら・・・の話ですが、エアコン・高速道路経由の139番に乗って高速道路を出たスクムビット62のパクソイで降りて、スクムビット通りをオンヌットへ向かうバス(全て可能)へ乗り換えます。高速道路経由ですが139番は18バーツか19バーツで、乗り換えはバス次第ですが時間はかなり早く行けます。

以上に納得が行かなければ、また遠慮なくご質問ください。って言うかお持ちの有料の路線バスの本は質問を受ける仕組みがないのですか? 

2017-08-28 月 18:53:45 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番バス オンヌットからパヤタイへ

あっとともうします。

ご返事ありがとうございます。
往路-復路ともに38番
オンヌット→戦勝記念塔まで65分
11:45→12:50

帰りが15:00頃でペップリ通りの
パンティッププラザ前あたりからオンヌットまで50分ほどでした。
エアコンバスなので快適なのですが
やはり時間かかるな~と思ってます。
(平日の語学学校でバス通学を考え中)

139番のバスは今週乗って試してみます。

バス雑誌は20ページほどの薄い本で
裏にメールアドレスとdacoのホームページが記載してあったので、
メール送ってみます。

2017-08-29 火 16:59:54 | URL | あっと #- [ 編集 ]

Re: 38番バス オンヌットからパヤタイへ

あっとさん

オンヌットのどこかにも寄りますが、路線バス利用者にはどこへ行くのも不便かも知れませんねぇ・・・スクムビットではウドムスックから都心部よりは高いBTSを使う事前提の方々がお住まいになるエリアかと思います。また、10月からはまたBTSが値上げですね。

オンヌット~戦勝記念塔間のバス利用を考えましたが、やはり38番以外に良い方法がありません。2番か23番でプラトゥナームまで行けば乗り換える路線は格段に多くなります。まぁ、時間はかかるし、バックアップ案程度です。

もう少し郊外に行かれると、バンナー交差点やスクムビット62で高速道路で都心部へ行く路線バスは139番以外にも多くあります。私的には路線バスを利用するのに一番便利な所と言っていますが(笑)2番、23番、25番、102番、129番、139番、142番、180番、511番、536番、538番などバスは次から次へと来ます(笑)この中で戦勝記念塔へ行けるのが139番と536番で、反対にプラトゥナームから乗れるのが2番(高速経由車)、139番(全車)、511番(高速経由車)ですね。

パヤタイ通りではなくてペッブリー通りからスクムビット方面に乗るなら、139番以外にも2番や511番の高速道路経由の黄色板のバスもスクムビット62まで行けます。

えっと・・・もし最初のご質問で乗車できなかったのがパヤタイ通りではなく、ペッブリー通りのパンティップ前なら・・・

バス停で乗れないのは非常によくある事です。ペッブリー通りを東へ行くバスは陸橋上でプラトゥナーム交差点を越えるので、パンティップ前あたりでは歩道側に寄りません。この為に2車線を渡り中央よりのバスに乗る必要がある危険な所です。乗れない人も多くいる所です。

お気を付けて下さい。

2017-08-29 火 18:20:07 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番バス スクンビット通りのオンヌットからパヤタイへ

本日から語学学校が始まりましたので、
前回は月曜日で車が多かったのかも、と、
変な期待を持って再度38番のバスで
オンヌット駅の次のバス停(道路の反対側にプラカノン警察署)がある所から、
昼前にバスに乗りました…が、
月曜日より状況がひどく30分で
ブロンポン駅に到着、バスを降りてbtsでパヤタイに行きました。
復路は、戦勝記念塔で38番バスがあり、
17時に乗車した後、爆睡…目がさめて時計を確認17:45…アソークの交差点にもたどり着いておらず、びっくり!!
ここでトイレに行きたくなりバスをおりました。結局学校初日は往復ともバスとbtsを両方使ってしまいました。


6月からバンコクに来て生活してます。
btsは、たまにしか使わずラビットカードで乗り降りしてますが、値段を確認すると
かなり高い乗り物と言うのがわかりました。
旅行で来てた時は値段は確認せずにつかってましたが、今はかなり高いなと思います。

2017-08-30 水 20:39:24 | URL | あっと #- [ 編集 ]

Re: 38番バス スクンビット通りのオンヌットからパヤタイへ

あっとさん

コメントを頂いていますので真剣に私も良い方法を考えたのですが・・・考えれば考えるほど良い案が無いと分かるだけです。ごめんなさい。

オンヌットでのバス停位置は分かりましたが本当にオンヌットの中心ですねぇ~ 実はオンヌットと言ってもバーンチャーク側かオンヌット通りでシーナカリン通りに近いとちょっと違うのですが・・・

お住まいの辺りはBTSを利用する方には便利ですが、BTSを使わない方には時間ばかりかかる所になります。もう少しウドムスックかバンナー側に寄るか、シーナカリン通り側に寄るとかなり便利にはなるのですが・・・

まぁ、申し訳ないのですが・・・お住まいの場所と通いたい学校の位置関係から高いBTS使うのが正解と思います。10月からまた値上げされますが・・・

例えば行きはBTSにして、帰路を139番で戦勝記念塔からパヤタイ通りのどこかで乗って、高速を降りたスクムビット62のパクソイからオンヌット方面に戻るのも一度試して下さい。ただ、これは乗り換えがあるので、その分時間がかかってしまうのも事実です。

もしお住まいの所からプラカノン通りに出るのが簡単ならば・・・71番(ミニバスと赤バス)でクロンタン交差点まで出て、センセープ運河ボートのクロンタン船着場からプラトゥナーム船着場で降りると、船着場すぐ近くのバス停(カオマンガイの店ガイトーン前)から38番、139番、140番、356番と戦勝記念塔へ行くバスがたくさん来ます。まぁ、これも乗り換えが多いし、センセープ運河ボートの利用はかなり慣れた方向けで、普通は推薦しないのですが・・・これが一番渋滞の影響が少ないのですが、バックアップ案程度で(汗)

あと・・・裏技(不正ではありません)でエカマイ・バスターミナルと戦勝記念塔間を無料(エアコン)シャトルバスが走っています(いつまであるのかが心配ですが)。このルートがラマ9世通りを通るので38番より少しマシです。一応30分に一本です。
詳しくは http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-1125.html で書いています。

お住まいがスクムビット・オンヌットで戦勝記念塔間をバス、しかもお帰りが17時頃となると・・・BTS以外はどうしようもない気がします。

PS
私は本年4月のBTS値上げに私的講義中で今日まで1回も使っていません。今日も都心部から511番高速道路経由でバンナー交差点で乗り換えして帰りました。まぁ、バンコクでも端の端なので出来るのですが(笑)

2017-08-30 水 21:27:19 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番バス スクンビット通りのオンヌットからパヤタイへ

こんばんは
あっと と申します。
学校二日目で行き(往路)はbtsで行くことにしました。
復路は、学校終わりが16時前なので
今日こそはバスで帰ろうと決めて
授業終了後直ぐ38番バスに乗り込みました。
結論から言うとプラカノン駅の次のバス停
オンヌットとの橋の手前で下車しました。90分かかりました。
16:00パヤタイ前 →→
17:30プラカノン運河(橋)前
明日 教えて頂いた高速バスに挑戦してみます。90分は正直、心が折れました。
前にオンヌットからエカマイ駅までの
スクンビットの一本道で夕方の
帰宅ラッシュ時、45分かかった事があり、その時よりはまだましだと思ってます。歩けば15~20分だと思います。

初日は授業後空腹の為、btsビクトリ―モニュメント前のセンチュリービルでラーメンを食べた後に戦勝記念塔前の露天でセンレックを食べながら38番のバスを観察してましたので17:00のバスになりました。
17時のバスなら二時間で帰れないと思ってます。

2017-08-31 木 23:00:12 | URL | あっと #- [ 編集 ]

Re: 38番バス スクンビット通りのオンヌットからパヤタイへ

あっとさん

こちらもまだ真剣に考えているのですが、一つの選択肢で以下の事も頭の片隅の置いて下さい。

1、もし戦勝記念塔側の学校がパヤタイ駅に近ければ、エアポートリンクのパヤタイ駅からラムカムヘン駅まで乗ります。エアポートリンクの料金には詳しくないのですが、BTSより少し安い気がします。

ラムカムヘン駅からラムカムヘン通りに出て22番(直営エアコンとノンエアコン赤バス)、40番(委託エアコンとノンエアコン)、71番(委託ミニバスと直営赤バス)、115番(委託ノンエアコン)のどれからプラカノン通りとスクムビット通りの丁字交差点まで行きます。

この方法だとバスはプラカノン通りの区間だけなので、ある程度時間が読めるかと思います。料金がバス代とエアポートリンク代なのですが・・・

BTSでもなく、バスが渋滞等で全く動いていない時は、この方法がバックアップ案として適切かと思います。パヤタイ側とプラカノン側であまり長く歩かなければの条件付きです。

2、高速道路経由の139番は(私も常用する)人気路線なので、戦勝記念塔出発時にほぼ全席埋まってしまいます。これも学校の位置次第ですが、戦勝記念塔から乗られると良いかと思います。

そして139番が高速道路をスクムビット62で出て最初のバス停にはモタサイがバス停前で待機しています。見ていると多くの人がこれを使ってソイ奥へ向かいますが、オンヌット駅からバンチャック駅間で西側(チャオプラヤー川側)に住む方がこの方法を使うようです。これもモタサイ代がかかりますが、ドア・ツー・ドアで歩かずに済みます。もっともお住まいの場所次第ですが・・・

ご参考まで。複数の方法を知っておくのは絶対に必要なバンコクかと思います。

2017-09-01 金 00:02:15 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

戦勝記念塔から38番改め139番

こんばんは
あっと ともうします。

語学学校はパヤタイの駅前になりますが、
授業終了後、戦勝記念塔まで歩いて行き、
139番のバスが待機してました。
バスの外からでも立ってる人が見えるぐらい混んでたので次のバスで座ることができました。相当な込みぐあちです。。
戦勝記念塔→btsプンナヴィティ駅
16:50 → 17:30
40分 16バーツ
プラス オンヌットまで 10分 6.5バーツ
で行くことができました。
帰りは、この行き方が今のところ1番良さそうなかんじがします。

2017-09-01 金 21:45:29 | URL | あっと #- [ 編集 ]

Re: 戦勝記念塔から38番改め139番

あっとさん

状況報告(笑)ありがとうございます。
毎日、心配しています・・・

推薦した一つの方法が使えそうで何よりです。

そうそう、139番だと週に2回は私が乗っています(笑)

2017-09-01 金 21:56:51 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

38番について

去年、定期券のことで質問させてもらったKOHです。
最近、ますます、バスに乗るようになり、改めてこちらのブログを参考にさせていただいています。
さて、38番ですが、ちょっと気づいたことをコメントさせてもらいます。ピンクと青について、アソークの交差点でスクンビットから右折したところで折り返しているのを見かけます。時間帯は18時以降です。ほぼ折り返しています。黄色はみたことないです。ご参考までに。

2017-11-21 火 14:44:30 | URL | KOH #- [ 編集 ]

Re: 38番について

KOHさん

コメントありがとうございます。

38番は本来ラムカムヘン大学バンナーキャンパス(ラム2)からチャンカセーム大学までの路線ですが、そのほとんどが戦勝記念塔止りの短区間運転です。

それに加えてアソーク折り返しのさらに短い短区間運転がある事を知っていますが、どの程度の本数なのか私自身は分かっていません。情報、ありがとうございます。

委託バスではこうした事が多く、アソーク折り返しは他に98番(交差点内折り返し)、25番委託バス(左折して折り返し)などもしていますね。

全てを書く事が出来ていませんので、すいません。

2017-11-21 火 16:32:56 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR