132番 バンコク不完全バスガイド

2016年8月17日、更新2017年3月14日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

オンヌットOnnut ~ スクムビット通りSukhumvut ~ バンナー交差点Bangna ~ バンナー・トラート通りBangna Trat ~ キンケーオ交差点King Kaeo ~ バンブリー通りBang Phli ~ カーンケーハ・バンブリーKan Kheah bang Phli

Bus132 Map

いつもはInbound(中心へ向かう)順で書いていますが、今回は日本人にお馴染みのオンヌットからのOutBound順で書きます。

スクムビット通りはオンヌットからセントラル・バンナーとメガバンナーを経由し、日本から進出した多くの企業があるバンプリー工業団地まで行く路線です。

委託ノンエアコンバスは普通一律9バーツですが、(たぶん)メガバンナーより東は料金が変わるので行先を聞かれます。


バス車種

委託ノンエアコンバス・ピンク
委託エアコンバス・黄色 以下2017年3月14日追記
 2017年3月16日にエアコンバスを初めて見ました。台数は非常に少ないはずです。
  Bus132 Bangna Tra 2017Mart

ルート周辺

バスの復路の終点はスクムビット通りオンヌット交差点の少しBTSオンヌット駅寄りのバス停です。

Bus132 Onnut 1

復路の終点を通るとプラカノン運河を渡る陸橋下でUターンし、休憩等なくそのまま往路に入ります。その為に往路の最初のバス停はオンヌット交差点を過ぎた最初のバス停です。下の画像は陸橋下でUターンする132番です。

Bus132 Onnut 2

バスがUターンした所はオンヌット通りを走る地方バス1013番やソンテウの待機駐車場となっています。ソンテウは複数ルートがありますが、シーコンスクエアに行く4番は日本人の方にも知られているようです。

Bus 2

地方バス1013番はオンヌット通りを真っすぐ走り、スワンナプーム空港の北にあるフアタケーまで行きます。途中「ザ・パセオ・モール」「スワンナプーム・ナイトマーケット」、「古市場と水上マーケット フアタケー」と本ブログでも登場する事が多いバスです。

132番がUターンした陸橋横には歩道橋があって運河をプラカノン側へ渡れます。歩道橋を渡った所はプラカノン運河ボートの乗り場です。「プラカノン運河を行く」で詳細を紹介していますが、ゆっくりと静かな運河ボートでシーナカリン通りのイアムソンバット市場まで行けます。私的に最も好きな運河ボートですが一時間に一本です(汗)

PhraKanong

船着場を過ぎればすぐ目の前はプラカノン市場です。スクムビット通り沿いではバンナーまでの間で一番大きな市場です。

Market

オンヌットに戻って(汗)バスの路線から少し外れますが、オンヌット通りを東に向かいSoi7に入ると占いの店が軒を連ねています。ソイの奥にある「ワット・マハーブット」へ参拝する女性が多いのでどの店も賑わっています。

Aug17 Onnut Soi7

ワット・マハーブットは有名な幽霊ナークを祀った廟のあるお寺で、本当に女性の参拝者が絶えません。ナークの話は怪談なので省略するとして(汗)タイでは何度も映画になっているので、最も有名な幽霊でしょう。

Aug17 Nark

132番のバスに戻りましょう。バスはスクムビット通りではオンヌットからずっとBTSスクムビット線の高架下を走りますが、最後のBTS駅は「ウドムスック駅Udom Suk」、ここでBTSからバスへ乗り換える方々が多くいます(←自分も含みます)。

Bus132 Udom Suk

ウドムスック駅横には市場と呼ぶには小さ過ぎるおかず横丁があって、そこを抜けるとウドムスック通り。

Aug17 udom Suk 1

路線バスがなくてソンテウが頼りですが、私が乗るのもここからです。そのソンテウ乗り場の少し先にはこの周辺では珍しい肉骨茶(バクテー)食堂があります。

Aug17 Udom Suk 2

スクムビット通りをバンナー交差点で左折しバンナー・トラート通りに入ります。交差点角はBITEC(バンコク国際貿易展示場)です。

BITEC

バンナー・トラート通りでは「セントラル・バンナーCentral Plaza Bangna」前を通ります。セントラル・バンナーは私の「買い物先発三本柱」のひとつです。古くからバンナー地区のランドマーク的存在で、最近では屋上プールが改装されてちびっ子達に人気のようです。「セントラル・バンナー 活用術」や「セントラル・バンナーが変わっていた」をエントリー済みです。

Central

ラムカムヘン大学2と呼ばれるラムカムヘン大学バンナー・キャンパスはメガバンナー反対側でTescoLotus手前から路地に入り4kmぐらい北に入った所です。ラムカムヘン大学2(下の画像)へは38番、46番、48番、139番と多くのバスがこの路地に入ります。

Ram2

ラムカムヘン大学2周辺は低層アパートが多く若い人たちが多く働きながら大学卒業を目指しています。ちなみにラムカムヘン大学2の前にある市場は私のお気に入りです。内容は普通にある生鮮市場ですが、私が知る限り最も整然として清潔な市場です。

Ram2 Market

132番はラムカムヘン大学2に向かわずバンナー・トラート通りを直進し、すぐにメガバンナー前です。下の画像では復路の132番が写っていますが、往路では歩道橋を渡った所です。

Bus132 MEGA

メガ・バンナー内には北欧家具のIKEAがあり、モデルルームのような中を歩くのも楽しいですし、レストランやカフェスタンドは重宝しています。「IKEA 活用術」で詳細を書いています。またメガバンナーも「メガ・バンナー 活用術」でエントリー済みです。

IKEA

メガバンナーを過ぎると次はキンケーオ交差点です。バスはバンナー・トラート通りを直進しますが、キンケーオ通りはスワンナプーム空港のすぐ横西側の通りです。この交差点過ぎがキンケーオ市場前で、そのすぐ横が会員制スーパーmakroです。

Aug17 King Kaeo 1

キンケーオ市場の反対側にはホームセンターのHomePro、スーパーのTescoLotusに新しいショッピングモールMarket Village Suvarnabhumiと大変賑やかな場所です。

Aug17 King Kaeo 2

バンナー・トラート通りで反対側になりますが、キンケーオを過ぎてすぐのSukhaphiban 6の奥には有名な?バンプリー古市場があります。バンナー・トラート通りのパクソイからソンテウで行けます。

Aug17 Bang Phli 1

また、この古市場には舟を繋いだ渡し舟??があって、ここもディープなタイファンには有名なのでご存知の方もおられるでしょう。「珍景!渡し舟私的ランキング」でなんと2位に輝きました(笑)

Bang Phli 2

見どころたっぷりなバンプリー古市場周辺ですが、タイ最大級の涅槃仏があるワット・バンプリー・ヤイ・クランも近くです。

Aug17 Bang Phli 2

バスはバンナー・トラート通りを東に進み、KM24過ぎでUターン。向きを西に変えてすぐのバンプリー通りに左折して入ります。バンプリー工業団地入口の大きな看板があって、次々と工場が続きます。

Bus132 Kheaha Bang Phli

テーパーラック通りを越えたあたりでフェードアウトするように終点になります。本来は少し先へ行ってから西へ向きを変えるのですが、私が一番新しく乗った時はニコムバンプリーSoi4に入られて降ろされました(汗) まぁ、委託バスでかなり郊外なので、よくある運転手の気分次第のフェードアウト終点です。

Kheaha Bang Phuli

いかがでしょうか、実はこのバスは普段私が利用するバス停の一つでよく使います。その多くはアパートそばからスクムビット通りへ出たり、メガバンナーに行くのに使っています。どこかで乗っているかも(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.08.17 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

大変参考になりました。

この地域はパタヤへ行くとき通りますが、そのときメガバンナーの建物が見えるときがあります。
いつも行ってみたいと思っていますが、行き方がよくわからないので、今度チャンスがあったらこの記事を参考にして行ってみたいと思います。
アソークあたりからだと、直通のバスってあるんですか?
132番だとオンヌットで乗り換える必要があるってことですね。

2016-08-17 水 05:36:30 | URL | booonsak #WFf5cCDo [ 編集 ]

Re: 大変参考になりました。

booonsakさん

コメントありがとうございます。

アソークから直接アクセスできる方法は路線バスではありません。
ブログ記載のオンヌットで132番。
エカマイで133番(これは遠回りでお勧めではない)
ウドムスック駅下で2番枝線(行先表示白板)、23番枝線(行先表示白板)、180番がメガバンナー内まで入るので、アクセスが最高です。それらは全て直営ノンエアコンの赤バスで一律6.5バーツか無料です。また同じバス停にメガバンナーへの無料シャトルも出ます(本数は多くない)。
BTSでバンナーまで行くと、緑の地方バス365番(本数非常に多い)が132番や133番と同じ場所に停まります。バンナー駅からいったんバンナー交差点へ戻る方向のバスで、料金は行き先を言う必要があります。「めが~」で通じます。

2016-08-17 水 08:32:43 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR