206番 バンコク不完全バスガイド

2016年11月5日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

パラダイスParadise ~ シーナカリン通りSrinakarin ~ パタナカーン通りPhathanakan ~ ベッブリー通りPhetchaburi ~ ラチャダピセーク通りRachadaphisek ~ ラチャヨーティン交差点Ratchayothin Junction → パホンヨーティン通りPhahon Yothin → カセート交差点Kaset Junction → ンガムウォンワン通りNgam Wong Wan → カセサート大学バンケーンキャンパスKasetsart University → バンケーン駅SRT Bang Khen

(復路)
バンケーン駅SRT Bang Khen → ウィパワディーランシット通りVibhavadi Rangsit → ラチャダピセーク通りRachadaphisek → ラチャヨーティン交差点Ratchayothin Junction ~ 以降往路と同じ


Bus206 Map

私的に毎日必ず見るバスですが、あまり乗る事はありません。理由は下に(笑)
シーナカリン通りのパラダイス近くから、カセサート大学バンケーンキャンパスまで行く路線です。


バス車種

直営ノンエアコン・赤バス
直営エアコンバス・オレンジ(数は少ないです)


ルート周辺

バスの表示は「ウドムスック~カセサート」となっていますが・・・実際のバスの出発はシーナカリン通りとウドムスック通りの交差点からだいぶ北へ行ったショッピングモール「パラダイスParadise」近くです。本来は上記交差点近くから出たいのでしょうが、立体交差点のせまい側道にバス停がある為に路駐できず、その先のパラダイス近くから営業します(笑)画像下で奥に見える陸橋がウドムスック通りの交差点です。

Bus206 Srinakaring

「営業する」と書いたのは、復路の終わりはウドムスックでUターンする事無くフェードアウトするようにパラダイスから営業を止めて、そのまま遠いメガバンナーまで行って休憩されます。従って往路はそこから回送で(私のアパート前を空で通り)ウドムスックまで行き、フェードインするように営業を始めます。どうせならメガバンナーまでを路線にしたら良いのに・・・

かと言ってメガバンナーのBMTAバス車庫が基地かと思ったら、車庫回送はラムカムヘン通りを走り、すごく遠いスアンサイアム車庫まで行く(私的にはお馬鹿な)変な運営です。画像下は参考まででスアンサイアム車庫を出た206番です。

Bus206 Siam Park

昔はウドムスック通りとシーナカリン交差点の東にバス車庫(停車場)があったようですが、私が住み始めた2年前には荒地のまま放置されていました。だからウドムスックを始発にする理由は何もなく(実際にもウドムスック発でないし)、無駄な2方向車庫回送をしている路線です。

さてシーナカリン通りで起点を出発するとすぐ次のバス停がショッピングモール「パラダイス」前です。昨年(2015年6月)パラダイス内に東急がオープンしましたし、スーパーのヴィラマーケットもあるのでシーコンでの買い物の時の通り道にしています(笑)

Paradais

パラダイス前には私的に近所で時々食べる中華料理屋さん「遼寧餃子館」があります。下の画像のようなのを・・・羽根つき餃子って言うのでしょうか?

Gyouza

パラダイスの隣もショッピングモールの「ハァハァHaHa」です。ここにシーナカリン通りソイ55(ハァハァ)があるからでしょう。実はここはパラダイス、HaHa、そしてこの後登場するシーコンスクエアと三つの大きなショッピングモールが並んでいます。ちなみに私的お買い物エリアです(笑)

HaHa

そのシーナカリン通りソイ55の奥、突き当りにはバンコク都で一番大きな公園「ラマ9世公園 Rama9 Park」があります。入場料10バーツが必要ですが、その為か人も少なく大変よく整備された公園です。中には英国庭園や日本庭園もあります。私的ベストワンの公園です。「バンコクで一番広い公園」で詳しく書いています。

Park 3

またラマ9世公園のシーナカリン通りソイ55側入口では、土日だけの朝市が開かれます。農家の直売とか、園芸店が土日のここで店を出しているような素人感がなかなか良い市場です。「ラマ9世公園の朝市」でエントリーしています。

Mar12-Rama9Park2

さて、シーナカリン通りに戻って・・・パラダイス、HaHaと並んで(実際はちょっと離れているけど)大きなショッピングモール「シーコンスクエアSeacon Square」があります。私の買い物先発3本柱の一つで週に2日は出没しています。周辺のランドマーク的存在でしょう。「シーコン・スクエア 活用術」で詳細をエントリー済みです。

Outside Seacon

このシーコンスクエアの裏にはバンコクでは一番大きな(私的見解です)ナイトマーケット「タラート・ロットファイ・シーナカリンTrain Night Market Srinakarin」が 、木、金、土、日曜日に開催されています。「タラート・ロットファイ・シーナカリン」でエントリー済みです。

Market 6

シーコンを過ぎて最初の大きな交差点がプラカノン通りとの交差点で、この角には「イアムソンバット市場Iam Sombat Market」があります。この市場は売る側も買う側も8割はモスリムの方で、周辺の食堂ですがモスリム用でない普通のタイご飯屋さんも、多くの店が豚肉を扱っていません。実は、私がシーナカリンに住み始めた当初はここで買い物してました。やけにモスリムの方が多いなぁ~って思いながら(笑)

Seo07 Iam 1

Sep07 Iam 2

バスがシーナカリン通りでプラカノン運河(正確に言うとここではプラウェートブリーロム運河)を渡る橋の下がプラカノン運河ボートの終点です。

Sep07 Boat

大好きなプラカノン運河ボートはプラカノンからイアムソンバット市場までの静かな運河ボートで、「プラカノン運河を行く」でエントリー済みです。

Boat

プラカノン運河を渡るとすぐに商業モール「タンヤThanya」前を通ります。ここはなぜ作ったのかと計画時点での甘さが気になってならない施設です。登場済みのパラダイスやHaHaを含めて「パラダイス・HaHa・Thanya 活用術」で詳細をエントリー済みです。

Thanya

次にバスはシーナカリン通りと別れてパタナカン通りへと左折します。パタナカーン通りには目立った所がないのですが、昨年2015年3月だったかタイ外食大手MMKレストラングループが飲食店モール「ロンドンストリート」をオープンさせました。近くなのでずっと見ていますが、最初からずっと盛り上がりがないままでいます。まぁ、タイでは本当に多い「奇をてらって目立ち集客を狙った」だけで、中身はどこにでもあるレストランですから・・・

Bus 11-London

バスはパタナカン通りを西に向かいますが、Soi19近くのラオ運河沿いの小道を歩くと、徒歩5分強で大型ショッピングモールの「ザ・ナインThe Nine」まで行けます。

Jun 02 Nine 1

これは、たぶんどこにも書いてないだろう秘密の抜け道ですが、ザ・ナインは路線バスも通ってないので「身近なお気に入りエリア4 ザ・ナイン 近道マップ付き」で詳しく紹介しています。

Jun 02 Path 2

パタナカン通りはクロンタン交差点から西はペッブリー通りと名を変えます。バスはクロンタン交差点を直進してクローンタン橋を渡りますが、この橋の下にはセンセープ運河ボートの「サパーン・クローンタン船着場Sapan Klongtun」があります。センセープ運河ボートの船着場は全てを紹介していますが、「センセープ運河ボート完全ガイド5 東ライン2」でエントリーしています。

Klongtun 1

トンロー通りとの交差点を過ぎて、バーン・ドーン・モスク船着場近くにはこんな渡し舟があります。近くにイスラム寺院と学校があって、そこに通う人たちが多く使うようです。またこの辺りはスクムビット通りからかなり離れているので、ここの渡し舟でベッブリー通りへ出るとバスの本数も多く移動の裏技になります。一回2バーツでもちろん誰でも乗れます。

BaanDonMosque 3

アソーク通りとの交差点手前(この角には昔、日本大使館がありましたね)のセンセープ運河沿いも趣があります。プラサーンミット船着場への路地を入るとこんな感じの「Food Town」と言うフードコートがあります。

Food Town 1

中はこんな感じで、近くのビルにお勤めのビジネスマン・ウーマンの人達でお昼は大混雑です。また運河の反対側にあるシーナカリンウィロート大学の学生さんにも人気がある食堂です。

Food Twon 2

このFood Townがある路地の奥には人とバイク専用の橋があって、反対側はシーナカリンウィロート大学です。

prasamit 3

シーナカリンウィロート大学構内を通る私自身の勝手な思いですが、この大学はのんびりした雰囲気がいつもします。規模も大きくないし、学食や芝周辺で一休みと公園的存在と勝手に思っています。駐妻と呼ばれる方々に人気の木曜市はまだ開かれているのでしょうか? 船着場からスクムビットSoi23にもアソーク通りにも抜けられます。

prasamit 2

バスはアソーク通りへと右折して入ります。すぐにあるのがエアポートリンクとタイ国鉄東本線の「マッカサン駅Makkasan」です。

Makkasan Station 2016 SEP

バスがラマ9世通りとの交差点を過ぎると通りはラチャダピセーク通りと名を変えます。バスは北上しますが現在のラチャダピセーク通りは大きなショッピングモールにホテルやビジネスビルが立ち並び、地下鉄MRTも通り大変賑わいのある通りです。一方夜になると風俗関係のネオンが目立つ二面性ある通りでもあります。

MRT Phra Rama 9

そのラチャダピセーク通りで最も賑やかな所が「フォーチュンタウンFortune Town」あたりでしょうか。バンコクっ子にはパンティップ・プラザ同様にIT関係のショップが集まっているので有名です。またメルキュール・ホテルや大型スーパーTescoLotusも併設しています。

Fortune Town

そしてフォーチュンタウンの反対側には「セントラルプラザ・グランド・ラマ9 Central Plaza Grand Rama 9」があります。比較的新しくオープンした大型商業施設です。

Centra lPlaza Grand Rama9

バスはさらにラチャダピセーク通りを北上し、次の大型複合商業施設「エスプラネードEspranade」前を通ります。ここは日本が色濃い所で日本食レストランが多く入っています。まぁ、チェーン展開している店なので、バンコクでは珍しくもないのですが。

Espranade

このエスプラネードの裏ではナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー(鉄道市場ラチャダー)」が毎日(月曜を除く)行われていて、都心部に近くMRT地下鉄駅からすぐなので人気です。

Bus Train Night market Rachada

下の画像は復路の206番になりますが、ラチャダーピセーク通りでエメラルドホテル前を通っています。

Bus206 Ratchada

さらにラチャダピセーク通りを北上するとMRTブルーライン「ホイクワン駅Huai Khwang」がホイクワン交差点にあります。この交差点横にパワースポットとして有名なガネーシャの祠があります。ガネーシャの召使のネズミを通してお願い事をするそうですが、画像の下側手前にネズミが写っています。

Bus074 Shrine

ホイクワン交差点を西へ行くとホイクワン市場です。タイでよく見る市場のスタイルで賑わっていますが、この辺りは夜にはさらに町中が賑やかになる所です。通って来たスティサン通りにすぐ近くのラチャダピセーク通り沿いと、夜になると町の様相ががらっと変わる所でもあります。

Bus074 Market

交差点を反対側の東に行くと町の様子はがらっと変わり、中国語の看板だらけになります。私的にはリトル・ヤワラーと呼んでいるのですが、中華料理も観光客仕様でないものが食べられます。

Rachada Chin

さらにラチャダピセーク通りを北上しラップラオ通りとの交差点を通ります。この交差点角には「スワンルム・ナイトバザールSuanLum Night Bazaar Rachada」が復活しています。以前はルンピニー公園横にあったのが転々としてここに来たようですが、私的にはがっかり系での復活のように思えます(苦笑)

Suanlum Night Bazaar
次にバスはラチャヨーティン交差点で右折してパホンヨーティン通りに入りますが、ここからは往路だけの区間です。また、この交差点西には象の形をしたエレファントタワーがあります。

Elephant

現在、パホンヨーティン通りではBTSモーチット駅から先の延伸工事が行われていて、「メジャー・シネプレックス・ラチャヨーティンMajor Cineplex Ratchayothin」前の「N11 ラチャヨーティン駅 Ratchayothin」からカセサート交差点手前の「N12 セーナーニコム駅 Sena Nikhom」と二つの駅を通ります。

July03 Major 1

BTS延伸工事でこの区間に関しては「モーチット駅先延伸部を歩く2 工事も本格化」でエントリー済みです。

Juky03 Sena Nikohm 4

このパホンヨーティン通りのBTS延伸工事区間は渋滞必至です。私も意識してこの区間を避けるようにバスに乗っています。

Bus206 Kaset

バスはカセート交差点で左折しンガムウォンワン通りに入ります。この交差点の北西角にあるのが「バンコク・アクアリウム(水族館)Bangkok Aquarium」。淡水魚に関しての貴重な研究が行われているようです。

Jun23 Aquarium 4

ンガムウォンワン通りに入るとすぐカセサート大学バンケーンキャンパスです。この大学はチュラロンコン、タマサートに次いで3番目に歴史のある国立大学です。

Kasetsart University

カセサート大学を過ぎると大きな幹線道路ウィパワディーランシット通りへと左折して入ります。その直後のバス停がどうやら「営業終了」です。ただバスは復路へと入り、少し先でラチャダピセーク通りへと入り往路と同じルートに戻ります。

この終点のバス停でウィパワディーランシット通りの反対側はタイ国鉄SRTのバンケーン駅で、近くにはタイ国鉄新線ダークレッドラインの新駅「バンケーン駅SRT Bang Khen」が建設中です。ダークレッドラインのこの駅に関しては「タイ国鉄新線!ダークレッドライン 全て見せます⑤」からエントリー中です。

20161004 Bang Khen 2

いかがでしょうか、地元シーナカリンを走るので長くなりました(汗)地元でありながら目の前を回送の空バスをほぼ毎日見ているので愚痴ってしまいました。ゴメンナサイ。しかし、ちょっと先からスタートなのですが・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.11.05 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

今でも24時間運転?

やはり一方の終点はfadeoutでしたか、パラダイスを過ぎる頃になると乗客が居なくなり終点探検隊気分で乗っていると降ろされます。
以前はシーナカリンとウドムスックの交差点を左折でラマ9公園過ぎが終点だった気が・・・
その後、赤もエアコンも表示がメガバンナーのバスも現れましたが
今は見かけませんね。
しかも以前は24時間運転でドンムアンへ便利でした。
メージャーラチャヨーティンで乗り換えて・・・

2016-11-05 土 02:33:18 | URL | 隼人 #/7Qj3p52 [ 編集 ]

Re: 今でも24時間運転?

隼人さん

コメントありがとうございます。

BMTA路線バスの24時間営業ですが、BMTAホームページ上ではそれがあるのを知っていますが、私は全く未経験なのでこの件にブログで触れた事はありません。

深夜どころか、暗くなる前、午後4時ごろには必ず部屋に戻る日々です。
窓から見下ろせるシーナカリンを走る145番も一応ホームページ上は24時間なのですが、深夜に走る145番を見た事がありません。
いずれにしても未経験な事は何も言えなくて・・・ごめんなさい。

2016-11-05 土 07:56:33 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR