土曜の昼は麺食いに

今日は前置き無しにいきなりのスタートですが、私はかなりの麺好きです。
ただ、それだけなのですが・・・

考えてみると、自分のブログから前置きを取ったら何も残らない事に気づきました。ってどんだけ前置きが長いのでしょうか・・・それは内容が無いとも言えます。かなりハッキリと・・・

気を取り直して、その麺好きですが、どれほど好きかと言うと、毎日食べても飽きないぐらいです。でも同じ麺料理じゃなくて、種類を変えながらですけどね。

平日の夜にも麺料理をする事も多いのですが、土日の昼食はほぼ100%麺になります。もちろん自炊しか選択肢がないので、日本やアメリカでもカリフォルニアの都会のように、ラーメン屋さんや蕎麦屋さんで気が向くままさくっと食べるわけには行きません。もちろん日本食材が手に入るスーパーも遠くて行けません。

そこで一番作るのが材料の入手に何も困らないスパゲティーになります。いくらにたらこ、イカに明太子やからすみなどは入手できないので残念ですが、基本的なペスカトーレ、ペペロンチーノ、カルボナーラ、ジェノベーゼ、ボロネーゼの他、その時ある材料で何でも作っちゃいます。

Anchovy Pasta

画像は今週作ったアンチョビとトマトのパスタ。アンチョビの缶詰は塩気がすごいので、パスタや他の具材への塩分に注意です。毎回こんな風にその場にある材料で適当に作っています。ちなみにワインはネガティブな事を書かない主義なので、あえてエントリーしていないオレゴンのシャルドネです。

蕎麦やうどんは乾麺を日本やカリフォルニアに行った時などに買い溜めしてありますが、汁は親子丼や牛丼など作った時の割り下を二次利用で使うぐらいで、わざわざ汁から作る事はないです。ちなみに醤油はWalmart、みりんはKroger、日本酒はPublixでと南部の田舎町にもチェーン展開しているスーパーで入手できます。

困るのは日本のラーメンや焼きそば、それとタイ料理のパッタイ(タイ風やきそば)やクイッティアオ(タイラーメン)ですが、アメリカならどこにでもあるだろうスーパーWalmartで買える材料で作ります。

ラーメンはスープ作りからなんてとっても出来ないので、スナック的扱いのカップのヌードルを鍋に入れて味噌を溶き、その場にある野菜を炒めて乗せる味噌ラーメンにしています。

これを使って
Cup noodle

何とかラーメンにします
Noodle by Cup noodle

焼きそばは結構厄介なのですが、これもWalmartで買える中華麺を使います。一度茹でてから布でぬめりを取って、その後にフライパンで焦げ目が付くぐらいまで焼き、その後に野菜や入れ炒めてからソース。
またこの麺を使い冷やし中華も作れます。

これを使って
China Noodle original

こうします(見かけはかなり悪いのですが冷やし中華です)
China Noodle

全部アメリカ南部の田舎町のスーパーで買える材料(味噌と海苔は除く)です。

パッタイやクイッティアオも米粉麺がWalmartに、ナンプラーがKrogerにあるので、料理は簡単。野菜はしゃきしゃきしないのが残念ですが缶詰のもやしを使い、最後にピーナツをビニール袋に入れて砕き振り掛けます。

全てプロが作る料理はもちろん、インスタントにも及ばないかも知れませんが、オヤジが一人アメリカの田舎町で食べるには十分です。何しろ麺がない生活なんて考えられないぐらい好きなのですから。

土曜の昼は麺好きを徹底する!これで決まりです!!

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.05.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

空港の世界ランキング

先週アメリカは大きな事件が続いたので、地理的には遠いジョージアでもなんとなくざわざわした感じがしていました。具体的には事務所のカフェにある大きなテレビで常時ニュースが流され、それを立ち止まって何人も観ているような日が続きました。

私自身は今のところ仕事でもプライベートでも、空港を利用したり人が集まるようなイベントに参加する予定は無いのですが、きっとセキュリティーもかなり厳しくなっているのではないかと思われます。

ところで、他の人のブログでよく見かける内容で、マスメディアが取り扱ったニュースをネタにあれこれ書くスタイルがありますが、基本的に私は好きではなく、よほどの事がないと行わない手法です。

今日は少しそんな好きではない手法に少しだけ近くなりますが、上記のセキュリティーに対しての意識が高まった中で、たまたまCNNで見た2013年度世界空港ランキングのニュースが気になったので、今日のエントリーとします。

何に対しても世界ランキングが発表される事が多いのですが、調査機関や評価内容・目的によってコロコロ変わり、結局は人それぞれ色々な考え方がるものだ・・・ぐらいに思えばいいものだと私自身は考えています。

2位のインチョン国際空港 アトランタとの直行便もあってよく使います
Airport Korea

これは英航空調査会社スカイトラックスが9カ月間で1210万人の乗客にアンケート調査したそうですが、「1210万人の乗客」って所が信じられない気がするのは自分だけでしょうか??

まぁ、とにかくその順位です。

1. チャンギ空港(シンガポール)
2. 仁川(インチョン)国際空港(韓国)
3. アムステルダム・スキポール空港(オランダ)
4. 香港国際空港
5. 北京首都国際空港(中国)
6. ミュンヘン空港(ドイツ)
7.チューリヒ空港(スイス)
8. バンクーバー国際空港(カナダ)
9. 東京国際空港(羽田)
10. ロンドン・ヒースロー空港(英国)

私はこの上位10空港で8位のバンクーバーと9位の羽田(笑)を使ったことはないのですが、他はかなり昔からよく使っています。

笑っちゃうのは絶対的に10位のヒースロー!私の中では使いたくない空港No.1です!! 現実に数年前世界の空港最悪ランキングでトップになって、思わずうなずいた記憶があります。

ヒースローは無計画に継ぎ足しで大きくしてしまった空港のように思えます。ここで乗り継ぎなんか最悪。唯一良いのは空港内デューテーフリーショップのワインの品揃えで、シャルルドゴールより良いと思ったことが数度あります。
10位に入ること自体信じられず、調査会社が英国だからでしょうか・・・

チャンギとインチョンが上位に来るのはうなずけます。過去色々な調査でも上位に入りますし、自分が何度も使ってみて良い空港だと感じています。特にハブ空港として乗り継ぎにかなり意識して作られた空港だと感じています。待ち時間が長くても全く苦にならない工夫・施設が充実しています。
チャンギの方が若干古さを感じるようになっていますので、インチョンの方が上だと思うのですが、これも調査会社が英国だからでしょうか・・・

北京とミュンヘンは何か無機質な感じが強く、好きな空港ではありません。無機質な特徴はタイのスワンナプーム空港でも少し感じるのですが、タイの影響なのか使われていく年月と共に無機質さが薄れ、整然とした中にもごちゃごちゃ感が出てきて良い空港になってきました。
ちなみに他の空港世界ランキングでタイ・スワンナプーム空港が1位になった調査もあります。

私的には上位10空港にアメリカの空港が全く入らないのもうなずけません。確かにアメリカの空港は、国際線乗り継ぎで長時間空港内で過ごすようなケースをあまり考えてはないように思えるのも事実なので、英国系調査会社の影響なのかも知れません。
同じ意味からチャンギとインチョンが1位と2位、しかもスキポール空港が3位なのは欧州系の乗客がアジアで乗り継ぐ場合、またその反対でヨーロッパで乗り継ぎする時、長時間空港内で過ごすのに良い空港だと私も思います。

ラオスの地方空港。でも国際空港です。こんな空港が一番良いのですが・・・
Airport Lao

基本的にどこの空港も巨大化するに従って、その空港が最終目的地であっても都市部への移動時間は長くなるばかりですし、ハブ化で乗り継ぎが多くなるのに航空会社が異なると空港内での移動は厄介になるばかりです。セキュリティーも年々厳しくなるばかり・・・結局は慣れているか、いないかの差でしかないように私は思えます。

そうした空港巨大化の反面・・・昔の古い空港をよく思い出します。どの空港にもその国の匂いが充満していたものです。アジアの中にはまだそんな昔を思い出させる小さな国際空港があり、その小ささがとっても乗客には便利な事を痛感するのです。好きな空港ランキングがあったなら、そんな小さな空港に間違いなく一票です!

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.04.21 | コメント(1) | トラックバック(0) | アメリカ生活

パンデミック

パンデミック・・・何かワインの名前のようですが、そんな楽しい話ではなく、世界的な大流行とか爆発的な感染の意味で、過去人類が何度か経験していますし、現在いつでもパンデミックが起きて不思議じゃないと思うのです・・・それを世界各国に住んだり旅していて強く感じるのです。

ここジョージアのアトランタには、全米どころか世界的スケールで未知のウイルスや感染症などに対しての総合研究所であるアメリカ疾病管理予防センター(CDC)があります。今回も間違いなく中国の鳥インフルエンザウイルスが持ち込まれていることでしょう。

また、CDCは細菌戦争などの映画や小説に登場することでも知られています。なぜアトランタに置かれたのかを知りませんが、アトランタ北東部に広大な施設を有して5~6千人の職員が働かれているようです。世界各国と密接な協力体制があるので、そんな関係でアトランタを訪れた世界の研究者も多いのではないでしょうか。

中国の鳥インフルエンザウイルス感染者増加が日本ではだいぶニュースになっているようですが、こちらでは遠いアジアの事で、CDCがあるアトランタでもほとんどニュースにもなっていません。

以前から鳥インフルエンザがヒトからヒトへ変異するのは時間の問題と言われていますが、鳥からヒトへの感染そして毒性が強力に変異しているのが注目され始めたのは2000年代になってからだと思います。

私はちょうど2000年にタイに赴任しており、2003年には鳥インフルエンザではない重症急性呼吸器症候群(SARS サーズ)騒ぎを経験しました。確か中国へ行った米国ビジネスマンがアジアを飛行機で移動中に発症して、ベトナムで亡くなったのが騒動のきっかけだったと記憶しています。それで日本からの出張者が急に来なくなり、私自身もアジア各国にかなり頻繁に行っていましたが、タイから動けなくなり困ったものです。

当時から世界の市場歩きが趣味の私は、タイの地方はもちろん、中国、インド、ベトナム、マレーシア、ラオス、カンボジア、インドネシア、フィリピンなどで市場歩きをしていましたが、その中でアジアの市場の特徴として家禽類(ニワトリやアヒル)の多くが生きたまま売られる事が多いのを知っていました。

中国吉林省長春駅前。鉄道で中国を移動するとトリを持った行商人が列車内にいたものです
China-choushun

だから鳥インフルエンザウイルスの感染が報道される度に、厚労省から「鳥との接触を避け、むやみに触らない。 生きた鳥が売られている市場や養鶏場にむやみに近寄らない」とアナウンスされるのを聞くと、それらの注意事項がすごく薄っぺらなものに感じていました。

ホーチミンのビンタイ市場
HMC market

そうして色々な市場を見て来ましたが、さすがに近寄りたくないと思ったのはベトナムはホーチミンにある中華街チョロンにあるビンタイ市場です。ここはなんと言っても人と鳥が距離が近すぎる・・・って言うか入り混じっているし、市場自体が一箇所にまとまっているのではなく町全体が市場のようになっている。そして家禽類があらゆる所非常に多く売られています。衛生状態も悪いですし、人々が気にしているとも思えない。地方ならともかく人口密集地のホーチミンにこうしたエリアがあるので、トリからヒトへの感染だけでも大変な事になります。

2009年新型インフルエンザ騒ぎの時に私はアメリカに住んでいて、アメリカと日本を頻繁に行き来していました。この時は確かメキシコのある村からアメリカに広まりアジアにも飛び火したと記憶しています。アメリカでもswine flu(豚インフルエンザ)で連日大騒ぎでした。

2009年LAから成田に到着した直後
SARS

この時日本は水際作戦でメキシコ・米国・カナダから到着した旅客機の機内検疫を開始したのですが、私はちょうど開始して二日目か三日目にアメリカから成田に入った事がありました。着陸後に長時間待機させられ、機内で画像のような書類を書かされ、機内に入ってきた重武装の検疫官を見て驚いたものです。

成田到着後に機内で配られた検疫書類
SRAS documetns

このように世界各国でパンデミック寸前の経験をして来たからこそ、本当のパンデミックがいつどこで起きても不思議じゃないと思うのです。

今回はちょっと重たい内容でした。世の中がどう動こうと、まずは自分自身が健康であることが大切ですね。それで美味しく食べて旨く飲む!これが一番重要です!!

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.04.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

アメリカの花粉

桜が開花した後のジョージアは花粉がすごくて、毎年この時期は花粉でうんざりする事になります。

8年前に最初に経験した時は驚きました。何しろ花粉の量とサイズが半端なくすごく、一日車を外に駐車すると黒い車は黄色に変身するぐらいなのです。いや、冗談でも嘘でもなく本当です!フロントガラスも花粉で駐車している間に見えなくなるのです。

去年の画像です
Pollen

今年はジョージアを含めてアメリカ東海岸の広い地域で冬が長かったように思います。私も先週まで朝の出勤時に車のフロントガラスが凍っていたのですが、3月末でそんな事は経験がありませんでした。
そんな影響なのか、昨年ほど花粉の飛散量は多くないようですが、それでも見ただけで鼻がむずむずするような花粉が一週間ぐらい前から飛び始めました。

Pollen Map

上記画像がある全米花粉情報サイトwww.pollen.comを見ると、すでにALSTERが住むジョージア州のほぼ全域が真っ赤のHIGHTになっています。
花粉の種類はcedar(ヒマラヤスギ)、maple(カエデ)、pine trees(松)、Oak(オーク)、juniper (セイヨウスギ)、Birch(樺の木)とあります。

日本もこの時期は花粉症で苦しむ方が多いと思います。外出すればマスクをしている人ばかりで外国人には異様に思えるのですが、マスク以外にもゴーグルタイプの眼鏡や皆さん苦労されているかと思います。私も日本では同じでした。

日本で花粉症で毎年苦しんだ後、ドイツ在住時は最初の2年は反応しなかったのですが、3年目から同じように花粉症になり、周りの日本人も同じように苦しんでいる人を見かけました。でも不思議と日本人ばかり花粉症になっていたように覚えています。

タイでは花粉症はまったく関係なかったです。熱帯の樹木ですから杉や松の種類は見かけなかったですし、元々季節感は年中夏の国ですから。

アメリカでは今のところ幸いひどい花粉症にはならずに済んでいます。それでもいつ発症するか分かりませんし、あまりの花粉に恐怖すら覚えています。

やっと春らしくなり、日中天気が良ければ、車や部屋の窓を開けたいのですが、じっと我慢です。あと数週間はそんな花粉に怯える日々が続きます。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.04.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

節約生活と日本へ送金するベストな方法は?

前々回のエントリー「ささやかな贅沢」でケーキを買ったことを書きましたが、実はそんなささやかな事よりも、もっと大きな贅沢を毎日している自分です。それはどうしても止められないワインなどのお酒。

お酒は間違いなく唯一の贅沢だと思います。これはかなり自信があってキッパリ! 
でも・・・贅沢と言っても最近買うワインは一本10ドル台がほとんどで、週に二本ぐらいに抑えているので、月にしたら80ドル以下でしょう。ビールはアメリカでは安いのですが、それでもスーパーで安いのをまとめ買い。結局お酒で月に100ドルも使っていないと思います。

ギャンブルはどんなものでも大嫌いで、頚骨に持病があるのでゴルフもしません。趣味は「旅行と食べ歩き」ですが、アメリカの田舎町に閉じこもり、自炊と安ワインだけ毎日・・・ちょっと気味悪いかも(笑)

地元スーパーの材料で自炊、ケーブルテレビを解約したり、電気・水道はもちろん電話も古い携帯電話があるだけで、スマフォなんて触ったこともありません。

そんな節約したい理由は・・・日本に大学生と高校生の子供がいるので、出来るだけ多く日本へ送金したいからなのと、心身ともに歳を感じて働けなくなる日が近いことを感じているからもあります。

でも・・・本当は歳とともに物欲が薄くなり、日々の生活以外で自分の為に何かお金を使う気持ちも無くなっているからが本音。所詮ジジイの一人暮らしですから・・・

私が2005年にアメリカで仕事をスタートした時は、日本の企業から派遣された駐在員とか出向者と言われる立場でした。そしてサラリーには住宅や車から、税金や保険など日本と異なりかかる費用などへの色々な手当てが含まれていました。

それが日本の企業を辞めてアメリカで現地採用された時から、サラリーは一気に下がり、当たり前ですが色々な費用を個人で手当てしなければならなくなりました。
アメリカですから、実はサラリー自体はアジアやヨーロッパと比べて多いと思います。でも税金や保険関係がかなり高いですし、食費や生活用品もほぼ日本と同じぐらいに思えるのですから、世界の中ではかなり物価が高いと思います。

それで同僚のアメリカ人たちの生活を見ていると、結構やり繰りに大変なようです。家や車で借金を平気で多くしているし、通勤の車をシェアしたり、ランチは家から持ってきたサンドイッチなんて姿も多く見かけます。みんな苦労しているんだ・・・

企業でも役職があるレベルまで行くと、そのサラリーは日本など比較にならないぐらい高くなるのですが、我々一般の労働者の生活はアメリカでも決して楽じゃないのが本当かと思います。

さて、そんな節約をして日本への送金を出来るだけ増やしたいのですが、実は一番大きな影響は為替です。ドルのサラリーから日本円を家族に送金するのですから・・・

アメリカで働き始めた2005年は1ドル120円台でした。2008年末の124円からは急下降の円高で一昨年に75円台。単純に計算したら為替だけで送金額が40%が減る事になります。
昨年末からやっと円安気味になって90円台ですが、それでもまだまだ円高だと思っています。

2005年から昨日までの円ドル月足レート
Exchange

そして為替の影響以外に大きいのが送金と為替の手数料。
そこで日本への送金方法で何が一番良いかを考え、色々な方法を試した事があります。条件は日本の家族に手間をかけさせず、自分もオンライン上で全ての作業が行える事です。
結果、いずれにしても海外送金手数料とドル円の為替手数料からは逃れられない事が分かりました。

今実際に行っている方法は、日本でシティバンクに口座を作り、オンラインバンキングと外貨貯金が出来るようにして、アメリカでは給料振込銀行のオンラインバンキングでドルのまま日本のシティバンクに送金します。

この時、送金手数料は$45がアメリカの銀行で発生します。送金額と手数料の関係は不明ですが、今のところ送金額に関係なく送金都度に$45かかるので、出来るだけまとめて送金した方がお得(銀行により額など異なるはず)。

日本のシティバンクでは送金されたドルをそのまま外貨普通貯金して、為替が有利なタイミングで円に代える外貨取引をオンラインでします。この時にシティバンクでは1ドル1円の手数料が発生しますが、肝心なのは為替レートを常時チェックして、少しでも有利な時にドルを売ることです。

このあたりはFXにも通じるものがあります。ちなみにFXを通して両替と送金が出来ないかを知りたくて、日本やアメリカでも色々な業者でFXをした事がありますが、才能がないのか損ばかりで止めました。でも為替を読む勉強にはなりました。

アメリカでの節約方法や送金で他にも良いアイデアがあったら、ぜひ情報交換したいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

ささやかな贅沢

このブログの趣旨がそうであるように、私はかなりの酒好きです!キッパリ・・・って自慢できる事ではないのですし、ブログを読んでいただいている方には、何を今更!でしょう。

ハッキリ言って・・・毎日何らかのお酒を飲んでいます。アメリカだとワインやビールが中心ですが、時々飲み足りないとウイスキーなど。日本だと日本酒に焼酎にもちろんワインも。まぁ世界中を旅したのであらゆるお酒を楽しめます。

プロフィールの特技に「縦列駐車」と「世界のお酒が飲める事」と書きたいぐらいです。

それと・・・実は、、酒好きであると同時に甘党でもあるのです。しかもかなりの・・・笑
甘いものはケーキでもチョコレートでも何でも良いのですが、歳とともに和菓子が恋しくなっています。もちろんお酒に甘いものでも平気ですが、美味しく食べて飲んだ後は必ず何か甘いものが欲しくなります。

たまの日本だとデパ地下で毎日でも甘いものを買うし、家でも滞在先でもスーパーやコンビニで毎日のように仕入れます。だから私が一時帰国すると家の冷蔵庫はいつも甘いものでいっぱいになります。

本当に日本のデパ地下ってすごい!って毎回思います。目移りして何を買ったら良いか迷います。それに加えて最近のコンビニの甘いものもすごい! しかも少量で買えるのが日本らしいです。

それに比べてジョージアの田舎じゃ・・・スイーツの店なんて洒落たものは無く、全米展開しているスーパー(WalmartやKroger)で甘すぎて脂いっぱいなドーナツを買うか、とても食べられそうもないケーキを買うぐらいしかないのです。

スーパーで売っているケーキは小さくカットされたものはなく、パーティー用の大きなケーキ。多くは四角形で食べる気を無くす不気味な色づけと、甘く胸焼けしそうなクリームで演出されています。

Party Cake

これだとさすがに買う気にならず、こちらでもまぁまぁ食べられる甘いもので、アイスクリームかチョコレートでごまかしています。

それが先週末は誕生日後の休日だったので、いつも行くスーパーと違ったスーパーに車で行って、スイーツと呼べそうなケーキをひとつだけ買ってきました。小さなフルーツタルト!これで3.99ドル(380円)なので日本と同じぐらいでしょうか?

Tarte

見た目は美味しそうなので以前から気になっていました。でも高いのとやはり太る事が気になって(お酒は全く気にならない)買えませんでした。それを思い切っての購入です!一個だけ・・・

味は普通に美味しかったのですが、タルト生地が想像以上に硬く、フォークを真ん中に刺したら、皿からはじけ飛んでしまいました(笑)。生クリームはこちらの普通のケーキ同様甘くて胸焼けしそうなものでした(涙)

それでも・・・実は正直美味しいと思った自分。大事に二日間に別けて食べました(すごく貧乏くさい)。
ワインも安いものだったので、これが誕生日に自分に許したささやかな贅沢でした。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

ジョージアで咲く桜

3月も下旬に入ったというのに寒い日が続いています。この冬は天気が悪い日が多い分、気温が下がる日は少ないように思えたジョージアですが、その天気が悪いのがずるずる続き春が遅いように思えます。

日本では桜の開花が例年より早かったようですが、ここジョージアの桜は例年より遅いようです。そうです! ここアメリカ南部のジョージア州にも桜が多く、毎年この時期の楽しみになっています。私が住む町にも桜があるのですが、もっと南部のメーコン市Maconでは毎年桜祭りが行われるぐらいに桜が多く、州外からも多くの観光客が訪れています。

2006年3月にメーコンで撮った桜
Macon

アメリカの桜と言えば、ワシントン D.C.が有名なのですが、本数から言えばかなりメーコン市の方が多いと思います。そう考えるとアメリカで一番多く桜の木がある町ではないでしょうか。

以前メーコンに桜を見に行った時、市の観光事務所で桜の名所と由来を聞いたことがありました。なぜ地方の中規模都市に日本のソメイヨシノが多く植えられたのか興味があったからです。その時の話は・・・

メーコンの一事業家の自宅の庭に偶然植えられた一本の木、その美しさ故に実業家の目にとまり、後日彼がワシントンDCを訪れた時にその木が日本原産のソメイヨシノであると知る。以来、彼が亡くなるまで多くの桜をメーコン市民に寄付し続け、さらに残された遺族と市の有志が植樹を続け、現在の27万本を超えるに至ったそうでです。

また、メーコン市にはファスナーで有名なYKKさんのアメリカでの拠点があり、その関係で富山県黒部市とも姉妹都市だそうです。そうした日本との関係も影響しているでしょうし、YKKさんの地域貢献活動もきっと行われているのかと思います。

いずれにしても、最初の一本の桜の木がどうしてこのメーコンに来たのか・・・その事業家がどんな思いで毎年咲く美しい桜を見続けたのか・・・こんな遠い南部の一都市に花咲いた桜がたどった歴史に想いを馳せてしまいます。

さて、アメリカのほとんどのエリアでは公園など公共の屋外で飲酒する事を禁じていますので、残念ながら満開の桜の木の下でお酒を楽しむ事が出来ません。
考えてみると、世界中を旅した私ですが、お花見に類した行為を日本以外で見た事はありません。また桜以外にそんな気にさせる木も知りません。

あーー、日本でお花見したい!!

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

東横線は青春の思いで

東急東横線と東京メトロ副都心線が直通運行されるようになり、その為か東横線渋谷駅が地下化されたそうです。見たいなぁ~ 行きたいなぁ~

東急東横線は私にとって一番馴染みのある私鉄と言えます。そして渋谷も青春時代の思い出がたくさんあるのです。

中学生の頃、私は天文少年でした(笑) そして天文少年の聖地に思えた渋谷「東急文化会館」にあった五島プラネタリウムに通っていたのです。当時、上野の国立博物館内にあった天文クラブとか、この五島プラネタリウムの会員にもなっていて、テレビにもちらっと出たことがあるのですが・・・

(古い東急文化会館の画像が無かったので、フリー画像から拝借しました)
Shibuya

当時は都電が都内を網の目のように走っていて、深川から渋谷まで都電を乗り継いで行っていました。始発が新橋か銀座か東京駅だったか忘れましたが、そこまでは深川から歩いて行き、都電に乗り日比谷、溜池、六本木、青山を通り渋谷が終点の都電でした。お金が無い時は深川から渋谷まで歩いた(3時間はかかったような)ものです。

高校生になると映画少年になった私(笑)、有楽町がメインでしたが、相変わらず渋谷にも通い、東急文化会館内にあった複数の映画館で青春を過ごしていました。当時大混雑した封切り映画館、何時間も並んだり、通路で立って見たり・・・
そう言えば都電から地下鉄の銀座線が足になっていました。駅に入る直前で車内の電気が一瞬消える現象、今でもあるのでしょうか? あれって、当時は結構真っ暗になった記憶があります。

そして、初めてお江戸・深川の家を出て姉のアパートに転がり込んだのが、東急東横線「学芸大学」に近い目黒区鷹番でした。その後初めて社会に出て新人研修を受けたのも横浜の東急東横線沿い。人生初めての勤務先は東京品川区だったので、東急大井町から通っていました。初めて一人で住んだのも東急東横線で「上丸子」から歩いた多摩川近くのアパートでした。

だから、若いときの通勤は東横線を自由が丘で大井町線乗り換えるルートで、自由が丘が社会人となってからの青春の地でした。
自分が稼いだ給料で飲み食いを始めたのが自由が丘。レストラン、バー、洋食屋、洒落た喫茶店、ライブ、寿司屋、居酒屋・・・全て自由が丘がスタートだったように思えます。
そして自由が丘のあるピアノ・バーのオーナーとママさんに可愛がってもらったのが、私が食いしん坊になったきっかけです。ご夫婦お二人でやられていた小さなお店で、ご主人がピアノを弾かれ、ママさんが厨房で腕を振るっていた小さなお店「アンダンテ」。

毎晩ピアノ横のカウンターでご飯を食べ、軽く飲んでいました。私の休みには仕込みを手伝ったり・・・そしてオーナーに頼まれたのが、都内や横浜のレストランをママさんと一緒に食べ歩く任務でした。いつの間にか料理やサービスをプロと一緒の目線で見るようになったきっかけでもあります。

最初から海外に関係した仕事を担当した私、最初は短期の出張だったのが、やがて駐在や出向と日本を離れることが多くなり、いつの間にか自由が丘とは疎遠になってしまいました。
もうお店はなくなり長い時が経ちましたが、自由が丘の南口にある桜並木に面した二階にあったピアノバー「アンダンテ」。大きなガラス窓から見た満開の桜は手を伸ばせは触れられるかのようでした。

東急文化会館もすでに無くなり、東横線が地下駅になり、渋谷駅周辺も大きく変わろうとしているようですが、渋谷はもちろん、代官山、中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘、田園調布、多摩川園前(当時)、新丸子、武蔵小杉、(一駅飛ばして)日吉に綱島・・・全ての駅に忘れる事がない思い出がいっぱいです。

青春の時に見た自由が丘の桜、今ちょうど咲き始め、賑わう頃ではないでしょうか・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.18 | コメント(2) | トラックバック(0) | アメリカ生活

アメリカ在住者から見るTTPと日本

日本がやっとTTPへの交渉参加を表明しましたが、私的にはなんとも遅い表明だと思わずにはいられません。

政治家が選挙地盤に関係した影響団体の目の色を気にするあまり、世界的な流れから遅れる事を、私はTPPの話が出た数年前から心配していました。

確かに関税撤廃で日本の農業が駄目になる・・・そんな理解しやすい構造ばかりに目が行きますが、世界的にはもう長い間、形こそいろいろあるが世界的な経済連携協定が進んでいるのは誰もが承知している事ではないでしょうか。

輸出企業が利益を得て、農業が損する・・・そんな簡単な構造ではなく、こうした経済連携協定に日本だけが消極的であり続ける事が、将来の日本を弱くする事にならないか?そんな危惧を抱いていたのです。

そこで、日本とアメリカの関係に限って、アメリカに住む私が実生活で感じるTPPの影響を考えてみました。

まず輸出産業の代表的な例で自動車をあげれば、アメリカ市場で日本からの輸入車がTPPで圧倒的に増加するとか、小売額が一気に下がるようには思えません。
トヨタやホンダ、日産などは一部の少量販売車両を除き、主流車両は米国(メキシコ・カナダも含め)での生産を長い間増やし続けており、裾野が広大な車関係の部品サプライヤーもそれに従ってグローバル化を推進してきました。その流れは間違いなく変わりないし、日系車と言っても、アメリカではすでに多くの車がアメリカ製なのです。

Shipping Yard

残った少量販売車両の輸入車に対してアメリカの関税2.5%が撤廃されても、為替の影響の方が大きいのが本音でしょう。まして市場でのトータルな戦略で車両価格を決めるでしょうから、TPPで一気に日系車がアメリカで増えるなんて考えられないのです。また、日系車輌アメリカ生産車の輸出など新しいビジネスが考えられのでは?

一方、日本の農業で代表的なコメですが、アジアやアメリカのTPP参加国から一気に日本への輸出が増えて、日本の消費者がそれらに飛びつくだろうか? それも私には数年以内ならかなり疑問に思えます。

私は1990年からずっとほとんど海外暮らしなので、ヨーロッパではカリフォルニアの錦を食べ、アジアでは高い日本からの輸入米を食べ、アメリカではカリフォルニア産の米を買っています。それでカリフォルニア米でも十分に美味しいとは思うのですが、生産量は日本以外での日本人に関係した消費先が主でしょうから限られていて、それはアメリカで言えば高価な米です。

TPPで米の関税が撤廃されれば、アメリカあるいは別な国でも日本に適した米の作付けが増えるでしょうが、それが爆発的に増え、日本で味が受け入れられ、流通し、競争力があるものになるには5年以上かかるように思えます。
関税も段階的に下がるのでしょう。

私はそうした時間、費用を利用して、世界に打って出るぐらいの気持ちを持たないと、日本国内ですら毎年消費量が減る米を作り続ける事は出来ないと考えるのです。この機会に米造りを工夫し増やす事が必要なのではないでしょうか。
簡単な事ではないでしょうが、ヨーロッパ、アジア、アメリカに住み、世界の中から日本を見て、日本では一米消費者の自分にはそう思えるのです。
また海外へ日本の農業を閉ざす事で本当に将来成り立つのでしょうか?TPPとは別な構造的問題はどうなるでしょうか? 

輸出企業、農業・牧畜以外にも保険・医療・サービス業など問題があるでしょうが、閉ざす事で延命するのではなく、これをチャンスに改革に取り組んで欲しいものです。それが日本が今まで世界の中で存在し続けた理由では。

さて、話がいつも通り長くなりましたが、ワインはどうでしょうか?
日本で輸入されるワインの主な関係国はオーストラリア、ニュージーランド、チリにアメリカでしょうか。確かチリと日本はすでに経済連携協定があったはずですし、日本の酒類に対しての関税が複雑なのですが、そんな小難しい事を抜きにして、ざくっと言えば一本100円ぐらい安くなるのではないでしょうか? これも為替の影響の方が大ですね。

数年後にTPP参加国からの輸入ワインが少しは下がるでしょうが、まぁ目に見えて分かるほどの影響ではないと思います。
それより、海外で日本酒が少しは飲みやすくなる環境が整えばと思います。お酒は趣向品ですから、輸出しやすくなっても、まずは味が劣化しない事が大切。そうすれば今の多様な日本酒なら世界でまだまだ販路が増えそうに思います。

我が日本、多くの産業が日本国内だけでは生き残ることが出来ない時代に入りだいぶ経っています。この事実から目をそらさず、世界の中で競争力を持つように前向きに考えて欲しいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

世界の厄年

今年の元旦、初詣で家族でお江戸・深川に行きました。深川は私が育った地で、両親が他界した今は深川まで行く必要はないのですが、何となく初詣は深川へ家族と毎年行っています。

必ず行くのは深川不動尊として知られている成田山新勝寺の東京別院です。それと深川の八幡さまで知られている富岡八幡宮。ただ八幡宮は家族に何か大切な行事がある年に行くようにしています。

Fukagawa-fudouson

深川不動尊も富岡八幡宮も子供の頃の遊び場であり、通学に毎日通った所、八幡様の本祭りでは住んでいた深川佐賀町の神輿を担いで、深川中を練り歩いたものです。
そんな子供の時から肌に染みこんだお寺と神社なのです。

それで今年の元旦、無事深川不動尊へのお参りを済ませ、今年は子供たちの就職活動と受験があるので、富岡八幡宮へ向かおうとした時です。家内が私に向かって「今年は厄年じゃないの?」って言うのです。

ずっと海外暮らしでそうした風習に接することもないし、私自身が無頓着なので気にしていなかったのです。それで深川不動尊の境内にあるお守り売り場で調べたら、確かに厄年、しかも前厄はすでに終わっていて、確かに昨年は最近では悪いことが続いた年でした。それで今年は本厄・・・ガーン、気にしないとと言っても、知ったら気になるし・・・

厄払いと言うのも頭をかすめたのですが、その時は初詣とそぐわないような気がしたので特別な事はしないまま帰米しました。
それで先月の松本出張の時、別な用事もあったのですが、長野へ足を延ばして善光寺で自分としては厄払いのつもりのお参りをしました。

ところでこの厄年、どこかのブログで「厄年は日本だけ」みたいな事が書いてありましたが、それは大間違い。
私が住むか長期滞在した中で聞いただけでも、中国とタイには厄年の考え方がありました。

中国は干支の年が厄年になる考え方が一般的です。
タイでは中国系の人達が多いためか干支の年、そして9の付く年齢が厄年と考えています。ちなみにタイでも中国や日本と同じ十二支はほとんどの人が知っています。

えっ!!?? 以上の事を考えると、今の自分って・・・日本でも本厄、中国でも厄年、タイでも二重の厄年になるじゃないですか!

これって、日本で言う大厄よりもかなりやばいかも(涙)
少なくてもタイの片方だけは後一週間で通り過ぎるので、少しは好転してほしいものです。

これ以上は恐ろしく調べてはいませんが、世界の中にはきっともっと多くの厄年に似た考えが絶対にあるはず。あーー怖っ

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.12 | コメント(1) | トラックバック(0) | アメリカ生活

アメリカでの確定申告

この時期、頭が痛いアメリカでの確定申告をやっと終えました。
日本では自営業者や高額所得者を除けば個人が確定申告を行う事は少ないと思うのですが、アメリカでは確定申告を個人が行う事を義務付けしています。

アメリカでは確定申告を含め税の専門家が多く、申告代行や申告のソフトウエアーのビジネスが成り立っているのは、税法が非常に複雑で、個々の状況に応じた申告で大きな差が出るからでしょう。

一時的にアメリカで働く駐在者は会社負担の会計事務所で作成される事がほとんどだと思うので、個人的な負担は少ないのですが、私は日本の企業と縁が切れアメリカで働くようになってからは、個人としてアメリカで確定申告をしています。

申告の期限ですが、会計期間を過ぎて4ヵ月後の15日とされています。ですから12月31日で一年の会計期間を終え、4月15日までに申告するのが一般的なようです。

Tax

私もアメリカの会社から(日本の源泉徴収表にあたる)W-2が2月には送られてきてこれが申告のベースになります。他に銀行の利子所得があればFORM 1099-INTが銀行から、また家賃収入など色々な書類がこの時期必要になりますし、米国以外にも日本での収入があれば用意します。控除の方も同じで医療費、寄付・・・・まぁ詳細は避けますが、とにかく個々で必要とする書類を準備するわけです。

さて書類の準備が整ったらいよいよ申告ですが、実際はPC用ソフトウエアを使いオンライン上で書類提出、Returnの受け取り(あるいは支払い)方法の指示まで出来るTax Returnのソフトを使うのが簡単・迅速・間違いがないように思います。インターネットで「TAX Software」などで検索するとたくさん出てきます。

ソフトはFreeから70ドル程度まで色々あるのですが、Freeの意味は一番簡単な申告で無料版があるの意味です。申告の多くの場合連邦と州に対して行う必要があるのと、色々な条件を考慮すると、根性で頑張れない限り無料版は厳しいかも知れません。私は一番安いと思ったTaxACT $17.95を3年ほど使っています。

毎年このTAX用のソフトに入力して思う事があります。それは個人が確定申告を行う事を義務付けされているのですが、その本当の意味は個人が最大の節税する機会が与えられているのではないかと思うのです。

実は確定申告は毎年私にとっては超面倒で大嫌いな作業。TAX用のソフトを使い、対話形式で進めながらも、ついつい面倒じゃない方を選び、さっさと終わらせる事が目的になっています。面倒でも色々控除を申請し、その書類を準備すると、戻る金額も大きくなるとは思うのですが・・・結果はいつも微々たるものか最悪支払いになってしまいます。

さて、そんな超面倒な大仕事を終えた後は、自分へご褒美のワインを開けたいと思います。さて、何にするか・・・こんな時間が楽しいのですよねぇ~

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

アメリカでおでん造り

日本へ戻った時はブログにあるように外食が中心になります。それは何か特別に食べたいと言うより、顔出ししたいお店がたくさんあるからで、実は何を食べても美味しくて満足しちゃうのです。
他にも普段家事に追われる家内の負担を、私が帰国した時ぐらい軽くする為もあるのですが・・・

ところで、「日本に行ったら何を食べても美味しいと思う」のはアメリカ在住者に共通する事ではないでしょうか。とくに南部の田舎町に住む私は強烈にそう感じるのです。
外食も、街で買うちょっとしたものにも、日本に住む人以上に強く感じるものがあります。

さて、前回日本へ行ったのは松本での仕事がメインでビジネスホテルでの滞在も長く、外食とは言えない様な駅そばや牛丼、それにコンビニで買ってホテルに持ち帰る事も多くしました。その中で驚いたのがコンビニ弁当とおでんの実力でした。寒かった事もあって特におでんの美味しさには感激しました。

薄味(に見える)だしつゆが印象的。しみ大根やキャベツ巻きなどで気になる野菜不足も解消?出来て、温まりお酒にもよく合いました。
こんなおでんが気軽にどこでも・いつでも買えるコンビニをそのままアメリカに持ち帰りたい・・・思ったのは事実です。ハイ・・・。

残念ながらコンビニをアメリカに持ち帰れなかったので、仕方なしにおでんに挑戦です。
アメリカで生活し始めて二回目の挑戦。前回はジャガイモ、トマト、卵、ウインナーなど全てアメリカの普通のスーパーにある材料と、オイスターソースなどで汁を作ったのですが、結局和風ポトフになってしまい失敗(それなりに食べられましたけどね)。

Oden 2013

二度も続けて失敗は避けたく、前回の敗因は(たぶん)練り物が全く無かったからだと考え、この週末に韓国系スーパーで冷凍のおでんの具を調達。この時点でアメリカ自炊録にはかなり弱気。遠くのアジア系スーパーで冷凍を買って自炊なんて反則技なのですが、高い冷凍輸入物をたくさん買えないので、出汁のための練り物と言う事で、ほとんどの具や汁ははいつものウオールマートで買いました。

ジャガイモ、トマト、(韓国の固い)豆腐、卵、ウインナーが近所のスーパーで調達した具です。ジャガイモは(名前を失念)崩れにくい小型のものにして、トマトも熱に強そうな小型で細長いローマトマトにしました。

結果、今回は冷凍おでんも使ったのでもちろん前回の失敗作より数段上のおでんらしくなりました。特にトマトは大正解。皮をむかずに包丁を十字に入れただけで煮込みましたが、おでんのだし汁が染み込み、トマトの酸味と甘みにあって美味しいのです。

さて、強引に作ったわりには美味しかったおでんで飲むのは・・・もちろん日本酒!
3月なので東北応援強化月間って事で・・・福島県二本松市の日本酒「奥の松」吟醸です。

日本酒離れの解決策から飲みやすい酒=辛口ブームがあって、次は地酒ブームの乗るべきインパクトある強い特徴を持った酒が多くなった昨今、奥の松は主張しない非常に素直なお酒。食中を通して長く楽しめるお酒です。常温が美味しいお酒でもあり、ついつい四号瓶を一時間もしないで空けてしまいました。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.03.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

タイ料理と普段飲みビール

私がよく聞かれる事のひとつに「今まで何カ国に行きました?」がありますが、答えは数えた事がないので分からないです。ちょっと生意気そうな答えですが、本当は数えた事がないのです。

ちょっと頭の中に地図を描いて数えたら・・・ヨーロッパは18カ国でアジアは16カ国になりました。他にも中・北米がありますねぇ・・・・小さくて通り過ぎただけの国で思い出せない国もあるだろうし・・・実は面倒で数えないのです。(ただの面倒くさい事が嫌いな自分!)

住所を移し、現地会社から給与をいただき現地で生活をした海外在住と言う意味なら、フィリピン、台湾、ドイツ、タイ、アメリカと5カ国になり、合計した海外在住期間は21年になります。(これならハッキリ言える!)

それら多くの海外経験でたぶん他の人達と異なるだろう事は、前述の海外在住が多い事以外に、陸路で移動する事が非常に多いことと、ひとつの国でも何度も訪れている事でしょう。

今のアメリカも在住する10年ぐらい前から大陸縦断も横断も車でしました。ヨーロッパなら西端ポルトガル国境から東はポーランド国境、北はスコットランドかフィンランド、南はイタリアになるか・・・全部車を運転して行った事があります。

こうして多くの国に行き、多くの異なる国の人々と働き、そこでの生活・文化に触れる事が出来たのは、私の人生の中の宝物に思えるのです。

さて、そんな多くの海外経験の中で、もっとも住みやすい地であり、また好きで何度も旅行しているのがタイ王国です。

恐れずに書くと「タイが好き」と言うと、偏った見方をされる場合があります。とっても残念な事で、悲しいと言うか悔しくも感じます。

私はタイ在住経験がある事、タイ語が少しは話せる事、タイ料理が好きな事、物価が安いなど、タイが海外でも一番リラックス出来る所なのです。そして今ではタイをベースにしてアジアの国々へ行く事も多いのです。

美しい海や秘島、世界的な遺跡、現地の人々が集うお寺や市場・・・それらの旅は私のホームページに紹介していますが、今ではマイナーな所ばかり訪ねています。
またバンコクで通っているレストラン・食堂も同じように紹介しています。

そんなに好きなタイのタイ料理、アメリカでも自炊でよく作っています。タイ料理と言っても地方によって大きく異なるし、本格的なものは自分には無理なので、タイの屋台料理になります。そのタイ屋台料理の中で代表的なものがパットガパオ(バジル炒め)。

Pad Grprao

日本で言えばカレーライスでしょうか、誰もが好きで昼食など迷ったらとりあえずパットガパオにするイメージ。カレー同様に鶏、豚、牛など挽肉の種類別になります。
挽肉以外に何を入れても良いのですが、今回は玉ねぎ、パプリカ、椎茸などを使いました。鷹の爪、ナンプラーやみりん、お酒、砂糖などで味を調え、最後にバジルを入れて炒めます。

肉と野菜が細かくなってたくさん入り、甘辛く、バジルの清涼感が決めて。ご飯にかけて(目玉焼きはあってもなくても構わない)食べますが、失敗しない本当に美味しい料理です。(画像は牛挽肉)

そんな香辛料とハーブを多く使うタイ料理には、ワインではなくビールが良くあいますが、ビアシンもビアチャン(それぞれタイのビール)も無かったので、アメリカで私が一番日常的に飲むライト・ビールのMichelob ULTRA ミケロブ・ウルトラ。

薄くてまずいアメリカのライトビール。本当はうまい地ビールか輸入ビールを飲みたいけど、ビールだと3本以上飲んじゃうので、水代わりと割り切ってライト・ビールにしています。その中でも比較的ビールらしい味わいが楽しめるのがMichelob ULTRAです。

タイで毎日食べても飽きなかったパットガパオ、それに普段飲みビールのMichelob ULTRAは、気取らず、簡単に出来て、美味しい日常的な食事です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.02.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

雑誌 dancyu

私が好きな雑誌のひとつにグルメ雑誌とも言えるdancyuがあります。長い海外生活なので一時帰国時ぐらいしか買えないのですが、冗談ではなく本当に一時期はdancyuが機内雑誌にあるからと言う理由で、JALではなくANAを多く使った事もあるぐらいです。

アメリカに住むようになってからはデルタ航空ばかりなので、帰路の成田空港で本屋さんに寄ってはdancyuを買い機内で読んでいます。

それで先日成田で買ったdancyu3月号なのですが・・・気になる記事って言うか、全くの偶然なのですが、今回日本で出会った事に関係した記事が三つもありました。
雑誌は日本を離れる数時間前に買って機内で読んだので、その偶然が怖いほどでした。

その一つは「若き二人が挑戦する神谷町のイタリアン DA OLMO」で紹介したダ オルモが小山薫堂氏のエッセイで紹介されていた事です。 放送作家・脚本家で知られ、あの「料理の鉄人」を手がけた食通の小山薫堂氏が「ダ オルモ」に触れた事は大変嬉しいことでした。

書かれている内容も私がブログで触れているように、この店の空間から感じ取れる事と料理から温もりを感じられるような内容で、私と同じような印象を抱かれた事が更に嬉しかったです。

オーナーソムリエの原品真一さんとの付き合いは前述のブログに書いているのですが、今回は彼が新宿のトラットリア ブリッコラでマネージャー兼ソムリエをしていた時の画像をアップしておきます。2009年5月の事ですが、画像の片隅に私がお土産に持って行ったパライソがありますねぇ~

Harashina-san 2009

二つ目は「ださい日本酒は驚きの旨さ」で紹介した日本酒「獺祭(だっさい)」がかなりのページを使って紹介されていたことです。
獺祭は今回松本へ行く列車内で飲むために偶然手にしたお酒で、まったく知らなかった日本酒でした。その旨さに思わず感激してブログに書いたのですが、そのお酒が大きく取り上げられていて、何かとっても嬉しくなりました。

実は松本から横浜に戻り、アメリカに飛び立つ前日に家族で桜木町のイタリアン「テンダロッサ」に行ったのですが、その時も獺祭を持ち込んでみました。結果は飲むまでに温度がかなり上がってしまい、自分としては良くなかったのですが、自宅で冷やしたら非常に旨かったです。少し冷やし気味の方が旨い酒かも知れません。

Tenda Rssa Dassai

三つ目は酒屋さんの宣伝になるのですが、私が日本に行ったら必ず巡回する店としてブログで紹介している横浜・吉野町の「君嶋屋」さんが、いよいよ銀座に新しいお店をオープンされる事が載っていました。

昨年君嶋屋さんの社長さんにお会いした時に、東京駅の店を閉めて銀座に店を出すような事をお聞きしていたのですが、とうとう銀座ですか・・・ かなりディープな店ですが、一見して街中のどこにでもあるような酒屋さんなのですけどねぇ~ 驚きです。

たまにしか手に取る事が出来ない雑誌に、自分が知っていることが三つも載っているなんて、なんだか不思議な思いでした。
それにしてもアメリカに戻ってdancyuを読むのは苦行ですなぁ~

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.02.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

ブログ一周年 ありがとうございます

日本ではバレンタイン・デーで何かと大変な日だと思うのですが、私自身がヨーロッパ、アジア、アメリカで生活した実感で言えば、どの国でもその形はちょっとした差があるのですが、商業的な戦略として騒ぎ方が毎年大袈裟になっていく傾向があるようです。

さてそんな2月14日。このブログを始めて一年が経ちました。
この間訪れていただいた方々に心から感謝です。

5年も前から個人で趣味のホームページを運用していましたが、ブログって・・・なにか偏見みたいな偏った思いがあって距離を置いていたのですが、始めてみるとホームページと何も変わらない、レイアウトなど自由さに欠ける分手軽さがあったり、書く側での違いはあっても、見る側には関係ないのだと分かりました。

でも、その手軽さのためか、多くのブログが画像や文の引用が全く気にもされずにされている事に驚きさえ覚えています。その多くはニュースなどのメディア媒体から持ってきたもので、引用先も明かさず、自由気ままに使われている事に強烈な違和感を持っています。またそれらが見る側から指摘もされず放置されているのも私には理解出来ないことです。もっとも自分も個々に指摘などしてはいないのですが・・・

まぁ私が古いネットワーカーからなのでしょうし、もしかしたら引用などネット上のルールは時代とともに変わってしまったのかもしれません。
でも少なくても自分は最低限のルールとして、基本的に自分自身の画像と文章。どうしても引用が必要な時は、引用先(それも公式ページなどのみ)を明らかにするなど守って行きます。

上記のような他から勝手に画像など持って来ちゃう以外に・・・どこどこ行った、何々食べた、楽しかった、美味しかった・・・そんな内容を毎日欠かさず書かれているブログが多いのにも驚きました。
元来、個人が日記的に綴るブログって、そういうものなのかも知れないと思うようにもなっています。

そして、自分で経験して分かったのですが、本当に毎日書くって大変な事ですね。もっとも私は毎日書くことは一年通して出来ていないのですけどね。
私は15年前の個人のホームページ開設以前からパソコン通信など参加していたので、パソコンや書く事自体は得意な方ですが、それでもブログにしようと思うと、エントリー一回に2~3日はかかってしまいます。
他の人のブログの中には内容あるブログなのに毎日書かれている方もいるので、どれほど毎日ブログに時間を使われているのかと感心もしています。

最後に、ペットの画像を使っているブログが多いのにも驚いた一年でした。私は見た画像がたまたまただったのかも知れませんが、犬や猫・・・ブログの内容に関係あったり無かったり・・・まぁとにかくペット画像が多いのですねぇ~ そういうものなのでしょう・・・きっと。

ちなみに・・・このブログのプロフィールに使っている画像ですが、横浜で通っているイタリアンで作ってくれた私に似せたラテアートで、決して犬や猫、間違っても狸ではありません(キッパリ)
もっとも私は本ブログでも、ホームページでも顔出ししていますし、ずっと同じハンドル名ですから、プロフィール画像は気にしていないのです。

さて、私は私なりに今後・・・ペースを少しゆったりしても良いかと思うのですが、まだブログを続けていこうと思っています。
ただ内容が煩雑なので、整理したうえで、自分の人生の記録としてホームページに少しづつ移行して行きたいとも思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.02.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

デルタ航空LAX着で良いこと。アメリカに戻りました。

2月10日アメリカ太平洋時間で午前10時、無事ロサンゼルスまで来ました。時差で同日午後4時に成田を発って時間を遡りました。

今日の成田は晴天でした
Narita 2013 Feb

LAXでは約5時間待ちでアトランタに向かうので、ジョージアの自宅に着くのは同日日曜日の午後10時過ぎは間違いないでしょう。26時間の移動で同じ日の日曜着。翌日月曜からすぐ仕事です。

往路と同様に直行便ではなくLA経由でアトランタへ。この経路は競争が激しい成田~LA間がある為か、直行便よりかなり安いので最近プライベートでよく使うルートですが、やはり移動だけで24時間以上かかるのでかなり疲れます。

今日のLAXは曇り空です
LAX 2013 Feb

このデルタでLAXに入る場合、乗り継ぎしなくても、乗継しても、一つだけちょっと良いと思っている事があります。
それは米国入国審査が短時間で済むことです。

もちろん到着後にのんびり機内で過ごして最後尾で飛行機から出るような方は別ですが、少しでも早く入国審査を終えて、早く街に出るか、次の乗り継ぎ便に向かいたい方にとって、アメリカの入国審査で1時間待った・・・そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

過去30年ぐらいの自分の経験ですが、LAXはかなり入国審査に時間がかかる空港で嫌でした。JAL、ANAなど日系、そして韓国、タイ、マレーシア、シンガポールなどのエアーラインを使いますと、ロサンゼルス国際空港(LAX)でもトム・ブラッドレー国際線ターミナル内の入国審査を通るのですが、ここが混雑するし人種も雑多で一人に要する時間が長いのです。

ところがデルタはターミナル5で発着(時々6を使い地下通路を移動)ですから、ターミナル5内の入国審査を通ります。日本からだと9早朝着なので同時に国際線が到着する可能性がなく、その飛行機で降りた人だけが入国審査を受けます。しかもカリフォルニアはグリーンカードなど持つ人も多くビジターラインがいつも短いのです。

私はこのところ立て続けに使っていますが、(エコノミーなのに)毎回最前列で真っ先に入国審査を抜けました。

普通国内線が多いターミナル5の中で入国審査にたどり着くには、迷路の中の実験用ねずみのように狭い通路をあちこち移動するので、手荷物を持たずジャージー姿の私は動きやすいのかも(笑)

入国審査だけではなく機内預けの荷物もすぐ出てくるのが特徴。毎回入国審査(をトップで通過するのに)後、機内預けの荷物はターンテーブルから下ろされ待っています(笑) これも国内線ばかりのターミナル5ですから国際線は直結しているので時間がかからないのでしょう。

乗り継ぎ便がある場合、もちろん私もですが、機内預けの荷物を受けて、税関を通り、ちょっと分かり難い所でBaggage Re-check-inをします。
でも乗り継ぎ便もデルタならそのまま上階に行ってセキュリティーチェックを受けたら乗り継ぎ便のゲートまで行けます。これも日系やアジア系ならターミナル移動で不便ですね。

さて、このブログをアップしても、まだまだ時間があります。どこかでピザでも食べようか・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.02.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

海外在住者のパスポート更新 ちょっと注意!

海外に長く住んでいると、パスポートの有効期限切れが近づき、海外でパスポートの更新(切替発給)を行う必要が生じてきます。

私は昨年12月の日本出張帰りの時にアトランタの入国管理で、パスポートの有効期限が一年以内であることを告げられていました。
その時は「早めに更新してね」ぐらいのニュアンスだったのです、二週間ほど前に日本での休暇を終えてロサンゼルスで米国入国をした際、また同じことを言われ、I-94 に何やら書かれてしまいました。

実際の有効期限は9月なので、私の思いは「まだまだあるじゃないか・・・」なのですが、まぁ何が起きるか分からないので、先日パスポートの更新に行ってきました。

私自身はドイツ在住時にも海外で更新しているので、二回目になります。長い間海外で暮らしていますが、自分のパスポート更新と子供たちが海外生まれだったので新規発給、それら以外の用事で領事館に行ったことがないのです。

ドイツのハンブルグ領事館も、アトランタの領事館も、それ以上はないだろう一等地にある!と言うのが素直な思いと若干の驚きです。まぁ海外で国を代表する機関ですから、それなりの場所が必要なのでしょうが、そこまで必要か?と疑問がかすめたのは事実です。

在アトランタ総領事館
Japan consulate

その在アトランタ総領事館はアトランタで昔から富豪が住むことで有名なバックヘッド地区、そして超高級ショッピングモールがあるPhipps Plaza隣のPhipps Tower8階にありました。あらかじめ調べて行ったのですが、全く無縁のエリアで自分のみすぼらしい身なりもあってかなりどきどきしてしまいました(笑)

また私はジョージア州在ですから、車で1時間程度で行けましたが、この総領事館の管轄はアラバマ州、ジョージア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州と言うことなので、遠方の人は大変な事だと思います。

申請から受け取るまで一週間。何の問題も無かったのですが、ちょっと個人的にも留意すべき事が二点。

一点目は・・・
申請時にあらかじめ用意した「戸籍謄本」が不要だった事。それ自体は問題とは言えませんが、年末年始休暇中の忙しい日に日本で役所に行って費用を払ってアメリカに持ってきたのに・・・と若干不満だったので、後で調べてみました。

外務省のホームページ・パスポートには以下のような記載があります。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html
2.残存有効期間が1年未満となったとき(切替発給)
---国外---
1.一般旅券発給申請書 1通
2.写真(45ミリメートル×35ミリメートル) 1葉
3.有効旅券
4.戸籍謄本又は抄本 1通

と言うことで戸籍謄本を用意したのですが・・・
後日在アトランタ総領事館のホームページで調べてみると。以下のような注意書きがありました。
http://www.atlanta.us.emb-japan.go.jp/nihongo/hakkyu.html
切替発給の場合は、原則として戸籍謄(抄)本の提出を省略できますが、 当館において戸籍の確認が必要と判断する場合は、6ヶ月以内に発行された 戸籍謄(抄)本を1通提出して頂くこともありますので予めご了承ください

結論・・・よく分かりません。何をもって「原則」じゃないのか?領事館に行って必要と判断されてから日本から取り寄せるのは容易な事じゃないはず。それに領事館に再度行く事になるし、ちょっと不親切だと素直に感じました。

私が申請した時は「在留届」があるかをその場で確認されたので(私は届出してある)、そのあたりが判断材料なのかも知れません。いずれにしても手間がかかりますが、戸籍謄本は用意すべきなのでしょう。

二点目は・・・
私はまだ有効なビザが古いパスポートにあるので、古いパスポートが無効として穴あけなどされると困るなぁ~と思っていました。それを申請時に念のため確認したのですが、古いパスポートのビザは有効期限内は使えるので、しばらくは古いパスポートと新しいパスポート両方を携帯する必要があるとの事。

左が増刷している古いパスポート、右が今回の新しいパスポート
Passport

それは予想通りでしたが、私の古いパスポートは入出国スタンプやビザのページがいっぱいになってしまい過去一度増刷したもの。そこへ色々な国のビザがたくさん貼られているので、普通のパスポートよりかなり厚くなっていました。
その古いパスポートと今回の新しいパスポートを持つと・・・なんか三冊分みたいでかなり厚くて重たくもあるのです。

微妙な違いなのですが、海外に行くたびにこんな三冊分のようなパスポートを持ち歩くかと思うと・・・ちょっと、うんざりですねぇ~

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.01.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

かなりのアメフト好き

今朝のアトランタからのテレビやラジオは、昨日行われたNFLディビジョナル・プレーオフで劇的に勝ったアトランタ・ファルコンズの話でいっぱいでした。

試合残り時間31秒でシアトル・シーホークスが逆転。そしてその後残り時間8秒でファルコンズが再逆転。信じられない勝利でNFCチャンピオンシップに進みました。スーパーボールに進出まで後一勝です!

自分の画像がないので、今回の画像はUS TODAYから拝借しました。
Falcons

もちろんファルコンズ・ファンの私は昨日・日曜の午後からテレビ観戦で応援していましたが・・・
実は試合内容はそれほど良くなく、前半戦まで圧倒的に勝っていたファルコンズが後半になってから歯車が狂いだし、ずるずると相手に得点され、やはり「プレイオフの大一番では弱い」の定説通りかと一時はあきらめかけていた試合でした。
最終的に勝ったものの、大一番では弱いファルコンズが出た心配する内容だったのです。
さて、あまり楽しい事がないアメリカ暮らしですが、その少ない私の楽しみの一つにこのようなアメリカン・フットボールのテレビ観戦があります。
実は、それはアメリカに住むようになってからではなく、19080年代後半からずっと続いていることなのです。

きっかけは1980年代後半に何度かアメリカに出張することがあって、その時にホテルの部屋で観たテレビだったのです。
当時は一度出張するとアメリカを転々と車で移動する事が多かったのですが、もちろんその頃はパソコンもなく、一日の仕事が終わればホテルでテレビを観るぐらいしか無かった時代。ドラマなど分からないので、動きを見ているだけでも面白かったアメフトにチャンネルを合わせていました。

ルールが分からず、好きなチームが無くても、他のスポーツではあり得ないような迫力に圧倒され惹かれました。
そんな時に1987年か1988年の冬だったか・・・日本からアメリカに出張し、たまたま週末の休みをシカゴで過ごした事がありました。

雪が舞うすっごく寒い日でしたが、一人でシカゴ・ベアーズの本拠地ソルジャー・フィールドまで行ったのです。チケットなど買えるわけがないのですが、雰囲気だけでも味わいたくて・・・スタジアムの周辺で見るからに恐ろしそうな黒人達のファンに話しかけら、そこでHCマイク・ディトカやLBマイク・シングレタリー(あだ名がサムライでした)のファンであることを話し、いきなりのベアーズ・ファンになっちゃいました(汗)

本当はQBジョー・モンタナやWRジェリー・ライスが神がかり的で全盛時のサンフランシスコ・49ersファンだったのですが・・・(笑)

1900年代はドイツに住んでいたのでアメフトからは遠ざかっていましたが、それでもNFLヨーロッパみたいな組織があってテレビ中継もやっていました。そう言えば日本人選手も居たような記憶もありますが、いまひとつ盛り上がらない内容でした。

1998年~2005年は日本でのBS観戦とタイでのスポーツBar観戦でしたが、2005年にアメリカへ来てからはカレッジ・フィットボールも観る様になり、地元ジョージアのチーム以外にもオレゴン・ダックスのファンであることは何度かブログに書いていますね。

カレッジを観る様なってからは、自宅にDVDと(アメリカでは少ない)HDDレコーダーを合計5台設置して(今は2台だけ)毎週末は録画しながらも次々と試合を観ています。
カレッジを観ると大学から好きな選手を追いかけられるので、NFLも更に面白くなり楽しさ倍増なのです。

さぁ来週はNFCチャンピオンシップ! 昔ファンだったサンフランシスコ・49ersと今は地元としてファンのアトランタ・ファルコンズがぶつかります。

49ersはQBアレックス・スミスに代わって今シーズン途中から登場したQB Colin Kaepernickコリン・キャパニック(ケイパーニック?)が要注意ですねぇ~
この前の試合でなんと180ヤード超のラン!QBとは思えない俊足で相手CBさえも追いつけない走りには驚きました。

49ers QBキャパニックが勝敗の鍵のように思えます。
49sers QB

そのキャパニックはネバダ大出身でMLB(野球のメジャー・リーグ)からもドラフトされた運動能力の持ち主。実は時々こうしたMLBとNFL両方で指名される選手がいます。大学時代に掛け持ちする選手もいるし、全く野球をしていない選手も運動能力だけでMLBから指名されたり・・・

そう言えばファルコンズで1990年前半にMLBと二枚わらで活躍したCB ディオン・サンダースは有名です。アトランタでNFLの試合の後すぐヘリでMLBの試合に行った実話が残されていますし、リターナーとしてすごいプレイを何度か私も観ています。

そうそう2005年からはファルコンズの試合を全て観ていますが、当時のQBマイケル・ヴィックがQBとしてのラッシング記録を更新する170ヤード超をした事もありました。まぁQBマイケル・ヴィックは闘犬問題などで一時NFLを去り、今はイーグルスで活躍していますけどね・・・

現在のファルコンズはHCマイク・スミスHCの就任以降のシーズンでは安定していますし、2008年ドラフト一巡目で獲得したBC(ボストン・カレッジ)出身のQBマット・ライアンがリードし、WRロディ・ホワイト、TEトニー・ゴンザレス(私はまだKCチーフスのイメージが強いのですが)、そしてアラバマ大出身2年目のWRフリオ・ジョーンズと多彩な武器で、まさに今がチームとしてピークではないでしょうか。
ぜひ、スーパーボール進出、そして頂点を目指して欲しいものです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.01.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

アメリカへ戻りました。アトランタ空港は要注意!

とっても疲れる長旅、成田発ロサンゼルス経由でアトランタに着き、昨夜ジョージアの自宅に戻りました。日本の自宅を出発してから約24時間ぐらい・・・グッタリ!

今回はロサンゼルス経由でアトランタと乗り継ぎだったのですが、日本へ行く時はアトランタから直行便でした。
その為にアトランタ空港Hartsfield-Jackson Atlanta International Airportでは昨年出来た新しいインターナショナル・ターミナル側に車を駐車しました。

ところが帰路がLA経由な為にドメスティック・ターミナルにチェックイン・バッグが出てしまい、そこで荷物をピックアップしてシャトルバスでインターナショナル・ターミナルへ一度行って、そこからまたパーキングのシャトルで駐車場へ行く羽目になりました。

アトランタの空港に関しては本ブログで「分かり難い空港」として三回に分けて紹介していますが、本当に分かり難いです(涙)

国内線ターミナルからインターナショナル・シャトル・コネクターで国際線ターミナルに向かう
Domestic Indicator

他の空港のように多少移動があってもインターナショナルとドメスティックが近ければ問題ないのですが、アトランタは滑走路の反対側にある位置関係で、高速道路インターステートがドメスティックはI-85。インターナショナルはI-75と信じられない遠さなのです。何しろ世界一発着が多い空港外周を半周ですから。

国際線ターミナルのシャトルバス(別な日に撮影)
ATL connector

時間にしてドメスティックで荷物をピックアップして車にたどり着くまで45分。夜8時過ぎで国際線が少ない時間だったのもありますが、最悪!
ドメスティックとインターナショナルを結ぶシャトルがインターナショナル・パーキングの横を通るので、他に乗客がなければ運転手に交渉で途中止まってくれるかも・・・

いずれにしてもこれは自分に気づきが無かった為で、今のところデルタ航空はドメスティック・ターミナルでも国際線をチェックインできますし、アメリカの多くの空港で国際線も国内線も物理的な区別を設けていないので、ドメスティック側に駐車し、チェックインすれば良かったのです。

反対に往路をアメリカの別な空港経由で帰路が直行便のケースが昨年12月にありました。この時はインターナショナル・ターミナル側に駐車し、サンフランシスコ経由しての成田行きをチェックインしました。

デルタは薦めていないようですが、インターナショナル・ターミナルでもアメリカ国内線がチェックインできる事は多くの人に知られています。

アトランタ乗り継ぎではなく、アトランタでチェックインか最終目的地の人に対してですが、この空港は往路と復路が異なる場合は要注意です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2013.01.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

海外在住者の運転免許更新

海外在住者が日本の免許を更新するのは悩ましいものです。それは更新年になって誕生日前後に日本に居るとは限らないから(居ない確立が断然高い)です。

私自身で言えば誕生月が3月なので、年末年始の一時帰国時に更新期間前の更新をしています。期間前更新は今回で二回目。毎回3月の更新期間に対して前年の12月に期間前更新を行う為に、次回更新が一年普通の人に対して短くなる事と、毎回更新時講習を受ける必要が生じます(私的に納得行きません!)。

今回も年末の忙しい時期、しかも短い日本滞在期間を使い期間前更新を先日してきました。私は横浜の二俣川運転免許試験場に行ったのですが、年末年始休暇直前の日と言う事ですごい混雑。普通でも煩雑な手続きを並びながら行うのですが、この日は並んでいる列が蛇のように伸びて何の為の列なのか最後尾は分からない状況でした。

ただでさえ複雑な更新窓口
Driver's Center

別に日本の免許証を失効しても何年後かに日本の免許証に切り替えれば良いのですが・・・そこまでして日本の免許証を維持したいのは、大きな理由があるからです。

私自身過去大きなトラブルを経験しています。ドイツ在住から帰任した時、実は日本の免許を失効したのです。

ドイツでは当時(1990年)日本の免許証をドイツの免許証に交換する際、日本の免許証を預けるシステムになっていました。しかしそこには更新時期の矛盾があって、ドイツでは更新期限がない免許証なのに、日本の免許証は期限があるから、在住が長くなると日本の免許証が失効してしまうのです。(数年後に日本の免許が返却されるように改正されたけど)

当時、自分自身もあまりよく分からないまま、また在住地も田舎町で日本人の経験などほとんど無い地方都市でした。運悪く東西ドイツの併合などもあって地方行政はかなり混乱していた事もあったのですが、あまり気にせずいました。そしてある日突然の帰国・・・
そのままドイツの免許証を日本に持ち帰ったなら、日本の免許証に切り替えも可能だったのですが、それすらしないで帰国。帰国後に何度か現地行政機関や日本の運転免許の窓口に相談しましたが、私の自己責任での失敗は間違いなく、失効したまますぐに次の赴任地へ向かう事になりました。

次の赴任地がタイで社用車と運転手付きだったので、結局何も困らないまま完全に日本の免許証は失効してしまったのです。

その時の教訓で、日本に戻る機会があれば更新期間前でも更新しておく事、また日本の免許証は必ず手元で管理すべきである事を学びました。

タイ赴任後に日本で運転免許を取り直したのですが、その後アメリカ赴任になって現在に至っています。

さて本題の海外在住者の運転免許更新方法ですが・・・

上述のように日本の免許証を維持したい場合は、更新期間前でも更新できます。
必要書類は現運転免許証とパスポート(何をパスポートで見ているのか理解できないけど、海外在住を見るようです。謎!)。それに顔写真と書いてるホームページもありますが、私は過去2回必要となった事はありません。

また住民票を日本から抜いている人(自分!)は・・・かなり扱いが不明確になります。ホームページなど色々調べましたが、色々違う事が書いてあります。基本的には滞在先を自分以外の人が証明する為の証明書(神奈川は書式あり)と証明する人の住民票が必要とあり、実際に私は運転免許試験場(センター)で担当の方に聞きましたが、上記の通り言われました。

ただ、運転免許更新時に「住民票は日本に残したまま」と自己責任で言い切れば・・・古い免許証と同じ住所が記載された免許証で更新されるのも事実です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.12.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

年末年始一時帰国

海外に20年以上住んでいる中で、年末年始に日本一時帰国しなかった年はあったのか・・・? そう考えるほど毎年の恒例行事ですが、今年もクリスマス後に日本に戻りました。

成田空港にて駐機直後に
Narita Airport

アトランタからは直行便でしたが、戻りはロサンゼルス経由。いずれにしてもアメリカ東海岸と日本間のフライトは費用も体力的にも年々きつくなるばかりですが、休暇中は家族と一緒に過ごし、美味しい日々を楽しみたいものです。

今月は急な出張で日本に来たばかりですが、休暇としては一年ぶりの日本。正月5日にはアメリカに戻りますが、ずっと横浜の自宅で過ごし日本ではどこにも行く予定はありません。

休暇中は時間をもてあそぶ一人暮らしではないので、(私的には嫌いな)内容が薄い更新になるかと思いますが、ご勘弁ください。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.12.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

ふたご座流星群を見た!

この所移動続きの疲れでバテバテ。三日前にアメリカに戻ってからもなかなか体調が戻らず、料理を作る気にもならないでいます。

お腹が空けば、冷凍ご飯で雑炊を作ったり、アメリカのスーパーで手に入るカップラーメンに玉ねぎや卵、それを味噌味にしたり・・・まぁかなり適当にごまかして食べていました。

そんなだからワインも開けずに過ごしていますが、この週末には何か作らないといけないと思っています。

さて、そんな元気ない日が続いた昨夜、早めに帰宅して何気なくテレビを点けたら、天気予報で「shooting star」の文字が大きく出ていました。一時間あたり何個見える・・・そんな数まで出しての予報だったのですが、それで思い出しました!

毎年12月14日あたりは「ふたご座流星群」がピークになる頃で、特に今年は新月になる事と、毎年観測される流星の数が増えていることから、今年はかなりの流星ショーが楽しめるのじゃないかと言うことを。

まぁテレビを見るまではすっかり忘れていたのですが、中学生の時は天文少年でしたから、まったく興味がないわけではないのです。

それで今朝、起きましたよ~ 朝の4時半! でもベランダで空を見たら曇っていて、所々雲の合間から星が見える程度。ちょっと迷ってベッドに戻ってしまいました(笑)

時差もまだ残っていたのか、それからなかなか寝付けず、結局5時半にまたベランダに出てみたら雲が残っていたものの、だいぶ星が見えるようになっていました。そこからたくさん着込んで外に出て自宅周辺をウロウロ。

ジョージア州の田舎ですから、星を見る環境には良いのですし、確かに新月で月明かりもないのですが・・・クリスマスの電飾で近所の家々はがんがんに明るくなっています(笑)朝の5時過ぎまで点灯しなくていいと思うのですが・・・

道路の照明や家の灯りが目に入らない場所を見つけて、空を見上げたのですが、なかなか流星を見ることが出来ません。じっとしていると寒いので歩きながら空をきょろきょろ見るのですが、想像とは異なり、流星が次から次へと流れるわけではないようです。

その内に視界の片隅を一瞬流れたように思える事が何度かあって、そこに目を移すとすでに消えている・・・そんな事を数度繰り返しました。
あまり視線を動かさない方が良いようです。流星が見えなくても辛抱して一点をじっと見続ける・・・そうしたら10分に一回ぐらい間違いなく流星が見られるようになりました。

一応カメラを持って出たのですが、写せるわけがなく、当地の新聞サイトに載った画像で、実際に私が見た印象と一番近い画像を拝借しました。
Shooting Star

40分ぐらい夜空を見続けて、しっかり見えたのが3回。後は視界の隅を横切ったように感じたのが5回程度。見えるのは長くても1秒ぐらいでしょうか、ほんの瞬間の事ですが、やはりしっかり流星を目にすると、ちょっと感激です。

北斗七星がかなり高い位置で全て見えましたので、3等星までは楽に見える環境でした。ただ薄い雲が全体的に多かった事もあって、満点の星空の環境ではなかったです。

流星群と言うぐらいだから一度にたくさん見られると思ったのですが、時折さっと流れる、しかも天空のどの位置とも言えず、かなり気ままに色々な方向に流れる・・・そんな印象が残りました。

なかなか疲れが抜けない中、夜明け前に流星を見るために寒い中暗いところで星を見上げていた自分。ちょっとは気分転換になったのでしょうか・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.12.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

JALマイレージが牛丼に化ける

先日日系航空会社のマイレージを整理した事を書きました。

JAL、ANAとも会費が要らないマイレージ会員としては残していますが、日系にはマイレージの期限なるものがあるので、これを機会に残っていたマイレージを捨てるよりはマシかと思い、マイレージを使い商品に変えました。

まずは至近なもので期限が2012年12月だったJALのマイレージです。

これがアメリカに住む身だと何と不便だった事か! まず最初に「もう乗る機会が無い」事がきっかけですから、特典航空券やアップグレードは無意味。ショッピングなどに利用できるJALクーポン券は日本以外では使えないし発送すらしない。

私がアメリカ内で使う事が出来たのは、「JALUXAMERICASギフト券」にまず換えて、その次に「JALショッピングアメリカ」で商品に交換する事しか選択肢がありませんでした。

そのJALショッピングアメリカの内容は腰を抜かしそうになったぐらいショボイ内容で、オヤジの単身生活の私が唯一選択出来たのが・・・・レトルトの「吉野家の牛丼」だったのです。それもかなり交換率が悪くなった結果です。

届いたのは冷凍品でした。アパートの管理室に一日置きっぱなし。レトルトだと思ったのだけど・・・
Yoshinoya

そう言えばJALのアメリカ路線で吉野家の牛丼が機内でサービスされるニュースを観た様な気がします。JALと吉野家さんで提携があるのかな?

JALのグローバルクラブ会員として世界を飛びまくった昔をしのびながら食べる牛丼でした・・・

さて、残ったANAのマイレージはどうしたものか・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

航空会社マイレージの整理

先日、日系航空会社のマイレージ・プログラムでステータスが高い、JALのJGCグローバルクラブとANAのスーパーフライヤーズを維持するのを止めました。
JALもANAも乗らないのに、高い年会費を払ってマイレージの高いステータスを維持するのに意味が無くなったからです。

(ANAホームページからのサンプル画像です。JALも同じ)
ANA card

JALのグローバルクラブは20年ぐらい前から、ANAのスーパーフライヤーズも15年ぐらい前から維持していたので、一抹の寂しさを感じながらです・・・

私は通算20年以上海外暮らしなので、航空会社のマイレージはたくさん入っていて、それぞれのステータスを上位で長い間保っていました。それも昔の事です・・・
一時は欧州系、アジア系、米系、そして日系の航空会社も・・・同じマイレージ連携の航空会社でも別々に高いステータスを維持出来た時もありました。

JAL card

それがアメリカで働くようになってからはジョージア州と言うロケーションからデルタ航空を使うケースが多くなり、数年前にデルタがノースウエストを吸収からはアジア路線でもデルタを使うようになりました。

同時にどんなにサービスが良くても、アトランタとの直行便を持たないJALとANAは意味を持たなくなりました。私の知るジョージア在の日本人はわざわざシカゴなど経由してでも日系のフライトにこだわっている方が少なくはありませんが・・・

でも、そうした方は日本にいつか帰る出向者か駐在の方で、日本に戻ってからの事を考えての事だと思います。それかよほど米系のフライトが嫌なのか・・・確かに機内サービスなんて(日系のフライトをよく知る方には)サービスなんてとっても言えたものじゃないです。

正直、自分が日本人である事を抜きにしても、JALやANAの機内サービス、特にCAの方々の接客は世界一だと思います。次はアジア系でシンガポールやタイ国際航空、そして韓国系になるでしょうか・・・欧州系も悪くはないです。
しかし米系は本当にひどい! デルタは特にノースウエストと一緒になってからさらに悪くなったと思っています。

それでもアメリカで現地採用になり、自分の仕事はアメリカで最後と決心してからは、日系のマイレージを維持する必要もなくなりました。

またアメリカでの暮らしが長くなると、飛行機や空港への考え方も変わったのです。
空港での時間は出来る限り短くするのが当たり前になり、ラウンジなど使う暇無くなくギリギリにチェックイン、搭乗すれば良いと思うようになり、乗り継ぎ便でも最短のフライトを選ぶようになりました。

同時に機内ではサービスなど期待せずただ眠る事に労力を費やすのが一番とも考えるようになりました。
まぁ、これらはただ歳を取って多少神経が太くなったからもあるでしょう。実際に飛行機に乗り遅れたことも何度か・・・(笑)

次回に続きます。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

感謝祭がやって来る!

来週はいよいよ感謝祭Thanksgiving Dayです。11月の第4木曜日!今年は11月22日ですね。

ヨーロッパ在住時には関係なかった祭日で、アメリカに来てから経験しています。宗教色よりも家族のイベント的な祭日です。由来はアメリカに移民で渡って来た人々が収穫を祝ったとか、先住民族インディアンの助けて生き延びた事への感謝とか言われています。

ヨーロッパでは関係ないと書きましたが、ドイツ在住時に経験したのは、ちょうどこの時期、クリスマスの四週間前になると、家々で一斉に飾りつけが始まるのです。それはアメリカのように電飾で家全体を飾るのとは違い、静かで厳かな感じなので、出窓にローソク(の形をした電灯)を置き外からも見えるようにするぐらいでした。

印象に残っているのは4本のキャンドルを中心に置いたリースのような飾りを作り、それがどこの家庭でも中心に置かれています(壁やドアにかけるのではなく、テーブルの上など)。そしてクリスマスまで一週間に一本だけキャンドルに火をともしてクリスマスが来るのを指折り楽しみに待つのです。

さてアメリカでThanksgiving Dayのイメージと言えば、離れて暮らす家族もこの日だけは集まって七面鳥を囲って食事をする・・・誰もがそう思うのではないでしょうか?

(七面鳥なんか料理した事がないので、ローカル新聞のサイトからの画像です)
Turkey

実は私が勤めるアメリカの現地会社では、Thanksgiving Dayの一週間前にはスーパーで七面鳥と交換できる商品券が配られます。まぁ私は七面鳥を料理して一人で食べるなんて事はしないので、家族持ちの知人に譲るのですが・・・

この様に家族が集う日としてクリスマスに次いで重要な祭日。また家族の元に行く人達が多いので、休暇を取る人が多く、飛行機も混むホリデーシーズンです。

また感謝祭Thanksgiving Dayの翌日はBlack Fridayブラック・フライデーと呼ばれ、この日だけは特別に木曜深夜から金曜朝早くにも多くの店が営業します。
それでThanksgiving Dayの深夜からセールを求める人々が並んだり、店の中での狂乱が毎年の様に報道されます。

私もアメリカに来たばかりの頃は、Thanksgiving Dayの深夜から出かけ、セールがどんなかを見たものです。今ではワイン以外に買う物もないので、関係ないのですが・・・

(これもローカル新聞のサイトからの画像です)
Black Friday

このブラック・フライデーは以下のような図式です(笑)

感謝祭で家族が集う

感謝祭が終わり、クリスマス・プレゼントの準備を開始する

感謝祭の翌日の金曜日にショッピングに出かける

店はその日にセールをして客集めをする

店は感謝祭の翌日金曜日一日で黒字になる

だから感謝祭の翌日をブラック・フライデーと呼ぶ

この話は続きがあって、近年ではネット・ショッピングが盛んな為に、感謝祭休み明けの月曜日に注文が殺到するそうでサイバー・マンデーと言うそうです。

いずれにしても、アメリカもなかなか景気回復の兆しすら見えない年が続いています。この時期にたくさん消費をしていただきたいものです。
まぁ私は年末の一時帰国を控えてじっと我慢の節約の日々なのですが・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

無頓着だった車のメンテナンス

「アメリカでは車がないと生活できない」とよく言われる。まぁ確かにそうでもあるし、不便覚悟でその気になれば車が無くても生きては行けるとも思う・・・まぁ、そんな事はどうでも良いのですが、アメリカで生活するのに「住む所」の手当てと同時に「足」の確保を優先して行う人がほとんどだと思うのです。

私も8年前に(当時は出向者だったので)着任後すぐリース車でスタートし、その後手軽さよりも費用を優先するようになり購入しました。
リース車の時も車を買った後も、車の購入や維持で当然日本とは異なるシステムで面倒な事が多いのですが、その全体像は日本よりはるかに簡単に出来ていると思っています。

ですが簡単だから気をつけたいのは自己責任でのメンテナンス!

って言っても・・・私自身は「車は下駄のたぐいだ!」と思っているぐらいで、本当に無頓着です。
アメリカで生活した8年間で洗車(手動でも自動でも)したのは10回以下である事は間違いなし(キッパリ) 

さて今日はそんな洗車していない汚い車を自慢するのじゃなくて・・・

この数週間ジョージアも気温が下がって、朝には車のガラスが夜露でびっしょりだったのですが、それがついに先日フロントガラスに凍りつくまで気温が下がってしまいました。
こうなると毎朝凍りついたフロントガラスをガリガリするか、温風を最強で当てるしかないのですが、どちらにしても毎朝視界確保で活躍するのがワイパー。

実はそのワイパーの片方のゴムが切れてめくれていたのです。たぶん半年以上前から・・・
まぁ雨ぐらいならめくれたゴムが目の前で動き回っても気にならなかったのですが、半分解けかかった氷のフロントガラスに対して動かすにはあまりにも気の毒と思っていました。

そこで行きましたよ~ ウオールマート! ワイパーを買おうとしたらなんとサイズがたくさんあるじゃないですか! いったん車に戻りワイパーの長さを測って買いました。ゴムだけが見当たらずワイパーブレードの一番安いものを(笑)

その後、ワワイパーブレードを外そうと頑張ってもなかなか外れない。買ったものに説明書きが無いし・・・何度も押したり引いたりして・・・結果、あきらめました。

翌日インターネットで交換の仕方を調べたら、クリップみたいに摘まんで押し込んでから引き抜くわけねぇ~ (画像赤のあたり)
その通りやったら外れました! 外れたものを交換して新品を差し込むのは簡単。

Wiper

あれっ!? 長さが合わない!! 
そこで気づきました・・・ワイパーって左右で長さが違うじゃないですか!! 
ゴムが切れたのは右側。サイズを測ったのは左側でした(涙) 
まぁ両方交換して良し!と考えましょう。

って言うかぁ~ ワイパーの左右が違うのは常識? 私の車だけ? それからは他の車のワイパーが気になってなりません(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.16 | コメント(2) | トラックバック(0) | アメリカ生活

ジョージアの紅葉 & ドイツ村 おまけでノースカロライナへ

ちょうど今がジョージア州のアトランタ周辺で紅葉が真っ盛りです。後一週間もすれば枯れ枝ばかり目立つようになるでしょう。

ジョージア州都アトランタは日本の福岡市と同じ緯度だそうで、アトランタの近郊に住んで8年、日本(私の場合、東京か横浜)と同じようにはっきりした四季を感じています。

ジョージア州は基本的に平らな州で、私が住む町も天気が良い日に一番高い所から見渡しても起伏なんかほとんどなく緑が続いています。
ただ北部にアパラチア山脈の南限があって、ちょっとした山をそこでは感じることが出来ます。

先日、そのジョージア北部に行って来ました。気晴らしのドライブがてらにChattahoochee National Forestの紅葉を見て、「ジョージアの小さなドイツ」と呼ばれる小さな村Helenヘレンに行き、帰りにカレッジ・フットボールの強豪ジョージア大学University of Georgiaがある大学町アセンズAthensに寄る総距離400マイルぐらいのコースです。

アパートを出発してI-85を北上。1時間弱でアトランタを通り過ぎ、さらにI-85線を1時間ほど走りインターステートを出て、今度は州道を1時間ほどノースカロライナの向かって走ります。

自宅から3時間ちょっとでヘレンに到着。渋滞もなく朝が早かったのでちょっと速度を上げてのドライブでした。

ヘレンの村
Helen

ヘレンは山に囲まれた小さな村ですが、家々をドイツのバイエルン風に作って観光に力を入れています。ここはこれで2回目。前回はオクトーバー・フェストの時で賑やかだったのですが、今回は観光客も見かけない静かな町でした。

それでもこのあたりの紅葉は見事で、普段は全く経験しないくねくねと登ったり下ったりの山道を紅葉と一緒に楽しめました。

この画像は前回行った時のもの
North Georgia

ついでに少しだけノースカロライナにも入ってみました。このあたりは湖も多く自然豊か。ハイキングコースも整備され、キャンピングカーも多く見かけ、渓流下り等も夏には盛んに行われるようです。

ノースカロライナ州との境
North Carolina

さて次は大学の町アセンズAthensへ向かいます。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

分かり難い空港 No.3 アトランタ国際線到着

今日はアメリカ大統領選挙の一般投票日ですねぇ~ アメリカの大統領選挙はかなり複雑なのですが、まぁ直接投票する事がない私にとっては「とにかく今日までの道のりが長い!!」と言うのが率直な印象です。

大統領選挙の行方はともかく、投票日が平日であることに日本人は若干違和感を覚えるのではないでしょうか?
法律で「11月の第一月曜日の次の日」と決められているそうですが、日曜日は教会に行く日である事と、投票所まで一日かかる所も昔はあったようで、そんな理由から火曜日になったと言われています。

働く人達が平日の火曜に投票する事で困らないかを実際に職場で見ていますと、多くの人達は朝出勤時に投票を済ませて来るようです。
これは州によって事情は異なりますが、ジョージアの場合、雇用者は従業員に2時間以内の投票時間を与える事を義務付けているようです。

州ごとに細かな内容は異なるでしょうし、国籍や年齢、そして選挙人登録をしていない人もいるでしょうが、この日は2時間以内なら職場に遅れて来ても、早めに帰っても、それが当たり前にように自然に行われる日なのです。

それで・・・雇用者に義務付けしているぐらいだから、今日はきっと出張者も少なく、フライトはかなり空いている特異な日じゃないかと思うのです。

さて、そんな出張者が行き交うアトランタの空港、今日は国際線の到着です。その流れが今年2012年5月から大きく変わりました。変わる前は非常に複雑で厄介でしたが、変わった後は・・・ちょっと面倒ぐらいでしょうか・・・

アトランタ空港新国際線ターミナル内にて
ATL airport F

新国際線ターミナルInternatinal Terminalが出来る前(2012年5月)までの国際線到着ですが、本当にかなり厄介でした。
国際線到着はEコンコースに着いて、Eコンコース内で入国審査を受け、機内預けの荷物を受け取った後に税関審査、そしてアトランタが最終目的地でも乗り継ぎでも荷物を預けなおしてからセキュリティーチェック、そして各コンコースか空港を出るために地下鉄を利用する必要がありました。

要は・・・5月前までは国際線でアトランタに到着した方は全てセキュリティーチェックを受けなければならず、例えアトランタが最終目的地の人も荷物も預けなおす必要があったのです。

だからアトランタが最終目的地だと安心して出発空港や機内で液体類を買ってしまうと、それがセキュリティーを通過出来ないために没収となるのです。ちなみに壊れる事を覚悟で荷物を預けなおす時にスーツケースに入れることは可能でしたが・・・

以前はこのようにセキュリティーチェック、地下鉄での移動、二回もスーツケースの荷物をピックアップするなど他の空港と比べてかなり時間がかかっていました。
来る方も、待つ方も、アトランタは特に厄介な空港だったわけです。

さて・・・新国際線ターミナルInternatinal Terminalがオープンした後、私は2回ほど米国とカナダ以外の国から入国していますが、それぞれEコンコースとFコンコースへの到着でした。そして両方ともInternatinal Terminal(Fコンコースと同じ)内の入国審査へ誘導され、入国審査後にチェックイン荷物のピックアップ、そして税関検査後にInternatinal Terminal内に出ました。もちろん私はアトランタが最終目的地です。

1. アトランタが最終目的地
新国際線ターミナルが出来る前と後では、入国審査後に荷物を預けなおす事と、セキュリティーチェックが無くなりました。それは良しとして・・・Eコンコースに着いた時は非常に長い通路(一部分は動く歩道あり)をくねくねと歩き、Internatinal Terminalまで行かなくてはなりませんでした。この場合は(E~F間も国内線利用者が使っている)地下鉄が利用できません。まぁ50%の改善でしょうか(笑)

アトランタが目的地用の表示(下の横長ビルがEコンコースで上の小さなビルがFコンコース)
赤のライン長々、くねくねと歩く!

ATL airport indicator 2

そしてやっとFコンコース(Internatinal Terminal内)の入国審査にたどり着く
普通、日本パスポート保持者はVisitorsの方で並ぶ

ATL airport indicator 3

入国審査、税関検査を通り出た所。
2012年5月からInternational Terminal内に出るように変更された。それ以前はDomesticと区別なし
ATL airport Exit


次はアトランタ空港にアメリカ・カナダ外から到着され乗り継ぐ場合です。
これは私自身が経験ないので、ルール上から考えられる想像に過ぎません。チェックイン時か到着時に十分係りの人に尋ねるべきで、あくまでも参考になればの話です。

2. アトランタで乗り継ぎ
これはアメリカ到着の最初の空港で入国審査と税関を通る原則から変わりませんが、以下の画像で分かるように、アトランタが最終目的地の人と乗り継ぎの人で入国審査の場所が異なるようです。

入国審査Passport Controlが目的地別で左右に分かれる
ATL airport indicator 1

たぶんConnecting Flightsと指示された方に行って、入国審査後に荷物をピックアップ、、税関検査を受けた後に乗り継ぎ便へ荷物を預けなおして、T~Fコンコースの国内線へ地下鉄で移動となるはず。

分からないのは再度セキュリティー・チェックがあるのか無いかです。
いずれにしても経験がないので分かりませし、システムがよく変更されるので、必ず現地係員にお尋ねください。

3. アトランタでカナダ以外の国際線へ乗り継ぎ
以前から同じなのですが、アメリカに入国せず経由地であっても一旦アメリカの入国審査を受けると思います。これは私的な想像ですがアメリカの空港は出国審査がなく国際線も国内線も出発に関しては区別がほぼ無いからだと思います。現にアトランタの国際線に使われるEとFコンコースは国内線にも使われています。

その場合オリジナルの出発地で最終目的地までチェックインされた場合、Hartsfield-Jackson空港のホームページによりますと、入国審査後のセキュリティー・チェックもなく、チェックインされた荷物も最終目的地までスルーされるようです。

念のために原文をコピーしておきますが、十分に確認すべきと思います。って言っても・・・実は流れに従えば問題ないはずですけど(汗)
・ Connecting in Hartsfield-Jackson for travel outside the United States: These passengers are arriving in Atlanta from another U.S. city to connect with an outbound international flight.

-Passengers traveling outside the United States on single tickets already will have checked in internationally at their originating domestic airports. They do not need to go through a security checkpoint reinspection.

-To reach connecting international flights, passengers follow signs to the Airport’s people mover system, The Plane Train, which connects to the international concourses (E and F).

-Airlines will transfer checked baggage to connecting international flights.

これをお読みになった方の少しでも参考になれば良いのですが・・・

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

分かり難い空港 No.2 アトランタ国際線出発

昨日11月4日では夏時間(正確にはDaylight Saving Time)が終わりました。どうもアメリカでは午前2時に1時間だけ時計を戻すようです。ドイツでは午前1時だったような・・・ 

本ブログで何度も書いていますが、Daylight Saving Timeを採用していない州もあるので、アメリカ全土じゃないです!また州の中に異なる時間帯を持つ所も多いので、この時期アメリカを移動するときは要注意です。

そんな時間と地域を意識してしまうので空港でしょう。今日も前回に引き続きアトランタ空港の2回目。今回は国際線の出発についてですが、ワインな話はないのであしからず(汗)

前回書いたようにこの空港には今年2012年5月から新しくインターナショナル・ターミナルInternatinal Terminal(FターミナルともFコンコースとも言う人がいますが)が運用されています。
この新ターミナルはDomestic Terminalとはかなり遠く、イメージで言えば空港の反対側に作られました。
車でのアクセスはDomesticがI-85でInternatinalがI-75と使うハイウエイまで異なります。

新しく出来たInternatinal Terminal
ATL Internatinal Terminal outside

International Terminalが出来る本年5月前までのことですが、現在のDomestic Terminalで国内線も国際線もチェックインして、出発の場合は主にEコンコースが国際線に使われていましたが、カナダやアメリカなど近隣諸国へはEコンコース以外も使われていました。

いずれにしてもアメリカの場合、国際線でも出発に際しての出国手続きは現在ないので、チェックイン時と搭乗ゲートでパスポートチェック(VISA有りの方はI-94の半券渡しもそこで)を受けるだけになり、出発ゲートが国内線の中にあっても構わないのです。

これはInternatinal Terminalが新しく出来た5月以降も同じことが言えます。現に二週間前に私がカナダへ行った時、出発ゲートはDコンコースで搭乗ゲートでパスポートチェックでした。

上記の理屈で言えば、Internatinal Terminalのチェックインも(エアーラインのカウンターさえあれば)Domestic Terminalで出来ることになります。
それを二週間前のカナダ行きの時に確かめましたが、全く問題なくDomestic Terminalでチェックイン出来ました。

その反対にInternatinal Terminalターミナルでもアメリカ国内線のチェックインが出来るはずと私は考えています。
実は、一ヶ月ぐらい前ですがラジオでDomestic Terminalのセキュリティーチェックに時間がかかるので、Internatinal Terminalで国内線を使った経験を聞きました。

利用者が少ないInternatinal Terminal
ATL Internatinal Terminal inside

また、私自身アトランタからロサンゼルス行き国内線の搭乗ゲートがFコンコースだったので、Domestic Terminalでチェックイン後、空港の反対側まで地下鉄で移動した時があり、「これならInternatinal Terminal側に駐車してチェックインすれば移動も時間も楽だ」と思ったことがあります。

要は出国審査もないし、国内線と国際線の搭乗ゲートも区別されていないのだから、国際線でアトランタの空港から出発する限り、Internatinal TerminalもDomestic Terminalも意味がないと思っているのです。
駐車場やセキュリティーチェックの混み具合で使い分ける・・・その程度のものだと思っています。

あっ!それはデルタ航空利用の時で、ルフトハンザとか海外キャリアになるとチェックインカウンターそのものがInternatinal Terminalにしかないので使えない技です。
ちなみに空港ホームページのFAQにDomesticでInternatinalチェックインが出来るか?がありますが、回答は「You should check in at the Domestic Terminal」となっていてMUSTでは無かったです(汗)

私自身Internatinal Terminalを本年5月以降3回利用していますが、いつもチェックインカウンターもセキュリティーチェックもガラガラ。
デルタの利用者が非常に多いアトランタでは、きっとアクセスが良いDomestic Terminalを国際線でも利用している人が多いのではないかと疑っています(笑)。

まぁ慣れない空港で何も冒険することはないので、そんな事もあるかも・・・ぐらいの話です(汗汗)
次回は国際線到着です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

分かり難い空港 ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 No.1

11月に入りいっそう秋の色を深めているジョージアです。ちょうど2週間前に訪れたカナダ・オンタリオ州の秋に今やっと追いついたような色合いです。

そのカナダへアメリカから行き来した時にフライトが国際線であってないような・・・戸惑いを感じた事を本ブログ「謎多い アメリカ・カナダ間の入出国 & トロント・ピアソン国際空港」に記しましたが、その時同じように、私のホームグランドになるアトランタ国際空港The Hartsfield-Jackson Atlanta International Airportも国際線離発着のルートがかなり分かり難いので、一度ブログで整理して書いておこう・・・と思っていました。

今日はワイン話は出てこないと思うのですが、その事をエントリーします。

アトランタ国際空港は2005年からずっと離発着数と利用者が世界一多い空港だそうです。世界2位規模であるデルタ航空Delta Air Lines、そして格安航空会社のエアトラン航空AirTran Airwaysがハブ空港にしています。残念ながら現在、日系航空会社は就航していません(アトランタ・オリンピック時はJALが飛んでいたような・・・)。

DELTA

ちなみに、日本との直行便はデルタの成田間だけですが、このフライトはアメリカ・中南米諸国と日本・アジア諸国を結ぶ大動脈になっているようです。私もよく利用する路線ですが、中南米諸国の日系の方や中南米をご旅行された方々とよく乗り合わせます。

空港施設の概要は下図のようで、他のアメリカの大きな空港に比べてすっきりしていると私は感じています。
一番下がドメスティック・ターミナルDomestick Terminalのビルで、同じビルですが左右にNorthとSouthと航空会社別に分かれています。基本的にデルタがSouthでその他がNorthでDomestick国内線のチェックインになります。

ATL Airport

TコンコースConcourseはDomestick Terminalと同じビルになりますが、T,A,B,D,E,Fとコンコース(空港ではコンコースとターミナルの区別無く全てターミナルと言う人も多い)別に独立したビルになり、飛行機が横付けされる搭乗ゲートがビル内左右に並んでいます。そしてFコンコースはInternatinal Terminalと同じビルになります。

そして図のように真ん中に地下鉄と地下道があるので、ターミナルやコンコース間を移動するわけです。

従って国内線でアトランタでチェックインしたなら、Domestick Terminal内でセキュリティー・チェックを受けた後、Tコンコースなら歩いてすぐ。他のコンコースなら地下に降りて地下鉄か地下道で移動することになります。非常に簡単です。

国内線をアトランタ経由で乗換えする場合も、例えばCコンコースに到着して、Aコンコースに移動するなど、いたって簡単。まぁ当たり前のことですね。

この様にアメリカ国内線を利用する場合は簡単でよく出来た空港だと思うのですが、国内線で到着した場合の注意点がひとつと、厄介なのは国際線です。

まず今日はアメリカ国内線でアトランタが最終目的地の場合ですが、アトランタ到着後Tコンコース以外なら、地下鉄でも地下道を歩いてでも、この図には無い「Baggage Claim」まで行かなくてはなりません。

上から言うと、F,E,D,C,B,A,Tコンコースの下にBaggage Claimと言う駅があるので、そこまで行ってエスカレーターで上がらないとなりません。
機内持ち込みだけで、チェックインした荷物が無い場合もBaggage Claimまで行く必要があります。

特に空港で出迎えがある場合は特に注意が必要です。私も多くの人をこの空港で出迎えていますが、Baggage Claimで降りるように伝えていても、Tコンコースで降りてしまう方も多いのです。

アトランタのTコンコースに到着した場合は、前述のようにDomestick Terminalと同じビル内ですから、ちょっと脇道のような出口で出られます。この場合は待ち合わせがある時など注意が必要になります。

さて、このBaggage Claimは実際Domestick Terminalのビル内にあり、チェックインカウンターと同じ階になり、航空会社別でやはりSouthとNorthの左右に分かれます。
他の空港はよく一階が到着レベルで、その上階に出発レベルがあるのですが、アトランタはすべて一階にまとめられており、ターミナルからコンコースを移動する時のみに地下に潜るのです。

次回はいよいよアトランタ空港での国際線利用の場合です。特に本年2012年5月に新しくInternatinal TerminalとFコンコースがオープンしたので、以前以上に厄介になったと私的には思っています。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2012.11.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | アメリカ生活

«  | ホーム |  »

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 深川生まれの江戸っ子。アジア・ヨーロッパ・アメリカなどで海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後3年半タイでロングステイ。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

FCカウンター

QRコード

QR