チャオプラヤー名橋奇覧 総集編・私的ランキングも

このブログではガイドブックや多くのブログに登場するような所は出て来ません。何でもない街並み、工事現場、運河、鉄道、渡し船、路線バス、市場、通り・・・などバンコクとその周辺に住む人達が日々接するような所と事ばかりです。

そんな特別でなく、町の中にあって、庶民の暮らしに欠かせない物のひとつがチャオプラヤー川に架かる橋です。

ひとつひとつの橋と周辺を歩き、丁寧に見て行くと、バンコクの歴史や発展、日本の政府開発援助の姿まで見えて来ました。

河口から始まりパトゥムターニ県までの長いシリーズだったのですが、前回をやっと一応の最終回としました。この先もっと上流の橋を見られのか分かりませんが、これまでエントリーをまとめてみました。ついでに私的ランキングも発表です(苦笑)

それでは河口から遡りましょう


カンチャナピセーク橋
アウターリングとも呼ばれる大環状線の車両専用橋で、チャオプラヤー川に架かる橋で最大だと思います。

20170314 Kanchanaphisek


第2プミポン橋
チャオプラヤー川が大きく湾曲した島のようになった所の根元を真ん中に、第1プミポン橋と対になった斜張橋です。

20170313 PPD 7


第1プミポン橋
第2プミポン橋と対になって、非常に美しくわざわざ行って見る価値のある橋です。

20161016 Bhumibol 1-3


ラマ9世橋
ノンタブリー県を離れバンコク都で最初の橋は高速道路の車両専用橋で、シンプルな美しさを感じる橋です。

20161031 Rama9-11


クルンテープ橋
チャオプラヤーに架かる二つの跳ね橋の一つです。かなり好きな橋ですし、眺めも良いです。

20170320 Krungthep Br 1


ラマ3世橋
クルンテープ橋のすぐ横に架けられた車両専用橋で、この橋とチャオプラヤー川の眺めは素晴らしいです。

20161107 Rama 3 1


タクシン橋
複線の橋の真ん中にBTS線路を複線で通しています。そして複線の橋の中にサパーンタクシン駅を造ってしまったので、スペースがなくてそこだけ単線で同じホームを上下で利用し、BTSシーロム線のボトルネックとなっている・・・タイらしい無計画構造物を見れます。

20161115 Taksin 11


プラ・ポックラオ橋
お隣のメモリアル橋を造ったラマ7世の通称がポッククラオです。三つの橋から成っていて、真ん中が使われていない謎の橋です。

20161128 Phra Pok Klao 4


メモリアル橋
今は鉄道専用橋となっている旧ラマ6世橋に次いで2番目のチャオプラヤー川に架かった大橋です。チャクリー王朝150年の記念なのでメモリアル橋ですが、タイの方々はラマ1世の名プッタヨートファーチュラーロークから「サパーン・プット Saphan Phut」(プット橋)と呼んでいます。

20161209 OLD


ピンクラオ橋
ラマ3世やラマ4世とご兄弟でラマ2世が父親のラマ4世統治下の副王の名を冠した橋です。

20161220 Pin Klao 7


ラマ8世橋
斜張橋ですが塔が右岸(西側)だけ1本で非対称の珍しいスタイルです。

20170115 Rama 8-7


クルントン橋
チャオプラヤー川に架かる橋で3番目に古く、老朽化と橋の低さが今後もっと問題になるでしょう。

20170122Krung Thon 6


MRTブルーライン鉄道専用橋
バンポー駅とバンオー駅間でチャオプラヤー川を渡りますが、開通まではまだ時が必要なようです。

MRT Blue line


高速道路専用橋・タイ国鉄専用橋(旧ラマ6世橋)・ライトレッドライン専用橋
三本の橋が隣り合っています。真ん中のタイ国鉄専用橋は旧ラマ6世橋でチャオプラヤー川に架かった最初の橋です。

Rama7 Bridges 2016 Sep


ラマ7世橋
上記の3本の橋のすぐ上流にあります。橋が4本狭い所に架かっている所です。

20170203 Rama7_2


ラマ5世橋
バンコク都を離れノンタブリー県で最初の橋です。

20170209 Rama5-2


ノンタブリー1橋
新しい構造のエクストラドーズド橋で、斜張橋と桁橋の双方を補う新しい構造形式です。

20170217 Br 8


MRTパープルライン鉄道専用橋
2016年8月に開業したMRTパープルラインの鉄道専用橋です。

Sep20 Phra Nang Klao Bridge 1


プラナンクラオ橋
MRTパープルライン鉄道専用橋すぐ上流側に架かり、北側斜め上にはラッタナーティベット通りのバイパス橋梁(車両専用)が架かっているので、橋が3本まとまってある所です。また、ラマ3世の名を冠した橋です。

20170223 Br 1


ラマ4世橋
素焼きとお菓子で有名な観光のクレット島のすぐ上流側架かっています。

20170228 Br 3


ノンタブリー橋
タイで最も知られている殺人事件の一つに関係し、ヌァンチャウィー橋の別名を持つ橋です。

20170303 Br 5


第2パトゥムターニ橋
2009年完成のパトゥムターニ県にある橋です。

20170306 Br 3


パトゥムターニ橋
パトゥムターニの県庁所在地のすぐ上流にある1984年完成の橋です。

20170314 Br 4


以上がチャオプラヤー川河口から遡って見て来た橋です。これだけだとただの総集編になるので・・・今回はカテゴリー別の私的ベストランキングの発表です。橋にランキングはどうかと思いながらもです(笑)

橋が美しいで賞・・・プミポン橋1&2

どちらでもない第1と第2両方の橋があっての美しさです。斜張橋の直線的なケーブルと両橋の中央部の曲線も印象的です。この橋を通る路線バス195番(クロントゥーイ~スクサワット通り)から見ても良し、第1と第2両方の橋にある渡し船から見ても良し、中央の公園から見ても良しです。

20161016 Bhumibol 2

20161016 Park 1


橋からの景色が素晴らしいで賞・・・クルンテープ橋

橋の上からの上流側の景色はアジア有数の大都会であるバンコクを象徴すると思っています。またお隣のラマ3世通りと跳ね橋部分を通しての景色も素晴らしいです。

20170320 Krungthep Br 2

Rama3 Krungthep Br 2016OCT


歴史が面白いで賞・・・メモリアル橋

映画クーカム(メナムの残照)でもこの橋が出て来た第2次世界大戦時の爆撃、1951年の海軍将校によるクーデター未遂事件で跳ね橋が関係した事など、歴史的にも興味ある橋です。

20161209 Bridge 2


構造が面白いで賞・・・ラマ8世橋とノンタブリー1橋

ラマ8世橋は珍しい塔が一つで非対称の斜張橋である事、ノンタブリー1橋は新しい構造のエクストラドーズド橋であるからですが、当たり前過ぎる?(笑)

20170115 Rama 8-5

20170217 Br 7

いやぁ~ 面白いですねぇ・・・チャオプラヤー川にかかる橋は、その橋が架かった時代の状況をよく反映していると思えてなりません。時間はかかるでしょうが、これからもまだ上流の橋を見て行きたいものです。

広告を排除しているブログですが、皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村     タイ(海外生活・情報)ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

2017.03.20 | コメント(2) | バンコク街歩き

コメント

コンクリート製の橋

コンクリート製で橋脚の間がすごく長い橋がけっこうありますが、ポキンと折れたりしないんでしょうか?(笑)

2017-03-25 土 15:05:28 | URL | booonsak #- [ 編集 ]

Re: コンクリート製の橋

booonsakさん

老朽化が進み、危ないのはトラス橋のクルントン橋、ノンタブリー橋あたりかと思います。
PC桁橋では第2パトゥムターニ橋でしょうか・・・日本の支援もなかったようですし。

2017-03-25 土 15:41:01 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング