バンコクからソンテウだけで行くパタヤ(8) 謎のコーカイ路線

バンコク都心部からソンテウだけを乗り継いでパタヤまで行く・・・ソンテウを乗り継ぐ途中の町が主役の「ソンテウで行くパタヤ」シリーズの第8回目です。

まずはこのシリーズでの今までのエントリーと、スタートしてからのソンテウ記録です。なお、この旅は2018年3月にしたもので、現在(2023年11月)では交通事情等かなり異なっているかと思います。ご勘弁ください。

  第1回「都心~パークナム
  第2回「パークナム~チョンブリー
  第3回「チョンブリー行き方戻り方
  第4回「チョンブリー~ノンモン市場
  第5回「 ノンモン市場とバンセンビーチ
  第6回「ノンモン市場~シラチャ
  第7回「シラチャ

オンヌット~シーコンスクエア  1013番系統4番 8バーツ  50分
シーコンスクエア~パークナム  1096番系統    8バーツ 80分
パークナム~クローンダン     1140番系統   25バーツ 80分
クローンダン~チョンブリー    343番系統   25バーツ 70分
チョンブリー~ノンモン市場   6088番系統   15バーツ 60分
ノンモン市場~バンセンビーチ  6088番系統(往復)20バーツ 50分
ノンモン市場~シラチャ     1631番系統「1631ด」15バーツ 47分

20180426 Map4

前回はシラチャのロビンソンから街を見ながら時計台まで来ました。ノンモン市場からシラチャに来た時にナクルア行きのソンテウを時計台近くで偶然見つけたからです(画像下)。

20180718 Siracha 1

このナクルア行きソンテウを見た時、ある事に気づきました。私的には拘りが強い大きな疑問です。タイ語さえ上手に話せれば運転手などに聞きまくって『謎』は解けるのでしょうが、幼稚なタイ語と読み書きは全くダメな私です(涙)

ちなみにタイ語の読み書きが出来ないのに、ソンテウ等のタイ語行先を知るコツを『ソンテウの乗り方(2)』で書いています。

さて、もう5年前の事なので変化の激しいバンコクの路線バスを語る事は出来ないのですが、当時2年以上毎日路線バスを乗り続けて全路線のルートなど運行状況を調べる馬鹿々々しい事をしていました。

そんなの簡単じゃん!思われる方は当時の路線バスを知らない人です。行き帰りで、都営と委託で同じ番号でも路線が変わる、枝線もあったり、何やら表示板出して別ルートもあるし、手ごわかったし調べるのが楽しかったですし、何よりもバンコク首都圏をくまなく行って歩いて見ました。まぁ、ブログに書けばバスに乗りたい方々のお役に立つかも・・・と思ったこともあります。

BMTA公式サイトはありましたが古いし大雑把だしメンテしてないので使えず、個人的拘りでネット検索はしない主義なのでとにかく乗ってみるしかない・・・それでロングステイ3年半の2年はつぶしたような(笑)その全ての記録がブログサブメニューのカテゴリーから「バンコク路線バス」で見られます。

Bus26n ARL R

その200以上のバス路線調査の中で一番手ごわかったのが26番(画像上)でした。私的に「コーカイ路線」と呼んだ数字の後にタイ文字กが入る路線で、26番はコーカイを入れて全く異なる路線が5つもありました。『26ก番 バンコク不完全バスガイド』で書いています。

どうしても脱線してしまうブログです。バスの話は別な機会にして、話をソンテウに戻しましょう(汗)
さて、シラチャで気づいたのは・・・どうもソンテウでもコーカイ路線があるらしいと気づいてしまったのです。

ノンモン市場หนองมนからシラチャศรีราชาに来た時のオレンジ色のソンテウは1631ด番でした。コーカイが付いているのは気が付いていましたが、ノンモン市場でよく探せば1631番(コーカイなし)などがあるかと自然と考えていました。

20231116_1631A.jpg

そしてシラチャで乗ろうとしたシラチャศรีราชาからナクルアนาเกลือ行の白地に青のラインが入ったソンテウも1631番だったので、よく見たらタイ文字「」が付いています。何でしょうかねぇ~ 後でコーカイ表を見たら「皿の」に見えますが、よく分かりません。

20231116_1631B.jpg

いずれにしても1631番で全く異なる路線です。ソンテウの色が全く異なるので運行会社(あるいは組合、親方)が異なっているかと思います。根拠のない推論ですがノンモンからパタヤのような長い区間で1631番と認可を受けて、実際の運用はコーカイを付けて区切って営業しているのではないかと・・・

それでナクルアから先も1631番があるのではないかと思い、22年前まで遡ってナクルアからパタヤ周辺の画像をPC奥深くから出して探しました。結果、時間だけ費やし見つかりませんでした。仕方なしにGoogle Street Viewでパタヤ周辺でソンテウが走っていいそうな所を片っ端から探しました。3時間ぐらいパソコンの画像を見たような(笑)

ランポ―ナクルア市場前(5年前の自前画像です)
20231117naklua1.jpg

結果、あるものですねぇ~ パタヤの南、ジョムティエン・ビーチの南でスクムビット通りのコロンビアピクチャーズ・アクアバース Columbia Pictures Aquaverse 前を走っていました。ナクルアから20㎞以上南でした。

Google Street Viewをキャプチャーしました
20231116_1631C.jpg

このソンテウ、シラチャ~ナクルア間のソンテウと同じ白地に青のラインです。何か青のラインの色調が異なるように見えますが、個体差でそう見えるのか?分かりませんが、ぱっと見同じだと思います。番号の後ろに付くタイ文字は・・・う~ん、何でしょうねぇ~ タイ文字が全て同じに見える私には判別不能でした。って言うことは、同じ車体塗装で同じ番号に見えるってことですね。

しかし、なぜ「鶏のゴー」、そして「卵のコー」とコーカイ表の順番ではないのでしょうか? もしかしたら、○○○○番のA、そして次がB・・・とABCD順にサフィックスに付けて区別する、そんな役割をコーカイ表で行っている・・・と考えた私が間違っているのかも。会社のイニシャル? 分かりません。謎のままです(涙)

いずれにしても、行先表示だけがハッキリと異なり(当たり前ですけど)「サッタヒープ สัตหีบ - ナクルアนาเกลือ 」とあります。サッタヒープ(サタヒップ?、サッタヒップ?)がバンコク湾の東部最南端で海軍基地の町なのは以前から知っていましたが、行ったことはありません。ソンテウがサッタヒープのどこに行くのかも見たのですが、この町の広大なエリアがストリートビュー対象外で分かりませんでした。海軍の基地だからでしょう。

20231117map.jpg

ソンテウだけを乗り継いでバンコクからサッタヒープまで行けるのですねぇ~ 在住時にこの事を知っていたら・・・すぐにもナクルアへ行って、サッタヒープまで行くソンテウをに乗った事でしょう。うーーっ、残念です。どこへ行っても路線バスやソンテウを気にする私がナクルアで気づかなかったのは、最初からパタヤが終点で、それを目の前にして焦ってしまったからです。

ちなみにこのナクルア~サッタヒープのソンテウが走るだろうスクムビット通りのパタヤ以南ですが、ストリートビューを何時間も見た結果、(観光の方々にとって)面白そうな所が多くありました。前述のコロンビアピクチャーズ・アクアバースにアンダーウォーター・ワールド・パタヤ、パタヤ水上マーケット(怪しげですねえぇ~)、テパシットナイトマーケット(ちょっとねぇ~)・・・と観光用に作られた施設がたくさん地図上でありました。私は全て行ったことがないので、内容に関してはご勘弁を。

さてソンテウのコーカイ路線と言えば、このシリーズの最初のエピソード『バンコクからソンテウだけで行くパタヤ(1) 都心~パークナム』でオンヌットのソンテウ1013番はルート別の番号が付けられている事に触れています。これは路線バスで言えば枝線的な違いで、誰もが見てすぐわかる違いでした。外国人が多くいるエリアなので助かりますね(私には縁がない地ですが)。

20180504 Songtew 2

そう言えば、私が(仕方なしに)BTSに乗る時に使ったウドムスック通りの1014番。番号やコーカイの表示もなくスクムビット側から乗る時は停車位置だけで行先が異なっていました。最初よく間違えたのに慣れたら何も気にせず乗っていました(笑)

20231119udom.jpg

いずれにしても、このエピソードで伝えたかったのは・・・ソンテウは系統番号や車体塗装だけでなく、コーカイ路線とか枝線的な番号があるので(そして全く番号の違いがなくても)、十分に行先を確認して欲しい。「○○色の○×△◇番のソンテウに乗る」なんてネットにいくらでも書かれているでしょうが、気を付けてください。

特にナクルアからシラチャへ向かうのに1631番のソンテウを使う方は十分に注意です(キッパリ)。残念ながらナクル出発の場所が同じか確認できていませんが、会社が同じだと思うので、まず一緒でしょう(スクムビット・パタヤ・ソイ14/1内に駐車している1631番が何台かストリートビューで見えます)。 シラチャへ行きたい方が慌てて乗ったらスクムビット通りを反対の南に向かうことになります。

パタヤもシラチャも日本人が多いエリアかと思いますので、きっと現地の方々には常識なのでしょう。ネットで調べたらそんな情報がいっぱいあるのかも知れません。今の私には知りようもありませんが・・・ソンテウの番号+タイ文字は解明したい謎です(苦笑)

さて・・・そろそろナクルア行のソンテウに乗りましょう。続きます。

広告を排除しているブログですが、皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村     タイ(海外生活・情報)ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

2023.11.20 | コメント(0) | タイ・トラベル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング