タイの花に思いを馳せて (3) 区別がつかない!

先ほど見上げた満月は、本当に兎が餅つきしているような見事な月でした。今宵タイにいられる方はロイクラトンを楽しまれた事かと思います。羨ましいなぁ~

さて、横浜は平らな所が少なく坂が多いのですが、少し高い所へ行けば遠くに富士、近くに大山がよく見える所が多くあります。江戸時代には大山参りが盛んで相模の国(神奈川)には(各地から参拝する為の)多くの大山道が整備され自宅近くにもあります。

11月中旬過ぎは大山阿夫利(あふり)神社の紅葉が見頃になり、名物の豆腐料理と合わせてこの時期の楽しみです。大山の紅葉が終わる11月下旬から12月上旬は鎌倉で見頃になります。

20231118oyama1.jpg

画像上は阿夫利神社からの撮影ですが、ちょうど中央、木の間に遠く自宅が見えるはずですが・・・見えた事はないですねぇ~。この時期(2023年は11/18~26)ライトアップもされます。私には夜景撮影の技術がないので伊勢原市観光協会公式サイトから画像を拝借です(画像下)。あっ、この期間ケーブルカーも営業時間延長ですが・・・もう11月26日を過ぎてしまいましたねぇ~

20231118oyama2.jpg

さて、タイの花の話は今日が最終回ですが、シリーズのエントリーは以下の通りです。
タイの花々と公園に思いを馳せて (1)
各国の秋をお届けします
タイの花々に思いを馳せて (2) 一枚の写真が導く王女と花

こんなに花に関してのエントリーが多いのはこのブログに似合わない!と思われている方が多いと思います。それには訳があって・・・実は私の現在の第一の趣味が園芸なのです(大笑)

20231119flower2.jpg

5年前の日本帰国以前は海外を転々としていたので全く縁遠い趣味でした。ドイツに7年住んでいた時は庭が広い一軒家だったので、近所からクレームが来ない程度に頑張りましたが・・・趣味と言うより家事とか日課的なものでした。

Mar07NMS5

それが日本に戻って1年半後にコロナ禍です。旅行や外食どころか外出も自粛するような風潮でした。その頃から花を育てる事で時間をつぶすようになりました。庭が小さく日当たりの時間が限られているので、動かせる鉢植えで楽しんでいます。

20231119flower1.jpg

今では雨が降らない限り日中は庭で過ごしています。花の手入れ以外にも色々やることがあるのですよねぇ~

さて、タイの花に話を戻しましょう。

今までゴールデンシャワーことラーチャプルック、シリントーン王女が名付けたリーラーワディーことプルメリア、花飾りプアンマーライのジャスミンを紹介しました。タイには他にもブーゲンビリアやランを多く一年中見かけましたが、これらの花は艶や過ぎて・・・特に好きなわけではありません(苦笑) 

画像下、大好きなラマ9世公園でも好きではない花(木)を撮る時は、何か手を抜いているように思えますねぇ~

20231119flower5.jpg

派手な花と言えば、赤い花が印象的な鳳凰木(ホウボウボク)も火炎樹(あるいは火炎木)と同じなのか違うなら何かはさっぱり分かりません。赤い花ですがブーゲンビリアやランとは違い、艶やか(色がごちゃごちゃしている)ではなく小気味よい花に思えます。画像下はアユタヤのワット・ロカヤスタです。

20231119flower3.jpg

区別がつかないと言えば、私は正直言って蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)も区別出来るか全く自身がありません。何となくですが・・・睡蓮の花びらは蓮より細くて多いように思えるし、葉も違うと思うのですが、実際に公園などで見たら区別がつかないと思います(汗)画像下もラマ9世公園で、私的には睡蓮と思うのですが、全く自信なしです。

20231119flower6.jpg

有名なウドーンターニー県の「紅い睡蓮の海」ですが、睡蓮と言っているぐらいなので睡蓮なのでしょう。私は行った事がないので画像はタイ観光庁サイトから拝借です。

20231119flower4.jpg

画像下2枚は「蓮ミュージアム Lotus Museum」で撮ったものなので、間違いなく蓮だと思っていたのですが、今見ると睡蓮に思えます(笑) 『失敗がっかりも多い博物館巡り、蓮ミュージアム』でエントリーしていますが、ここへ行く日本人はまずいないかと(笑)

20231119flower7.jpg

20231119flower8.jpg

さて、なかなか登場しない蓮(ハス)ですが、ジャスミンと同じで仏教との結びつきもあってタイではポピュラーと言うか・・・とても大切な花かと思います。画像下は22年前のパーククローン花市場で、ジャスミンと並びかなりのスペースで蓮が売られています。

20231119flower9.jpg

これらの蓮はお寺でのお供え用かと思いますが、ちょっと分からない事があります。文字で説明するのが難しいのでPC内の画像を何百枚も見て探しました。

画像下は2002年の黄金の丘ことワット・サケットでの一枚ですが、こうして蓮のつぼみを手に持ちお参りするのはよく見かける光景かと思います。

20231119flower10.jpg

画像下は「クワン・リアム水上マーケット」での一枚で、お参りしている方を拡大しました。左の方がお持ちの蓮のつぼみが半分ほど剥かれているです。画像が分かり難いので恐縮ですが、何か意味があるのか?

20231119flower11.jpg

そう言えば・・・タイの事ではないのですが「蓮酒」をこのブログで書いたことがあります。日本のお寺で蓮の葉に酒を注ぎ茎を通して飲む象鼻杯(ぞうびはい)と言う儀式?の事です。酒好きの私は是非味わいたいものです。

APR27 Koumyouji

いやぁ~、睡蓮や蓮の事だけでもキリがありません。最後は旅の中で撮った2枚です。最初がスコータイ歴史公園、そして次がフアヒンのホテルでです。

20231119flower13.jpg

20231119flower12.jpg

蓮か睡蓮か分からないのですけど、これだけ画像が残っているって・・・やはりこの花が好きなのでしょう。色鮮やかで目立つ花が多い南国で、何かすがすがしく凛とした姿が印象に残っています。

今回も長いブログを最後までご覧いただき、ありがとうございます。

広告を排除しているブログですが、皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村     タイ(海外生活・情報)ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

2023.11.28 | コメント(2) | タイ生活

コメント

ご無沙汰しております

ALSTERさん、お久しぶりです。
いつか更新してくださると思っていましたが、 それがかなって本当にうれしいです。

区別がつかない花、 まさかと思いましたが当たりましたよ!
25年前友人と初めてタイに行った時、同じことを言われて驚いたからです。

私自身は上野の不忍の池の蓮が子供の時から好きで、タイに行ったらあちこちに蓮が咲いているので感動しました。

池だけでなく道端やアユタヤのワットプーンカオトゥーンの前などです(数年後夫と行ったら大きな池以外全部なくなっていました)

他にもスコータイ、シーサッチャナライ、 カーンペッペッ、 ホアヒン、 プルメリアなどなど色々思い出があり、本当になつかしいです。
タレノイにも行きました。

最後になりましたが、 日本も暑い夏がなかなか終わらないと思ったら急に寒くなったり、よくわからない気候になってしまいました。

ALSTERさんもお体をお大事にしてくださいませ。
今後もみなさんに色々なことを発信していただけたら本当にうれしく思います。

2023-11-30 木 20:28:09 | URL | key #- [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しております

keyさん

ずいぶん前から、長く、根気強く、アクセスいただき、コメントをしていただき、本当にありがとうございます。

辛抱強い皆さんのおかげでやっと再開出来ました。しかし5年もサボるなんて全く申し訳なかったです。

えっと・・・花ですね。
今になって思うのです・・・タイにいた時は全く花に無関心だったなぁ~って。バスや遺跡に市場に夢中で「花」は通り過ぎていました。今度タイに行けたら・・・花も意識の対象なので、さぞ行きたい所が多くなる事でしょう。

おかげ様で私は日本ですっかり持病から回復しました。
確かに気候の変化の激しさで体調を崩す方も多いと聞きます。keyさんもくれぐれも健康にご留意してください。

今後ともよろしくお願いします。

2023-11-30 木 21:25:58 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング