スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(9)ナイトバザール

チャオプラヤー川が始まるナコーンサワン 、そのチャオプラヤー川に繋がるピン川が流れるスコータイ王朝の要塞都市カンペーンペットを歩く旅です。画像下はナイトバザールすぐ近くを流れるピン川です。

20231026KPP1.jpg

タイトルを書きながらナイトバザールなのかナイトマーケットなのか悩んでしまいました(まぁ、いつもの事ですが・・・)。使い分ける意味があるのかと言えば、全くありません(苦笑)。

バザールbazaarはペルシャ、アラブ、トルコなど中東由来を感じ、雑多な自由市場的なイメージがあります。由来が中東のバザールのように思える英語のバザーbazaarと言えば慈善目的のフリーマーケットでしょうか。マーケットMarketはそのまま市場と端的に言えるかと思います。

20180617 KPP 1

結局、何も明確な区別がないのですが、私的な区分けで言えばここは「ナイトマーケット」です(キッパリ)。タイトルをナイトバザールとしたのは現地の案内板(下の画像)とGoogle Mapがそうなっていたからです(笑)なぜかなぁ~?

20231026KPP2.jpg

ちなみに、このブログで過去エントリーしたナイトマーケット(あるいはナイトバザール)は以下の通りです。5年前の事ですし、夜市は比較的メジャーな所なので観光ガイドに旅行者や在住者のブログでもよく書かれているかと思います。もし、知らない所があれば一度ご覧ください。

なお、カンペーンペットのナイトバザールに似た感じなのは一番下のスワンナプーム・ナイトマーケットで、よくある観光用とは異なって100%地元の方々用で庶民の生活に密着した夜市でした。私的にはアパートから遠くなく雰囲気も好きな所でした・・・って書いて、念のためストリートビューを先ほど見たら「Suvarnabhumi Flea Market」とあり今でもあるようです。でも蚤の市かなぁ・・・? まぁ、何でもアリの雑多な所なのは間違いないです。

 「若者達と行った都心部のナイトマーケット・ネオン
 「ナイトマーケット 私的ランキング
 「タラート・ロットファイ4
 「タラート・ロットファイ・ラチャダーとミニ・ナイト・マーケット
 「JJグリーン
 「ラムカムヘン大学前
 「タラート・ロットファイ・シーナカリン
 「スアンルム・ナイトバザール
 「サイアム・ジプシー・ジャンクション
 「ファムム・カセートナワミン・ナイトマーケット
 「リアブドゥアン(高速道路沿い)・ナイトマーケット
 「スワンナプーム・ナイトマーケット

本題に戻りましょう(汗)
さて、チャオプラヤー川を遡りながらも歴史と王朝をも遡る旅は、本ブログの大きなテーマの一つです。そんなテーマの中、チャオプラヤー川に繋がるピン川沿いのカンペーンペット、そしてピン川がチャオプラヤー川となるナコーンサワンへの旅をしました。

そして、この旅は2018年5月に行ったもので、同年5月20日からブログ・エントリーし始めたものの完結せずに今に至っています。その為、情報等は全て当時のものです。このシリーズの過去のエントリーは以下の通りです。

スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(1) 序章&北バスターミナルへ
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(2) バンコク~カンペーンペット
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(3) カンペーンペットの町
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(4) 歴史公園(城壁内)
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(5) ワット・プラケオ
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(6) クメール王朝支配
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(7) スコータイ歴史公園
スコータイ王朝要塞都市カンペーンペット(8) シーサッチャナーライ歴史公園

さて、前回と前々回で世界遺産スコータイを構成する「スコータイ歴史公園」と「シーサッチャナーライ歴史公園」を紹介しました。その旅自体は私の第一次タイ在住時なのでかなり古いのですが、遺跡自体に古さは関係ないのでご勘弁ください。

20231120BusTerminal2.jpg

現在のアクセスを確認できないのですが、上記エントリーで書いたようにスコータイ~シーサッチャナーライ間は地方路線バス(本数少ない)で行き来出来ます。スコータイ~カンペーンペットはかなり本数が多くスコータイのバスターミナルの画像上の右上ように30分毎にソンテウが出ており、歴史公園前の道を通っていました。このルートは利用客も多いので現在でも運行していると思います。所要時間1時間程度だと思います。

さて、カンペーンペットに話を戻しましょう。
夕暮れ迫る歴史公園(城壁内)を急いで出て時計台のロータリーに向かいました。観光案内所はとっくに閉まってしまいましたが、明日の朝は観光用バスを私一人の貸し切り使う事になっています。5年前にエントリーした内容なので『(3) カンペーンペットの町』をご覧ください。

20231206KPP1.jpg

時計台のロータリーからまっすぐピン川に向かいました。川沿いに出たら夕暮れの風が川面を渡り驚くほど心地良かったです。きっとこの気持ち良い風で涼を求めてナイトバザールに多くの人が集まるのでしょう。

20231206KPP2.jpg

20180601 Pin

ロータリーから30分は歩いたでしょうか、やっとナイトバザールに着きました。バンコクのどのナイトマーケットより生き生きとした市場だと思いました。それは私をなぜかワクワクさせて来たのです。何か変わった物があるわけではないのですが・・・

20231206KPP3.jpg

20231206KPP7.jpg

私をワクワクさせたのはそこが観光とか人集めで作られたのではなく、地方都市なので当たり前でしょうが生活密着で必要とされている市場だからでしょう。

20231206KPP4.jpg

私もホテルに戻って部屋で食べる為に夕飯を買いました。これにホテル前のコンビニでビールを買えば完璧です。

20231206KPP5.jpg

中をぶらぶら見ている内にどんどん人が増えてきました。一台のバイクに一家全員が乗って夕飯に来たように思えます。バイクもすごい数になっています。そろそろ帰りましょう。

20231206KPP6.jpg

20231218night.jpg

タイの人たちが家族そろって夕飯を食べに夜市へ、子供たちは嬉しくて走り回ってり、若いカップルが肩を寄せ合い歩く中、私一人おかずが入ったビニール袋をぶら下げながら、地方都市の夕暮れの中、ホテルへと向かいました。

こうした時がほんの少し好きで、もう少し嫌いです。旅の中で寂しさ、懐かしさ、日本への想い・・・がますます強まる時間です。

20231206map.jpg

明日は早朝の賑わう市場を見て元気をもらいましょう・・・次回に続きます。

広告を排除しているブログですが、皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村     タイ(海外生活・情報)ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

2023.12.25 | コメント(0) | タイ・トラベル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング