バンコクからソンテウだけで行くパタヤ(11) ナクルア~パタヤ

バンコク都心部からソンテウだけを乗り継いでパタヤまで行く・・・ソンテウを乗り継ぐ途中の町が主役の「ソンテウで行くパタヤ」シリーズの第11回目です。

まずはこのシリーズでの今までのエントリーと、スタートしてからのソンテウ記録です。なお、この旅は2018年3月にしたもので、現在(2023年11月)では交通事情等かなり異なっているかと思います。ご勘弁ください。

  第1回「都心~パークナム
  第2回「パークナム~チョンブリー
  第3回「チョンブリー行き方戻り方
  第4回「チョンブリー~ノンモン市場
  第5回「 ノンモン市場とバンセンビーチ
  第6回「ノンモン市場~シラチャ
  第7回「シラチャ
  第8回「謎のコーカイ路線
  第9回「 シラチャ~ナクルア
  第10回「ナクルア

オンヌット~シーコンスクエア  1013番系統4番 8バーツ  50分
シーコンスクエア~パークナム  1096番系統    8バーツ 80分
パークナム~クローンダン     1140番系統   25バーツ 80分
クローンダン~チョンブリー    343番系統   25バーツ 70分
チョンブリー~ノンモン市場   6088番系統   15バーツ 60分
ノンモン市場~バンセンビーチ  6088番系統(往復)20バーツ 50分
ノンモン市場~シラチャ     1631番系統「1631」15バーツ 47分
シラチャ~ナクルア       1631番系統「1631」25バーツ 50分
ナクルア~パタヤ(ビーチロード)         10バーツ 20分

20180426 Map4

前回はナクルアでのソンテウの動きや行先を調べ(ただ見ていただけですが)、ナクルア魚市場を通り海辺に出てたっぷりと潮風を浴びたところまでです。

20231217Nak1.jpg

さぁ、いよいよこの旅の最終目的地パタヤへ向かいます。市場前のパタヤ・ナクルア通りに出て、南から来た紺色ソンテウがY字路でUターンし終えた少し南側で待ちました。

20231217Nak2.jpg

20231217map1.jpg

このソンテウは全面運転席上部に行先表示があって、親切にも英語表記まであります。比較的多くのソンテウが同じような表記をしていますが、かすれて消えたり、運転席上部は何も表記がないなど色々です。側面にも同じような表記がありますが、タイ語のみで運転席上部とは微妙に英語とは異なるようです。ほとんど場合文字が読み取れず解析出来ませんでした。

20231217Nak3.jpg

英語で「South Pattayaサウスパタヤ Nakluaナクルア」とあり、タイ語だと「สาย6 ライン6 ปากทางพัทยาใต้サウスパタヤ入口  นาเกลือナクルア」です。フロントガラスの「452」は車体別番号で側面には(お客には意味ないのに)大きく書いてあります。

もちろんタイ語を話すのは幼稚で読み書きは全く出来ない私ですので、旅の最中にどしても知りたい時は人に聞くしかないです。たいていは後から写真を見て画像下のようにGoogle翻訳に打ち込んで意味や発音を調べる厄介な過程を経て知るのですが(汗)

20231217pc.jpg

いずれにせよソンテウのステップに乗りながら、後日解析する為に行き違うソンテウを撮り続けました。画像下は「ライン6 サウスパタヤ ナクルア」で乗っているソンテウと同じです。

20231217Nak4.jpg

画像下は「ライン5 ナクルア ジョムティエン」と書いてあります。

しかし・・・結論を先に書いちゃいますが、この後パタヤでずいぶんソンテウの動きを観察したのですが、このライン番号(たぶんルート別の番号)や行先表示は意味ないと思うようになりました。もしくは車体に印刷してある表示以外の何かがあるのかも知れませんが、私にはさっぱり分かりませんでした。

20231217Nak5.jpg

そんな事に夢中になっていたら、急にソンテウがパタヤ・ナクルア通り上で右折して細い路地に入り海に向かいました。路地の奥で左折を繰り返して出た所がイルカと噴水のラウンドアバウトに出ました。ここはGoogleMapだと「Dolphin Circle วงเวียนโลมา」 ドルフィン・サークルと言うそうで、そこからビーチロードを南下し始めました。

20231217Nak6.jpg

20231217Nak7.jpg

パタヤ・ナクルア通りをまっすぐ南下してビーチロードに入るのかと思っていたのですが、わざわざ遠回りです。後から分かったのですがドルフィン・サークルを制限して回転できないようにしているので、南下してサークルに入ると東にしか出られないのです。後から分かったのですが、この場所はパタヤのソンテウで一つの重要な所だと思います。

20231217Nak8.jpg

20231217map3.jpg

ドルフィン・サークルを過ぎてソンテウは南に向かって一歩通行のビーチロードに入り、やがて右手に海とビーチが見えて来ました。そろそろソンテウを降りようと考え始めた時、他の客が降車ボタンを押したのでそのタイミングで降りました。ナクルアから20分で10バーツでした。

20231218pattaya1.jpg

20231218pattaya2.jpg

ソンテウだけを乗り継いでバンコクからパタヤへの旅、やっと目的地に到着です。やったー!って感じで一人で小さくガッツポーズ(笑) 

ただ、パタヤに行くこと自体は目的ではなく、旅を通して一般的なタイの人々にとって最も親しい公共交通機関であるソンテウを知るのが旅の目的です。その意味では最も厄介な地であるパタヤ・・・次回、最終回に続きます。

広告を排除しているブログですが、皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村     タイ(海外生活・情報)ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

2024.01.11 | コメント(0) | タイ・トラベル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング