バンコクからソンテウだけで行くパタヤ(12) ついに完結

バンコク都心部からソンテウだけを乗り継いでパタヤまで行く・・・ソンテウを乗り継ぐ途中の町が主役の「ソンテウで行くパタヤ」シリーズの第12回目で最終回です。

まずはこのシリーズでの今までのエントリーと、スタートしてからのソンテウ記録です。なお、この旅は2018年3月にしたもので、現在(2023年11月)では交通事情等かなり異なっているかと思います。ご勘弁ください。

  第1回「都心~パークナム
  第2回「パークナム~チョンブリー
  第3回「チョンブリー行き方戻り方
  第4回「チョンブリー~ノンモン市場
  第5回「 ノンモン市場とバンセンビーチ
  第6回「ノンモン市場~シラチャ
  第7回「シラチャ
  第8回「謎のコーカイ路線
  第9回「シラチャ~ナクルア
  第10回「ナクルア
  第11回「ナクルア~パタヤ

オンヌット~シーコンスクエア  1013番系統4番 8バーツ  50分
シーコンスクエア~パークナム  1096番系統    8バーツ 80分
パークナム~クローンダン     1140番系統   25バーツ 80分
クローンダン~チョンブリー    343番系統   25バーツ 70分
チョンブリー~ノンモン市場   6088番系統   15バーツ 60分
ノンモン市場~バンセンビーチ  6088番系統(往復)20バーツ 50分
ノンモン市場~シラチャ     1631番系統「1631?」15バーツ 47分
シラチャ~ナクルア       1631番系統「1631?」25バーツ 50分
ナクルア~パタヤ(ビーチロード)           10バーツ 20分
パタヤ内(ビーチロード)              10バーツ
パタヤ内(セカンドロード)             10バーツ
パタヤ内(ドルフィン・サークル~バスターミナル前) 10バーツ

20180426 Map4

前回はナクルアからパタヤに入りビーチロードでソンテウを降りた所までです。まずはパタヤを実感したくてすぐ横のビーチに出てみました。

20240115pattaya1.jpg

タイの観光地にあるビーチの多くは同じなのですが外国人ばかりです。わんさかいるのが中国からのツアー客で、ちらほらと高齢の欧米系の方々がおられました。

20240115pattaya2.jpg

実はパタヤはこの時が3回目です。一次在住時(2000~2003年)に2度ほど。最初は有名観光地なので何も知らず来ました。二度目はハードロックホテルがアジアで最初か2番目でオープンした時に様子見です。いずれにしても、アンダマン海側の秘島巡りをしていた私にはビーチはちょっと・・・それにどこも賑やか過ぎて人も多すぎました。

20240115pattaya3.jpg

そんなわけでパタヤはよく知りませんが、目的はパタヤの町ではなくソンテウ(笑) それでビーチを後にしてビーチロードを南下、ウォーキングストリートちセカンドロードの交差点、ちょっとソイブッカオを見てすぐセカンドロードで北上・・・要はソンテウが走る主要道路を観測したわけです。写真を撮るのもソンテウだけ(笑)

しかし(ソンテウを見る限り)不思議な町です。これだけ人が多く出入りが激しい大きな町なのにソンテウは紺色の一種類だけ。その紺色ソンテウが決まったルートを走っているような、いないような・・・。

しかもその紺色ソンテウでパタヤの外に出られないで(まぁナクルアとジョムティエンもパタヤとしてますが)、いったんナクルアまで行ってから他社(たぶん他の組合)のソンテウでシラチャやサッタヒープへ行く。ナクルアをパタヤと他の町の玄関にしているのです(個人の意見です)。

20240115pattaya6.jpg

ソンテウの色だけでなく、会社?(たぶん組合)も一つで全てのソンテウにこのマークが印刷されていました。「PATAYA BUS-CO-OPERATIVE LIMITED」直訳だと少し変なので、たぶん「パタヤバス協同組合」が良いかと(個人の意見です)

言いたいのは・・・パタヤの町を支配する強力な一つのソンテウ組合が利権を持っているのでしょう(強く個人の意見です)。

それで他社?(たぶん他の組合)がパタヤ内に入り込む事を避けているのでしょう。その代わりパタヤ外へのルートは持っていない。それでソンテウでパタヤの外に出ようとするとナクルアまで行かないとならない(勝手な個人の意見です)。

さて、パタヤ内のソンテウの動きですが、私がナクルアとパタヤで数時間観察しただけで解るはずがありません(キッパリ)。観光客も日本人も多い大観光地パタヤですからネット上には多くの関連記事があるかと思いますので、詳しく(そしてたぶん)正しい情報はそうしたサイトをご覧下さい。

20231217Nak3.jpg

そこでいつものルート解析は止めて、大雑把な動きだけを簡単に箇条書きで記します。その前に重要な事はルート番号と行先を記しているソンテウが多いが、ほぼ意味がない。要は行きたい方向へ走るソンテウに乗る。行きたい場所の手前で止まったり曲がったりしたら乗り直す。これが私のパタヤでソンテウに乗る結論です(汗)

20240115pattaya7.jpg

1,基本は上図の赤線で反時計回りで循環になっているルートです。南方向へ一方通行のビーチロード → ウオーキングストリートで東に → 北方向へ一歩通行のセカンドロードで北上 → ドルフィンサークルでビーチロードへ。

南方向へ一方通行のビーチロード
20240115pattaya4.jpg

このルートを通るソンテウは頻繁に来ますが、途中のセントラルロードで曲がったり、ナクルア行だと思ったらドルフィンサークルでビーチロードへ入り戻ったり、よく分かりません。そんな時はそこで降りるしかないのですが・・・

北方向へ一歩通行のセカンドロード
20240115pattaya5.jpg

2,北のナクルアへは(図の上)青線でドルフィンサークルの北側で乗るか、セカンドロードからそのままナクルアへ行くソンテウもあります。その時運賃はどうなるか? 私は反対にナクルアからビーチロードまで乗りましたが10バーツでした(それが正しいのか?)。

3,南のジョムティエンへは(図の下)黄線でウオーキングストリートとセカンドロードの交差点南東側から出発していました。ビーチロード等から直接行けるか不明。

4,ソイブッカオをちょっと見ましたが、このソイの中で行き来しているソンテウがありますが、ソイブッカオを(南側でも北側でも)出たらどこへ行くのかは不明です。

5,図の黒線でノースロード、セントラルロード、サウスロードを走るソンテウもありますが、そう頻繁ではなくどこからどこへは不明です。

と言う事で「不明」ばかりで情けないです(汗)紺色のソンテウばかりを数時間見続け疲れてしまいました(笑)パタヤ内のソンテウは手ごわすぎます。行先表示やルート番号を気にしなければ、乗りたい方向に行くソンテウに乗るだけでシンプルなんですが・・・

20240115pattaya8.jpg

バンコクへ戻る為にバスターミナルへ向かう事にしました。セカンドロードでソンテウに乗りドルフィンサークルで降りてすぐ、ノースロード沿いの「ベストスーパーマーケット」前にノースロードで東へ向かうソンテウが待機していました(画像上)。ちなみに行先表示は「ノースパタヤ~ジョムティエン」です(笑)

20240115pattaya9.jpg

乗っている人の多くがバスターミナルに行くようで、自動的にバスターミナルの手前で停まりほとんど人が降りました。実は私はここに来たのは初めてなので助かりました。13:50のエカマイ行きのチケットが一番早いようです。108バーツでした。

20240115pattaya10.jpg

待合所のベンチに座り前を見ると一本前の13:10発のエカマイ行きが出る直前のようです。お客さんは皆乗り込んでいますが、スタッフが何か大声で言っています。どうやら一人来てないようで席が空いている様です。キャンセル待ちで乗れそうなので、そのスタッフにチケットを見せて荷物は無いと言うと「乗れ」との事。ラッキーです。

20240115pattaya11.jpg

それで乗客がイライラしながら出発を待っているバスに乗る時、調子に乗って「センタン・バンナで降ろしてくれる?」と運転手に聞きました。その時点で私が手ぶらだと分かっているので「いいよ」とのご返事です。ラッキーが続きました。

20240115pattaya12.jpg

それで降ろされたのが「セントラル・バンナー」前のバンナートラート通りですが(画像上)、4車線と4車線の間の分離帯に降ろされてしまいました(汗)まぁ、わざわざ歩道に寄せてくれるはずはなく、そうでしょうが・・・どの車線の車も容赦ない速度で飛ばしています(涙) この分離帯から脱出した時が2018年で一番怖かった瞬間でした。

20240115pattaya13.jpg

最後が怖かったのを除けば、キャンセル待ちで一本早いバスに乗れた上に、エカマイまで行かずにアパート近くで降りられたので、合計2時間以上得した事になりました。この旅の最後がラッキー続きで疲れも半減です(笑)

さて、バンコクにソンテウは無いと思っている方が在タイでも少なくないかと思います。しかし実際はバンコク都内でも多く走っています。私が常時使うのは都内だけでも20路線ぐらいで、乗った経験があるのは都内だけでも50路線ぐらいでしょうか。

バンコク都周辺エリアはもちろんBTSやMRTに路線バスもあるのに都心部も走っています。イメージで言えばチャオプラヤー川東側で王宮周辺とその北側の政府庁舎が多い所がソンテウ空白エリア、それ以外は都心部でもソンテウはがんがんに頑張っています。

高層ビルに高級ホテルや大使館も多いサトーン地区やルンピニー、日本人が多いオンヌットやウドムスックはもちろん、チャオプラヤー川西側になるともう数えきれないぐらい多いです。

(ストリートビューから)
20240116songthew1.jpg

万が一の時の安全性から慣れていない旅行者に安易にお勧めする事はありませんが、ルートを知ると案外便利なものです。基本どこでも乗り降り自由なので、私のような街歩きをする者にはルートを知らなくても利用するようになります。

その数えきれないぐらいの路線の多さと、ルートが(住宅街の中も走るので)複雑過ぎて、私はソンテウをブログ上でメインコンテンツとして扱う前にタイを離れました。路線バスのように「バンコク・ソンテウ不完全ガイド」を書いたなら・・・あと2年はロングステイを延ばした事でしょう(笑)

また、今回の旅でバンコク中心部からパタヤの南サッタヒープまでソンテウが繋がっている事が証明出来ました。実はタイを離れた今も、頭の中でこのルートを逆に西へ延ばす事を検討しています(笑)

チョンブリー県の最南端サッタヒープを出発し、バンコク都に入ったら一度サムットプラカーン県のサムロンへ向かい、そこからプラプラデーンでチャオプラヤー川を西側に渡ればソンテウ路線が多くなり、サムットサコーン県に入れるのは間違いないと思っています。サムットサコーン県から更に西へどこまで行けるか・・・

夢のような話ですがワクワクします(笑)私がタイにいれば挑戦した事でしょう。

さて、2018年に始まったバンコク中心部からパタヤへソンテウだけで行く旅、その旅がブログを完結出来た事で2024年の今やっと終わりました。

毎回の長文ブログ、最後までお読みいただき、ありがとうございます。 ここまで読まれた方は、私と一緒に旅をしましたね! 本当にお疲れさまです。またご一緒しましょう!!

皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
タイ(海外生活・情報)ランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2024.01.20 | コメント(10) | タイ・トラベル

コメント

路線コース他

パタヤ中心部までありがとうございました。
お休み中ときどき覗いていた甲斐がありました。

パタヤ内のソンテウは10年ほど前にコースや価格
について役所から案が出ていたようですが従来通り
変わりませんでした。ただ最近の物価を考えると
将来の値上げは不明ですね。

補足ですがBuakhaoのソンテウはセントラルに出ると
セカンドロードを北向き、サウスに出てもセカンドと
サウスロードの交差点方向に向かうことが多いです。
料金はセカンドRDで10バーツでした。
Buakhaoに戻ってくるのは乗り継ぎが安価で早いです。
入ってくるルートは基本以外に後述のきまぐれで不明
も多いです。

セントラルロードは比較的距離が短いことともあり
ほとんど見かけませんでした、私は10数年前に一回
乗っただけです。特にセカンドRDすぐ東側で待って
いるとBuakhaoに曲がるのがほとんどでまっすぐに
スクムイットまで行くのかわからず結局Buakhao
入口を過ぎたところで待って乗れた一回です。
その後は待たずに歩いていました。

その他、
バスターミナルから中心部まで
鉄道駅からパタヤ中心部まで
ゴルフ場イベント時の臨時コース等があるようです

諸事情のほうが多いのか
乗客の有無、その日の売上、貸し切り帰り
運転手の気分等諸々で走る場所が変わりそうです。

追記報告
確認ページで長時間確認していると書き込みできず
確認ループになりました。

2024-01-20 土 16:12:13 | URL | 地図マニアBK #GLqDPhX2 [ 編集 ]

Re: 路線コース他

地図マニアBKさん

コメントありがとうございます。
そして、まずはコメントが出来ない不具合でご迷惑をかけてしまい、本当にすいません。

パタヤのソンテウ、詳しいご説明、ありがとうございます。
しかし、厄介と言うか・・・気にしなければ中心部はシンプルで誰にでも使える気がしてきました(笑)

料金は10バーツだから、乗っていて途中で方向が違うなら乗り直せば良いのですが、中途半端な値上げでも困りますね。

ソンテウに限って言えば私はパタヤで使いこなすのは無理なようです。何事も気にする性格ですから(笑)

2024-01-20 土 20:32:29 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

復活^ ^ 最高

在タイリタイアメント爺さん3年目のものですが、日本在住時代に何時も読ませて頂いておりました。旅行時の参考にずっとしており、楽しみにしていたのが5年程度前から記載が無くなり、再会されるとの記事が最後で寂しさと心配をしておりましたが、最近偶然久しぶりにブログを見れて、バンコク生活で参考にさせて頂いております。これからもブログ更新を宜しくお願いします🙇

2024-01-23 火 15:45:22 | URL | MAKOTO YAMAZAKI #- [ 編集 ]

Re: 復活^ ^ 最高

MAKOTO YAMAZAKIさん

一番うれしい内容のコメントありがとうございます。

5年も更新できなかったので、読者の皆さんには本当に申し訳なく思っていました。
再開出来たのも以前からの読者の皆さんの後押しがあったからです。

もちろん、MAKOTO YAMAZAKIさんのコメントもこれから更新を続ける後押しになります。
そして、こうしたコメントに返信させていただく事で、5年も不義理した事へお詫びが出来る・・・そんな思いがするのです。

ありがとうございます。

2024-01-23 火 16:19:36 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

可能であれば、是非バンコクでお会いしたいです^ ^

早速のお返事ありがとうございます😭
バスルートのブログの影響で、バンコクに移住してからは、BTS駅目の前のコンドに住んだにも関わらず、行き先を聞かれる事も無く適当に乗車していける赤バスを中心に郊外まで移動して散歩する事が、趣味と言うよりもライフワークとなってしまいました^ ^ 最近は、オンヌット橋?のソンテウ乗り場を制覇して、サムローンエリアのソンテウにも適当に乗車してローカルエリアをソンテウ楽しんでいます♪ Googleでバス系統も出て来ていますが、ブログを検索して知らない場所まで移動するツールとして何時も活用させて頂いております。これからも貴重なブログ資料を参考にさせて頂きます^ ^

2024-01-24 水 01:44:55 | URL | MAKOTO YAMAZAKI #- [ 編集 ]

Re: 可能であれば、是非バンコクでお会いしたいです^ ^

MAKOTO YAMAZAKIさん

コメントありがとうございます。

書かれている内容で、毎日気の向くままにバスやソンテウ、それに運河ボートなどで街歩きしていた頃を思い出させていただきました。まぁ、私の場合は最初に首都圏の路線バス全路線制覇があっての街歩きでしたが・・・

さて、今の私はパスポートすら持っていない身です。この半年は身内のごたごたで国内旅行も出来ていません。
タイに行く機会があれば事前にブログ上で書くかと思いますが、ボケる前に早く海外へ行きたいものです。

2024-01-24 水 14:22:53 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

ソンテウルートパタヤ編ついに完結

初めてコメントさせて頂きます。
私も今は日本に帰国していますが、ALSTERさんとほぼ同じ時期タイに駐在しており、当時よくブログ拝見していました。
ブログ中断された際、確かお体の調子があまりよくないようなことを書かれていて、その後陰ながら心配しておりましたが、ブログも再開され、お元気そうで何よりです。
ALSTERさんのブログを見て、バスやソンテウに積極的に乗るようになり、紹介していただいたルートを逆に辿ってチョンブリからパークナムまで行ったこともありました。
また、別の記事で紹介されていたバンプリーの市場に行った後、バンナー-トラッド通りにソンテウで出て、そこから緑のバス(確か365番)でチョンブリ方面に向かったのは良かったのですが、チョンブリまでは行かず、バンパコン川を渡った中途半端なところで終点になり、降ろされて困っていたところ、この記事にあるチョンブリ-クローンダンのソンテウを思い出して、このソンテウを捕まえてホッとしたのを思い出します。(今思えば、緑のバスはチャチュンサオ県内までのバスだったのだろうと推測していますが・・)
尚、記事ではサタヒップまでのソンテウルートの記載ですが、サタヒップ以東もソンテウルートはあり、サタヒップからスクンビット通り(3号線)をラヨーン方面に進み、バンチャーンという町までのソンテウ、更にそこからラヨーンのバスターミナル1(ラヨーンには新旧2つのバスターミナルがあり古い方)までソンテウのルートは繋がっていました。
きっとその先もスクンビットに沿ってソンテウルートはあるのだろうと思っていましたが、確かめきれず・・。
代わりに、ラヨーンのバスターミナルからLaem Mae Phim Beach(หาดแหลมแม่พิมพ์)までバンペーのあたりからずっと海沿いの道を1.5時間位かけて行ったのが私のソンテウルートの終点になります。
ここはローカルの人には人気のビーチのようでのんびりしたいいところでした。
またチャンスがあれば、ラヨーンから先のソンテウルートを調査してみたいところです。
初コメントにもかかわらず、(ALSTERさんに負けないくらいの)長文になってしまいましたので、この辺りで失礼します。
今後も新たな記事の更新を楽しみにしております。それでは・・。

2024-01-27 土 20:18:04 | URL | k #QhQaBIC. [ 編集 ]

Re: ソンテウルートパタヤ編ついに完結

kさん

初めましてですね。とても嬉しいコメントをありがとうございます。
こうした瞬間がブログを書いていて本当に良かったと思う時です。
なぜか、少し胸が熱くなりました。

まず自分の事で恐縮ですが、帰国した2018年から2019年途中まで御茶ノ水の大学病院通いでした。一時は手術・・・なんて話も出ましたが、現状働いていなくて無理しなければ痛みがあっても生活に支障ない事、首の手術なので万が一の時の事、手術後の回復・リハビリが大変な事、そんな事から最悪の時の手段として踏み切れず、今に至っています。

見ず知らずの方からのネット上のコメントですが、真摯にご心配頂いた事が伝わり、ネットでここまで書いたことがないプライベートを書いてしまいました。まぁ、過激な運動や長時間のデスクワークとか無理しなければ大丈夫でしょう。ただ、海外にはもう・・・それが私にとってはかなり重い事でブログをなかなか再開出来ませんでした。

いつか以上の内容を、ありのままに、どうして再開したいと思いながらも5年間も放置したのか・・・などブログに書くかも知れません。今はただ途中で投げ出したようなブログを完結させたい、そんな気持ちです。

さて、そんな私の事はどうでも良いのですが、kさん!すごいです!!
バスやソンテウで見知らぬ地へ行く冒険のような事を楽しむ・・・それが少しでもこのブログがきっかけだったら、光栄に思います。

緑の地方バス365番は、確かにバンパコン川を渡りしばらく行くと左の野原の中にある大きなバスの駐車場みたいな所へ行った記憶があります。

それと、サタヒップの先のソンテウの事、ありがとうございます! 実は、かなり調べたのですがストリートビューだけでは分かりませんでした。私の目標はラヨーンまで繋がればサメット島まで行けないかと・・・

いつものように、長くなりました(苦笑)
今後ともよろしくお願いします。

2024-01-27 土 21:45:27 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

Re2: ソンテウルートパタヤ編ついに完結

ALSTERさん
早速返信ありがとうございます。
体調の方も生活に支障がないレベルとのことで、何はともあれ良かったです。
でも、くれぐれも、無理はなさらないように・・。
また、「すごい」とお褒めの言葉を頂き、感無量です。
いつになるかわかりませんが、チャンスがあればラヨーンから先のルートの続きを調べに行きたいと密かに思っています。
新しい記事も楽しみにしておりますので、これからも無理のない範囲で更新頑張ってください。

2024-01-29 月 21:58:21 | URL | k #bQYVS.oc [ 編集 ]

Re: Re2: ソンテウルートパタヤ編ついに完結

k さん

コメントありがとうございます。


ソンテウの旅はなかなか情報が無い中を手探りで行くことが多くなりますね。苦労が多いし、うまくいかない事も多いはず。それに普通の人は理解できない(笑) でも、思うように行かなくても、結果じゃなくて過程が楽しいです。少なくても私には・・・

以前に比べたらゆっくりですが更新は続けますので、よろしくお願いします。

2024-01-30 火 17:18:19 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング