番外編 5 朝市と老舗食堂が並ぶ チャンSoi 18/7

スピンオフも5回目ですが、ずっと「今日何食べた」的な内容をずっと書かなかったこのブログにとって、今回のエントリーをする為にスピンオフを始めたように思えます。

「セントルイスかぁ・・・あのソイは旨い店が多かったなぁ~」って。それがBTS幻のスックサー・ウィッタヤー駅がセントルイス駅として誕生したニュースに接した時の最初の思いでした。

番外編1は表サトーンことサトーン通り沿いのレストラン4店を書きました。
番外編2は裏サトーンを走るソンテウ路線の概要とバンコクの礎を築いた潮州人が眠るワット・ドンを紹介しました。
番外編3はCafeやスイーツ店が多いセントルイス Soi 3を紹介しました。
番外編4は町食堂への思いとソンテウ1256番の路線を詳しく書きました。

20240215ST12.jpg

番外編を含んだ「あの話はどうなった」シリーズのエントリー済みは以下の通りです。
(1) ニュースな私 & BRT
(2) どうするBRT & BTSのあれ
(3) どうするBTS サパーンタクシン駅
(4) タクシン橋の謎
(5) 45年前のマスタープラン
(6) BTS 謎の駅で不正料金
(7) BTS 謎の駅の正体1
(8) BTS 謎の駅の正体 2 サトーン地区
番外編 1 サトーンで行くべき店
番外編 2 ソンテウで行く裏サトーン
番外編 3 Cafe巡りのセントルイス Soi 3 
番外編 4 町食堂とセントルイス3・チャン18/7 

高層ビルが建ち並びスーツ姿のビジネスマンが速足で歩くバンコク屈指のオフィス街サトーン通り(ちょっと大袈裟)・・・
 20240204ST1.jpg
そこからお洒落なCafeも多いセントルイスSoi3を通り抜け・・・
 20240211ST8.jpg
小さなクランクを経てチャン通りSoi18/7へ入ると・・・そこは舞台の場面転換のように下町の賑やかなソイへと変わります。
 20240215ST10.jpg

それを最も強く感じるのが朝6時から9時ぐらいの間で、チャンSoi18/7 Yaek12辺りの朝市辺り。このソイの圧倒的な活力を感じる時間です。

20240215ST11.jpg

さて、そんな朝市ではなく(笑) 今回のテーマは老舗食堂。
それでは食に関しての平均値レベルが高く選択肢が豊富な「チャン Soi 18/7」に入りますが、知っている店を全て書くわけにはいかず4店だけです。

古くからこの地で商いしている店で、たいていは混んでいる店。すなわち人気の老舗食堂です。それでタイトルが「老舗食堂が並ぶ」ですが、書きながら老舗の本来の意味とはかなり違うなぁ~って思っています。短く分かりやすくそうしたのでゴメンナサイ。

20240215ST13.jpg

なお、店舗名を知らなかった(苦笑)ので、今回あたらめてGoogleMapで場所を追って店名を見つけました。それが実際あっているのかは分からないのですが・・・

さて、これだけ飲食店が並ぶ通りは他にあったかな・・・と思い出そうとしているのですが、他に出てきません(歳を取っただけかも)。市場周辺など特定の所に密集している所はたくさんありますが、600mほどのソイで両側に食堂やらレストランにテイクアウト店が多く並ぶ・・・他にもありそうですが、そう多くはないかと思います。

そんな「チャン Soi 18/7」のお店はお客は多く集まるでしょうが、競争も厳しい事でしょう。そんな中で30年、40年と長く商売をしていつも混んでいる普通に美味しい店を書きます。

いつも通りの長い前置き話はこのへんで止めて、お店です。

カオカームールンロッドセントルイス ข้าวขาหมูเลิศรส จส.100

カオはご飯でカーは足、そしてムーは豚なんてこのブログの読者には説明不要ですね。このエリアには他にもカオカームーのお店がありますが、ここが一番人気のように思えます。ある意味有名店で、このソイを知る人の多くがこの店で食べた事があるかと思います。

20240215ST7.jpg

店頭から遠くまで届く長く煮込んだ甘い中にも八角やシナモンで印象付けた香り、トロトロになった豚足や皮にトッピングのゆで卵に青菜に漬物・・・思い出すだけで食べたくなります。

20240215ST8.jpg

クンオップウンセン59 กุ้งอบวุ้นเส้น 59

店名通りに「海老と春雨蒸し」が代表的な料理で、店頭でこの料理お馴染みの鉄鍋が熱せられてます。店名に付く「59」は何でしょう? 59バーツからの料理だったと聞いた事がありますが、2018年時点で確かに59バーツでザルガイがあったような・・・要は美味しさは当たり前で安さもウリにしている店です。

20240215ST3.jpg

クンオップウンセンとムール貝とザルガイも食べている方が多かったですが、私は貝はちょっと・・・それで蟹チャーハンが一緒が好みでした。

クンオップウンセンは専門店もありますし、多くの中華系タイ料理店で扱う料理です。海老が新鮮である事、春雨に絡むタレ(オイスターベースかな)が旨い事が絶対条件ですが、コテコテの味付けでないのでなかなか満足する店には当たりません。

20240215ST4.jpg

超有名店がここからだとチャオプラヤー川を渡ったウォンウェンヤイにありますが、そこまで行ってもかなり待たされます。そこまで行かなくても十分満足する店かと思います。場所はSoi18/7に面してYaek8ののそばです。

ブンエク店 Boon Aek Restaurant ร้านบุญเอก

グースとダック、どっちが良い? まるで羽布団のようですが、どっちの煮込みもあります。ついでにポークも(笑)

20240220ST1.jpg

分かる人は店頭でぶら下げられているお姿でグースかダックかは分かるのでしょうが、私はあまり凝視しないようにしているので(汗)

今回、店名を調べるのにタイ語翻訳に上の画像でショーケース上の赤い看板ห่านพะโล้รสเด็ดを訳したら「おいしいガチョウの煮込み」でした。ガチョウのインパクト大ですが、タイ中華の肉全般を楽しむ店に思えます。

20240220ST3.jpg

ちなみに私は血の塊は食べられるけど出来たら無い方が良いので、(幼稚なタイ語で苦労して)ルアットは要らないと頼むのですが、デフォルトは付きだと思います(頼み方をよく知らない)その看板料理のガチョウの煮込みは皮が薄く、脂身がなくて柔らかい食感の濃厚な煮込みです。

20240220ST2.jpg

ただ、一番頼むのがパクブンファイデーン(空心菜炒め)カリカリポーク添えです(画像上)。他の客もたいていは注文しています。ガチョウやアヒルはそうたくさん頻繁に食べるものではなく、空心菜炒めがちょうど良いのです。内緒ですがここはこれかカリカリポークだけがお勧め(笑)

場所はSoi18/7に面してYaek1とYaek3の間です。

カオモッガイパードゥアン ข้าวหมกไก่เซนต์หลุยส์ - หมกไก่อดทน

チキンビリヤニのお店です。ところで私は炊き込みご飯が大好きです。ドイツに住んでいた時は二週間の夏休みを使ってスペイン各地方で特徴的なパエリアを食べ歩いた事があるぐらい(この話は長くなるので止めましょう)。そのパエリアとルーツは同じ?と言う人もいるインドの炊き込みご飯ビリヤニのお店です。

20240220ST6.jpg

場所が非常に分かり難いのですが、北からのセントルイスSoi3と南からのチャンSoi18/7が繋がる小さなクランク近く。GoogleMapを見るとチャンSoi18/7Aaek28とありましたが、それだと分かるか? バイク一台通れる細い路地で画像下の黄色い看板「ข้าวหมกไก่(チキンビリヤニ)」が目印です。

ちなみにカオモックガイ(ข้าวหมกไก)とは複数のスパイスを使ってご飯を炊いた、タイのチキンビリヤニの事です。

そのGoogleMapの店名をタイ語翻訳に入力したら「ドゥアンおばさんのチキンビリヤニ、イスラムチキンライス」ですって。ちょっと変ですが確かにこの店の料理を語っています。

20240220ST5.jpg

イートインのスペースが極端に狭いので、いつもテイクアウトのお客が多く細い路地に数人が並んでいます。並んでなければ大釜のカオモックガイが無くなった可能性が高いです。

20240223ST12jpg.jpg

最後に番外編の番外で、おまけです。

前回に写真だけ載せた可愛らしい屋台。何も特別な事はなく書くこともない・・・と思っていたのですが、人気老舗店を書いた後でなぜか無性に食べたくなってしまいました。こも長く続くお粥屋さんで、店前に置いたこの屋台(荷車?)でお粥を出してくれます(調理のほとんどは後ろの店内で)。

20240215ST6.jpg

食べる人の気持ちまで優しくさせるような豚挽き肉が入ったきめ細かいお粥。チャンSoi18/7 Yaek10に入ってすぐ左。営業は朝6時過ぎから10時前でしょうか。

20240223ST1.jpg

長くなりましたが今回紹介した店の地図を作りました。

20240220map.jpg

さて、ネットに溢れている「どこどこ行って、何々食べた」はSNSで十分。このブログではエントリーしない・・・といつも書いているので、こんなにお店と料理の画像を載せたのは初めてです。

ただのお店や料理の紹介ではなく、まして自分が食したランチを書くのではなく、この町、このソイ、ここに住み営む方達の魅力を書きたくてエントリーした記事です。

いつも長いので気を付けているのですが、今回は特にもっと書きたかったのを無理に止めました(笑) いかがだったでしょうか? 食べに行きたくなりますねぇ~

皆さんに知っていただく為と自身の励みになるので以下のブログランキングに参加しました。コメントもして頂けたら幸いです。
タイ(海外生活・情報)ランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2024.02.25 | コメント(6) | バンコク街歩き

コメント

拍手にコメント

昨日、コメントの投稿に何度もトライしましたが、送信できませんでした。それで、拍手のの方に投稿しました。

2024-02-26 月 14:15:55 | URL | dai福 #- [ 編集 ]

Re: 拍手にコメント

dai福さん

コメントが送信できない件、本当にすいません。
多くの方々からこの不具合をご連絡いただいて、私の最大の悩みなのです。
きっと送信できないと諦めている方々が多いと思うと・・・本当に申し訳なくて・・・

ブログサービス側とのやり取りも尽きてしまって、少しづつ色々変えていますが結果が出なくて困ってます。
つい最近もURLをhttpからhttpsに変えました。関係ないと思いながらも色々トライです。

最後はブログサービスを変える引越しですが、それぐらいならブログを止めようかとも・・・

ごめんなさい。

2024-02-26 月 17:07:37 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

更新応援しております

いつも楽しく拝見しております。ご存知の範囲でタイの動物病事情について伺いたいです!ぜひ記事にされてください!

2024-02-28 水 01:32:06 | URL | リスキリングネコドットコム #jISoVqTc [ 編集 ]

Re: 更新応援しております

リスキリングネコドットコムさん

コメントありがとうございます。

残念ですが、お知りになりたいタイの動物病事情に関しての経験や情報を持っていません。
私的には野良犬が多くて狂犬病がすごく怖かったぐらいです。街歩きのエントリーに度々この野良犬が登場しますが、それにクローズアップしたエントリーはありません。

2024-02-28 水 17:24:10 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

返信ありがとうございます!

返信ありがとうござい!承知いたしました。野良犬ちゃんがそもそも町に多いのも特徴ですよね。
記事の更新引き続き楽しみにしております🐈

2024-03-06 水 12:04:08 | URL | リスキリングネコドットコム #tHX44QXM [ 編集 ]

Re: 素晴らしいご経験をされて羨ましいです

非公開設定でご質問を受けています。

大変申し訳ないのですがご質問内容が正確に理解できず、どのようにお答えして良いのか悩んでいます。もしかしたら文字化けしているのかも知れません。

また、ご承知かと思いますが、私の在タイ時はバンコクの路線バス全路線を実際に乗ってその路線内容をブログに記しています。しかし、今はタイを離れて5年以上でその間にバンコク路線バスは大きく変わりました。その実情を実際に私が経験できていないので、一般的な事しか言えません。

それでもご質問内容が明確なら、何とかしてお答えしたいのですが・・・

それだけでは愛想なしなので、ご質問主旨を勝手ながら以下のように想像しました。
これが間違っていたなら、ごめんなさい。

まずご質問は以下と仮定しました。
『カオサン地区からスワンナプーム空港へ行くのに、Phaya Thai駅までバスで行きたいけど路線バス59番の場合はどこで降りるか?』

それで私ならこうするですが・・・
1,降りるバス停は戦勝記念塔では先に行きすぎです。ベッブリー通りPhetchaburiからパホンヨーティン通りPhahon Yothinへとバスが左折した直後のバス停Phayathai Plazaで降ります。
2,赤バス59番との事ですが、エアコン車でもノンエアコンでも来た59番に乗るべきです。次のバスがいつ来るのか分かりませんから。車種まで選ぶのは危険です。
3,エアコン車等で降りるバス停を人に告げる場合はPhayathai Plazaで通じるか疑問です。「パヤタイエアポートリンク」の方が通じるでしょう。
4,一応、Googleストリートビューで路線上を見てみましたが、59番のエアコンバスは確認できましたが、もしかしたら59番は別な番号に変わっている可能性があります。GoogleMapでは「1-8AC(59C)」「1-8REG(59REG)」とあったので、「1-8」みたいな番号に変わっているかも知れません。今は日本の私には分かりません。
5,ご出発の時間や天候次第で交通事情が変わります。バックアップ案を考えておくのが良いかと思います。別なバスか、空港行のリムジンバス、パヤタイ駅までタクシー等です。

全て私の勝手な推測で書きました。失礼があったならお詫びします。
質問して答えを得ればそのままの方が多いのですが、結果を後で教えていただけると嬉しいです。

2024-03-27 水 16:59:57 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング