成田空港からの格安バス

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

5月20日、今朝の横浜は晴れ。今は少し雲が多いです。昨日成田から横浜へ移動した時はずっと曇り。東京駅からの電車には傘を持った人が多かったです。

窓から入る風が気持ちよいと感じるのは久しぶり。うーーん、やはり日本の5月は気持ちよいです。ただ5月に日本に居ると言うだけで・・・

さて、久しぶりの我が家でよく眠りました・・・と普通は書くのでしょうが、私はこの10年で言えばアメリカの次がタイで、その次が日本と長く住んだ順番になります。
去年10月にアメリカでリタイアし、日本へ帰国したものの三ヶ月足らずでタイに出てしまったので、日本の家では居場所が見つかりませんし、家族も慣れたものでお客さん扱いです(汗)

今回日本へ戻った・・・って言うかぁ~(いつもの娘の口調です)日本へはついでに寄りました(笑)来週月曜には野暮用でアメリカへ向かいます。

本当ならとっととアメリカへ行って、用事を片付けてすぐにもタイへ戻りたいのですが、今週末がアメリカではメモリアルデイで3連休なのです。今週タイからそのままアメリカへ向かうと、ちょっと現地でタイミングが悪くて、そのタイミング調整で日本に6泊します。

さて今日のタイトルですが、日本に行ってもまたバスの話か・・・って思われた方も多いことでしょう。今まで意識した事がないのですが、もしかしたら私はバスファンなのかも知れません。いやぁ~きっとそうに違いないです。タイ以外で乗った路線バスは日本の自宅周辺だけでしたが、タイに行ってあまりにも多いオンボロバスに触れ、隠れていたものが芽生えたのです。きっと・・・
ハイ・・・本題に入りましょう(汗)


昨日、日本までのフライトは実際飛んでいるのは5時間と少しでした。短いと言うかちょうど良いです。アメリカだと住んでいたジョージア州アトランタからワシントン州シアトルぐらいまでとほぼ同じです。時差はアメリカのほうが時間で大きいですね。

機材は777でバンコク~成田~ミネアポリスに向かうフライト。隣がミネアポリスに12年住まわれているコラート出身のタイ女性、その隣がバージニアに住まわれている典型的な初老の白人女性。タイ語、英語を混ぜながら久しぶりの会話で、珍しくストレスを感じないフライトでした。

成田から自宅のある横浜まで過去は成田エクスプレスを利用していましたが、今回からリタイアした身にあわせて格安バス会社(笑) LCC専用の成田第3ターミナル開業に合わせて、バスも格安バスが導入されたのではないでしょうか。
(画像はTHE アクセス成田です)
Bus at Narita

「東京シャトル」と「THE アクセス成田」が運行しています。成田空港~東京駅で1000円で、嬉しい価格です。

デルタ航空が発着する成田空港第一ターミナルでは南ターミナルの端、31番乗り場から出ますが、別なターミナルを回りここが成田空港のラストですので、混雑していると乗れないのが難点です。なお席は全席自由席です。
(画像は東京シャトルです)
Bus Narita

昨日は京成が運営している「東京シャトル」を利用しました。
16:30発が満席で16:50に乗り、ちょうど1時間で東京駅八重洲口(の近く)に着きました。

実際に格安バスを利用して、上記2社の微妙な差が気になりました。

「東京シャトル」は空港ターミナル内のバス乗車券発売所(従来のリムジンバスなどと同じカウンター)でチケットを買うのが前提でした。ただ、発車間際に来た人に対して、バスが満席でないことを確認した上で、バス内で発券していました。
それと東京駅の降車場所から駅までは大通りを横断し駅まで5分弱かかります。乗車する場所も同じです。
(画像はターミナル内のバス乗車券発売カウンター)
Bus Ticket Center

「THE アクセス成田」は完全にバス乗車時にバス内でチケットを買います。これだとバスが来ても満席で乗れないかもと心配になりますが、私が昨日見た16:40発は10名ぐらい並ばれていて、全員乗れました。

実際の昨日の私ですが、デルタが着く成田空港第一ターミナル「北」から「南」ターミナルへ移動し、途中見かけたバス乗車券発売所で「1000円バス」の乗り場を聞いたら、そこでチケットを買う指示がありました。この時点で16:20ぐらいだったのですが、16:30発が満席なので16:50発を買うような指示がありました。

実はこれは京成が運営する「東京シャトル」だけの話しだと後で気づきました。

南ターミナルの端、31番バス乗り場に行くと、16:30発の東京シャトルが行った後に、同じバス停に16:40分発のTHE アクセス成田が来て、私の後から来たチケットを買っていない人たちがバスに乗り込みました。東京シャトルの16:50発のチケットを購入済みの私はそれを指をくわえて見ていただけです。

ちょっとこれは・・・バス2社が同じ乗り場なのに、違うチケット発券システムなので、紛らわしです。私の場合は少し不満が残った形になりました。両者の違いを知らない私がいけないのですが・・・

それと「THE アクセス成田」はJRバスが運営会社のひとつなので、東京駅に近い場所での乗降になると思われます(未確認)。大きなスーツケースなどを伴った移動なので、この点も気になります。
(画像は東京シャトルの東京駅(近くの)バス停)
Bus at Tokyo

東京駅からは東海道線で移動しました。バスが着く東京駅八重洲口からスーツケースを引きずりながら・・・あの大きな東京駅で、あの日本人の歩く速度の中を、あの混雑する日本の駅構内で、あの誰も他人のことなんか気にしない人たちの間を歩くのは・・・タイに慣れたリタイア老人にはキツイものがあります(汗)

あやうく東京駅の雑踏の中で気を失いそうになりました。『タイから里帰りの老人、東京駅で意識を失う』そんなニュースが情報番組「とくダネ!」「ひるおび」「情報ライブ ミヤネ屋」その後に「Nスタ」と朝から夕方まで流され続けられるのが目に浮かび、必死に耐えました。

その東海道線の東京駅。いつの間にか始発駅でなくなりました。一本待って始発から座って行く・・・なんて事が出来なくなりました。これはちょっと・・・残念。まぁきっと便利になった方も多いのでしょう。リタイアした身より働く人が少しでも快適になれば良いのです。

東京駅から自宅に電話。なかなか公衆電話が見つからず苦労しました。今時携帯電話を持っていない人は居ないのでしょうか・・・どんどん公衆電話が無くなっています。

東海道線が到着する時刻を家内に告げて、駅まで出迎えを頼みました。
成田空港から横浜の自宅最寄駅まで合計1,720円 成田エキスプレスだと4,620円。そう大きな時間差はないし、この差は大きいです。

これからは成田エクスプレスや空港リムジンバスを使うことはないでしょう。
ただ、格安バスももう少し調べたいと思っています。来週、再来週と成田を行き来するので、よくチェックしたいと思っています。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.05.20 | コメント(2) | 旅先通信

コメント

成田空港

こんんちは。成田空港から1720円というのはお安いですね。私も横浜なのですが僻地ですのでいつもたまプラ直行バスを使っています。羽田ができたのでましになったとはいえやはり東京の空港はアクセスがわるいなと感じます。シンガポールなどがよすぎるのかもしれませんが。

2015-05-20 水 14:50:57 | URL | オバカチ #- [ 編集 ]

Re: 成田空港

オバカチさん

コメントありがとうございます。

同じ横浜でしたか・・・
私は最寄の駅に成田エキスプレスが止まるので、成田でも比較的アクセスが良かったのですが、リタイアした今は費用がネック。それで一番安い方法を探したのです。
アクセスが悪くてももっと安い方法があれば良いのですが・・・

2015-05-20 水 16:08:44 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング