バンコク、都心部と隅っこの差は


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月19日、今朝のバンコク(の端っこ)は晴れです。今日も暑くなりそうですね。

一昨日、前エントリーのように私はバンコク都心部のサイアム・パラゴンで映画を観ていました。爆発事件のあったエラワンから400mぐらいでしょうか。

当日は11時半からの映画を観たくて、時間の読めないバスは止めて、アパートからウドムスック通りまで歩き、ソンテウに乗りウドムスック駅へ行き、BTSでサイアムへ出ていました。映画のチケットを買い館内に入ったのが11時35分ぐらいでした。

映画を観終えてサイアム・パラゴン内をうろうろし、午後3時過ぎにプラトゥーナムに向かって歩き出していました。サイアムからプラトゥーナムに向かうのに、スカイウオークを降りてエラワン前の交差点近くを通ったのは事件の3時間半前でしょうか。

帰りにBTSを使う選択肢は最初から無く、夕方前の渋滞を避けてセンセープ運河ボートでバーンカピに出て、バーンカピで買い物してからバスで帰ったのです。このルートだとバスがアパート前に停まるので。

もし、11時半の映画に間に合わなくて、その次の上映を観たら・・・と思うと、何らかの間接的影響を受けたかも知れません。

私が都心部の繁華街に出没するのは珍しい事で、たまたま邦画の上映があったからでした。普段は全く用事もないし興味も無い所です。また夜7時の時間帯に外に居る事もないのですが・・・

昨日も午後1時頃にBTSサパーンタクシン駅近くサトーン船着場で爆発事件がありました。私が何回も本ブログでエントリーしているニューロード辺りで、時間帯も私の行動時間帯です。

毎日バンコクの街歩きをしているのですが、しばらくは騒がしいと思います。表面は平静に見えても、有形無形に関係なく何らかの影響がしばらく続くでしょう。

事件そのものは多くのメディアで報道されていますし、そうしたニュースを個人のブログで詳細や画像をコピペまでして扱う事に違和感を感じているのは昨日エントリーした通りですので・・・

このへんで話を変えましょう。

冒頭のように一昨日は映画を観終えてサイアム・パラゴン内をウロウロしてました。人が多い所は苦手なのですが、折角出てきた都会ですから新しく美味しいものあるかと思っての食いしん坊の性からです。

美味しいもの探しの前にトイレ。都会のトイレはゴージャスで分かり難いです(汗) トイレの表示は無くて、艶かしい男女の像が入るべき所を示しています。
WC

食品売り場に行く前に・・・貸本屋と図書館に行き過ぎたのか、紀伊国屋に引き込まれてしまいました。買うお金はないけど、本に囲まれる幸せを感じるすばらしい本屋です。
Book

やっと食品売り場。まずたい焼き好きのアンテナに引っかかったものは・・・こんなのありました(笑)たい焼きに強引なアイス乗せです。伝統日本パンケーキだそうです(大笑) アイス乗せの価格は強気の90バーツから。アイスを食べている鯛の顔が嬉しそうです。
TAIYAKI

いやぁ~日本食がたくさんありますねぇ・・・高そうな日本食レストラン以外にもチェーン展開のラーメン、カレー、餃子から・・・いちご大福までありました。でも高くて手が出ません。
DAIFUKU

結局何も買えませんでした。それでサイアム・パラゴンから件のエラワン前を通りプラトゥーナムから運河ボートでバーンカピ・モールへ移動。バスに乗る前にモール内を通るのですが、今になってやっとクロワッサンたい焼きがバーンカピ・モールに出店です(笑)  もう都心部では終わっているのじゃないでしょうか・・・
BangKapi

バーンカピからは207番エアコンバスで座ってアパート前まで13バーツで帰れます。
そのアパートはブログでよく書くようにバンコク都の隅っこにあります。しかも幹線道路沿いに建つアパートで、付近はまったく食堂も屋台もコンビニもありません。アパート一階に食堂はあるのですが、一回食べてその後は利用していません(不味)
Night

私は通勤も通学もないし、料理が好きな上にバス好きなので全く問題ないのですが、お勤めの方は車がないと厳しい環境だと思います。

バンコクの隅っこ・・・実際に歩いて15分でサムットプラカーン県です(汗)
アパートを出た周辺は幹線道路以外はこんな感じです。
Near 1

上の画像の道を進むと、道路が狭くなり、この先の高い所が運河の橋になります。その運河の向こうがサムットプラカーン県。県境です(笑)
Near 2

橋の上から県境の運河を見ても、都会の運河のように護岸工事はされてなく、水草で覆われて周囲の野原と一体化。どこが運河か分かりません。ワニが出てきてもおかしくないような・・・(笑)アパートから歩いて15分。でもアパートの誰も知らないでしょう。普通は歩かないですから(大汗)
Near 3

こんなバンコクの隅っこで一番怖いのは・・・野犬。完全に野放しで都会のように人馴れしてなく縄張り意識が強いのか、昼でも通りがかるだけで牙をむき出して吠え掛かって来ます。夜はさらに元気になって数頭で群れを作っています(怖)

犬にしても道を歩く人は珍しいのでしょう。まぁ犬がいますし、色々怖いものが夜に出てくるので、部屋で自炊して酒を飲むのが一番のバンコクの隅っこです。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.08.19 | コメント(6) | タイ生活

コメント

PARFAIT
た、確かに強引なアイス乗せ!
言葉に嘘偽りはありませんね~
そろそろネタ切れ感がしないでもないですけど。。。
日本から次はどんな新作が出てくるのか楽しみです。

2015-08-19 水 16:46:13 | URL | マーク #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

マークさん

コメントありがとうございます。

これも日本からなのでしょうか? 私は日本は2ヶ月強でタイに来てしまったので、流行を知らないのです(涙)
それだからこそ、たまにバンコク都心部へ出ると、見る物全てが面白いのですが・・・

この次出てくる新しいもの、私も楽しみです。

2015-08-19 水 17:13:40 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

野犬対策

次回の訪タイ時にあまり人のいない方にも行ってみようかと考えてました。今日の記事で、野犬の危険性に気が付かされました。囲まれて、対抗手段がないのも困ります。
対策をいろいろ思案し、最初に催涙スプレーを思いつきましたが、値段も高いし、ちょっと大袈裟かなと思いました。
そこで、
・スーパーで水鉄砲を購入し、中にお酢を入れておく(現地調達)
・工事用の誘導棒(ランプ付き)か伸縮警棒を持参(1000~2000円)
・防犯ブザーを持参(1000~1500円)
なんかはどうでしょうか?
答えようがないかもしれませんが、野犬が身近いるお立場でご意見を頂ければありがたく思います。今まではスクンビット滞在がほとんどで、野犬に囲まれたときの怖さを知りません。

私もリタイアしたところで、次回は中長期滞在の下調べに行くつもりです。バンコク以外の地でいろいろ見て回るため、折りたたみ自転車を持参するつもりです。自転車があると、つい人のいない場所に行くのではないかと思います。バンコクは車が怖いので、自転車には乗りません。

2015-08-19 水 22:20:04 | URL | AOI #jaqqgS0Q [ 編集 ]

Re: 野犬対策

AOIさん

コメントありがとうございます。

バンコク中心部の犬は立体敷物になっているので怖くはないのですが、郊外や地方で夜に犬と出会うと本当に怖いです。
私も本気で対策を考えた事がありますが、棒ぐらいで防御しても絶対に負けそうに思います。しかもそうなると犬もかなり凶暴にもなるでしょう。夜はなぜか元気に群れているし・・・

今は犬の居る場所が分かっているので、昼に歩く時は遠回り(情けない)。帰りに夜になったらタクシーと決めています。

ご旅行中だと犬の出没エリアが分からないので厄介ですね。専門家じゃないで分からないのですが、吠えられてもいきなり噛み付くことはないでしょうから(そう祈りたい)、慌てて逃げずに、目をそらさずに、鞄か上着で防御だけは出来るようにするのはどうでしょうか? どうも情けない対策で、お役に立ちませんね。

自転車、いいですね! こちらは自転車ブームです。私はとても怖くて乗れませんけど、アメリカや日本の時と比べて自転車に乗れないのがストレスです。

2015-08-20 木 00:02:30 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

回答、ありがとうございます。
やはり、近づかないこと、近づいてしまったら身を守ることの順番で考えるべきですね。
保険として、防刃衣を持っていこうかと思います。次ならば腕と脚は守れそう。怖そうなエリアに来たら念のため着用するとか。
http://goo.gl/1YIYDq
それと防犯ブザー。人工的な音、金属音、破裂音が嫌いなようです。
狂犬病のことを考えたら、気にし過ぎと笑われるくらい対策しないと。

催涙スプレーは飛行機持ち込み不可でした。

2015-08-20 木 09:12:34 | URL | AOI #jaqqgS0Q [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お役に立ちませんで、すいません。
お気をつけて!

2015-08-20 木 10:02:27 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング