水上マーケット 私的ランキング ベスト編


こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

8月25日、今朝のバンコク(の端っこ)はうす曇です。昨日も雨が降らずに終日曇り時々晴れ。こんな雨季には似合わない天気がずっと続いています。

(前エントリーからの続きです)
猫のカツ丼と一方的な会話が続きます。「カツ丼は一人暮らしかい?」「Zzzzz」「家はあるのかい?」「Zzzzz」「毛皮着て暑くない?」「ビールは好きかい?」「一緒に飲みに行く?」・・・「煩いなぁ~」と言わんばかりにカツ丼が頭の向きを変えました。(画像ですが、昨日とカツ丼の表情が違いますので、念のため)
Cat

カツ丼と話している間にタイのおばさん、白人女性三人が通りかかり、声をかけてきます(カツ丼にだけど)。もてるカツ丼です。「カツ丼!おまえもしかしたら有名人?いや、有名猫?」 相変わらず無表情で寝ています。偉そうな猫です。
明日に続きます(笑)


さて、仕事と趣味があいまって世界中を旅していますが、食への興味から訪れた地では可能な限り市場、マーケットに行くようにしています。

タイでは市井の市場以外にも、水上マーケットがあるのが特徴的ですが、実際にはそのほとんどが観光用です。ただ、古い街並みや運河沿いを歩く中で時折物売りの小舟を見かけので、昔水上マーケットや生活の舟が庶民の生活に欠かせなかった事は容易に想像出来ます。

バンコク周辺には多くの水上マーケットがあるので、私が行った事があるだけの中からですが、勝手にランキングをつけてみました。なお百年市場や古市場と呼ばれていながらも水上マーケットっぽい所もありますが、一応英語でFloating Marketと称されている所に限りました。また百年市場や古市場も別途エントリーしたいものです。もちろん現在の市井の市場もです。
Amphwa 2

ところで、どんなものに対しても、自分のような素人がランキングをつけるなんて不遜な事をして本当に申し訳ないです。あくまでも私個人の楽しさレベルが判断基準ですので、かなり偏っているランキングだと思います。

ただ、たった一回行っただけで判断したのではなく、どこも複数回行っています。あっ、もちろん自力で公共交通だけを使ってです。まぁどこへ行ってもマーケットは好きだし、路線バスや国鉄にソンテウ好きなので(大汗)
マイナーな所は本ブログでエントリー済みもあり、メジャーな所はこのままエントリーしないのかも知れませんが、


1位 アンパワー水上マーケット

一度は民宿みたいな所に泊まり夜にクリスマスツリー(ちょっと大げさ)のような蛍を見に行きました。「偽物っぽい」と船頭さんに言ったら、蛍の木に水をかけて驚いた蛍が舟に飛び込んできたり、朝早く托鉢僧が小舟で来たり、予想以上の楽しみがありました。またソンテウで移動してメークロンのあの市場を見たり、水上マーケットだけでない楽しみがあります。
Amphwa 3

夜の水上マーケットも楽しいです。
Amphwa 1

朝は托鉢僧が小舟が行き交います。
Amphwa


2位 ダムヌンサドゥアック水上マーケット

良くも悪くも観光が全ての水上マーケット。外国人観光客が水上マーケットと言えばここに連れて来られるのではないかと思うぐらい外国人ばかりです。それはそれで楽しめるようにもなっているので2位(笑)
DamnoenSaduak

規模もまぁまぁで、舟の上での商売に加えて、船での周辺を回る事も出来るので、水上マーケットの楽しみは全て揃っています。
ただツアー客が多く、それ目当てのどこにでもあるようなお土産売りが高めの値段設定は興ざめ。船の価格もそんな外国人観光客相手の価格が通じてしまっていますのが残念。


3位 タリンチャン水上マーケット

ここの特徴はバンコク都心部から路線バス一本で行けるアクセスの良さと、私的には運河ツアーボートでしょう。その運河ツアーボートが無ければ、ただの汚い運河の上に張り出した食堂と、そこへ行く着くまでの道路沿いの物売りと屋台になってしまいます。
TalingChan

トンブリー側の運河沿いを歩くと、よく外国人観光客が運河をチャーター船で観光しているのを見かけます。先日お寺の船着場に上がってきた二人のブラジル人にその価格を聞いたら1時間で3000バーツですって。タリンチャンなら2時間半のボートツアーで100バーツです(笑)


4位 クワン・リアム水上マーケッ

上記ベスト3は有名過ぎるメジャーな観光地なので、本ブログではまだエントリーしていませんが、4位で初めてエントリー済みの水上マーケットです。「近場のクワン・リアム水上マーケット」 です。
Market 1

センセープ運河の水上マーケットでバンカピとミンブリの間で、アパートから遠くないです(笑)運河の両岸に多くの店が出ていて、ボートツアーもあります。まぁちょっと行って帰るだけですが、20バーツなので助かります。


5位 バーンナムプン水上マーケット

ここも「都心に一番近い水上マーケット」 でエントリー済みです。ボートツアーはありません。って言うか運河や水はほとんど意識しません(笑)
Market 1

水上マーケットと言うよりパパデーンの未開発地区にあるのでジャングルマーケットみたいです。チャオプラヤー川を渡し舟で渡れば都心部のすぐ近く。地域振興用に作られたと思われる特産品が多いのも特徴です。

いかがでしょうか? 順位はどうでも良いのですが、これだけ色々な特徴を持った水上マーケットが近くにありますし、そこへ路線バスなどで行く過程も楽しいものです。書いていたら、また行きたくなってしまいました(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.08.25 | コメント(2) | マーケット

コメント

ダムヌンサドゥアック水上マーケット

以前 2位のダムヌンサドゥアック水上マーケットに行きました。
水辺にある店で値切りに値切ってトゥクトゥクのミニチュアを買ったのですがその後船を降りてすぐその近くの店で同じものの値段を見たらその店のほうが安かったです!まだまだ値切りの修行が足りないと痛感しました。次回からは言い値の10分の1から交渉開始ですね。
ここに行ったときには象乗りツアーも一緒に含まれていたのですが象に乗っている時間が意外に長く(30分)かなり揺れてとても楽しかったです。
次回は一位のところに夜是非行ってみたいと思いました。

2015-08-25 火 23:00:27 | URL | オバカチ #- [ 編集 ]

Re: ダムヌンサドゥアック水上マーケット

オバカチさん

コメントありがとうございます。

象乗りツアーがあるのですか・・・知らなかった。
娘の指令事項で、知らんぷりしているのです(汗) 私はあの揺れに耐えられないので・・・

アンパワーは泊まると、すっごく良いのです。民宿、夜の水上マーケット、蛍ツアー、夜遅く街角のステンレス・テーブルで飲む酒、舟の托鉢・・・観光用にセットアップされた水上マーケットと異なる姿が見られます。

2015-08-25 火 23:35:28 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング