48番 バンコク不完全バスガイド

2015年12月26日、更新2016年12月20日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。

基本情報

ラムカムヘン大学2 Ramkhamhaeng2 ~ バンナー・トラート通りBangNa Trat ~ スクンビット通りSukhumvit ~ BTSウドムスック駅Udom Suk ~ サイアムSiam ~ BTS国立競技場Natinal Stadium ~ ラマ1世通りRamaⅠ → ルアン通りLuang → チャルンクルン通りCharoen Krung → ター・ティアン Tha Tian → ワット・ポーWat Po

Bus048-map2

 全ての路線で全区間の地図は一番下にあります。路線図と一緒に記事を見る場合はお手数ですが、ブラウザをもう一つ別に開き地図部分を表示させて、2画面で記事を追うと楽しいかも(スマホは持っていないので分かりません)

スクムビット地区にお住まいの方にはお待ちかねの48番かも知れませんね。ラムカムヘン大学バンナー・キャンパスからワット・ポーまで行く路線で、バンナー交差点からスクムビット通り、ラマ1世通りをずっと走り旧市街に入ります。
本数は普通ですし、エアコンバスの本数も全体の半数ぐらい、短区間運転車もほとんど無いので、バスに慣れていない日本人にも使える路線かと思います。
バンナー・トラート通りを走るので、私が日常使う路線でもあります。


バス車種

委託ノンエアコンバス
委託黄色エアコンバス


ルート周辺

ラムカムヘン大学2と呼ばれるバンナー・キャンパスはバンナー・トラート通りから4kmぐらい北に入った所です。バンナー交差点からですとメガ・バンナー手前反対側にあるTescoLotus手前から路地に入ります。スタートはそのラムカムヘン大学2です。ちなみにラムカムヘン大学2の前にある市場は私のお気に入りです(笑)

Ram2

ラムカムヘン大学2を出発し、バンナー・トラート通りで左折、すぐメガ・バンナー前でUターンブリッジを使いバンナー交差点に向かいます。(本編で進める方向とは逆ですが)スクムビット方面からメガバンナーに行きたい場合は、バンナー・トラート通りでメガの少し前で左折しますから、左折してすぐの「テスコロータス」で降ります。そこから私は歩きますが、反対側に来る207番に乗るとメガ内までバスが入ります。

Mega

(さて話を都心部方面行きに戻して)バンナー・トラート通りではセントラル・バンナー前やBITEC(バンコク国際貿易展示場)前も通り、バンナー交差点では陸橋を使ってスクムビット通りと合流します。

セントラル・バンナー 活用術」、「メガ・バンナー 活用術」、「IKEA 活用術」などが関連エントリーです。画像は私が日常使うバス停です(笑)

Bangna

バンナー交差点からスクムビット通り、プルンチット通り、ラマⅠ世通りとBTS高架下をウドムスック駅から国立競技場まで走ります。下の画像はウドムスック駅下です。

Udomsuk

BTSではちょうど中間で不便な所にあるプラカノン市場とプラカノン運河ボート、すぐ目の前にバス停があります。関連エントリーは「プラカノン運河を行く」です。

PhraKanong

エカマイ、トンロー、プロンポン、アソック・・・サイアムなどは説明不要でしょう(笑) ラマⅠ世通りでタイ国鉄の陸橋、そしてクルンカセム運河を渡った所で左折し、運河沿いに少し走ってからランルアン通りに右折します。下の画像はクルンカセム運河沿いです。

Krung Kasem

ランルアン通りを突き当たり一瞬マハチャイ通りに入り、すぐ左折。バスが通るの?と思う路地を出ればワット・スタット横です。ここからはチャルンクルン通りに入り、ワット・ポーと王宮の間をチャオプラヤー・エクスプレスのター・ティアン(船着場)まで行って、ワット・ポーを回るようにして終点です。

Wat Po

水上バスのチャオプラヤー・エクスプレスでター・チャン船着場やター・ティアン船着場に関しては「チャオプラヤー・エクスプレス徹底検証5」で詳細をエントリー済みです。

Tha Tian

ワット・ポーの終点(始発)はワット・ポー境内にあるマッサージ所の裏になる所です。戻りはチャルンクルン通りからワラチャック通り、バムルンムアン通りからラマⅠ世通りまでが往路と異なっています。

End

旧市街地の詳細図です。

Bus048-map1

冒頭に書いたように、スクムビット地区にお住まいの方が旧市街地へ行くには便利な路線です。残念ですが中華街ヤワラーは通りませんが、王宮、ワット・ポー、ワット・スタット、チャオプラヤー川、そして渡し船でワット・アルンへもすぐです。
また、BTSを使うには近過ぎるけど、歩くのは遠い・・・と思うような時にも使えます。

どうでしょうか、少しはお役に立ったでしょうか・・・ただ乗り続ける事しか出来ませんが、これからも精度を上げて全路線を目指すとともに、更新も続けます。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2015.12.26 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

リアルタイムで(๑>◡<๑)

ワットポー 近くに滞在しており、次の宿がプラカノン駅近くのホテルに移動する為、どのルートで行こうか探してたらドンピシャリなブログを見つけて本当に助かりました!ありがとうございます(*≧∀≦*)
初のタイ旅行ですが、初日から適当にバスに乗って適当に降りるってなことをして楽しんでたので、バスに乗ることには抵抗がない私としてはとても利用し易い路線だなと思いました!
本当に本当にありがとうございます(≧∀≦)

2018-07-28 土 11:41:28 | URL | jirinjirin #- [ 編集 ]

Re: リアルタイムで(๑>◡<๑)

jirinjirin さん

コメントありがとうございます。
また、体調を崩してしまいレスポンスが遅れてしまい、大変申し訳ありません。

本ブログが少しでもお役に立ったようで嬉しいです。
本当にコメントありがとうございます。

2018-07-29 日 21:13:32 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング