旅の楽しみ、空港レストラン

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

3月14日、日付が変わったばかりの横浜は曇りのようです。ドイツから横浜に戻ってずっと天気が良くありません。何よりも気温が上がらず連日最高気温は6℃ぐらいです。

寒い日本やドイツをたっぷり味わったので、常夏のタイが懐かしくなって来ました。そろそろバンコクに戻る時かも知れません。

3月に入ってドンムアンから成田経由横浜、横浜から成田経由ドイツ、ドイツではフランス、スイス、デンマークと移動しましたが車だったので、空港はドンムアン、成田、フランクフルトだけの利用でした。それで今週にまた成田からドンムアンです。空港利用が続きますねぇ~

Mar14 Airport

さて皆さんは空港でのんびり過ごす派でしょうか? それともギリギリでチェックインしてとにかく乗れれば良い派でしょうか?

私は以前は空港に早めに行って、早めのチェックイン、そして搭乗まで空港でのんびり過ごす事が常でした。それは複数航空会社のマイレージが常に最高ステータスまであったので、世界中どこの空港でもラウンジが使えたからもあります。

それが4年前ですが、アメリカで働いていた時に日系航空会社のマイレージ・プログラムでステータスが高い、JALのJGCグローバルクラブとANAのスーパーフライヤーズを維持するのを止めました。JALもANAも2年近く乗ってないのに、高い年会費を払ってマイレージの高いステータスを維持するのに意味が無くなったからです。

(ANAホームページからのサンプル画像です。JALも同じ)
ANA card

JAL card

JALのグローバルクラブは20年ぐらい前から、ANAのスーパーフライヤーズも15年ぐらい前から維持していたので、一抹の寂しさを感じながらです・・・
それでも米系航空会社のステータスは高かったので、アメリカで働いていた時は全く不便なく、アメリカに遊びに来た子供たちもラウンジ利用やエコノミーからのアップグレードをさせられたのです。

ただ、アメリカで働きだして数年で空港にはギリギリで行くのが癖になりました。アメリカは普通に都市間の移動をしても時差が生じるぐらい距離が半端ないので、航空機利用は頻繁になり、感覚は日本での列車、タイでの長距離バスと同じです。

そうして飛行機や空港への考え方も変わり、空港での時間は出来る限り短くするのが当たり前になり、ラウンジなど使う暇無くなくギリギリにチェックイン、搭乗すれば良いと思うようになり、乗り継ぎ便でも最短のフライトを選ぶようになりました。

国内線だと空港に着くのが遅れそうなら直前に次のフライトに変えるし、早めに着けば搭乗ゲートが閉まる寸前でも一本早いフライトに切り替えたものです。アメリカのハブ空港間は1~2時間に一本のフライトがあったので、そんな事が出来ました。

それと機内ではサービスなど期待せずただ眠る事に労力を費やすのが一番とも考えるようになりました。
まぁ、これらはただ歳を取って多少神経が太くなったからもあるでしょう。実際に飛行機に乗り遅れたことも何度か・・・(笑) 数年前の事ですがバンコクでも飛行機に乗り遅れて新しくチケットを買った事もあります(汗)

このように今ではすっかり空港ギリギリ派なのですが、唯一アメリカで乗り換えにハブ空港で、どうしても2~3時間を要するケースが発生します。そんな時の楽しみはその空港がある土地の美味しいレストランです。

ファーストフード・チェーン店のイメージが強いアメリカですが、実は空港内にはその土地のレストランが出店している場合が多く、CNNはそんなレストランのランキングを発表していて、私のブログでもアメリカ在住時にそれを「米国、空港で行きたい飲食店ベスト20」でエントリーしています。

特に私は仕事の関係でテキサス州からメキシコ側へ陸路で入ることが多く、テキサス州ヒューストンを頻繁に使っていました。ここのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港に前記ランキングで全米8位となった「アーバンクレイブ」がありました。

Urban Crave

奥にテーブル席もあるのですがいつも一人なのでカウンターに陣取ることが多いです。ビールも良いのですが、ここは意外にワインも条件が良い物があります。

そして注文はもちろん「ソノラン・ドッグSonorang Dog」なかなかの迫力でしょう(笑) ドッグですが手で持ち上げて食べるのは難しく、皿に乗ったままナイフで切ってフォークで頂きます。

Urban Crave Dog

ソノラン・ドッグは長さが約25センチもあるビーフ100%のソーセージをベーコンで巻いてパンに挟んだ高級ホットドッグです。
マヨネーズ、マスタード、ケチャップ、トマト、オニオン、ハラペーニョ(青唐辛子の一種)、サルサ・ヴェルデ(パセリで作った緑色のソース)が掛かり、黒いお豆がトッピングされてメキシコ料理らしさが演出されています。

味は全く辛くないのが予想外。とろけているので定かではありませんがたぶんチーズも入っていると思います。香ばしく焼かれたソーセージにカリカリのベーコン、それらに爽快感あるサルサのソースが絡むのが絶妙です。
これはあくまでもドッグで、ドッグとしては美味しいですが、それ以上のものでもありません。また9ドルのお値段は良心的ではないでしょうか。グラスワインは8ドルもします(汗)

まぁアメリカなので凝った料理ではないのですが、こんな土地の名物があると空港で食べること自体が楽しみになります。

さて、今回ドイツに行った時は成田第2ターミナルだったのですが、出国審査後は大したレストランが無くて、結局息子とタリーズコーヒーTULLY'S COFFEEでサンドイッチとコーヒーでした。しかも帰りのフランクフルト空港第2ターミナルでは、これも出国審査後にマシなレストランがなくてバーガーキングでした(大笑)

ドイツ旅行では多少がっかりな空港レストランですが、行く先々の空港で楽しみになる食べ物があるのも旅の面白さですね。ところでドンムアン空港はどうだったか・・・ここもどこにでもあるようなチェーン店しか思い出せません(笑)

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.03.14 | コメント(3) | 旅先通信

コメント

Re: 美味しそう

非表示設定でコメントをいただいています。

美味しそうでしょう・・・アメリカだともっと食べたくなりますよ(笑)

ありがとうございます。

2016-03-14 月 15:11:42 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

御久し振りです。昨日、10日間のバンコク滞在より帰国しました。alsterさんと入れ替わりになり残念です。BKKにて懐かしい欧州の臭いを写真から味あわせて頂きました。子供のいない私にとって、息子さんとの約束の旅、羨ましいかぎりです。昨年末に亡くした愛犬の遺骨をペンダント・ヘッドに入れてのBKK滞在でしたが、いつか海外も一緒にと思いICチップも入れていたので少しだけ約束は守れたかなと勝手に思っています。

2016-03-14 月 19:03:07 | URL | INAMURA #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

INAMURAさん

コメントありがとうございます。

子供も居たらいたで色々と・・・(笑)
私も無くなった母の遺影(を撮った画像)をバンコクに持ってきています。海外なんか一度も行った事がない母ですから、びっくりしている事でしょう。

2016-03-14 月 22:04:43 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング