554番 バンコク不完全バスガイド

2016年5月25日

これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。

バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも変わります。私自身も早朝深夜など全ての時間帯での運行を知る事は出来ません。ですからこれはいつまで経っても不完全バスガイド、路線の概略ぐらいにお考えください。

しかしエントリーするのは私自身が終点から始発まで、行き帰りを全て実際に乗った記録です。実際に乗っていない路線はエントリーしません。

路線番号順のインデックスを作っています。このブログ画面左にある「カテゴリー」から「バンコク路線バス・番号別インデックス」を選ぶと、目次のように番号順表示されます。

また、入門編「路線バスの初歩」、そして「ご質問専用室」も作ってあります。どこで質問してよいか分からない時、バスでの行き方、バスに限らバンコクの公共交通機関に関するなら何でも構いません。ご利用下さい。ブログ画面左にある「カテゴリー」からアクセス出来ます。


基本情報

スワンナプーム空港バスターミナルSuvarnabhumi Airport Public Transportaion Center~カンチャナピセーク通り(高速部分)~ ラムイントラ通りRam Intra ~ ウィパワディーランシット通りVibhavadi Rangsit ~ ドンムアン空港Don Muang ~ ランシットRangsit

Bus554 Map

スワンナプーム空港のバスターミナルから高速経由でドンムアン空港を通り、ランシットまで行く路線です。高速道路はファッションアイランド近くで出てラムイントラ通りを走ります。路線が似ている555番よりも本数が少し多く15~20分に一本ぐらいのイメージです。


バス車種

委託(黄色)エアコンバス


ルート周辺

スワンナプーム空港バスターミナル(Public Transportaion Center)は空港ターミナルから直線距離で3㎞と離れており、無料シャトルバスで行き来します。

ちなみに、空港ターミナルに直接アクセス出来る公共バスは乗りドンムアン空港での継ぎ便のチケットを持っている方だけが乗れる別な(スワンナプーム~ドンムアン間)無料シャトルバスだけです。なお、昨年2015年10月に「BTSウドムスック駅~スワンナプーム空港 バス新路線」A3が登場しましたが、数か月で消えたようです。

Suvarnabhumi Airport Public Center

下の画像のように空港ターミナル到着階(2F)5番出口近くに乗り場があります。案内板にはルートA、B、C、D、Expressとルート別行き先が書いてありますが、気にする事はなく来たバスに乗れば良いです。ここに停まるルートAとExpressはバスターミナルへ行きますし、ルートAでも遠回りじゃなくて途中に停まるバス停があるだけ(実際は通過が多い)です。

Airport Bus A

シャトルバスの中はこんな感じで、大きなスーツケースも問題ありません。

Airport Bus Inside

空港ターミナルとバスターミナル間は10~15分程度です。私はこの1年で7~8回利用していますが本数間隔は15分程度のイメージです。バスターミナルに着くと目の前がBMTAの一般路線バス乗り場です。

Suvarnabhumi Bus

反対にバスターミナルにBMTA一般路線バスで着いて空港ターミナルへ行く時は、上の画像のように到着した路線バスと同じ並びですぐ横から空港へ行く無料シャトルバスが出ます(下の画像)。ただ、ルートAかExpressが空港ターミナルへ行きますが、Expressが出発階へそのまま行きます(Aは遠回りです)。

Airport Bus

さて、554番は空港バスターミナルを出るとエアポートリンクのラートクラバン駅を横に見ながら高速道路に入り西へ向かいます。そしてカンチャナピセーク通り高速道路で北へ向かいます。バスは普通の路線バスと一緒なので持ち込めますが、大きなスーツケースなど置く場所はありません。

Bus554 Airport

Bus554 Inside

カンチャナピセーク通り高速道路を「ファッションアイランド」と「プロムナード」の横で一般道路ラムイントラ通りへ出ます。往路も復路もラムイントラ通りで最初(最後)のバス停はファッションアイランドとはバス停一個分離れてしまいます。

Fashionisland 1

ラムイントラ通りに出てからは普通の路線バスと同じです。ラムイントラ通りとプラディットマヌータム通りとの交差点の近くには「リアブドゥアン・ナイトマーケット」があります。「高速道路沿いナイトマーケット」ですね。

APR29 NightMarket 2

ラムイントラ通りではルンピニー・ムエタイ・スタジアムがあるロイヤル・タイ・アーミー・スポーツセンター前を通ります。2014年以前はラマ4世通りはルンピニー公園近くにあったのですが、移転して名前はそのままに残しています。

Bus026 boxing

ラムイントラ通りからウィパワディーランシット通りへ入る時に、反対方向へ走ってUターンするのはバンコクで普通にある事です。Uターンが終わるとすぐドンムアン空港前を通ります。数か月前まではタイ国鉄ドンムアン駅横にバス停があったのですが、今はかなり先(北)へずれて下の画像の場所です。画像の左が空港ターミナルです。

Bus Stop Don Mueang

ランシットの終点前に最大級ショッピングモール「フューチャー・パーク」を通ります。行きと帰りでバス停がかなり変則になっているのでマップを作成しました。画像の554番はフューチャー隣のメジャー前です。ここはロットゥーやタクシーが入り混じって乗るのも大変です。

Future Park 1

Future Park Map

Bus554 Future

554番はランシット・パトゥムターニ通りへ左折し西へ向かいます。ランシット終点は国鉄ランシット駅前の陸橋下あたり。実際はそこが近くなるに従ってフェードアウトするようで、どこが終点なのか分かりません(汗) 駅前陸橋下でUターンしてすぐランシット・パトゥムターニSoi14へ左折し、その奥がバス車庫になります。直営バス車庫とは反対側ですね。

SRT Rangsit ST

私自身がスワンナプーム空港の方角なので、普通にこの路線はランシットやドンムアンとラムイントラ通り間で使っています。乗客に空港やエアーラインで働いている方の利用(ユニフォームで分かります)が多く空港路線である事を意識します。

空港アクセス路線で若干料金は高めで、スワンナプーム空港~ランシット間で35バーツですが、スワンナプーム空港を使わなければ一般的な委託エアコンバス料金です。

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.05.25 | コメント(2) | バンコク路線バス

コメント

1013番

バス路線のガイドは役にたちます
私のホテルの前は、1013番のバスしか通りません・ラートクラバン駅に行く時使っています。517番が通るはずなのですが見かけません。フアタケーまで行くと517番が通ります。どこかで迂回しているか見落としているか。
そこで1013番てどこまで行けるかご存じですか。

2017-07-30 日 11:59:44 | URL | イエサン #- [ 編集 ]

Re: 1013番

イエサン`さん

ご質問の件ですが・・・私自身が実際に乗って知っているだけですが、以下の様になります。

1、1013番のルート
ソンテウではなく地方バスの本線はプラカノン陸橋下からオンヌット通り(ラットクラバン通り)を東に走り、フアタケー運河(フアタケー古市場がある所)の西側辺りまで行っています。私自身はバス車庫まで見切れていませんが、Suwan 5通りへ消えるのも見ています。

ちなみに枝線がフアタケーから西へ向かい、タラート・イアムソンバットの交差点でシーナカリン通りへ入り、シーコンやパラダイス前を通りウドムスック通りとの交差点北側でUたーんしています。

2、517番のルート
BMTAバス517番と地方バス1013番の両方が走るのは、ラットクラバン通りとパタナカン通りの交差点(オンヌットSoi74あたり)からラットクラバン通りとロムクラオ通り(エアポートリンクのラートクラバン駅そばを南北に走る通り)との交差点(ラットクラバンSoi34あたり)までの区間です

件のホテルがどこかは知りませんが、517番は北バスターミナル~ラップラオ通り~ラチャダーピセーク通り~ラマ9世通り~ラムカムヘン通り~パタナカン通り~ラートクラバン通りを走り、一応の行先はフアタケーの東なのですが、そこまで行かずに上記のロムクラオ通りで北上してスアンサイアム車庫(ミンブリー近く)へ行ってしまいます。

517番の本数は日中なら1時間に1本程度かと思います。朝や夜は分かりません。

以上でお答えになるでしょうか? 
少しでもお役に立てば良いのですが・・・

2017-07-30 日 20:08:09 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング