マハーチャイ線を歩く17 ついに終点マハーチャイ駅

こんにちは。今日もアクセスありがとうございます。

9月27日、今朝のバンコク(の隅っこ)は薄曇りです。 昨日は昼ぐらいまでは曇り、午後から晴れ間もありましたが、夜になると雷・・・そんな不安定な天気の一日でした。まぁ、南国の雨季らしい一日なのですが・・・

さて、マハーチャイ線を歩くシリーズも、いよいよ終点のマハーチャイ駅。今度こそ最終回です。今日こそはマハーチャイ・シリーズを終わらせるために、急いで本題に入りましょう(笑)

その前に、今までのエントリーは以下の通りです。

第1回目「幻の始発駅クロンサンと線路跡
第2回目「現在の始発駅ウォンウィエンヤイ駅とその周辺
第3回目「トンブリー王朝縁の地タラート・プルー駅
第4回目「緑のトンネル、クロン・トンサイ停車場
第5回目「鉄橋上のチョムトン無人停車場
第6回目「水上マーケットの賑わいの跡、ワット・サイ駅
第7回目「立派なお寺と運河が交差する ワット・シン駅
第8回目「沿線途中で最も賑わう地 バーンボーン駅
第9回目「古い新興住宅地 カーンケーハー駅と謎のランサケー停車場
第10回目「駅の中央を道路が貫くランポー駅
第11回目「探すのに最も苦労したサムイェーク駅
第12回目「保線トロッコに遭遇したプロムデーン駅
第13回目「簡素な無人駅トゥンシトーン駅と鉄橋が入口のバーンナームジュード駅
第14回目「駅中の古い売店が懐かしいコークワイ駅
第15回目「駅中に通りがあるバンコーム駅とクローンチャク停車場
第16回目「マハーチャイへの道、運河と線路

Sep27 Mahachai Map

前回はマハーチャイに歩いてたどり着き、市内中心のロータリーから踏切を渡りマハーチャイ運河沿いを歩きました。運河から漁港、そして市場に裏から入りました。

Sep27 Market 1

やはりここの市場はかなり特徴があります。市場の奥や中ほどは生活雑貨などが多いのですが、表の通りに近くになるに従って海産物が多くなります。まずは乾物の種類が多いのに驚きます。

Sep27 Market 2

私のアパートから遠くないサムットプラカーン県のパークナムも港町で大きな市場があるのですが、そこでは生鮮魚介が中心で乾物は多くありません。マハーチャイ市場は乾物が多いですし、渡し船でターチン川を渡れば乾物造りをしている家を多く見かけます。なぜでしょうねぇ・・・乾物に限らず、海産物の加工工場もマハーチャイを中心に多くあります。

Sep27 Market 3

カピ・・・何て言えば良いのでしょうねぇ~ 海老みそって書くと何か違うような気もします。海老を砕いて色々な過程を通し発酵させたタイの味噌的調味料で、きっと意識しなくてもタイ料理を食べる方は口にしていると思います。バンコクの市井の市場にもありますが、この市場はカピ屋さんが多いです。これもやはり海産物の加工品かぁ・・・

Sep27 Market 4

今日は最終回と決めているので先を急ぎましょう(笑)
市場を出た通りが一番賑やかな通りでマハーチャイ駅を出た正面の通りでもあります。この通りに面して生鮮魚介が多く売られています。カブトガニもありますよ~

Sep27 Market 5

Sep27 Market 6

通りの西端はターチン川の渡し船の船着場です。バイクと人が一緒に乗りますが、バイクがいつも多いです。渡し賃3バーツ。対岸のチャローム船着場から歩いて10分弱でメークロン線バーンレーム駅へ行けます。

May06 Ferry

船着場のすぐ横にある5階建てのビルはシーフードレストランの「タールア・パッターカーン」です。2階がテラスになっていてターチン川を眺めながら食事が出来ます。

May06 Ferry 2

実は、マハーチャイの町中でシーフード店はここ以外にあまり見かけません。マハーチャイは海産物を買う所であっても、食べる所じゃないのかも知れませんね。マハーチャイに行く度に必ずと言っても良いほどここで食べますが、今まで色々食べても外れはありませんでした。

May06 Food

Sep27 Mahachai 1

いよいよ駅に向かいますが、この辺りの通りでどこからでも目立つのが「ワット・ポムウィチアンチョーティカーラームWat Pom Wichian Chotikaram」です。大変背の高い本堂でなんとエスカレーターがあります。

Sep27 Mahachai 2

マハーチャイ駅の正面は下の画像の通り、小さいけど一応駅前広場?があります。駅構内は複線でプラットフォームも二つありますが、実際は駅舎側の一か所しか使われいないと思います。

Sep27 Mahachai 3

Sep27 Mahachai 4

駅の北側と西側は市場のようになっていて駅と同化しています。有名なメークロンほどではありませんが、やはり線路上は列車が来ない限り市場となるようです。

Sep27 Mahachai 8

Sep27 Mahachai 6

駅の西側は列車整備場になっています。ここでマハーチャイ線の線路は終端。いやぁ~ 一駅一駅丁寧に見て来たつもりなので、感慨深いものがあります。

Sep27 Mahachai 7

とうとうタイ国鉄メークロン線東線(マハーチャイ線)はここで終点。前述のように渡し船でターチン川を渡ればタイ国鉄メークロン線西線でメークロンまで行けます。本来は鉄橋で繋がる鉄路のはずだったと聞きます。まぁ、途中で渡し船を使って乗り継ぐのもタイっぽくて良いじゃないですか。

Sep27 Mahachai 5

メークロン線西線に関してのエントリーは以下の通りです。
思いがけずにハマーチャイ 1
ぶらりマハーチャイ 2
補修を終えたメークロン線に乗る 3
メークロン線と線上折り畳み市場 4

また「マハーチャイ アクセス術」で鉄道以外のアクセス方法詳細をエントリーしています。

いかがでしょうか、私自身は一般的なネット検索をしない主義なので分かりませんが、たぶんここまでマハーチャイ線の一駅一駅に拘り、全線を歩いて周辺を丁寧に書いたサイトは他にあまり無いのではと思っています。

他人様のお役に立つようなブログではありませんが、マハーチャイ線だけでなく他のエントリーも全て自分自身が歩き見て経験した事だけを書くブログです。ネットやメディアにある事でちゃちゃっと書くブログでないので、実際は自分自身で納得するまで同じ所でも何度も歩きます。

このブログを通してのマハーチャイ線の旅が少しでも楽しかったらな幸いです。

Sep23 Map All

広告等一切なく、ブログ・ランキングも参加していないブログです。このすぐ右下の「コメント」をクリックしてお気軽にコメントやご質問をして頂けたら幸いです。コメント欄にあるメールアドレス・URL・パスワードの記入なしでも送信出来ます。

2016.09.27 | コメント(6) | 国鉄・BTS・MRT

コメント

アルスターさん

完走すごいです、おめでとうございます、そしてありがとうございます。僕まで旅をした気分です、ワットシン嬉しかったです、そろそろ僕もリタイアメントVISAを取って次の生活に移る準備を始めたいとおもいます。アルスターさんも身体を大事にしてくださいね、ではまた。

2016-09-27 火 11:06:33 | URL | テツロウ #- [ 編集 ]

Re: アルスターさん

テツロウさん

コメントありがとうございます。

いやぁ~ 数か月かかったように思えます(汗) でも、しっかりと自分の足で歩き一駅一駅見て来たつもりです。
線路上を歩いた距離の3倍はかかったように思えます。

ワット・シンぐらいまでが一番楽しかったような・・・それ以降は意地でしたね(笑)

ありがとうございます。

2016-09-27 火 18:08:47 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

羨ましいです

ALSTERさん、こんばんは。

短期旅行者の私からすると、このシリーズは羨ましくて仕方が無かったです(笑)

初めてマハーチャイ線に乗った時に、駅で停まる度、この駅の周辺はどんな町なんだろうと思っていました。本当は自分自身で歩いてみたいのですが、滞在日数的に不可能に近いですから。

タールア・パッターカーンの画像で、ああ~ALSTERさん、あの辺に座られているんだなあと想像できるのが、懐かしく思い出されます。

有難うございました。

2016-09-27 火 20:03:39 | URL | orchid.titi #JalddpaA [ 編集 ]

Re: 羨ましいです

orchid.titiさん

コメントありがとうございます。

リタイアして時間だけはたっぷりある身です。人付き合いが苦手で一人で街歩きするぐらいしか出来ないオッサンです。
実際は決して他人様から羨ましがられるような事はないのだとも分かっています。
寂しい老人の暇つぶしですよ(笑)

16年前でしょうか、最初にこのローカル線に触れたのは・・・それ以来、ずっと途中の何でもない駅が気になっていました。今はどの駅も記憶の中、思い出の引き出しの中に仕舞ってあります。いつでも引き出しから出せるのが苦労したご褒美でしょうか。

orchid.titiさんも、きっと他人から見れば羨ましい!と思われる事をたくさん持っているはずですね!!

2016-09-27 火 20:38:59 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

渡し船

昔、マハチャイ側から、向側じゃなく、列車の乗り継ぎ用にバーンレム駅の船着場までの船に乗りました。今は、もうないんですかね?

2016-09-28 水 13:45:14 | URL | na #- [ 編集 ]

Re: 渡し船

本ブログに記載の過去のエントリーにある通りです。

「ぶらりマハーチャイ 2」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-778.html

『そう言えば・・・昔は船着場がここだけではなく少し上流側にもあって、マハーチャイの駅に列車が着くと、それに合わせるように駅のすぐ前から渡し船が出て、国鉄メークローン線の始発バーンレーム駅に直接着くので、この道は歩かなかった記憶があるのですが・・・大昔の事です。』

「補修を終えたメークロン線に乗る 3」http://alsterusa.blog.fc2.com/blog-entry-780.html

『思ったより大きな船が停泊しています。すぐそばには船着場の跡が残っていました。前回のエントリーで書きましたが、昔はバーンレーム駅に直結するような渡し船がマハーチャイ駅そばから運航されていた跡だと思います。』

2016-09-28 水 17:51:45 | URL | ALSTER #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

プロフィール

ALSTER

Author:ALSTER
 
ALSTER(アルスター) 東京深川出身。アジア・ヨーロッパ・アメリカなど海外在住28年超。55歳で日本企業を早期定年退職後アメリカで現地採用され2014年末退職。その後タイでロングステイし2018年帰国。90年代前半からパソコン通信・PC改造・ホームページ運用を行い世界中からアクセス。そんな趣味から海外アクセス術、旅先通信本などの出版にも関わる。ヨーロッパ、北米、東南アジアの国々はほとんど訪れ、旅行にお酒・食べ歩き大好き人間です。

最新記事

アクセスカウンター

ブログQRコード

QR

このブログのフォロー

(60代のロングステイ)ALSTERの海外在住記 - にほんブログ村

ブログランキング